お泊り保育ってなに?特徴や目的・スケジュールの流れを徹底解説!

お泊り保育ってなに?特徴や目的・スケジュールの流れを徹底解説!

「お泊り保育」には、どんなねらいがあるのでしょうか?子どもたちにとっては、お父さんお母さんと離れて、先生やお友だちと一緒に過ごすことに、ワクワクやドキドキ、そして不安も感じるイベントです。先生や保護者にとっても、楽しみでもあり不安も多少あるイベントなのではないでしょうか?準備内容や当日のスケジュール、そして先生にとってどんな点に気をつける必要があるのかまとめました。

お泊り保育について詳しく知ろう!

お泊まり

保育園や幼稚園で行われる一大イベントの一つ、「お泊り保育」。子どもたちにとっては、お父さんお母さんと離れて、先生やお友だちと一緒に過ごすことに、ワクワクやドキドキ、そして不安も感じるイベントです。

先生や保護者にとっても、楽しみでもあり不安も多少あるイベントなのではないでしょうか?では、そんな「お泊り保育」には、どんなねらいがあるのでしょうか?準備内容や当日のスケジュール、そして先生にとってどんな点に気をつける必要があるのかまとめました。

お泊り保育のねらいと目的

保育園や幼稚園では、お泊り保育が実施されています。保育園でおこなれるイベントの中でもかなり大きなイベントの一つでもあります。

多くの子どもたちにとって、お父さんやお母さんなどの保護者と離れてお泊りをするは初めてだったりします。いつも保護者の方と一緒に寝ている子どもにとって、保護者と離れて外泊することにはワクワクとともに不安もいっぱいかもしれません。

保護者の方も、「うちの子は大丈夫かな?」と心配される方は少なくありません。では、このお泊り保育ってどうして行われるのでしょうか?その目的やねらいをまず調べてみましょう。

簡単に言うと、お泊り保育のねらいにはいろいろあります。

子どもたちの自立心を育てて自信をもたせること

普段は子どもたちは、保護者の方と毎日一緒に夜を過ごし、眠りについているかもしれません。

お泊り保育では、子どもたちは保育園あるいはキャンプ場といった、いつもとは違う場所で、先生やお友だちと一日を過ごし、そこで夜眠ります。いつもとは違った場所、そして保護者がいない環境で夜を過ごすというのは、かなり刺激的な経験といえるでしょう。

そこで、子どもたちはいつもはお父さんお母さんにしてもらっていることも、先生の助けを借りながら自分で行います。例えば、お風呂に入ったり、着替えたり、夜寝ることなどです。親と離れてそのようなことを行うことで、子どもたちの自立心を育てるとともに、親がいなくてもできた!といった経験により自信をもたせることができます。

そして、協調性を育てるという目的もあります。お泊り保育では、お友だちとの集団生活を経験することとなります。一緒にごはんの準備をしたり、夜眠る準備をしたり、先生やお友だちと協力して一日を過ごすのです。

そのような体験の中から、先生やお友だちとの絆を深めるとともに、協調性を養うことができます。ルールを守ることも学ぶことができるでしょう。

規則正しい生活を送るという目的

早く寝て、早く起き、あいさつをすることや、食事をきちんと取ることなど、集団生活の中で規則正しい生活のリズムを身に着けさせることができます。

このように、子どもたちにとってはいつもとは違う環境の中で、保護者ではなくお友だちや先生と丸1日を過ごすという体験によって、一回り大人として成長する機会となるわけです。お友だちといつもとは違う感覚のもと、一緒にずっと過ごすことは、とても印象深い思い出にもなることでしょう。それで、保育園での思い出づくりといった役割もあると思います。

お泊り保育っていつするの?

5歳児

子どもたちにとって、自立心が養われたり、自信につながったり、お友だちや先生との絆が深まったりと、思い出深いイベントになること間違いなしのお泊り保育ですが、保育園や幼稚園ではいつ頃実施されているのでしょうか?

実施する時期や年齢は、保育園や幼稚園によって多少異なるようです。しかし、多くは最年長の5歳児で実施されるようです。在園最終年度(年長さん)のビックイベントとして実施されます。

キャンプ場

日数はだいたい1泊2日です。泊まる場所は保育園や幼稚園などの施設だったり、キャンプ場などの近くの施設といった園外であることもあります。園外での宿泊の場合、みんなでバスに乗って合宿施設に向かいます。

時期的に言えば、多くの場合7,8月ごろに行われます。夏休み中に実施されることもあれば、その前後であることもあります。

お泊り保育って何するの?

寝泊まり保育

お泊り保育は、ただ施設で寝泊まりするだけでなく、子どもたちにとってワクワクドキドキできる、楽しい思い出になるような活動が用意されています。

では、実際お泊り保育ではどんな活動をするのでしょうか?

