保育士さん向け!ピアノや歌を上手に扱う方法

保育士さん向け!ピアノや歌を上手に扱う方法

今回はピアノが苦手だけど上手になりたい!という方のために上手に演奏するコツと、弾き歌いのコツ、そして子どもたちに歌を教えるときのポイントについてご紹介していきたいと思います。

保育士さん向け!ピアノや歌を上手に扱う方法

ピアノ

幼稚園や保育園で働いていると、ピアノを弾きながら子どもたちに歌を教えるということも多いですよね?みなさんは、ピアノの演奏は得意ですか!?

他職業の方の中には、保育園の先生たちはみんなピアノが上手と思っている方もいるかもしれませんけど、実際ピアノが弾けなくても保育士の資格って取れるんです。保育士を養成する学校でも、ピアノ試験がないところもあるし、保育士試験の実技でも選択をしなければピアノ演奏をする必要はありません。

でも、やっぱり保育士として子どもたちに音楽を教えるときにはピアノが演奏できるほうがいいんですよね。ピアノが弾ければ子どもたちにも人気だし、リトミックをするときにも子どもたちはピアノの音に合わせて歌ったり体を動かしたりすることができます。

それで、現役の保育士さんたちの中にも、ピアノを今も練習している、という方は多いでしょう。

しかし、毎日忙しくてピアノの練習の時間がなかなか取れないということや、1人でピアノを弾くだけならまだいいけど、自分も歌いながら、あるいは子どもたちの歌声がつくと上手に弾けなくなる、ということも多いですよね。

弾き歌いというのは、けっこう難易度が高いものです。それで、ピアノが苦手・・・と感じている人もいるでしょう。

そこで今回は、ピアノが苦手だけど上手になりたい!という方のために、上手に演奏するコツと、弾き歌いのコツ、そして子どもたちに歌を教えるときのポイントについてご紹介していきたいと思います。

楽譜に慣れる

楽譜

ピアノの練習をしていく際に、一番最初に多くの人がつまづくポイントは、楽譜を読むことかもしれません。小さい時からピアノに接していて、もう感覚的に楽譜を見ればどの音を指しているのかがわかる、という方には必要のないことですが、初心者となると、どの音なのか訳が分からなくなるので、「ドレミファソラシド…」と数えながら楽譜を読む羽目になります。

つまり、まずは音符の一つ一つを読まなくてはいけないのです。これに慣れないと、なかなかピアノの上達はできません。それで、楽譜に慣れること、これが一つ目のピアノの上達のポイントだと思います。

もし、楽譜を読むのに慣れていないというかたであれば、最初のころは音符に読み方を書いておくとよいかもしれません。超初心者の練習用の楽譜には、もともと音符の一つ一つに読み方が書いてありましたよね?それと同じ感じです。

もし、スペースがないようでしたらちょっと拡大コピーなんかして、書き足せるようにすることもできるでしょう。多分、いつも迷ってしまいがちな音符というのも出てくると思うので、その音だけ読み方を書いておくということもできると思います。

もちろん、目標は読み方を書かなくてもすらすらと楽譜を読みながら弾けるようになることなのですが、最初は楽譜を読むということの苦手意識を取り除いて、楽譜に慣れるということがスタートだと思います。

さらにできることとして、ピアノを弾きながらではなく、楽譜だけを読む時間を取るということもできます。ピアノを弾きながら楽譜を読もうとすると、頭がおかしくなると感じる人は、同時にそれを練習する前に、読譜の練習だけをすることもできます。

ちょっとした空き時間がある時などに、楽譜を眺めて、一音一音をできるだけ早く読むことができるようにしていくのです。最初のころは、一つひとつの音符を確かめながら読むという作業になり、時間がかかるかもしれませんが、慣れてくるとそのスピードが上がります。

できるだけ、流れるように読譜できるようにすることで、楽譜を眺めることに慣れて、自然と左から右に音符を拾えるようになると思います。

自分が弾きやすいようにアレンジする

ピアノ

普通、ピアノを習うときって楽譜通りに弾くことが要求されます。しかし、保育士として子どもたちに音楽を教える、という際には、何が何でも楽譜通りの演奏が必要かというと、そうでもないと思います。

というのも、音楽学校などではその楽譜に向き合いながら、その一音一音にある作曲家の思いとか、間を理解することが求められます。それで、とにかく作曲家の指示通りに弾くことを指導されます。

しかし、ピアノ初心者の方にとって、そのようなことはまずは期待されていません。もちろん、最初は楽譜通りに弾くことによって、音のつながりの傾向というものを知ることができます。

しかし、楽譜通りにいろいろな曲を弾いていると、なんとなく次にどの音あるいはメロディーが来るのか?ということがわかってくるようになりますし、単純にして自分にとって弾きやすいようにアレンジをすることができちゃいます。

アレンジなんていうと、なんだか高度な技術やセンスが求められるように聞こえますが、例えば和音が弾きにくいということであれあ、単音にしてしまうという単純なアレンジです。

