保育マルシェってどう?みんなの口コミや評判からメリット・デメリットを知ろう!

保育マルシェってどう?みんなの口コミや評判からメリット・デメリットを知ろう!

保育マルシェでは保育士一人ひとりに合った保育園を探すためのサポートを行っています。それを達成するために保育マルシェでは、登録している保育士1名ごとに専任のコンサルタントが担当しているのです。実際のところはどうなのでしょうかみんなの口コミと評判から保育マルシェを探ってみましょう!

保育マルシェって?

保育マルシェ

保育士といえば人材不足で引く手あまたな状況ですが、それにより保育士も自分が今勤めている環境が適していないと考えると、転職がよりしやすい状況になっています。もちろん、環境だけでなく、給料、福利厚生、残業有無などより保育士が自分の要望と合致するところで働きたいという願いを持つこともあります。

しかし、本来保育士の仕事は多忙でストレスも多く、保護者から預かって、子供という人間を世話し、注意を払うわけですから、転職を考えるといっても簡単にできるものではないのです。

そういう時には今注目されているのが、保育士に代わって最適な就職先を見つけてくれる企業です。今日は忙しい保育士の皆さんでも、なるべく負担が少なく、時間を有効活用できる保育士マルシェと呼ばれる、保育士と就職先をつなぐサービスについて理解していきましょう。

保育マルシェ

保育マルシェは、首都圏エリア専門の保育士・幼稚園教諭等の就職、転職をサポートしている人材紹介サービスです。単に求人情報をアップするだけでなく、取材を通して集めた豊富な園の画像であったり直接園長先生からインタビューさせてもらった園の保育方針など、他の求人サイトにはない情報が満載です。

総合評価 3.9
対応地域 東京、神奈川、千葉、埼玉などの首都圏中心
特徴 首都圏中心の保育士の求人がたくさん!/一人暮らしを希望する保育士さんもサポート/専任のコンサルタントが仕事探しをサポート

保育士と保育園をつないでくれる保育マルシェとは

保育マルシェでは、忙しい保育士に代わって、保育園や施設などから保育士の求人情報をまとめて、保育士がその情報を受け取るよう配信し、面接などのサポートを行ってくれます。

保育士として仕事を今現在行っている方の中には、今の勤務先について不満を抱きながらも問題が解決されないまま、毎日仕事を行っている状況の方がいます。そのような中で保育の仕事をしているすべての保育士の要望に答えたいとの願いで、保育マルシェは設立されたようです。

保育マルシェは人材派遣会社ではありません。人材派遣会社とは、労働者が派遣会社と直接雇用契約を交わし、派遣会社の福利厚生を受け、派遣会社の社会保険に準じて支払いや受け取りを行います。

保育マルシェはあくまで人材紹介サービス業なので、保育マルシェは保育園や施設との仲介をし、求職者は直接それら保育園や施設と雇用契約を結びます。それで、基本的には一度保育園や施設に就職した後は、保育マルシェではなく保育園や施設とその後の仕事については相談・交渉していくことになります。

では具体的に保育マルシェにはどのような特長があるのかを見てみましょう。

求人情報の豊富さと情報量の多い保育マルシェ

まず考えられるのは求人情報が非常に多いということが挙げられます。実は、保育マルシェでは保育士に限らず、特に首都圏を中心とした保育士、栄養士、調理師、看護師の求人情報を扱っています。

現在保育園といっても様々な形態があり、会社と一体となっている保育園もあります。通常大企業というのは、社員食堂を設けていますから、保育士に限らず、他の職種の求人も幅広く扱っているようです。

そのことからも分かるように、保育マルシェでは保育士を募集している保育園や施設との連携を強めています。例えば、単に求人情報を載せるということはしません。担当者が直接保育園や施設に訪問します。

それによって、保育マルシェでは取材を通して集めた豊富な保育園の写真があります。それには園児たちが普段過ごす場所や先生たちの職員室、保育園の周りの状況などの画像があり、それらを豊富にストックしています。

