保育のお仕事ってどう?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育のお仕事ってどう?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

「保育のお仕事」は人材派遣会社と職業紹介の両方を行っています。人材紹介の場合は、保育園や施設の紹介、面接や履歴書、職務経歴書など転職活動に必要なことを専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。実際のところはどうなのでしょうか?今回は保育のお仕事の特徴やみんなの評判をチェックしてみました!

「保育のお仕事」の特徴は?

保育のお仕事

保育士といえば人材不足で引く手あまたな状況ですが、それにより保育士も自分が今勤めている環境が適していないと考えると、転職がよりしやすい状況になっています。

もちろん、環境だけでなく、給料、福利厚生、残業有無などより保育士が自分の要望と合致するところで働きたいという願いを持つこともあります。

しかし、本来保育士の仕事は多忙でストレスも多く、保護者から預かって、子供という人間を世話し、注意を払うわけですから、転職を考えるといっても簡単にできるものではないのです。

そういう時には今注目されているのが、保育士に代わって最適な就職先を見つけてくれる企業です。

今日は忙しい保育士の皆さんでも、なるべく負担が少なく、時間を有効活用できる「保育のお仕事」と呼ばれる、保育士と就職先をつなぐサービスについて理解していきましょう。

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

保育士と保育園をつないでくれる「保育のお仕事」とは

「保育のお仕事」は株式会社ウェルクスが運営しています。

ウェルクスは保育士と幼稚園教諭の転職支援・人材派遣サービスを主に行っていますが、他に栄養士や調理師の転職支援の人材派遣サービスも行っています。

では、忙しい保育士に代わって、保育園や施設などから保育士の求人情報をまとめて、保育士がその情報を受け取るよう配信し、面接などのサポートを行ってくれます。

保育士として仕事を今現在行っている方の中には、今の勤務先について不満を抱きながらも問題が解決されないまま、毎日仕事を行っている状況の方がいます。

そのような中で保育の仕事をしているすべての保育士、そしてこれから初めて保育士として働く方たちの要望に答えたいとの願いで、「保育のお仕事」は設立されました。

「保育のお仕事」は人材派遣会社と職業紹介の両方を行っています。

派遣の場合は株式会社ウェルクス(派遣元)に雇用され、その派遣会社と契約する保育園など(派遣先)に派遣され、お仕事をすることになります。

実際に業務上の指示や指導を行うのは派遣先の保育園ですが、賃金の支払いは株式会社ウェルクスから行われます。また福利厚生についても株式会社ウェルクスのものが適用されます。

「保育のお仕事」を通して人材紹介サービスのみ利用する場合は保育園や施設との仲介をし、求職者は直接それら保育園や施設と雇用契約を結びます。

それで、基本的には一度保育園や施設に就職した後は、「保育のお仕事」を運営している株式会社ウェルクスではなく、保育園などの施設とその後の仕事について相談・交渉していくことになります。

では具体的に「保育のお仕事」にはどのような特長があるのかを見てみましょう。

求人情報の豊富さと情報量の多い「保育のお仕事」

保育

まず考えられるのは求人情報が非常に多いということが挙げられます。「保育のお仕事」では保育士・幼稚園教諭に特化した求人情報を扱っています。

公立保育園、私立認可保育園はもちろんのこと、病院保育、企業内保育、企業内託児所、幼稚園、学童保育、認定こども園などの幅広い求人を取り扱っています。

ただ、求人の募集エリアとしては全国各地カバーしています。2018年1月の時点で沖縄県だけでも40件近く掲載しており、求人の豊富さが特徴です。

「保育のお仕事」では保育士を募集している保育園や施設との連携を強めています。

例えば、単に求人情報を載せるということはしません。担当者が直接保育園や施設に訪問します。

また、「保育のお仕事」では先ほどの保育園や施設を訪問した際に、人事担当者や園長との話し合いを持ちます。

直接園長先生とインタビューすることによって、保育園の保育方針や先生たち同士とのコミュニケーションの図り方などを知ることができ、その情報を求職中の保育士にも共有することによってオリジナル性を出しています。

