つくば市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

つくば市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

つくば市は、茨城県南部に位置する市である。学術・研究都市として筑波研究学園都市はつくば市全域を区域とする。業務核都市、国際会議観光都市に指定されている。ここでは、つくば市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。つくば市で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

つくば市の保育士の需要

Tsukuba Shrine(筑波山-筑波山神社)

つくば市は、茨城県の南に位置し、業務核都市、国際会議観光都市にも指定されています。JAXA筑波宇宙センターがあることも有名で、日本の宇宙開発の拠点の一つともなっていますね。

東京都心までは50kmほどで、成田国際空港へも40kmほどとなっています。

そんなつくば市では、県内でも最も多くの待機児童が発生しているということでした。では、つくば市での保育事業はどのように進展しているのでしょうか?

そして、そこで働く保育士への支援はどのようなものがあるのでしょうか??

つくば市の保育に関する現状と取り組み、さらに保育士への支援事業、さらにつくば市の好条件の求人の探し方などをご紹介します。

つくば市は待機児童が多い!?

Teacher Working with Children in Preschool Classroom

小さな子どもを育てている保護者の方にとって、お住まいの地域の待機児童問題というのは大きな関心事となっていることでしょう。平成29年4月1日の時点で、日本では全体として26,000人以上の待機児童がいることがわかっています。

待機児童数が増加傾向

そんな中、平成29年10月1日の茨城県内の待機児童数はなんと850人ということでした。それは、前年の同時期と比べると43人の増加ということでした。

そして、県内でも最も待機児童が多く発生していた市町村は、そう、つくば市です。つくば市では182人が待機児童として認められていました。

待機児童が発生しているその理由には、入所希望者が増加していること、そして保育士確保が困難なこと、この2つが上げられていました。

ちなみに、0〜5歳児のうち、どの年齢で一番多く待機児童が発生していると思いますか?それは、1歳児です。

つくば市によりますと、平成29年4月1日時点で、つくば市では114人の待機児童が発生していましたが、そのうち84人は1歳児でした。そして2歳児が30人で、その他の年齢では0という結果でした。

つまり、待機児童には年齢による大きな偏りがある、ということです。

1歳時のクラスの申し込みが多い

なぜ1歳児で多くの待機児童が発生してしまうかというと、保護者の育児休業の期間や、保育所側の受け入れ可能人数が関係していて、1歳児での申込みが最も多い、ということでした。

新規の入所申し込みでは、1才児のクラスでの申込み倍率が一番高く、平成28年度の時点では約1.3倍だったそうです。

そして、つくば市内でも、待機児童が発生している場所には偏りが見られます。特に、つくばエクスプレス沿線では待機児童が多く発生しているようです。

やはり、人口が増加している地域や、希望する保育所までの交通手段の関係によって、特定の場所に入所希望が増加しているようですね。それで、地域ごとに偏りがあるので、ある保育所は指数が低くても入れたり、逆に指数が高くても入れないところがあったりするようです。

このような待機児童を解消するために、つくば市では毎年保育所等の新設を進めています。

ですので、つくば市で保育士として活躍している、あるいはしたいと思っている人にとって、つくば市では、まだまだ人材の需要があるといえるでしょう。

待機児童が発生していることの理由にも、入所希望者が増加していることと、保育士の確保が困難なことがあげられていました。待機児童もまだ解消されていないことからすると、これからも入所希望者のニーズに応えるために、新設の保育所ができたり、受け入れ枠が拡大していくことが予想されます。

それで、実際に保育を担う人材である保育士がもっと必要とされていると言えます。

保育士にとっては、自分を活かす事ができる職場の選択肢が増えるというのは良いことですよね。保育園もそれぞれの個性や特徴がありますし、保育園だけでなく、児童館、小規模保育施設、事業所内保育などで働くこともできるでしょう。

つくば市にはどのくらいの保育施設があるの?

では、実際につくば市にはどのくらいの保育施設があるのでしょうか?