紹介先の保育園の画像がたくさんあることにはどういった利点があるのでしょうか。

例えば、求職中の保育士は必ずしも、紹介された保育園が自宅から近いとは限りません。場合によっては県をまたぐこともあることでしょう。そのような時に、単に文章で保育園について説明されても、なか

なかそこで働く自分の姿というのはイメージしにくいのではないでしょうか。

でも、実際写真を見てみるとどうでしょうか。そこでの雰囲気や子供たちの様子などを通して、そこで働く自分のイメージがつかみやすくなるかもしれません。

また、保育マルシェでは先ほどの保育園や施設を訪問した際に、人事担当者や園長との話し合いを持ちます。直接園長先生とインタビューすることによって、保育園の保育方針や先生たち同士とのコミュニケーションの図り方などを知ることができ、その情報を求職中の保育士にも共有することによってオリジナル性を出しています。

そこに、保育マルシェはこれから真剣に転職を考える保育士の力になりたいとの願いから、その期待に応えられるようなきめ細かなサービスを目指しているのです。

中には、保育マルシェを通して就職するのに躊躇される方がおられるかもしれません。では、直接自分で保育園や施設へ応募するのと、保育マルシェを通して応募するのとでは、どちらにメリットがあるのでしょうか。

例えば、給与面での待遇、残業有無を含めた休日の取り方、保育方針に特定のこだわりがある求職者の方であれば、保育マルシェを通して相談・応募することをおすすめします。

なぜなら、多くの企業や保育園を交渉し、情報を持っている保育マルシェのコーディネーターが、求職者からではどうしても言いづらい条件面の交渉をすることができるからです。

また、通常求職者は求人票に記載されている条件を元に、保育園や施設での待遇が限界であると判断します。しかし、それはあくまで保育園や施設の経営状態を鑑み、低めの数値で設定しているところもあるのです。

それで、保育マルシェでは提示されている以上の条件で、紹介先からのもっと有利な待遇や条件を引き出し、転職・就職のサポートをすることができることもあるのです。

専任コンサルタントによるサポートが充実している保育マルシェ.

保育マルシェでは、保育士一人ひとりに合った保育園を探すためのサポートを行っています。それを達成するために保育マルシェでは、登録している保育士1名ごとに専任のコンサルタントが担当します。

この専任コンサルタントはそれぞれの事情が異なる保育士の要望・相談に親身になって対応し、担当者がバラバラになることで情報管理が行き届かないことを避けるための工夫を行っています。

面接を行うときには、専任コンサルタントが各園の人事担当者や園長先生と直接話し合いをした時の情報があるので、それをもとに面接を行う際の注意点やポイントなどをしっかり教えてくれるため、保育士がきちんと心構えや準備をして臨む手助けを行うことができます。

単に相手の会社に何日何時に行って面接を行ってください、というのではなく、面接対策アドバイスをしっかり行ってくれるのは大変心強いのではないでしょうか。

また、配属先や金額面ではもしかしたら保育士が望む金額と、相手側が最初提示してきた金額が異なる場合もあることでしょう。そのような場合でも保育マルシェでは専任コンサルタントが、保育士の条件を相手に提示し、交渉などをしっかり行ってくれます。

このことを保育士が自分でやるとなると大変ですし、まして現在仕事を行っている保育士ならさらにそれはストレスになることです。ですから、間にこのようなサポートが入るのは本当に助かるでしょう。 もし、保育士がどうしても土日や平日の仕事が終わった後に相談したい、という場合はどうでしょうか。その場合でも土日や就業後の面談・キャリアカウンセリングが可能です。

しかし、日程の調整が必要な場合があるようなので、あらかじめ求職者は相談が可能な希望の日時を複数保育マルシェに伝えることで、保育マルシェは日程を調整し、求職者とスムーズな相談を行うことができます。

