伊勢崎市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

伊勢崎市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

伊勢崎市は、群馬県南部にあります。古くから絹の生産が盛んで、隣接する桐生市と並び絹織物(伊勢崎銘仙)が有名である。近年は郊外型店舗の進出が著しく、特に伊勢崎オートレース場付近の発展が目立ちます。その一方で中心市街の空洞化が進んでます。群馬県伊勢崎市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。伊勢崎市で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

伊勢崎市の保育の需要と保育事情

silk(群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市は、群馬県の南部に位置しています。古くから絹の生産が有名です。人口は約21万人で、人口が増加している県内でも有数の市です。ペルーやブラジル人も多く住んでいます。

そんな伊勢崎市での保育環境はどうなっているのでしょうか?保育のニーズやそれに伴う教育・保育の拡大、保育サービスの充実について、伊勢崎市の保育士を取り巻く環境についてまとめました。そして求人の探し方もご紹介します。

伊勢崎市の教育・保育の取り組み

伊勢崎市では、子ども・子育て新制度に基づき、「笑顔があふれ・安心して子育てできるまち・いせさき」を基本理念とした「伊勢崎市子ども・子育て支援事業計画」を策定しています。安心して子育てができる街として発展するためには、質の高い教育・保育の推進、さらに、施設に在籍していない子供と保護者への子育て支援の充実も必要となります。

それで、次世代を担っていく大切な子どもたちが健やかに生まれ、成長していく事ができるように子育て環境を整備し、特色のある教育・保育の充実に努め、心豊かで笑顔あふれる子どもたちを育むことを目標としています。

そのためには、**多様な子育て世帯のライフスタイルに対応する、多様な保育サービスの提供が求められています**。就学前児童への教育・保育の拡充はもちろん、質的向上、様々な保育事業の充実、そして小学校にあがったあとも、保育のニーズの高まるに応じて放課後児童クラブの拡充などが求められています。

この「伊勢崎市子ども・子育て支援事業計画」を策定するに当たり、平成25年10月には、市内に住む子育て家庭の3,000世帯を対象にしたニーズ調査というものが行われました。

伊勢崎市における保育のニーズ

平成25年に行われたニーズ調査報告では、伊勢崎市の子育てに関する生活実態、要望、意見などがまとめられました。

就学前児童をもつ保護者のうち、主な子育てを「父母ともに」していると回答している世帯は58.3%、「主に母親」がしているという世帯は38.9%、「主に父親」がしている血王整体は0.4%でした。父親の育児参加が応援されているとはいえ、現状はやはり主に母親がしている、という家庭もまだまだ少なくないということですね。

そして、母親の就労状況についてですが、フルタイムで就労しており産休・育休、介護休業中ではあない人は22.9%、パート・アルバイト等で就労しており産休・育休、介護休業中ではあない人は27.9%ということでした。つまり、約50%の人がフルタイム、もしくはパートやアルバイトとして就労しているということです。そのうち、8時に家を出ると回答した方は53.8%で最も多く、帰宅は18時と回答した人が29.7%ともとも多かったことがわかっています。

さらに、現在パート・アルバイト等で就労している母親のうち、フルタイムでの就労を希望し実現できる見込みのある人は9.6%、フルタイムでの就労を希望しているが見込みがないという人は31.1%ということでした。そのままパート・アルバイトとしての就労を継続したいという人は56.2%と最も多かったです。

そして、現在就労していない母親に対して、就労したいという希望があるか?という質問に対して、肯定的な回答をした人は全体で82%でした。「1年より先、一番下の子が○歳になったら就労したい」という人が最も多く55.0%で、「すぐにでも、もしくは1年以内に就労したい」と回答した人が27.0%でした。

それで、就学前児童を持つ母親のうち約半数の人が就労している状況であり、さらに現在は就労していない人のうち就労希望を持つ人は8割を超えています。ちなみに、父親の場合90.5%の人がフルタイムで就労しており育休・介護休業中ではない、という状況です。

それで、保護者の就労希望を実現させ、仕事と育児を両立させるためには、必要な保育の需要に対応していくことが必要だということがよくわかります。そして、保護者の就労環境も多様化しているので、保育のニーズも多様化していきますので、それに対応する保育サービスの充実が求められています。

では、実際にどのくらいの人が幼稚園や保育所を定期的に利用しているのでしょうか?平成25年の時点で、幼稚園や保育所などを定期的に利用している人は69.1%ということでした。そして、通い始めた年齢について、1歳からが30.5%と最も多く、そのつぎに3歳からが23.3%で多いということがわかりました。保育需要の低年齢化が見られますね。