そこに、「保育のお仕事」はこれから真剣に転職を考える保育士の力になりたいとの願いから、その期待に応えられるようなきめ細かなサービスを目指しているのです。

中には「保育のお仕事」を通して就職するのに躊躇される方がおられるかもしれません。

では、直接自分で保育園や施設へ応募するのと、「保育のお仕事」を通して応募するのとでは、どちらにメリットがあるのでしょうか。

例えば、給与面での待遇、残業有無を含めた休日の取り方、保育方針に特定のこだわりがある求職者の方であれば、「保育のお仕事」を通して相談・応募することをおすすめします。

なぜなら、多くの企業や保育園を交渉し、情報を持っている「保育のお仕事」の専任のキャリアアドバイザーが、求職者からではどうしても言いづらい条件面の交渉をすることができるからです。

また、通常求職者は求人票に記載されている条件を元に、保育園や施設での待遇が限界であると判断します。

しかし、それはあくまで保育園や施設の経営状態を鑑み、低めの数値で設定しているところもあるのです。

それで、「保育のお仕事」では提示されている以上の条件で、紹介先からのもっと有利な待遇や条件を引き出し、転職・就職のサポートをすることができることもあるのです。

専任のキャリアアドバイザーによるサポートが充実している「保育のお仕事」

騒ぐ子ども

「保育のお仕事」では、保育士一人ひとりに合った保育園を探すためのサポートを行っています。それを達成するために「保育のお仕事」では、登録している保育士1名ごとに専任のコーディネーターが担当します。

この専任のキャリアアドバイザーはそれぞれの事情が異なる保育士の要望・相談に親身になって対応し、担当者がバラバラになることで情報管理が行き届かないことを避けるための工夫を行っています。

面接を行うときには、専任のキャリアアドバイザーが各園の人事担当者や園長先生と直接話し合いをした時の情報があるので、それをもとに面接を行う際の注意点やポイントなどをしっかり教えてくれるため、保育士がきちんと心構えや準備をして臨む手助けを行うことができます。

単に相手の会社に何日何時に行って面接を行ってください、というのではなく、面接対策アドバイスをしっかり行ってくれるのは大変心強いのではないでしょうか。

また、配属先や金額面ではもしかしたら保育士が望む金額と、相手側が最初提示してきた金額が異なる場合もあることでしょう。

そのような場合でも「保育のお仕事」では専任のキャリアアドバイザーが、保育士の条件を相手に提示し、交渉などをしっかり行ってくれます。

このことを保育士が自分でやるとなると大変ですし、まして現在仕事を行っている保育士ならさらにそれはストレスになることです。

ですから、求職者の代わりにそのような交渉をしてくれるのは本当に助かるでしょう。

もし、保育士がどうしても土日や平日の仕事が終わった後に相談したい、という場合はどうでしょうか。その場合でも土日や就業後の面談・カウンセリングが可能です。

しかし、日程の調整が必要な場合があるようなので、あらかじめ求職者は相談が可能な希望の日時を複数「保育のお仕事」に伝えることで、「保育のお仕事」は日程を調整し、求職者とスムーズな相談を行うことができます。

保育士が希望する条件にどれだけ対応できるのか

転職を考えている保育士さんの中には、引っ越してもよい職場であれば働きたいという方がおられることでしょう。

しかし、引っ越しを考えてはみるものの、まず新しい家やアパートを探し、その費用を工面するという理由で引っ越ししてまで転職することをあきらめてしまうこともあるでしょう。

