ホイクナビって?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

ホイクナビって?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

派遣会社や短期バイトのサイトがたくさんあるのと同じように、保育士さん向けの転職サービスや転職サイトもいっぱいあるんです。できるだけ早く、そして長続きできるい良い職場を探したいですから、利用する求人サイトの使いやすさや情報量、信頼性も大事です。今回はホイクナビについて紹介します!

「ホイクナビ」とは

ホイクナビ

まずはホイクナビの基本情報です。ホイクナビとは、保育士、幼稚園教諭、看護師、栄養士、調理師さんたち向けに、就職・転職先を紹介する求人サイトです。

全国対応

ホイクナビでは全国の求人情報を見ることができますから、どのエリアにお住まいの方でも利用することができます。

条件の絞り込み

探したいエリアの絞り込みができます。探しているエリアの駅名や、路線から探すことができます。

また、勤務条件や希望条件から絞り込むこともできます。例えば、必要な資格(保育士・栄養士・看護師の資格の有無)、働きたい施設(保育園・託児所学童保育)、施設の大きさ(公立・私立・小規模)など、細かく選ぶことができます。

そして、働くにあたって求める条件(寮の有無・土日休み・未経験OK)なども指定することができます。

その他にも、フリーワードで検索することができます。希望の条件に合わせて、細かく絞り込むことができるので、ピッタリの求人情報を探すことができます。

求人件数

求人件数はかなり多く、日本最大級の求人数だそうです。日によって変動はありますが、この記事を書いている時の求人件数は1万7千以上でした。すごい数ですよね。

求人件数の下に、保育士の求人数、栄養士の求人数などさらに分かれていますので、さらに見やすいなと思いました。

また、非公開求人も取り扱っています。非公開求人といっても、あやしい求人ではありません。人気の仕事や急募の仕事は、求人を依頼する派遣会社を限定することがあるようです。それは応募者の殺到を防いだり、すぐに必要な人材を確保できるようにするためです。

求人を委託する派遣会社を限定していれば、応募者が集まり過ぎるのを防ぐことができます。また、急募の場合はすぐに人材を派遣してくれる派遣会社に委託します。

求人する側も、どこにでも求人情報を出すわけではなく、信頼できる派遣会社を選ぶようです。ホイクナビは企業側からも信頼されているので、そんな非公開の求人情報もたくさん載っています。

利用ステップ

まずは自分の名前や連絡先などの基本情報を入力し、無料登録をします。それから、希望の職種や働き方などについて、電話にて面談を行います。必要であれば無料で主張面談も行われます。

その面談をもとに、希望に合った職場を紹介してもらいます。もし興味のある仕事があれば、実際に見に行くこともできるようです。希望の職場が見つかれば、いざお仕事開始となりますが、初日には担当者が同行しますし、その後もサポートをしてくれるので安心です。

ホイクナビ

紹介会社・保育園・派遣会社の求人をまとめて一括で検索!

ホイクナビのメリット

幼稚園のお絵かき

求人数が多い

日本最大級といわれるだけあって、やはり件数がとても多いです。どのエリアに住んでいても利用することができる点が一つのメリットです。

扱っている件数が多いですので、自分の探している条件とピッタリ合う求人に出会う確率も高くなります。

また、先ほども取り上げた点ですが、非公開情報も見ることができます。他の求人サイトには載っていないような、人気の仕事や急募の仕事が載っている場合もありますので、希望の仕事に出会える率が高くなります。

無料でサービスが受けられる

登録が無料なのはもちろん、その他のサービスも無料で受けられます。求人情報を見るのも、条件や希望する職場環境などの相談も無料ですることができます。

無料の面談の際に希望の職場や働き方など、こちらの条件を詳しく伝えることができます。勤務開始後のサポートも無料です。バックアップがしっかりしているのはありがたい点です。

見やすい

個人的に、このサイトはすごく見やすくて使いやすいなと思います。カラーはピンク系と薄いブルーでかわいい感じです。

見出しも分かりやすく設定されていますし、どこにどんな情報が載っているか、どこを見ればいいのかが分かりやすく作られている気がします。シンプルではありますが、必要な情報や条件の絞り込みはきちんとできますので、見やすく、なおかつ使いやすいサイトになっています。

その他の役立つ情報が載っている

「お役立ちメモ」という欄があり、そこに求人以外のお役立ち情報が載っています。例えば、保育士さんの職場選びについての記事だったり、持っていると役立つ資格の紹介などがあります。

このサイトを利用するのはきっと保育士さんたちだと思いますが、その方たち向けの保育関連の記事が載せられているので、就職・転職・そして仕事をしていくうえで役立つ情報を得られると思います。

