保育ママって何?新しい保育の形を知ろう!

保育ママって何?新しい保育の形を知ろう!

「保育ママ」という言葉を今までに聞いたことはありますか?実はこれは、保育園不足が叫ばれている今だからこそ注目されている制度です。今回は「保育ママ」というものはそもそも何か、どのようになれるのか、給料面や待遇はどうなっているのかなど詳しく書いていきたいと思います。

新しい保育のカタチ”保育ママ”とは?

チャイルドケア

「保育ママ」という言葉を今までに聞いたことはありますか?

ほとんどの方が聞いたことない、または聞いたことはあるけれどどんなものかは知らない方もいると思います。

実はこれは、保育園不足が叫ばれている今だからこそ注目されている制度です。

「保育ママ」というものはそもそも何か、どのようになれるのか、給料面や待遇はどうなっているのかなど詳しく書いていきたいと思います。

今まで聞いたことある方も、初めて聞く方にもこれが参考になれば嬉しいです。

そもそも「保育ママ」とは何か

ママ

保育ママとは保護者が仕事や怪我、病気などにより保育ができないときに、子供を自宅で預かる保育者や保育施設のことを言います。自治体の認証を受けていて家庭福祉員、家庭的保護者とも言います。

この保育ママ制度とは2010年の児童福祉法改正により保育サービスの普及促進、子育て支援の充実のために法定化されました。正式名称は「家庭的保育事業」です。

このサービスを利用するには条件があります。まずは、保護者が一定時間以上就労しているか、病気などの治療をしていること、または就学していることが条件となります。保育可能な子供は3歳未満であることです。

特に、東京のような待機児童の問題が深刻化しているのに、新設の保育園ができないような場所や地域では、保育ママ制度を利用して子供を預ける保護者の方がたくさんいます。しかし、この保育ママ制度は全国に普及しているものではなく、各自治体に任せられているので制度がない場合もあります。

保育ママは3歳までの子供を自宅で預かって保育をするので、保育施設で子供の世話をする保育士や、子供の自宅に出向いて保育をするベビシッターとは少し違いがあります。

保育ママについて少しご理解いただけたでしょうか?では、どのように保育ママになることができるのでしょうか?保育ママになる為の条件を見ていきたいと思います。

保育ママになる為の条件

保育

各自治体によって制度は少し異なりますが、保育ママとして開業するためには一定の必要条件を満たす必要があります。

必要条件の一部を抜粋してご紹介します。

自治体内に居住している心身健全な25歳から60歳くらいの方。自治体によっては、65歳までOKというところもあります。

同居親族に未就学児童や看護、介護が必要な人がいないこと。

子供を育てた経験があるか、保育士、看護師、幼稚園教論の免許があるか。保育所などの施設で3年以上働いた経験のある方。自治体によっては資格が必要なところが多いですが、研修を受けることで自治体から認定を受けて資格を持たない保育ママとなることができるところもあります。

他に職業を持たず、保育に専念し、子育てに対する熱意と愛情を持っていること。

ペットを飼っていないこと。

などです。他にも自治体によって変わってきますので、今住んでいる自治体に問い合わせてみてくださいね。

では、保育ママとは実際にどのような仕事をするのでしょうか?

人によっても違いますが一般的な保育ママの1日をみて、イメージしてみましょう。

保育ママの1日

保育

朝の8時ごろに子供たちの受け入れ開始します。この時に子供達の健康状態や機嫌がどうか観察したり、保護者から様子を聞いたりして問題なければ受け入れます。この時に持ち物、連絡帳などから、その日の確認も行います。

9時ごろになると、一緒に歌を歌ったり、手遊びしたりと共に遊びます。午前中のおやつを食べたり、排泄補助、オムツ替えをしながら健康状態に問題がないかもチェックします。

10時ごろ、天気がよく子供の体調もよければ外出します。近くの公園に遊びに行きます。交通安全に注意しながら向かいます。気温に合わせて、服装を変えます。また、夏であれば熱中症対策、虫除け対策も欠かせません。

11時ごろ、外遊びから帰ると昼食になります。手洗い、うがいをしっかりさせます。食事の介助が必要な子には介助しながら、何をどのくらい食べたかをしっかり見ます。お箸やフォーク、スプーンの使い方など、食事の仕方を教える保育ママもいます。