もちろん、メロディー自体をアレンジしてしまうと、子どもたちは音程がわからなくなってしまうので、メロディーはきちんと楽譜通りに弾きます。しかし、左手の演奏を特に簡単にしてしまう、ということも可能なのです。

そうすると音としてはかなり単純になったり、ボリュームがなくなったりしますけど、それでもちゃんと音楽として成り立ちます。

それで、ある程度ピアノ演奏の基礎がわかるようになってきたら、自分が弾きやすいように楽譜をアレンジすることもできるといいですね。

保育士として求められているピアノの技術というのは、どれだけ技術的に高度な演奏をするかとか、どれだけボリュームのある音を出せるか、ということの前に、子どもたちが楽しく音と触れ合い、一緒に歌ったり踊ったりできるか、ということだと思います。それで、楽譜通りの正確さというものではないわけです。

実際、ある保育士さんは結構適当にピアノを弾いていますし、楽譜通りではありません。それも左手での伴奏は基本ドミソとシファソしか使っていないです。でも、それでもちゃんと成り立っています。

止まらないで弾ききる!

幼稚園 ピアノ

子どもたちにピアノで音楽の指導をする場合、一番大切なのは、一度弾き始めたら止まらない!ということです。間違えても、音を外しても、止まらずに弾ききることです。

どんなにミスタッチが多くても、最後まで止まらずに弾ききることができれば、大抵は何の問題もありません。お母さんたちが参観日で来ている時でも、音楽の知識がない人であれば、別に先生のピアノが間違っていたなんてことに気づく人はそれほど多くないでしょう。まあ、音楽に接している人はわかりますけど・・・。

でも、いったん止まってしまうと、それによって子どもたちの気持ちも途切れてしまったり、誰の耳にもミスがわかってしまいます。

それで、間違えても止まらずに弾ききること、ごまかす技術を習得するのも大切だと思います。そのために、やはり先ほど取り上げたように、楽譜をアレンジしたり、難しいところは音を少なくしたりして、弾ききれるようにするコツを知ることも大事だと思います。

例えば、右手の伴奏の楽譜が和音になっているとして、メロディーは一番上の音です。それで、和音のところでいつもミスする、わからなくなって止まりそうになる、ということであれば、一番上のメロディーの大事な音だけを拾って読み、弾くということもできます。

そうやって、音をつなげていくことを優先するわけです。左手が伴奏だったとして和音だとしても、音を減らしたりして自分にとって負担を軽減してあげるといいかもしれません。

保育士としてのピアノ演奏は、子どもたちがメロディーを聞きながら、思いっきり歌えるように、一度弾きだしたら差後まで止まらず弾ききることが、楽譜通りに弾くことよりも、ボリュームのある伴奏よりも大事だ、ということを覚えておきたいですね。

そして、徐々に音を増やしてボリュームをだしたり、ミスタッチが少なくなるようにと練習していけるといいですよね。

歌いながら伴奏を弾く練習をしまくる

幼稚園

伴奏のピアノ練習がなんとなく上達してきても、自分で歌いながらやってみるとまた違って、すごく難易度が上がってしまうことを実感されている方は多いと思います。ピアノを弾くだけと、弾き歌いをするのって、全然違うんですよね・・・。

それで、伴奏だけではスムーズに演奏できても、歌を付けた途端に止まってしまうようになります。

しかし、保育士としては子どもたちに歌を教えるということが目的なので、歌えなくてはいけません。それで、やはり取り組んでいかなくてはいけない壁なのです。

弾きながら歌うことに慣れるコツは、なんといっても、とにかく練習しまくることです。やり慣れることですね。

メロディーとしては、右手がメロディーを引いているので右手の音を意識するといいかもしれませんが、そうすると今度は左手が追い付かなくなっていくことがあります。しかし、とにかく練習をしまくっていれば、上達していくことができます。

その中で、やはり伴奏が間違ってしまうこともあるかもしれませんが、それでも最後まで弾きながら歌いきる練習をしましょう。ミスタッチが多くなっても、楽譜通りではなくても、それなりに誤魔化しながら伴奏と歌を最後までやり抜く!という練習です。

子どもたちに歌を教えるための4つのポイント

幼稚園

子どもたちがピアノの伴奏に合わせて、みんなで一緒に楽しく歌を歌えること、これがピアノの練習をがんばる目的ですよね?それで、自分が上手にピアノの伴奏ができること、弾き歌いができるようになることに加えて、子どもたちに歌を楽しく歌うことを教えていくという技術も習得しなくてはいけません。

そこで、歌を教えるときの4つのポイントをご紹介したいと思います。

まず一つめに、一番大事なのは保育士自身が楽しく歌うことです。子どもたちは雰囲気でつまらなそうなことには興味を示しませんし、何かすごく楽しそうなことであれば関心を示します。

それで、保育士自身が歌を歌うのを楽しめるようにする必要があります。歌が特別上手ではなくても、伴奏のレベルが高くなくても「歌を歌うのってこんなに楽しくて、気持ちがいいんだ~」ということを感じ取れるような雰囲気とか表情で教えましょう。