「保育のお仕事」では住宅手当ありの求人だけを紹介してもらうことができます。

どうしても、引っ越しを考えていて、寮や社宅がある職場を探しているのであれば、あらかじめ直接専任のキャリアアドバイザーに尋ねてみると良いでしょう。

また気を付けたいのが、住宅手当があったとしても基本給が低いということがあり得ます。

他の住宅手当が無い求人と比較して、どちらが給与面でより好条件なのか見極める必要があります。

そのあたりも専任のキャリアアドバイザーと相談することもできます。

気になる「保育のお仕事」を利用する場合の費用

これだけの充実したサポート、専任のキャリアアドバイザー、ちょっとした相談から住宅支援まですべての「保育のお仕事」のこれらのサービスはすべて無料です。何か一回コーディネーターに相談したからいくら取られるということはありません。

「保育のお仕事」では仕事を探している保育士からの利用料・手数料などは一切徴収しておらず、これらの費用はすべて紹介先の保育園や施設などに保育士を雇用してもらうことからの紹介料で賄っています。

それで、保育士かから何かお金をもらうということは一切ないのです。もちろん、保育士が例えば面接や保育園見学などにかかる交通費やホテル代などは保育士側で負担する必要があります。

どのように「保育のお仕事」の転職サポートを受けることができるのか

幼稚園児

「保育のお仕事」のホームページから、「保育のお仕事」の電話番号を探すことができます。

電話で相談することもきますし、ホームページ上で気に入った求人情報があれば、そこの問い合わせフォームから連絡し、メールでのやり取りで相談することもできます。

また、ホームページの「まずは相談してみる」から必要情報を入力すると、「保育のお仕事」から電話がかかってきて案内されます。

この求人情報からの「応募・問い合わせ」ですが、登録しなくても可能です。ただこの場合、その求人情報についてのみの回答となり、求職に関して「保育のお仕事」からのサポートを受けることはできません。

充実した無料転職サポート、専任のキャリアアドバイザー、具体的なサポート相談、住宅支援などを受けたい保育士は登録する必要があります。

「保育のお仕事」では求人の数だけでなく、公立保育園から私立認可保育園、幼稚園はもちろん、認定こども園、準認可保育園、託児所学童保育まで、数多くの種類の求人を扱っています。

対象となる職種は、保育士・幼稚園教諭ですが、経験がある方は園長職や管理職の転職のサポートについて相談することもできます。

キャリアアドバイザーが最適な求人を探してくれるでしょう。

とりわけ、40代、50代など子育てが終わり、これから自分の仕事を楽しんでみたい、という方もおられます。

今の時代、高齢者が高齢者の世話をするだけでなく、年齢が上がってもまだまだ子供の世話ができるという元気いっぱいの方もたくさんおられます。

しかし、通常年齢によってある程度は給料が上がっていく状況だと、なかなかその年齢になると保育士を採用したがならないというところもあります。

そういう時でも「保育のお仕事」を利用しましょう。

他のサイトではなかなかありませんが、「保育のお仕事」では40代、50代の保育士の転職サポートも積極的に行っています。

まだシングルマザーの方はどうでしょうか。子育てをしながらも、今の勤務先をやめられずにいるかもしれません。

そういう忙しいシングルマザーも「保育のお仕事」を利用することにより、忙しい中でも効率よく仕事探しができるのです。

子育てと仕事の両立はかなり難しいからこそ、「保育のお仕事」の豊富な情報量とサポートに頼りましょう。

「保育のお仕事」では男性保育士の就職活動も積極サポート

日本では男性保育士は全体の4%に過ぎず、保育士不足の解消には男性保育士がさらに働きやすい職場環境を作ることが求められています。

まだまだ珍しい存在ともいえる「男性保育士」ですが、保育の現場ではどういった扱いや待遇になっているのでしょうか?