つくば市の「子育て支援情報システム」で確認してみると、平成30年の10月の時点で市内には23ヶ所の公立保育所があるようです。そして、私立の認可保育所は34ヶ所です。それで、認可保育所は公立・私立合わせると57ヶ所ということになります。

さらに、小規模保育が私立で5ヶ所あります。

認可外保育施設は、平成30年7月1日の時点で25ヶ所ありました。

幼稚園はというと、市立幼稚園の数は16です。その他に、私立幼稚園が6ヶ所あります。

そして、幼稚園や保育園の両方の機能を併せ持つ認定こども園もあります。認定こども園というのは、保護者が働いているか否かにかかわらず、就学前の子どもに幼児教育と保育を提供するほかに、地域における子育て支援も行っている場所です。

つくば市では、8ヶ所の私立認定こども園があり、そのうち幼保連携型の施設が5ヶ所、保育所型の施設が1ヶ所、幼稚園型の施設が2ヶ所となっています。

児童館は全部で18ヶ所で、そこは地域のすべての子どもたちの遊びの拠点となり、子どもたちがともに自主性や創造性、協調性を伸ばす場所となっています。

その他の保育事業

その他にも、つくば市には、多様化する保育のニーズに対応するための様々な保育事業があります。

その一つは、一時預かり保育です。これは、保育所に入所していない乳幼児の保護者が、急病や事故や何らかの事情によって一時的に保育ができないときに、子どもを預ける事ができるものです。

対象となっているのは、つくば市内に住んでいる満1歳~就学前の児童となります。ただし、一部の保育園では0歳児も預かってくれるところがあります。

現在は23の施設で、この一時預かり保育が実施されています。保育時間や料金について、また提供している保育サービスについては各施設によって違いがありますので確認しましょう。

そして、子育総合支援センターや、シルバー人材センターの子育て支援ルーム「きずな」でも、一時預かり保育を実施しているようです。

さらに、小学3年生までの児童で、病気の回復期ゆえに集団生活が困難で、なおかつ保護者が働いているなどの理由で家庭での保育が難しい場合のための、病児・病後児保育も実施されています。こちらは、保育所や病院などに設置された専用スペースでの保育になります。

つくば市では、3ヶ所の保育園に、病児・病後児保室があります。

さらに、つくば市子育てサポートサービス(ファミリーサポートサービス)という、子育てを手伝ってほしいという人と、お手伝いがしたいという人たちが助け合うサービスもあります。これは、会員制となっており、つくば市民ならだれでも会員になることができます。

相互支援ということですが、円滑に利用できるように利用料は定められています。

保育コンシェルジュがいる

つくば市には、「保育コンシェルジュ」という保育に関する専門相談員がいます。

どんな保育所や認定こども園があるのか?、その2つの違いは何か?、認可保育所以外の預けられる場所はあるのか?などの、いろいろな相談をすることができます。

この保育コンシェルジュは、幼児保育課に在籍している人です。

相談できるのは、月曜日、火曜日、木曜日、金曜日の9:00〜12:00、13:30〜17:15ということです。外出することもあったりするようですし、予約をすると優先的に相談することができるようなので、事前予約をすることをおすすめします。

保育士への助成金がある!

つくば市では、待機児童を解消し、高まる保育のニーズに対応するために、保育施設を新設しているところです。そして、保育を担う人材である、保育士の確保にも取り組まなくてはいけません。さらには市立保育所で働く保育士や幼稚園教諭の処遇を改善することによって、質の高い保育を安定的に提供しなくてはいけません。

そこで、平成29年の4月から市内の保育所等で働く保育士さんへの、新しい助成金がスタートしました!

・”助成金額は、月額3万円です!”

対象となるのは、つくば市内の私立認可保育所、認定こども園、小規模保育所に期間の定めなく雇用され、常勤で勤務し、賃金が月額制の人です。園長や副延長、法人等の役員の方は除外となります。

妥当する人は、保育士が市に直接書類を提出する事によって助成金を受け取る事ができますので、ぜひ市のホームページなどをチェックして申請しましょう。

・家賃補助もある!