地方在住で首都圏の保育園で働きたい保育士へのサポート

保育マルシェでは、特に地方在住で、首都圏の保育園に就職したいと考えている保育士へのサポートを充実させています。

首都圏にはほとんど行ったことが無く、首都圏の保育園で働いては見たいけど不安という保育士もおられます。そういう時には、まずは保育マルシェでは保育士が首都圏のどこで働きたいという希望を持っているのか、さらに地方とは異なる首都圏ならではの保育園の特徴を伝えます。

保育マルシェでは不動産についてもサポートを行っています。地方在住であれば、当然首都圏で住む場所も決めなければなりません。さらに住む場所を決めるためには、仕事に付いていて収入がある必要もあります。

そのようなことも保育マルシェに相談することによって、住宅補助がある保育園を探してもらうことができます。また、提携している寮や借り上げ住宅など新しく住む場所から探さなければならない保育士に手厚いサポートを行ってくれます。

また、保育マルシェでは保育士として首都圏の保育園に勤務したい方限定で、さまざまな住宅補助制度の活用について案内しています。首都圏の自治体によって異なりますが、仮に条件をクリアできると、例えば8万円のアパートを借りるとして、7万円の補助が出ることもあるようです。

なんと、その場合は自己負担1万円で、首都圏で生活しながら、保育士の仕事を行うことができるという素晴らしい可能性があります。

さらには休みの日に保育園の見学や面接を行うことができるよう保育マルシェではサポートし、同時にホテルや保育園までの行き方なども案内してくれます。そのようにして、迷わずに目的地にたどり着くことができるでしょう。

保育士としては忙しい合間を縫って首都圏に来るわけですから、時間を効率よく使って面接や見学を果たしていくことができます。もし、ある程度の行動予定が決まっているということなら、そのことも保育マルシェに伝えるようお勧めします。

そうすれば、せっかくの上京を単に面接や見学だけで終わらせるのではなく、買い物や観光などにも充てることができるのです。

気になる保育マルシェを利用する場合の費用

これだけの充実したサポート、専任コンサルタント、ちょっとした相談から住宅支援まですべての保育マルシェのこれらのサービスはすべて無料です。何か一回コンサルタントに相談したからいくら取られるということはありません。

保育マルシェでは仕事を探している保育士からの利用料・手数料などは一切徴収しておらず、これらの費用はすべて紹介先の保育園や施設などに保育士を雇用してもらうことからの紹介料で賄っています。

それで、保育士かから何かお金をもらうということは一切ないのです。もちろん、保育士が例えば面接や保育園見学などにかかる交通費やホテル代などは保育士側で負担する必要があります。

どのように保育マルシェの転職サポートを受けることができるのか

幼稚園

保育マルシェのホームページから、保育マルシェの電話番号を探すことができます。電話で相談することもきますし、ホームページ上の問い合わせフォームから連絡し、メールでのやり取りで相談することもできます。

また、ホームページには現在募集中の保育園情報などがたくさん載せられています。それらの求人情報にある「応募・問い合わせ」をクリックすると、必要項目を入力していくよう求められるので、入力することによって保育マルシェからのさらに回答が電話やメールで案内されます。

この求人情報からの「応募・問い合わせ」ですが、登録しなくても可能です。ただこの場合、その求人情報についてのみの回答となり、求職に関して保育マルシェからのサポートを受けることはできません。 充実した無料転職サポート、専任コンサルタント、具体的なサポート相談、住宅支援などを受けたい保育士は登録する必要があります。

とりわけ、40代、50代など子育てが終わり、これから自分の仕事を楽しんでみたい、という方もおられます。今の時代、高齢者が高齢者の世話をするだけでなく、年齢が上がってもまだまだ子供の世話ができるという元気いっぱいの方もたくさんおられます。

しかし、通常年齢によってある程度は給料が上がっていく状況だと、なかなかその年齢になると保育士を採用したがならないというところもあります。そういう時でも保育マルシェを利用しましょう。 他のサイトではなかなかありませんが、保育マルシェでは40代、50代の保育士の転職サポートも積極的に行っています。