もちろん、それらの情報もカテゴリー分けされていたり、人気の記事がまとめられていたり、フリーワードで検索したりもできるので、使いやすいです。

信頼できる

このサイトを運営しているのは、ライフワン株式会社です。ライフワン株式会社は医療福祉サービスの大手、日本メディカル株式会社のグループですので安心できますね。

ホイクナビのデメリット

遊ぶ子ども

地方の情報が少ない

首都圏の求人情報はたくさんあるのに、地方の情報は少ない、という声もあります。確かにそうですね。

ただ、全国的に保育士の採用に力を入れているのは首都圏のようです。首都圏の保育園・託児所のほうが需要が大きいので、まずはそこの人材確保から始めている、という状況でしょうか。

求人情報自体、首都圏の方が数が多く地方は少なくなっているようですので、ホイクナビでも地方の情報は少なくなってしまうようです。

対応が大変

これはデメリットというほどのものではないかもしれませんが、求人数が多いゆえに、どんどん紹介がくるので対応に追われる、ということになります。まあ、ありがたいことではありますよね。

ホイクナビの口コミ

遊ぶ子どもと保育士

では、実際にホイクナビを利用している方の評判はどうでしょうか?いくつか口コミをご紹介したいと思います。

検索がしやすい

やはり、検索のしやすさが好評のようでした。就職や転職を考えている時って、できるだけ早く見つけたいですし、希望と合うところを探したいですよね。職探し中ってけっこう忙しいですし、簡単に検索できるって意外と重要です。簡単・使い勝手が良いという声が多かったです。

返信が速い

登録後の返信が速いという点も評判です。就職・転職先を探している時って、できるだけ早く情報が欲しいですよね。利用するサイトによっては、なかなか返事が来なかったり、紹介先が少ないということもありますが、その点ホイクナビは迅速な対応をしてくれます。

地方の求人情報も載っている

保育のお仕事って、けっこう都心部に集中しがちなんだそうですが、ホイクナビでは地方の求人情報も扱っています。非公開情報も含め、掲載数も多いですから、都心部以外でお仕事を探しているという方も情報を得ることができます。

大手の安心感

ホイクナビを運営しているのは、ライフワン株式会社で、福祉人材サービスの大手グループです。大手が運営しているので、やはり長年のノウハウや実績があります。信頼できるサイトで探したいという方や、大手という安心感が欲しいという方に支持されています。

求人サイト選びのコツ

保育園・幼稚園と子ども

求人サイトはたくさんありますから、どのサイトを利用するか、どのサイトに登録するかを迷ってしまいますよね。そこで、良いサイト・使えるサイトの見分け方をまとめてみたいと思います。もちろん、ホイクナビはそれらの条件にあてはまっています。

求人情報が豊富

求人情報がたくさんあれば、それだけ選択肢の幅が広がりますし、希望する仕事に出会う確率も上がります。いろいろなエリアの求人情報が載っていますから、いくつか候補を広げて探すことができます。

第一希望の場所に良い仕事がなさそうであれば、範囲を広げてさらに検索することができます。

バックアップがしっかりしている

自分で直接契約するという手もありますが、信頼できる派遣会社にサポートしてもらうのもいいと思います。

面談の際に良い情報がもらえたり、知らなかったサービスや制度について教えてもらうこともできます。お給料のことや休日のことなど、雇用者には直接話しづらいことも、派遣会社の担当者を介してだと伝えやすいかもしれません。終業後も万が一トラブルが起きたり契約が違うとなったときに、間に入ってくれる担当者がいると安心です。

保育士業界の就職事情

遊ぶ子ども

需要はまだまだある

最近では共働きのご家庭が増えていますし、待機児童ゼロを実現するために、保育士の採用に力が入れられているようです。保育士、そして保育所や幼稚園を運営するにあたって必要な園長や調理師などの採用も必要です。

子供たちの人数に対して保育所や保育士の数が足りていないのが実情ですので、今後も保育士の採用に力が入れられていくと考えられます。保育関連の仕事の需要はまだまだなくならないと思います。

男性保育士のニーズ

また、男性保育士のニーズも増えているようです。子供たちと遊ぶときって、子供を抱っこしたり、一緒に走り回ったり、けっこう力がいりますよね。保育の現場は意外と力仕事なので、男性保育士がいてくれると助かるという声もあります。

逆に、男性保育士への偏見もいまだにあるのかもしれません。いままで男性保育士の数は多くはありませんでしたから、一緒に働く同僚や子供を預ける親御さんも、戸惑いがあるのかもしれません。それでも、最近はどこの業界でも「男性の仕事」「女性の仕事」という差は少なくなってきています。

子供を預けに来る保護者の方も、男性が増えてきていますし、良い相談相手として頼られる存在になっているようです。

保育園以外でも就業できる

保育士さんの仕事って、保育園に限られるわけではありません。ベビーシッターや小学校の学童保育など、いろいろなところで働くことができます。個人的にベビーシッターを雇いたいという方や、企業・病院に併設している託児所のほうが待遇が良いという場合もあります。保育園に限らず、条件や就業条件の良いところを探しやすいかもしれません。