水遊び

例えば、1日目には水遊びをしたり、みんなでゲームをしたり、ハイキングにでかけたりすることがあります。夏に実施される事が多いので、外でのアクティビティが企画されている事が多いです。スイカ割りをしたり、みんなで自然に触れるようなイベントが用意されています。

そして、夕方になるとお買い物体験があったりします。みんなで夕食の材料の買い出しに行くのです。いつもお父さんやお母さんと一緒にお買い物に行っている子も多いと思いますが、先生とお友だちと一緒にスーパーに行く、ということはそれだけでとても新鮮な気持ちでしょう。

お買い物体験では、夕食を自分たちで用意するという意識とともに、お金の使い方を知ることもできます。そして、店内でのマナーや、店内で自分が必要とするものを探すという体験もすることができます。お店の人とのコミュニケーションのとり方も学べるでしょう。

お買い物が終わったら、今度はみんなで夕食作りをします。カレーなどが一般的です。

先生やお友だちと協力して、決められた工程を行うために自分たちで考えたり、新しいことに取り組んだりと、積極的に食に向き合うことができるでしょう。いつもは、保護者の方がしてくれているお料理を、調理実習として楽しく体験することにより、保護者への感謝や新しいことに自分が取り組むことから来る自信も生まれることでしょう。

そして、夜もまだまだお楽しみが続きます。夜にも先生やお友だちとさよならせずに、ずっと一緒にいるのってなんだかちょっと新鮮ですよね。お友だちとずっと遊んでいられる嬉しさもあることでしょう。

キャンプファイヤー

夜はみんなで星空を観察したり、肝試しをしたり、キャンプファイヤーといった企画が多いです。花火をすることもあります。

保育園や幼稚園に宿泊する場合には、夜に園庭を探索することによって、いつもとは見え方の違う保育園を体験できることもあるでしょう。室内で紙芝居を見たり、人形劇などの楽しい時間もあります。

そして、お風呂に入って就寝します。銭湯に行ったり、自分たちでホールにお布団を敷いてお友だちと一緒に寝るという、新しい体験をすることがあります。

一日のスケジュール例

Schedule Activity Calendar Appointment Concept

では、ここでお泊り保育の一例として、1日の流れをまとめてみたいと思います。

15時ごろに園に集合し、そこで点呼を取ります。そして健康チェックも行います。その後開会式を行い、いよいよドキドキ・ワクワクのお泊り保育がスタートです。

まずは園庭で少し遊んでリラックスしたら、16時頃、みんなでカレー作りを行うために買い出しにでかけます。近くのスーパーなどに行きます。

帰って17時ごろから夕食づくりがスタートします。みんなでカレーやサラダ、フルーツポンチなどを作ったりして、楽しく食事をします。

19時になると、近くの銭湯に出かけて入浴します。カレーを似ている間に銭湯に行って入浴することもあります。

そして帰って20時ごろから花火をしたり、キャンプファイヤー、園庭探索をしたりと夜のドキドキ感を味わいます。

お布団をしいて、パジャマに着替え、紙芝居を読んでもらったり、絵本を読んでもらったりと眠る準備をして、21時には就寝です。

翌日は6時に起きて、みんなでラジオ体操を行います。そして朝食を食べます。

公園にお散歩にいったり、園庭で遊んだりして8時頃には、荷物をまとめたりお片付けをしたりと、変える準備をします。そして9時頃に解散式を行い、保護者のお迎えがあります。

これは、一日のスケジュールの一例ですので、園によってそれぞれ順番が違ったりすることがあります。

保育士がするべき準備

保育士

このビックイベントを実施するためには、保育士にはいろいろな準備があります。

まず、計画を立てることから始まります。保育園に宿泊するのか、それとも近隣の宿泊施設を利用するのかということも違いますし、1日目のアクティビティで何をするのかということを決めます。

一日目のアクティビティでは、いつもとは違うところに行って自然を満喫したり、普段の保育園での遊びとはまた違った体験をしてもらうような企画を計画することが多いです。海や川に行くこともありますし、大きな公園にいったりすることもあります。

お買い物体験や調理実習など、子どもたちにとっていつもとは違う体験を取り入れるわけですけど、安全に実施することができるように、保育士の各役割を明確にする必要もあります。

そして、計画を保護者に知らせます。タイムスケジュールを含め、注意点や持ち物についてお知らせの手紙を作成します。さらに健康チェック表や同意書なども準備することがあります。保護者への連絡は確実に、そしてお泊りに関係する一人ひとりの必要な情報を把握できるようにする必要があります。

他にも、企画によって様々なものを準備することになります。キャンプファイヤーの準備、園庭探索の準備、スイカ割りの準備・・・、行う企画によってやることは違います。もしキャンプファイヤーなどをするのであれば、消防署に連絡することも忘れないようにしましょう。

何をするのか、ということで準備内容や段取りは違ってきますので、良い計画と情報共有が大事になりますね。

お泊り保育は、とっても楽しみにしている子もいれば、とても不安が大きい子もいることでしょう。保護者の反応もいろいろです。それで、準備期間や当日に注意するポイントについてもおさえておきましょう。

子どもたちの持病やアレルギーなどに注意

アレルギー

お泊り保育を実施する前の準備として、保護者の方への連絡と、必要な情報交換があります。子どもたちの中には、特定のアレルギーをもっていたり、持病を抱えている子どももいます。

そのような子どもにどのように対応すべきか、十分な情報共有と保護者との話し合いを設ける必要があるでしょう。

さらに、おねしょをしてしまう子もいるかもしれません。そのような子の場合、お友だちからは見えないところでこっそり夜におむつを履かせてもらうように取り計らってあげることもできます。保護者の方から、一人ひとりの状況やクセなどを聞き、しっかりと把握しておくことが必要です。

とにかく安全第一!