保育士も子どもたちも音楽に接している時には、楽しい気分になって、自然とテンションが上がったり、気持ちが高揚したりするような、そんな子どもを惹きつける雰囲気づくりが必要だと思います。

そして2つ目に、歌詞カードを作ることです。子どもたちが読みやすいように大きなキレイな字で歌詞を書きます。それをボードに張ったりして、子どもたちが前をまっすぐにむいて声を出せるようにしましょう。

歌詞カードには、絵を描いたりすると子どもたちの興味を惹きつけることができるかもしれません。子どもたちが歌をイメージしやすいような工夫をすることができるでしょう。

年齢によっては文字を読むのも難しいので絵を使って歌詞を覚えることができるようにすることもできると思います。

そして3つ目にその歌詞カードや絵を見ながら、歌を聴かせることです。このときに、先生が弾き歌いができるといいと思いますが、最初はCDを使って音に親しんでもらうこともできるでしょう。

子どもたちは初めて聞いた曲をすぐに覚えて歌えるわけではありません。それで、何度か聴かせたり、先生がアカペラで歌ってみたり、その歌に親しむことができるようにしましょう。

大人もそうですけど、いつも聞いている歌はそのうち自然と覚えていますよね?子どもたちの耳はすごいので、初めての歌も何度も繰り返し聞いているとちゃんと覚えています。

そして4つ目にピアノの伴奏に合わせて歌を一緒に歌う練習をします。初めて聞いたような歌を急に歌えるわけはないので、まずは1フレーズづつ先生が汚点ほんとして歌ってみて、それからまねっこをしてもらう、ということもできます。

そうやって、先生の後に歌うことでなんとなく歌を覚えていくことができるでしょう。最初は曲のテンポもゆっくりにして始めることができます。

歌詞を覚えられていないと、子どもたちは大きな声で歌うことができませんので、最初から「大きな声で!」と言ったって難しいでしょう。なので、まずはなんとなくその歌を歌えるようになることを意識します。

そして、そのうちに歌を覚えてくる子どもが出始めて、それにつられて多くの子どもたちが覚えて歌い始めます。そうやって、歌詞を覚えて歌えるようになってくると、「元気に!」「大きな声で!」と声をかけることができるでしょう。

やはり目標は、子どもたちに歌を歌う喜びや音楽の楽しさを感じてもらうことですよね。それでもし子どもたちが飽きてしまいそうであれば、踊りや振付なども一緒にするのも一つの方法です。

同じ歌を歌うことに飽きてしまう時にも、踊りをつけるともっと楽しく音楽を楽しめるようです。

最近多くの園でも取り入れられているリトミックも、音楽を体で感じ、表現することによって、体を使って音楽を楽しむことができます。リトミックによって、子どもたちの自律神経の発達を促して心と身体のバランスが整うこと、さらに表現力を豊かにすること、運動能力の向上、集中力のアップなどの様々な良い効果が期待できます。

それで、音楽に合わせて歌うこと、体を動かすこと、楽器を鳴らすことなどを通して子どもたちの身体的、精神的、知的な成長を促すことができるのですね。それで、歌を歌う時に一緒に身体を動かすということは、子どもたちの成長にとても良い方法だということがわかります。

まとめ

幼稚園ピアノ

保育園や幼稚園で働いていると、やはりピアノの演奏ができたらいいのに・・・と思うことは多いですよね。資格を取るために必ず必要というわけでもないし、他に上手にピアノ演奏ができる先生がいると、まかせっきりになることもありますが、自分がクラス担任になったときなどに、クラスの子どもたちにピアノで音楽の楽しさを教えてあげたいと思うと思います。

それで、これからピアノがもっと上手になりたい、と思う方も自分に合った練習方法を見つけてください。保育士としては、ピアノが難しい楽譜通りに完璧に弾けるということが必ずしも求められていない、ということを覚えておきましょう。

高度な技術を披露することが目的ではなく、子どもたちと一緒に楽しく、思いっきり歌を歌ったり、音で遊んだりすることができればいいのです。

先生があまりにもピアノの演奏に集中しすぎて、顔が恐くなるほどの演奏では子どもたちも楽しめませんので、目標は保育士自身がピアノを使って楽しく歌を指導できるくらいになることです。

伴奏を弾くだけでなく、自分も歌いながら、子どもたちの方へも目を向けて音楽を楽しむまでには、努力と時間が必要かもしれませんが、楽譜に慣れることから始めて、自分が弾きやすいようなアレンジ方法を見つけ、最後まで楽しく笑顔で弾けるように練習してみてくださいね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

保育士の転職を成功させるために大事なことのすべて!

誰でも一度は「こんな仕事やめてやるっ!」って思った事があると思います。保育士だって当然あります。今回は転職しようと考えはじめた保育士が成功するための情報をすべてまとめてみました。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%92%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事