職場復帰しやすい

通常は長期間職場を離れていると、復帰するのが難しくなりがちです。仕事内容が変わっていたり、システムが変わっていたり、自分のスキルが落ちていたりして、ブランクを埋めるのが難しく感じる方も多いようです。

ですが、保育士の仕事は、保育士の資格が必ず必要になるところが多いですし、経験豊富な方が歓迎されます。まだまだ保育の現場は人手不足ですから、需要は大きいといえます。他の職種に比べると、比較的職場復帰しやすいと思います。

派遣登録をして、面談で経歴などを伝える際に、これまでの就業経験や保有資格を伝えておくと、スムーズに就業先が決まるかもしれません。

求人サイトの見方

保育園と子どもと保育士

求人サイトを使ってお仕事を探されると思いますが、その際に気を付けて見ておくチェックポイントがあります。「記載されている内容と違う!」ということを避けるために、注意して見ておくポイントをご紹介します。ホイクナビをご利用になる際も、チェックしてみてくださいね。

募集要項

まずは募集要項に記載されている文面です。給与額は「額面」か「手取り」なのか、記載されていない場合があります。単に「○○円~」とかですね。

「額面」とは、基本給に諸手当を含んだ金額で、「手取り」はその額から住民税や保険料などが差し引かれて、実際に手元に来るお金のことです。基本的に求人サイトには「額面」のほうが記載されていますので、改めて「手取り」と書かれてない場合は額面と思っていいと思います。

思っていた額より、実際に支払われた額が少なかった、ということを防ぐために、注意して表記を見ておきましょう。気になる場合は面談の際に尋ねてみても良いと思います。

休日

よく見かける表記で「週休二日制」と「完全週休二日制」があります。同じ意味のような気がしますが、どう違うのでしょうか?

まず、「週休二日制」は、1か月のうち最低1週は2日休めるということです。毎週2日休めるかというとそうではなく、2日確実に休めるのは1週だけで、ほかの週は休1ということもあります。休みが3日ある週、1日だけの週など、ばらつきがあるところもあるようです。

「完全週休二日制」の場合は、1週間のうち必ず2日休むことができます。土日休みが一般的ですが、平日が休みになる業種もあります。土日に固定休がもらえるとは限りませんが、週に2日の休みは必ず確保されます。

似たような表現ですので同じような意味かと思ってしまいますが、けっこう違いがありますよね。終業後に「話が違う!」とならないようにするため、事前にしっかりチェックしてみてください。

面接時に確認する

募集要項を読んでも、はっきり記載されていなかったり、面談時に応相談と書かれていたりします。

良く分からない点、詳しく聞きたい点があれば、事前にまとめておいて面接の際に聞いてみましょう。

なかなか見つからない時は

保育園の子ども

なかなか働きたいところが見つからない、ということもありますよね。職探し期間が長くなればなるほど不安になってきたりします。できるだけ早く就業開始するために、ちょっとだけ条件を見直してみてもいいかもしれません。

なかなか「これだ!」と思える就業先が見つからない理由の一つは、「漠然とし過ぎている」ということが挙げられます。条件が少なく、なんでもしますくらいのほうが、たくさん見つかる気がしますが、意外とそうでもないみたいです。

「○○関連であれば」「○○系」というより、「職種は絶対これ」「年収○○以上」「場所はここ」と具体的に決めておく方が、その求人が来た時に確実につかみやすいです。「明確化したらすんなり選べた」という声も聞きますから、「これだけは」という条件を決めておくのもいいかもしれません。

逆に、条件を挙げ過ぎているという場合もあります。「土日休み」「給与○○以上」「○○業務」「○○を活かせる仕事」など、条件が多すぎる場合もヒット率が低くなります。 試しに希望条件を絞ってみると、ヒット率がグッと上がるかもしれません。一度条件を見直してみて、「譲れない条件か」「変えてみてもいい部分か」検討しなおしてみるのも良いと思います。

ホイクナビはおすすめ

就職・転職って大変ですよね。なかなか希望の仕事が見つからなかったり、良い就業先なのか心配になったり。より良い環境で長く働きたいですから、職場選びは大切です。ホイクナビは使いやすくて信頼できる、おすすめの求人サイトの一つです。

ここまでホイクナビの特徴やメリット・口コミ、そして保育現場の雇用事情、求人サイトの見方などを挙げてきました。保育関連で就職・転職先をお探しの方は、ぜひホイクナビを活用してみてくださいね。

ホイクナビ

紹介会社・保育園・派遣会社の求人をまとめて一括で検索!

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事