そして、現在教育・保育事業を利用しているしていないにかかわらず、定期的に利用したい教育・保育事業をたずねたところ、一番多かったのが認可保育所で59.4%、その次が幼稚園で40.1%でした。そして、保育所や幼稚園に通いながら、預かり保育やファミリー・サポート・センターなどを併用して利用したいという希望があることもわかっています。

そして、放課後児童クラブの対象が平成27年度にスタートした子ども・子育て新制度によって変わり拡大したことにより、需要が増加しました。それで、待機児童の発生が見込まれることから、対策として民間クラブとの調整と公設クラブの整備が必要とされています。

このような現状から、保育所や幼稚園への定期的な利用希望を持つ人は多く、0〜2歳児といった乳幼児の保育のニーズも高まっています。そして、放課後児童クラブの需要も増加しています。

伊勢崎市の保育所等の数と保育サービス実施について

現在(平成30年度の時点)、伊勢崎市ではどのくらいの規模で保育サービスが提供されているのでしょうか?

伊勢崎地区には保育所と認定こども園が、公立3ヶ所、私立26ヶ所あります。赤堀地区には私立保育所が4ヶ所あります。東地区には保育所と認定こども園が私立6ヶ所あります。境地区には、保育所と認定こども園が公立2ヶ所、私立8ヶ所あります。

夜間認定こども園が私立で1ヶ所あります。市立幼稚園は市内に10ヶ所で、私立幼稚園が4ヶ所です。放課後児童クラブ(学童保育)は、公設公営・公設民営合わせて13クラブです。

4つの公立保育所では、保護者が一時的に子供の世話ができない場合に預かり保育する「一時預かり」を実施しています。

また、病気の回復期にあって集団保育ができず、保護者も勤務などで家庭で保育できないときに乳幼児を一時的に預かる「病後児保育」を実施しているのは、市内の私立保育園、私立認定こども園、公立保育所の中で8園となっています。

伊勢崎市の待機児童と保育士の需要

伊勢崎市では、平成29年4月1日の時点で待機児童はいませんでした!市では、これまで待機児童対策として保育施設を整備したり、利用定員を拡充するなどの取り組みを行ってきました。それで、現在では国基準の待機児童は4月1日時点では”0”を達成する事ができています。

・保育施設が足りない状況が否めない結果(需要と供給が合わない)

とはいえ、隠れ待機児童といって、希望する園への入園待ちをしている人たちもいることがわかっています。それで、みんなが希望する園に入園できていると言うことではありません。 そして、今後も伊勢崎市では待機児童を抑制し、多様化する保育ニーズに対応していくために、民間保育施設の定員拡大を行う予定です。

平成30年の予算では、民間保育施設の整備に274,061円が当てられる予定で、4日所の円絵増改築事業が実施され、合計で55人分の受け皿の拡大が予定されています。

放課後児童クラブも、公設公益クラブとして2ヶ所開設されてきましたが、平成30年度にもさらに新たに2ヶ所開設される予定です。放課後児童クラブというのは、学校が終わったあとに家に保護者がいない家庭の子どもたちを預かる施設となっています。そこは、子どもたちにとって放課後の居場所となり、いろいろな遊びや活動を通して健全育成が図られています。

そこで働く指導員の中には保育士資格を持つ人も多くいます。なぜなら、放課後児童指導員とは、平成27年度から新しく創設された資格で、今までと変わり放課後児童クラブには2名以上の有資格者の配置が必要となりました。

その放課後児童指導員になれる人というのは、保育士、社会福祉士、幼稚園教諭、小学校教諭などの資格をもつ人などで、都道府県が行う研修を受講した人です。それで、放課後児童支援員は小学生を対象とした保育のプロとして、子どもたち一人ひとりに合わせた育成支援を行って、保護者が子育てと仕事を安心して両立できるように助けます。

このように、伊勢崎市でも保育所の定員を今もなお拡大していますし、需要の大きい低年齢児の保育には保育士がたくさん必要となります。そして放課後児童クラブも新設されています。その他の子育て支援事業も拡大していくことが見込まれますので、保育士はまだまだ必要になることでしょう。

特に、学童保育に関しては特に指導員の確保が難しいようです。学童保育の充実に取り組んでいるとはいえ、4年生以上について十分に需要に応えられてはいないという状況で、県では人材不足の問題を把握しています。