まだシングルマザーの方はどうでしょうか。子育てをしながらも、今の勤務先をやめられずにいるかもしれません。そういう忙しいシングルマザーも保育マルシェを利用することにより、忙しい中でも効率よく仕事探しができるのです。

子育てと仕事の両立はかなり難しいからこそ、保育マルシェの豊富な情報量とサポートに頼りましょう。保育マルシェではどんな状況や年齢の方でも対応できるようなサポートを行っています。

保育マルシェを利用するためには保育士の資格を持っていなければならないのか

保育マルシェを利用する際に気になるのが、保育士の有資格者でないと転職サポートが受けられないのかという疑問です。そのようなことはありません。

転職に限らず、就職サポートですから、今保育士資格を目指して頑張っておられる方、もしくは学生の中で、保育科などで今学んでおられるのであれば、将来保育士として活動する予定がある方でもサポート対象になります。

とりわけ、学生の方であれば新卒として、保育園などでの就職を目指しているのであれば、新卒を採用したい保育園に関する情報も豊富に保育マルシェでは持ち合わせているので、学生の方でも積極的に保育マルシェに登録し相談してみると良いでしょう。

保育マルシェは保育士としてすでに働いている方のみならず、これから目指す方に関しても情報提供を行っているのです。

中には今働いている保育園などにはある程度満足してはいるけれど、他の保育園や首都圏で働くことに関して少し興味がある、という保育士の方もおられるでしょう。そのような転職するかしないか、まったく決めていない状況でも保育マルシェに相談してみることができます。

もしかしたら、保育マルシェからの情報によって、より自分に合った就職先が見つかるかもしれないのです。

保育マルシェから紹介された保育園や施設と面接したけど断りたい

保育マルシェから紹介された保育園や施設と面接したけど、実際行ってみて自分の思っていたところと違う、もう少し違う職場を保育マルシェと相談しながら探したい、という場合はその面接先に断ってももちろん大丈夫です。

実際に面接した保育園や施設への就職を断りたい時は、求職者自身が辞退の連絡を行うのではなく、保育マルシェが行ってくれます。それで、辞退したいと思ったときは、すぐに保育マルシェに連絡することによって、お互いに気持ちよく次の就職先を探すことができます。

担当コンサルタントに、自分の思っていることと異なる条件、待遇、雰囲気などについて率直に話してください。もし、面接した保育園や施設の雰囲気がとても気に入ってはいるものの、待遇をもう少し良くして欲しいといった場合でも、コンサルタントに話しましょう。

コンサルタントは保育士の希望をもとに、再度紹介先と交渉できるかどうかを検討します。

せっかく保育マルシェが間に入ってくれているのですから、無理をする必要ないのです。むしろ、自分の人生に大きく関わってくる仕事ですから、妥協せず納得にいく場所で働けるよう相談しましょう。

保育マルシェの海外研修とは?

保育マルシェでは、スキルアップ研修の目的での海外研修を行っています。どうして海外研修を行っているのでしょうか。

もちろん、日本国内での無料で受講できる研修も保育マルシェでは用意されています。しかし、海外保育研修の目的は、日本での保育ということにとどまることなく、グローバルな視野で保育とはどういうことなのかを知ることにあります。

これは保育士に限ったことではありませんが、職場でのスキルアップのために研修は大きな力を発揮します。しかしながら、現在日本では保育士のための研修制度は少ないのが実情です。

特に海外保育研修となると、さらに少ないと言わざるを得ません。保育マルシェでは、年に複数回、保育先進国であるハンガリーやフィンランド、イタリアで保育研修を行っています。将来的に、海外で保育の仕事をしてみたいという方にとっても、海外研修でまず実際に行ってみることによって、その後の展望が広がるということがあります。