男性・女性、性別による違いはあっても、女性だから子供の世話が男性よりも得意とかはないはずです。

男の子の行動や気持ちはやはり同じ男性の方が理解しやすいのではないでしょうか。

実際に現場で働く男性保育士さんは、女性保育士さんや保護者から頼りにされているようです。

保育園や幼稚園では、力仕事というのも常に生じます。

そういう時には男性の事務員や園長がいれば、お願いできることはあるかもしれませんが、それども男性の保育士として普段から現場で接している女性の保育士は、同僚に頼むことができた方がやはり頼みやすいと言えます。

お散歩などで突然男児がトイレに行きたがることは日常茶飯事です。

そういった時には、女性の保育士が男児の世話といえ一緒に男性のトイレに行くというのも難しいことがあるでしょう。

男性保育士であれば、そういったことを気にせずに済みます。

また今は子供を預ける保護者の働き方、働く時間も多様化しており、夜遅くまで子供を預かる保育園が増えてきています。

そのような保育園では防犯上の理由もあり、男性保育士を積極的に配置している幼稚園も増えています。

男性の保育士を積極的に採用している保育園の情報も多数「保育のお仕事」では保有しており、サポートを行っています。

「保育のお仕事」を利用するためには保育士の資格を持っていなければならないのか

子ども

「保育のお仕事」を利用する際に気になるのが、保育士の有資格者でないと転職サポートが受けられないのかという疑問ですが、そのようなことはありません。

転職に限らず、就職サポートですから、今保育士資格を目指して頑張っておられる方、もしくは学生の中で、保育科などで今学んでおられるのであれば、将来保育士として活動する予定がある方でもサポート対象になります。

とりわけ、学生の方であれば新卒として、保育園などでの就職を目指しているのであれば、新卒を採用したい保育園に関する情報も豊富に「保育のお仕事」では持ち合わせているので、学生の方でも積極的に「保育のお仕事」に登録し相談してみると良いでしょう。

「保育のお仕事」は保育士としてすでに働いている方のみならず、これから目指す方に関しても情報提供を行っているのです。

中には今働いている保育園などにはある程度満足してはいるけれど、他の保育園や首都圏で働くことに関して少し興味がある、という保育士の方もおられるでしょう。

そのような転職するかしないか、まったく決めていない状況にいる方でも「保育のお仕事」に相談してみることができます。

もしかしたら、「保育のお仕事」からの情報によって、より自分に合った就職先が見つかるかもしれないのです。

「保育のお仕事」から紹介された保育園や施設と面接したけど断りたい

「保育のお仕事」から紹介された保育園や施設と面接したけど、実際行ってみて自分の思っていたところと違う、もう少し違う職場を「保育のお仕事」と相談しながら探したい、という場合はその面接先に断ってももちろん大丈夫です。

実際に面接した保育園や施設への就職を断りたい時は、求職者自身が辞退の連絡を行うのではなく、「保育のお仕事」が行ってくれます。

それで、辞退したいと思ったときは、すぐに「保育のお仕事」に連絡することによって、お互いに気持ちよく次の就職先を探すことができます。

専任のキャリアアドバイザーに、自分の思っていることと異なる条件、待遇、雰囲気などについて率直に話してください。

もし、面接した保育園や施設の雰囲気がとても気に入ってはいるものの、待遇をもう少し良くして欲しいといった場合でも、専任のキャリアアドバイザーに話しましょう。

専任のキャリアアドバイザーは保育士の希望をもとに、再度紹介先と交渉できるかどうかを検討します。

せっかく「保育のお仕事」が間に入ってくれているのですから、無理をする必要ないのです。むしろ、自分の人生に大きく関わってくる仕事ですから、妥協せず納得にいく場所で働けるよう相談しましょう。

「保育のお仕事」の充実したスキルアップ研修

子供と保育士

「保育のお仕事」では毎年「就職・転職フェア」を全国で開催しています。

国内最大級の保育士の転職支援サービス「保育のお仕事」を運営する株式会社ウェルクスでは単にサイトでの求人案内やキャリアアドバイザーによりサポートだけでなく、具体的に企業などから直接現場の声を伝えることも行っています。