それで、指導員の確保のために、各自治体が指導員の処遇改善を実施するようになってきました。

伊勢崎市でも、平成30年度には放課後児童支援員全員に対して月額1万円の処遇改善がおこなれます。また、キャリアアップ処遇改善事業として、勤続年数や経験に応じて賃金の改善を行う場合に市からの助成があります。

群馬県での保育士確保対策

We Need You Message Concept

群馬県では、平成31年度に最大の需要と供給を考えた場合に保育士が300人ほど不足するとしています。その対策として処遇改善があげられますがこれは国の政策となり、今の所群馬県独自での実施はありません。

東京都などのように待機児童問題が深刻なところでは、区市町村での独自の処遇改善などが行われていますから、もしかしたら、これから保育士争奪戦が激化したときには群馬県でもそのような処遇改善のための単独補助というものが行われるかもしれません。

現在のところ、群馬県では地域の保育人材の育成と確保と定着支援のために、「保育士修学資金貸付事業」を実施しています。これは、県内の保育士養成施設に在学する人に対して、学費として月額5万円、入学準備金として20万円、就職準備金として20万円を貸し付けるものです。

貸付は無利子で、最大2年間となります。そして、もし卒業後1年以内に県内で保育業務に5年間継続して従事した場合には返済が免除となります。対象者としての条件など詳しくは、群馬県社会福祉協議会のサイト等から確認できますよ。

群馬県キャリアアップ研修

Climbing the corporate ladder of success in career concept for job self help, growth and opportunity

教育・保育施設に求められる役割は、複雑にそして多様化してきました。それで、そこで働く保育士等には専門性がさらに求められるようになっています。それで、職務内容に応じた専門性の向上と、さらに勤続年数や経験等に応じて処遇改善がなされるように、キャリアアップ研修が実施されています。

対象者は、県内の私立保育園、公私立認定こども園、私立幼稚園、地域型保育事業に勤務している人です。実施期間や申込みなどについては、県のホームページから確認しましょう。

伊勢崎市の保育士の求人の探し方

伊勢崎市で保育士として働きたい、転職したいという人は、どうしたら求人を見つける事ができるでしょうか?

一つの方法は、伊勢崎市のホームページに掲載される職員募集をチェックすることです。例えば、公立保育所の非常勤職員(保育士)の登録者を募集していたり、採用試験についての情報をしることができます。

今すぐ就職先を見つけたい、という人におすすめなのは、保育士向けの求人サイトの利用です。

求人サイトはたくさんありますけど、とくに保育士や幼稚園教諭向けの転職支援サービスを提供しているサイトなら、無料でたくさんある求人から希望条件に合ったものを紹介してもらえるほか、入職までの面接や条件交渉などまでサポートしてもらえたりします。

非公開求人も扱っているサイトもあるので、自分だけでは見つけられないような一般には公開されていない情報に出会えるかもしれませんよ。

伊勢崎市の保育士のおすすめ転職サイト

保育士.net

保育士.net

関東・関西を中心に全国対応、求人数豊富で年間10万人以上が利用の保育士求人サイト!

保育士コンシェル

保育士コンシェル

保育士コンシェルは、株式会社プログレートが運営している保育士のための求人紹介サービスです。好条件の求人を中心に取り扱っているのが特徴で、保育士、主任保育士、施設長(保育園園長)、保育補助、幼稚園教諭、学童指導員、教室講師、児童養護・障害児施設職員などの幅広い職種の求人があります。

総合評価 3.7
対応地域 東京、神奈川、千葉、埼玉が中心
サービスの特徴 収入や通勤時間、残業が多いか少ないか、研修が充実しているかなど、自分の希望にあわせて求人を探すことができます。保育コンシェルではLINEで転職をサポートするサービスも行っています。

保育士コンシェルは保育士さんへの仕事紹介に特化している、厚生労働省認可の会社です。

登録はたった30秒でできるシンプルなものです。勤務条件など、希望を伝える際は電話かメールだけでも大丈夫ですので、まずは希望を伝えておきたいという方に便利です。

実績も十分にあり、保育士コンシェルを利用して転職した方の満足度は97%以上です。

まとめ

保育士の需要はまだまだ大きいようです。保育士不足解消に力が入れられているため、保育士支援のセンターがあったり、貸付金制度もあるなど、サポートも充実しているようです。

ネットで手軽に求人情報を調べることもできます。市内でお仕事を探しているという方は、ぜひ求人サイトを活用してピッタリの職場を見つけてみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事