【ココファン・ナーサリーの保育園】口コミや求人の探し方を徹底解説!

【ココファン・ナーサリーの保育園】口コミや求人の探し方を徹底解説!

保育園によって保育方針や雰囲気は様々ですね。のびのび育てる自然派の保育園や、教育に力を入れた保育園などいろいろあります。「ココファン・ナーサリー」の保育園も、独自の子育て理論に基づく保育を行っており、人気が高まっています。今回はそんなココファン・ナーサリーについてご紹介したいと思います。

ココファン・ナーサリーの保育園とは

先生と子どもたち

ココファン・ナーサリーは、子どもたちの教育で有名な「学研」の事業グループの一つです。首都圏の保育所や学童保育の運営や、子育て支援を行っています。

母体である「学習研究社」は、1946年の創立以来、教育関係の本を出版してきました。その後、学研の培ってきた教育論や知識をもとに、認可保育園が開設されました。首都圏を中心に、数十カ所以上のココファン・ナーサリーの保育園が開園しています。学研の豊富な保育知識と教育論が反映された保育園として人気を集めています。

ココファン・ナーサリーの保育論

力アップ

学研ココファン・ナーサリーが運営する保育園の保育方針は「子どもが本来持っている育ちのチカラ」を伸ばすことだそうです。

子どもたちが持っている個性に注目し、個性を伸ばすことに力を入れています。子ども一人一人の発達に応じて、個別に支援をします。保育園では、基本的生活習慣の確立、自律した行動をし、思いやりの気持ちを持てる子になることを目標としています。

子どもの成長過程で重要な幼児期に、学ぶ環境を整えることにも力を入れています。できるだけたくさんの体験ができるように、好奇心を刺激する良質な学習環境を作っています。

やる気を引き出す工夫

片付け

例えば、子どもたちが自分で取り組み、できたという自信を持てるよう「お片付け」をするよう教えます。本棚に写真を貼って物の直し場所が分かるように工夫し、意欲的に取り組めるようにしています。

洋服の脱ぎ着も自分でできるように教えますが、初めは着脱しやすいズボンから教え、足の入れ方や引き上げ方など、丁寧にサポートしていきます。

小学校に上がる準備として、数や言葉を教えていきますが、遊びを通して楽しく自然と学べるようにしています。学研のよく設計された絵や図鑑などが活用されます。

保育士がすべて行ってしまうわけでも、ただ機械的に教育を行なうのでもなく、子ども自身のやる気・自主性を引き出す工夫が凝らされています。

食育

kid making salad at kitchen

幼児期の子どもたちの食事はとても重要です。栄養バランスのとれた食事を提供するとともに、子ども自身も食に関心を持てるようにサポートしています。

食材に関心を持てるように、一緒に土いじりをしたり野菜の収穫をしたりします。食材について絵本や図鑑で調べたりもします。時には一緒に野菜を洗ったり、皮をむいたり、盛り付けなど簡単なお手伝いをしたりして、作ってくれる栄養士さんへの感謝の気持ちを育めるようにしています。

子どもたちは、給食で提供される食事がどんな風に作られているのか、見て体験して学べます。

ココファン・ナーサリーの保育園の評判

customer satisfaction concept on blackboard

ココファン・ナーサリーの保育園の評判はどうでしょうか?保護者の方の評判を調べてみました。

「子どもが嫌がらずに通園している」「のびのびと過ごしている」という声がありました。子どもを厳しく教えることはなく、あくまで子どもの個性に合わせ、自主性を引き出すという方針です。それでも「生活習慣・マナーは身についている」ということですので、子どもの成長に合わせ、上手に教えてくれるということでしょう。

学研の培ってきた知識と保育理論がしっかりと導入されているようです。子どもたちがのびのび育っている保育園ですから、そこで働く保育士さんも働きやすいかもしれませんね。

子どもたちがのびのびとしているだけでなく、マナーや身の回りのことが自分でできるようきちんと育っているのも魅力的です。やはり子どもを上手に教えるための工夫が凝らされているんだと思います。そこで働く保育士さんも、いろいろなことを学べそうですね。

お給料

そんなココファン・ナーサリーの保育園で働きたいと思う場合、お給料はいくら位になるのでしょうか。

保育士として正社員で働く場合、月給228.000~245.100円、年2回の賞与と昇給ありです。産休・育休の制度もありますので、仕事と家庭のワークバランスもとりやすくなっています。

パート保育士として勤務する場合、時給1.030円~1.510円となります。

保育士東京都内の保育園で栄養士として働く場合、月給225.600~240.000円となっています。年2回の賞与と昇給、交通費の支給もあります。その他、インフルエンザの予防接種を会社補助で受けられたり、学研商品の割引購入をしたりできるサービスもあります。

勤務地によって差がありますが、月給・時給は比較的高い方だと思います。

ココファン・ナーサリーの求人情報

求人情報

ココファン・ナーサリーの保育園の求人情報は、どこで見ることができるでしょうか?