12時ごろにはお昼寝の時間です。食べ終わると、オムツ替えをします。そしてお昼の寝かしつけです。ゆっくり休ませて体調管理をしっかりとします。

15時ごろ、起きた子からオムツ替えをし、検温を行なって体調に問題がないかチェックします。そのあと、おやつの時間になります。

16時には踊りを楽しんだり、おもちゃで遊んだりと室内で過ごします。お迎えが来たら、その日1日あったことを報告し様子を伝えます。そして受け渡しになります。

こう見ると、1日中忙しくしていることがわかりますね。忙しい中でも、子供をよく観察し、健康管理に気をつけるなど一瞬たりとも気が抜けません。

では、次に保育ママの収入や待遇についても考えてみましょう。

保育ママの収入や待遇について

収入と待遇

気になるのは、保育ママになると収入はどうなるのか?という点だと思います。

保育ママは個人事業主となります。少人数での受け入れとなりますし、預かっていた子が保育園に移動するということもありえますから、常に同じ収入とはいきません。年間を通して定収入でも、昇給もあるわけでもありません。しかし、個人事業なので、やり方次第では安定した収入を得たり、収入を増やすということも可能となるでしょう。

収入としては人により異なりますが、保護者からの保育料として平均で20,000円から30,000円、時間外保育料で1時間で300円から500円程度です。

他に、自治体によって待機児童問題の解消の為に自治体から補助金が出るところがあります。特に待機児童の問題が深刻化しているところは手厚く支援されています。

例えば、待機児童の問題が深刻な東京都江戸川区についていてみましょう。

環境整備費として月額3万円が支給されます。さらに2人以上の受託の場合には加算もされていきます。他にも保育補助費に月額幼児1人につき7万円が支給されています。このように、補助金を考えるとかなり高収入になることがわかりますね。

ですから、保育ママを目指すならば、こうした高待遇で働けるような自治体を探して、そこで開業するということもいいかもしれませんね。

注意すべき点としては、先ほども述べましたが保育ママは個人事業となるので、国民健康保険、国民年金、その他の賠償保険への加入というものは必須となり、その費用についても基本的に保育ママになる方の負担となります。確定申告も税務署へ届けなくてはなりません。

では、実際に保育ママとして働いている方達の声から、保育ママとして働くメリットとデメリットについても考えていきましょう。こうしたメリット、デメリットを考えることで、開業する前に本当に自分が保育ママとして向いているのか考えてみてください。

まずはメリットから考えていきましょう。

保育ママとして働くメリット

メリットとデメリット

実際に保育ママとして働いている人の声には「保育園とは違って保護者や子供たちとの距離が近いので、よりきめ細やかな保育、温かい雰囲気の中での保育ができるようになりました。」とか「子供が日々成長していく姿を近くで見れるのは嬉しいです。また、子供や保護者と深く関わることができるので、同じ方向を向きながらの保育ができる充実感は保育ママだからこそ味わえるものです。家族や地域の方々が助けてくださり、感謝の気持ちが深まりました。」というものがありました。

ですから、保育ママには少人数だからこそ望む保育ができるというメリットがあります。保育園よりも、より密接に接することができる保育ができるのが魅力ですね。

また他の声として「少人数制なので、一人一人の発達や性格を考慮してその時の気分や体調に応じた保育ができるようになりました。育児をしているのですが育児をさせていただいているという思いになります。昨日まではできなかったのに、今日はできるようになったという喜びは、保護者の方と共に喜びを分かち合うことができますし、感謝していただけた時にはやりがいを感じることができます。」という声もありました。

今までできなかったことができるようになったという喜びは大きなメリットです。保育方法はある程度の自由がありますから、一人一人の発達や性格や体調に合わせて行うことができます。また、保護者と喜びを分かち合うことで信頼関係を深めていくことができるのもメリットの一つですね。

では、デメリットについても考慮していきましょう。

保育ママとして働くデメリット

メリットとデメリット

デメリットについても、実際に保育ママとして働いている方達の声を聞いてみましょう。

「保育士だけでなく、看護師、事務、用務と全ての仕事をこなさなくてはいけないので1日やるべきこと、やりたいことが沢山あり時間が足りません。また、自宅での仕事になるので仕事とプライベートの時間との境が難しく、子供が帰った後や休みの日も結局仕事していました。」

保育ママに限らず、自宅で仕事している方のほとんどは仕事とプライベートの時間の境が難しく感じているのではないでしょうか?まして保育ママは、やるべきことが沢山ありますからますます難しくなってしまうかもしれませんね。

「保育中は責任重大なので常に緊張しています。また、子育てについての相談を受けた時には自分自身の経験だけで答えてしまう怖さを感じます。保護者への伝え方には細心の注意を払っていますが、コミュニケーション能力や専門知識、技術を向上させる努力をしていかないといけないと思います。」とか「どんな仕事に関しても言えますが、自分自身の体調管理はもちろんのこと、子供たちの体調にも気を配り常に健康でいてくれるように気を配らなければいけません。」という声もありました。