株式会社ウェルクスは、2013年の創業当初から企業理念として、待機児童問題の早期解消を掲げています。

現在「保育のお仕事」は業界最大級の利用者数サービスまで増えました。

それによって多くの保育士さんの転職支援を行ってきたその経験を活かし、最近ではより一層のサービス拡充のため、転職フェアの開催を始めたようです。 実際に転職フェアに来場者した方たちからは好評のようです。

一例としては、 ・気になる求人、企業に出会えたので来てよかった。 ・充実した話が聞けて良かった。興味がある保育園の見学に実際に行ってみたいと思った。 ・紹介されていた保育園の特徴が良く分かった ・初めての参加だったが、特に緊張することなく各ブースを回ることができた。 ・自分の理念と会いそうな保育園を見つけることができた などです。

出展企業からも、フェアを通して採用につながる出会いがあったとの評判があったことから、積極的に採用したい企業の意気込みや保育理念を参加者がよりわかりやすいという利点もありそうです。

フェアに事前予約を行い、スタンプラリーをフェアで行うと、QUOカードが最大3000円分もらえるという嬉しい特典が付いている場合があるようです。

また、かわいいキャラクターのソーイングセットを来場するだけでプレゼントしたこともあるようです。

このフェアでは企業が出展するだけでなく、「保育のお仕事」のキャリアアドバイザーが会場内に常駐します。

求人情報以外で保育士として働くにあたっての就職・転職活動での疑問や不安なことを、気軽に相談できるのもメリットです。

「保育のお仕事」が今注目されているのはなぜか

今まで、保育士というのは職場の人間関係が悪くても、親から必要以上の要求をされても、子供がまず可愛いからとの理由で、ずっと耐えて体調を崩して、すでに新しく仕事する気力も無くなっている、ということがありました。

しかし、そのような責任感のある保育士を助けたいと立ち上がったのが「保育のお仕事」なのです。「保育のお仕事」によって、どのようなことが達成されるでしょうか。

「保育のお仕事」を利用したことのある方は例えば以下のような感想を載せています。

・「保育のお仕事」を通して、扶養枠内での仕事を見つけることができてよかった。他の転職サイトではどうしてもフルタイム勤務を求められていたので、とても助かった。

・専任のキャリアアドバイザーが付いて、自分の条件に最適な職場を紹介してくれた。

・最初はパートとして保育士をしていたが、その後正社員として働くことができた。

・派遣スタッフとして保育園で働いていたが、派遣切りにあってしまった。

就職してから後悔しないために「保育のお仕事」を活用しよう

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

このように「保育のお仕事」では、単に保育士を紹介するだけでなく、保育士がどのように自分の保育に対する思いと合わせてもらいながら、最適な職場を探しつつサポートするかを考えています。

保育士といっても単に子供を見ていればよいわけではありません。そこには他の保育士先生、園長先生、事務員そして親たちとの良い関係があって初めて、良い保育を行うことができるのです。

「保育のお仕事」は、そのような理想が高くも、子供のためになって働きたい、そしてその仕事に見合った待遇も欲しい、という方には最適なサイトといえるでしょう。

今はどの職種でも求人不足なので保育士としての仕事をすぐにあきらめて他の仕事に移ってしまうこともできますが、それは保育士を募集している保育園や企業も一緒なのです。

つまり、より待遇の良い就職先を見つけやすい状況にあります。

ぜひとも「保育のお仕事」を活用してみましょう。

専任のキャリアアドバイザーと一緒に新しい最適な職場を見つけることができるかもしれません。

保育士の転職サイトはどれがいいの?選び方と注意点!!

転職がうまくいくだろうか、と誰もが不安になるとは思いますが、最近ではインターネットの転職サイトも保育士に特化したものが多く存在します。今回は保育士の転職サイトについて、その選び方や注意点についてまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%AE%EF%BC%9F%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%A8%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9%EF%BC%81%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事