公式サイト

ココファン・ナーサリーの公式サイトで見ることができます。保育士はもちろん栄養士、看護師、さらに事務や英語教師スタッフの募集もあります。勤務地や職種、フリーワード検索もありますので、希望の仕事を探しやすいと思います。

ハローワーク

職探しといえば、ハローワークに行くのがメジャーかもしれません。ハローワークで仕事を探す場合、全国の情報を得ることができますし、求人情報数が多いのもメリットです。 情報量が多いのはありがたいですが、ハローワークで職探しをする場合はちょっと手間がかかります。まずハローワークに行き、カードに記入し、専用の端末で求人情報を検索します。その後窓口で相談し、履歴書を提出し、書類審査が通ったら面接となります。ハローワークで応募するには一連の手順を踏まなければいけません。

転職サイト

ネットの転職サイトを使えば、自宅で手軽に求人情報を探すことができます。待ち時間が少なくて済むのがネットのメリットです。マイナビなどメジャーな転職サイトで探すことができます。

他にも求人サイトはたくさんありますね。求人数もたくさんありますが、いろいろな業種を扱っているサイトだと、保育関連の仕事に絞っていくのがちょっと面倒かもしれません。サイト全体の求人情報数は多くても、保育関連の仕事に絞るとかなり少なくなることもあります。

保育士専門の転職サービス

一番おすすめなのは保育士専門の転職サイトです。紹介されている求人情報はすべて保育関連のものですので、絞っていく手間が省けます。全国対応しているものもありますので、各地の情報を得ることができます。

情報量・使いやすさを考えると、一番効率がいいのは保育士専門の転職サービスを利用することだと思います。

保育士専門の転職サービスを利用してみよう!

転職サービス

自分で職探し・直接契約するという手もありますが、信頼できる派遣会社にサポートしてもらうのもいいと思います。保育士向けの求人サイトの場合、求人情報が保育関連に限定されていますし、保育士向けのサポートも充実しています。

保育士のための転職活動と転職サイトの選び方【完全版】

今回は保育士関連の転職先の見つけ方や転職の際に気を付けること、保育士さん向けの求人サイトなど、保育士さんがチェックすべき内容をすべて盛り込みました!自分に合った職場を見つけ、転職を成功させたいという方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

担当者が転職をサポート

担当コーディネーター

保育士専門の求人サイトの中には、担当コーディネーターがついて職場探しから面接、採用後のフォローまでサポートしてくれるタイプもあります。

まずは無料の登録を行ない、氏名や住所等の基本情報を入力します。その後担当者から連絡がくるので、担当者との面談日程を決めます。サイトによっては会って面談せずに電話やメールで希望条件を確認するところもあります。

気になる求人があれば、担当者に伝え面接等の段どりをお願いすることになります。そのまま面接がスムーズに進めば、就業が決定します。就業後も相談事があれば担当者に気軽に尋ねることができます。

担当としてつくコーディネーターさんは、自身も保育士勤務経験のある方だったり、保育業界に詳しい方がいます。経験豊富なコーディネーターが、職探しをサポートしてくれると安心です。

非公開求人が多数掲載

保育士専門の求人サイトは、求人件数もかなり多いですし、非公開求人も取り扱っています。非公開求人といっても、あやしい求人ではありません。人気の仕事や急募の仕事は、求人を依頼する派遣会社を限定することがあるようです。それは応募者の殺到を防いだり、すぐに必要な人材を確保できるようにするためです。

求人を委託する派遣会社を限定していれば、応募者が集まり過ぎるのを防ぐことができます。また、急募の場合はすぐに人材を派遣してくれる派遣会社に委託します。

さらに、保育園の中には求人条件・給与条件を地域に開示せずに募集したいというところもあるため、求人を非公開にしているようです。そのため、求人する側はどこにでも求人情報を出すわけではなく、信頼できる派遣会社を選ぶようです。

有名な求人サイトは企業側からも信頼されているので、そんな非公開の求人情報もたくさん載っています。

すべて無料

サイトによって異なるとは思いますが、基本的に無料での利用が可能です。登録が無料なのはもちろん、その他のサービスも無料で受けられます。求人情報を見るのも、条件や希望する職場環境などの相談も無料ですることができます。

登録自体も面倒なものではなく簡単です。在職中の方や転職先を探している方など、忙しい方は特に、ササッと登録してしまえるシンプルなサイトを利用するのがおすすめです。入力するのは名前、性別、保育関連の保有資格といった基本情報だけですので、忙しい方でもすぐに登録を終えることができます。すぐに登録ができると楽ですよね。