安全第一

お泊り保育で一番注意するのは、子どもの安全を守ることです。調理実習で包丁を使う場合や、お風呂に入るときなど、子どもたちをとくに注意深く見守る必要があるでしょう。

一人でできるようにむやみにすべてに手を出すことはしませんが、子どもたちはいつもと違う体験からテンションがあがって、予想を超えた行動をしたり、はしゃいでしまうことがあります。お風呂場で走らないようにしたり、転倒しないように注意深く見守ると共に、ときにはテンションを落ち着かせることも必要でしょう。

外でのアクティビティを楽しむときにも、子どもたちがはぐれないように、危険なところに近づかないように常に目配りが必要となります。天候が悪いときのための、代替の企画も用意しておきましょう。

過去のヒヤリハットを復習したり、予想される危険などを書き出して、先生たち全体で安全意識を最大に高めていきましょう。

子どもが不安に感じるポイントを抑えておく

不安ポイント

お泊り保育では、初めて保護者と離れてお泊りをすることに対して、ワクワクして楽しみでいっぱいの子もいれば、不安で泣き出してしまう子もいます。

子どもが泣き出してしまうタイミングと言うのは、まず保護者が帰ってしまうときです。保護者が会えっていく瞬間に不安がいっぱいになって泣いてしまう子どもがいます。その後の楽しい企画に注意を向けてもらって、楽しい気持ちに切り替えられるようにサポートしてあげられたらいいですね。

そして、やはり眠るときになって寂しくて泣いてしまう子もいます。もし、いつも一緒に寝ているぬいぐるみなどがあるのであれば持参できるかもしれません。園によって方針が違いますが、持参OKであれば、事前に保護者の方にその旨を伝えておきましょう。

そして、子どもたちは保護者が不安に感じていると、余計に不安を感じます。それで、保護者の方の不安や心配を取り除くのもとても大事なことです。

子どもと保護者に心の準備をしてもらう

心の準備

お泊り保育について、最初は保護者も子どもたちもとっても楽しみにしているかもしれません。しかし、その日が近づくにつれて、どんどんと「ああなったらどうしよう」とか、「〇〇は大丈夫かな?」と保護者の不安や心配も増大してきたりします。そして同時に子どもたちの不安も増大することがあります。

それで、当日までに保護者と子どもの両方が、お泊り保育が楽しみになるような心の準備ができるようにしていく必要があります。

例えば、保護者の方の中には、子どもが「おねしょをしたらどうしよう」とか、「うちの子は一人で寝られるのかな?」と心配される方が多くいます。おねしょの心配がある子には、こそっとおむつを履かせてあげられるとか、眠るときに必要なグッズがあるなら持参できるなどの、対策についてきちんと伝える事によって不安を和らげることができるでしょう。

安全面、衛生面などについてもしっかりと理解してもいましょう。

保護者の方が明るく、温かい気持ちで送り出してくれるなら、子どもたちも楽しみが増すことでしょう。お泊り保育が近づくのに伴って、家庭でも楽しみだねと期待を高めてもらえるように協力を呼びかけましょう。

お泊り保育後の子どもたちの変化

外で遊ぶ子ども

保護者にとったら、お泊まり会が無事に終わるまでは不安や心配が尽きることはないかもしれません。子どもたちの自立心を育むためとはいっても、心配や寂しさから「そんなこと必要ない!」と感じる親御さんも少なくないようです。

しかし、そのような保護者の方も、お泊り保育から帰ってきた我が子の姿を見て「よかった」と感じられることも多いようです。

お泊り保育から帰ってきた我が子は、なんだか一回り大きくなったような自信に満ちあふれた顔つきをしていたとか、率先してお手伝いをするようになった、という嬉しい声をよく聞きます。さらに、 子どもが先生のことやお友だちのこと、楽しかったことをいっぱい話してくれて、「そんなに楽しかったんだ!」と嬉しく感じた方もいたようです。

子どもたちにとっても、保護者の方にとってもお泊り保育は不安も寂しさもいっぱいかもしれません。でも、保育士が保護者と協力し、よい計画と準備とフォローをすることによって、子どもたちにとっては成長する機会になったり、とても素敵な思い出を残してあげることができます。

保育士にとって、かなり大変で苦労も多いビックイベントですが、子どもたちのイキイキした顔や喜ぶ姿が力になりますね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事