例えばハンガリーでは一人一人の園児に合わせた生活リズムを作ることを取り入れる保育方針が多いようです。この方法では、子どもはいつも同じ保育者と接することから、愛着や信頼を築くようになります。

それによって、何か困った時には、誰のところに行けばよいのかすぐ分かり、それは行動や精神的な安定につながり、落ち着いて行動できるようになるのです。

それよって、保育士の方も園児の行動パターンや思考パターンをよく把握することができ、敏感に必要を感じ取ることができるのです。

このようなハンガリーなどの海外の保育制度を研修によって知ることのメリットは、日本で教えられてきたことと比較することによって、より保育に対しての幅広い知識を身に着け、園児や親との対応において臨機応変に対応することができるようになるのです。

保育マルシェの海外研修では、様々な人が参加します。例えば、園長や主任先生のほか、2年目の方など若手の保育士さんも参加しています。そして、栄養士・調理師・看護師も参加するようです。

費用は40万〜50万円くらいかかるとのことですが、海外の相手先施設とのスケジュール調整が必要なので、旅行代理店との調整も含めて、ある程度費用はかかるようですが、それでも海外研修から外国の保育に対する新しい見方を身に着けるという価値を考えれば、積極的に参加したいと思われるでしょう。

保育マルシェが今注目されているのはなぜか

今まで、保育士というのは職場の人間関係が悪くても、親から必要以上の要求をされても、子供がまず可愛いからとの理由で、ずっと耐えて体調を崩して、すでに新しく仕事する気力も無くなっている、ということがありました。

しかし、そのような責任感のある保育士を助けたいと立ち上がったのが保育マルシェなのです。保育マルシェによって、どのようなことが達成されるでしょうか。

保育マルシェを利用したことのある方は例えば以下のような感想を載せています。

・友人が保育マルシェを利用していて、誘われて登録したところ、スムーズに就職活動が決まった。自分の思っているところに就職できた。

・専用コンシェルジュが付いて、自分の条件に最適な職場を紹介してくれた。

・自分に合った保育園を探すことができた。就職が決まると祝い金を出してくれて、本当にうれしかった。

・子育てが終わり、再就職しようと思って登録したところ、保育園の職場環境まで教えてくれた。これで、入社してから後悔するということが無くなったと思う。

・求人数もが多かった。自分ひとりだったら、ここまで多くの職場を集めて検討することができなかったので、とても効率的に就職することができた。

就職してから後悔しないために保育マルシェを活用しよう

保育マルシェ

保育マルシェは、首都圏エリア専門の保育士・幼稚園教諭等の就職、転職をサポートしている人材紹介サービスです。単に求人情報をアップするだけでなく、取材を通して集めた豊富な園の画像であったり直接園長先生からインタビューさせてもらった園の保育方針など、他の求人サイトにはない情報が満載です。

総合評価 3.9
対応地域 東京、神奈川、千葉、埼玉などの首都圏中心
特徴 首都圏中心の保育士の求人がたくさん!/一人暮らしを希望する保育士さんもサポート/専任のコンサルタントが仕事探しをサポート

このように保育マルシェでは、単に保育士を紹介するだけでなく、保育士がどのように自分の保育に対する思いと合わせてもらいながら、最適な職場を探しつつサポートするかを考えています。

保育士といっても単に子供を見ていればよいわけではありません。そこには他の保育士先生、園長先生、事務員そして親たちとの良い関係があって初めて、良い保育を行うことができるのです。

保育マルシェは、そのような理想が高くも、子供のためになって働きたい、そしてその仕事に見合った待遇も欲しい、という方には最適なサイトといえるでしょう。

今はどの職種でも求人不足なので保育士としての仕事をすぐにあきらめて他の仕事に移ってしまうこともできますが、それは保育士を募集している保育園や企業も一緒なのです。つまり、より待遇の良い就職先を見つけやすい状況にあります。

ぜひとも保育マルシェを活用してみましょう。まずは登録してみください。そこに将来の最適な自分の職場があるかもしれないのです。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事