そして無料の面談の際に希望の職場や働き方など、こちらの条件を詳しく伝えることができます。勤務開始後のサポートも無料です。これらのサービスを無料で受けられるのはありがたいです。

サポートが充実

サポート

担当コーディネーターについてもらうメリットはたくさんあります。まずは、求人探しの際に、希望と合った仕事を紹介してもらえます。

コーディネーターはたくさんの求人情報を把握していますし、そのなかから希望条件と合うものをピックアップして紹介してくれます。自分一人だと、まず情報を集めるだけでも大変ですし、条件と合っているかそうでないか判断していくのも大変です。

コーディネーターがついてくれていると、その情報集め・紹介をスピーディに行なってくれるので、かなりスムーズに職探しができると思います。

面接のときに希望条件と合わないことが分かってしまうと、時間を浪費した気がしちゃいますよね。事前に希望条件に沿うものだけをピックアップしてくれるので、効率よく合う企業を探していけます。担当者に伝えた内容をもとに、求人情報の紹介や企業との交渉を行うので、できるだけ具体的に伝えておきましょう。

面接の時、給与のことや休日に関して、直接企業側と交渉するのってちょっと気後れしてしまいませんか?担当コーディネーターがつくところだと、面接前に希望条件を伝えて交渉をしてくれるので、じかに合って話し合ったりする必要がありません。

お給料のことや休日のことなど、雇用者には直接話しづらいことも、派遣会社の担当者を介してだと伝えやすいかもしれません。終業後も万が一トラブルが起きたり契約が違うとなったときに、間に入ってくれる担当者がいると安心です。

面接の日程調整も担当者が行ないます。働きたい職場を見つけ応募すると、その後の面接の日にちや時間など、担当者が調整してくれます。こちらの面接可能日を伝えておけば、応募先との日程調整は担当者がしてくれるのでスムーズに進んでいきます。

また、応募してから面接までの間のフォローもあります。面接時に好印象を持ってもらえるような話し方や表現の仕方なども、担当者と事前に話して準備することができます。

担当者は応募先の園の様子や人間関係、就業環境などについて知っていることがありますので、あらかじめ聞いておくといいかもしれません。職場見学可能な場合もあります。実際に現場を見た方がイメージが湧きやすいですから、担当者と一緒に行ってみても良いと思います。

また、コーディネーターは保育士が受けられる住宅手当などのサービスについても知っています。サービスの対象者になるか、希望の勤務地ではどれくらい援助が受けられるかなど、尋ねてみても良いと思います。その他の役立つ情報ももらえるかもしれません。

担当コンサルタントが付くタイプの求人サイトも、活用してみると良いと思います。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

転職のタイミング

転職のタイミング

最後に転職のタイミングについて書いてみたいと思います。すでに保育士として働いている方や、ココファン・ナーサリーへの転職を考えている保育士さんがいらっしゃれば、参考にしてみてください。

勤続年数

まず検討するのは、今退職して良いかどうかです。退職前でも次の職場を探すことができますので、仕事をつづけながら探すのか、今退職するか決めましょう。

連勤年数があまりにも短いと、転職の際に不利になる場合があります。あまりに早く辞めてしまうと、忍耐力がないのではないかとか、何か問題があるのではないかと思われるかもしれません。

短期間で何度も転職を繰り返していると、面接の際にマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。できれば2年は辞めずに勤めておくほうが、後々の影響が少ないでしょう。

退職金の有無

退職金(money)

また、退職金が出るかどうか、いくら位になるかは務めた年数やキャリアでも異なります。あと数か月、1年ほどで大きく差が出るのであれば、もう少し待つほうがいいかもしれません。

年度の切り替え時期

保育園は基本的に3月で年度が終わり4月から新年度が始まります。年度の途中でやめてしまうと、担任が変わり子どもたちや保護者、職員が戸惑ってしまうかもしれませんので、転職する場合は3月が一番影響が少ないといえます。

3月に辞めようと思う場合、11月か12月には園に伝えておきましょう。新年度のクラス編成や職員の勤務体制などを調整する必要がありますので、辞めることを決めたら早めに伝えるようにしましょう。

ココファン・ナーサリー保育園で楽しく勤務!

のびのび育っている

ココファン・ナーサリーの保育園の保育方針や評判をご紹介してきました。子ども教育の大手「学研」が運営しているだけあり、子どもたちがのびのび育っているようです。保護者からの評判もいい保育園です。

保育士たちの福利厚生や職場環境も充実しています。保育士として楽しく仕事をしたいという方や、子どもの教育に関してさらに学びたいという方は、ココファン・ナーサリーで勤務するのもありだと思います。

公式サイトやその他の求人サイトで、お仕事情報を探すことができますので、興味のある方はぜひ検索してみてください。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事