家庭的な雰囲気や、子供や保護者との距離が近いというメリットがありますが、一方で子供を預かるという責任は重く、保育に関する十分な経験、知識がないと大変になってくることもありますね。

メリット、デメリットを考慮した上で保育ママになりたいと思った方への大切な心得をお伝えしたいと思います。

保育ママになるための心得

準備

保育ママに限ったことではありませんが、子供を保育する仕事をされる方にはぜひ共通して心得ておいて欲しいことがあります。多少、デメリットの部分と重なるかもしれませんが復習を兼ねて考えてください。

子供と自分の健康管理をきちんと行なうこと。

これは非常に大切なことです。子供にとって健康で安全に過ごせる場所にしなければいけません。自分の体調管理もしっかりしていないと、預かることはできませんし、笑顔で子供達に接することも難しくなってしまいます。

清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

社会人として当たり前のことですが、特に保育に関わる仕事をされる方には重要なことです。短い爪、整えた髪型、適度な化粧、清潔な服、磨かれた靴、アクセサリーも基本しない方がいいでしょう。

余計なことは喋らないようにしましょう。

とくに保育ママの場合は保護者と仲の良い関係を築きやすくなります。ですが、他の子供についてや、他の家庭の事まで話してしまわないように気をつけましょう。また、子供が可愛いからといって、子供についておもしろおかしく伝えるのもトラブルになってしまうこともあります。

子供の鏡となる事を忘れないように行動する。

子供は大人の言動をよく観察しています。保育ママは自宅で長い間子供を預かっているので、どうしても子供の前で素を出してしまうことがあります。いい事なのですが、丁寧な優しい言葉で優しい行動をするように努めてくださいね。

今開業できないとしても、将来いつか保育ママになりたい人の為に、将来開業する為にしておいた方がいい事をまとめてみました。

開業する為にしておいた方がいい事

やるべきこと

まず最初に「大規模な保育施設で経験を積みましょう」

保育ママには様々な状況にすぐに対応できる知識や経験が必要となります。そのため、保育士資格や幼稚園教論免許をとってまだ日が浅く、キャリアもないという方は、多くの子供を保育できる大きな保育施設で学ぶ必要があります。子供がこんな時はどうするのかとか、保護者への対応の仕方など先輩保育士や幼稚園教論免許を持つ方から学び、対応事例を増やすことが役に立ってきます。

次に「キャリアがある方は小規模保育を経験してみてください」

ある程度の保育経験があれば、知識も経験もあると思います。ですから、保育ママの保育環境に近い小規模保育での経験を積んでおくといいでしょう。敷地面積が狭い中でどのように保育ができるのか、どのような点に注意が必要か、園庭がない環境でどのように遊べるのかなど参考にできるでしょう。

「チャイルドマインダー、社会福祉士などの資格を取得しましょう」

チャイルドマインダーというのは家庭的保育のスペシャリストを目指す方のための民間の認定資格です。集団保育ではなく、少人数の家庭的保育に特化した知識を得る為に取ることができます。通信教育を受講し資格を取得できます。社会福祉士を取ったり、関連書籍を読んで知識を深めるならば悩みを抱える保護者により適切で的確なアドバイスをすることができます。特に保育ママはきめ細やかな保護者対応が求められますので、社会福祉士は役立つ資格だと言えます。

「保育ママ開業のために施設整備や資金の準備をしましょう」

自宅を利用する場合には、基本的にはおもちゃなどの準備のみで大丈夫ですが、子供が安全に、また快適に過ごすことができるようにリフォームなども必要になる場合があります。他にも、安全のために家具の転倒防止器具、安全柵などの設備を整えることが重要になります。こうしたものを揃えるには、それなりに資金の準備が必要です。そうした事をよく計算して貯金をしておきましょう。自治体によっては開業資金の補助があるところがあるので、確認してください。

「事業主として会計管理方法を考える」

個人事業主としてしなくてはいけないのが確定申告です。帳簿のつけ方によって青色か白色か 変わってきます。帳簿つけ、決算書というものをきちんと作ることによって、節税効果があるのが青色申告です。しかし、知識がなく様々な帳簿をつけるのは大変です。ですから、そういう時には会計ソフトを用意して、その使い方に慣れておく必要もあるでしょう。

まとめ

子供、保護者との距離が近く、よりきめ細やかな保育ができるのが保育ママだということが分かりましたね。子供にとって自宅と変わらないような場所で過ごせるというのは、安心できますね。子供が安全に快適に過ごせるように、開業前には入念な準備をしたいですね。

よく準備をして、また自治体とよく相談することで、保育ママという魅力的な仕事をさらに楽しめることができると思います。子供の成長を身近で見ながら、保護者と共に喜びを分かち合ってくださいね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事