さらに、新たにつくば市に引っ越してきて、市内の認可保育所等で働く保育士さんの家賃を補助する、つくば市保育刺繍登録新助成金事業も実施されています。

これは、新たにつくば市に転入してきて、つくば市内の認可保育所、認定こども園、小規模保育事業所で、常勤として雇用されている人、さらに公立保育所勤務なら臨時職員の人で、本人が契約する賃貸住宅に住んでいる人に、家賃補助をするものです。

助成金は、月額最大2万円となります。ただし、家賃が4万円以下の場合は、その家賃の半額が助成金となります。もし、住宅手当のある園に勤務している場合、家賃から住宅手当を引いた額が対象となります。

申請は、つくば市子ども部幼児保育科に直接、申請書やその他の必要書類を提出する必要があります。対象者、対象月やその他の詳しい点について、また必要書類については市のホームページから確認してください。

とはいえ、最大2万円でも毎月の家賃の補助があるのは、大きいですよね。

つくば市の園などで働きたいけど引っ越しをしなくてはいけないとか、一人暮らしをしなくてはいけないという人も、この保育士のための助成金事業を利用してみるなら、自分の働きたい園での勤務も可能になるかもしれませんね。

つくば市での求人や研修の探し方

茨城県では、県内の保育士不足を解消するために平成30年度から「いばらき保育人材バンク」を設置しました。そこでは、保育士の復職のための支援、就職の斡旋、研修の実施などを行っています。

いばらき保育人材バンクでは、潜在保育士の求職と、求人をだしているい、保育施設のマッチングを行っています。そして、1ヶ月間はお試し期間、つまり研修期間として雇用してもらい、その期間の後にお互いの意向を確認して正式雇用へと進むことになります。

お試し期間の間は、いばらき保育人材バンクが保育士の給与を払ってくれるので、安心してお試し勤務する事ができます。正式雇用へと進んだ場合は、保育施設が紹介手数料を払うことになりますので、保育士としては全く負担がありません。

まずは1ヶ月、その職場を体験できるというのはうれしいですよね。もし、そこで「自分に合わないな」と思ったら辞められばいいわけです。園側と正式に契約しているわけではないのでめんどくいことにはなりませんね。

ほかにも、潜在保育士向けの研修も随時開催していますので、復職への不安を持っている人も安心して前に進むことができそうです。

この、いばらき保育士人材バンクは、マンバワーグループ株式会社が茨城県から委託されて実施している事業です。水戸オフィスとつくば支店があって、つくば支店は、つくば市竹園にあるビルの中に入っています。

求人情報や研修情報について知り合いという方は、ぜひ利用してみると良いでしょう。

つくば市の保育士のおすすめ転職サイト

ほかにも、就職や転職、復職などでつくば市内の求人を探している、保育士資格を持つみなさんにおすすめしたいのが、保育士や幼稚園教諭向けの転職サイトです。数々の求人を扱い、さらに転職に有利になるようなサポートを無料で行ってくれています。

いくつかのサイトに登録することにより、より多くの情報を提供してもらうことができるので、より後悔しない選択ができそうです。では、ここでおすすめのサイトをいくつかご紹介します。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

業界でも最大級の求人数を扱うサイトで、非公開求人も多数紹介してくれます。職場の雰囲気を教えてもらったり、お給料の条件交渉などのひとりではちょっと難しいところまで、アドバイザーがフルサポートしてくれます。

保育士求人ナビ

保育士求人ナビ

保育士求人ナビ」は株式会社ウェルクスが運営している看護師・幼稚園教諭向けの求人情報サイトで、豊富な求人量が特徴です!

全国の求人を扱い、日本で最大級の保育士登録実績を持つサイトです。納得できるまで求人の紹介を何度でも受ける事ができますし、面接対策、内定後の調整など細かなところまでサポートしてくれます。

保育のお仕事

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

非公開求人を多数扱うサイトです。そしてこちらも職場の雰囲気といった内部情報も蓄積しているので、入ってみないとわからないようなことも教えてもらうことができます。専任のキャリアアドバイザーが転職をフォローしてくれます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事