保育園と幼稚園どっちで働くべきか?向き不向きや就職先含めて考える!

保育園と幼稚園どっちで働くべきか?向き不向きや就職先含めて考える!

幼稚園教諭と保育士の二つの資格を持っている方は「保育所と幼稚園のどちらで働こうかな?」と悩んだことが一度はあると言われる方は少なくないかもしれません。今回は保育所と幼稚園のそれぞれの施設の特徴を考え、就職先を選ぶうえで参考にしていただけるようなポイントをまとめてみます。

保育園と幼稚園のどっちで働くべきか?

保育園

幼稚園教諭と保育士の二つの資格を持っている方は「保育所と幼稚園のどちらで働こうかな?」と悩んだことが一度はあると言われる方は少なくないかもしれません。

また、保育士と幼稚園教諭の違いは、管轄の差ということを知っておられる方も多いと思います。しかし、どちらが自分に合っているのかを知るためには、それぞれの施設に関してたくさんの情報を持っていた方が選択肢の幅も広がるものです。

今回は、保育所と幼稚園のそれぞれの施設の特徴を考え、就職先を選ぶうえで参考にしていただけるようなポイントをまとめてみます。

保育所と幼稚園の管轄などの違いについて

保育園・幼稚園

そもそも保育所と幼稚園は、主に管轄や法律、創設された目的というものが異なっているのです。どう違うのでしょうか?

保育士は厚生労働省、幼稚園教諭は文部科学省の管轄となります。法令に関しても、保育所は児童福祉法、幼稚園は学校教育法となっています。

子どもたちの年齢は、保育所は0歳児から小学校就学前まで、幼稚園は満3歳から小学校入学前です。標準的な1日の保育時間は、保育所は標準8時間以上、幼稚園は標準4時間以上です。それぞれの施設で働くための資格は、保育所は保育士資格、幼稚園は幼稚園教諭免許です。

このようにそれぞれの違いがあります。さらに、保育目的の違いについて見てみましょう。

保育園の目的はどんなものでしょうか。

保育士の仕事の目的は、保護者に代わって、子どもたちの保育をすることです。簡単に言うと、「親に代わって子どもを見守る場所」です。親が、仕事の都合などで子育てをする時間が取れない場合に、その代わりとなって、食事や排せつ、昼寝などの生活習慣を整えながら子どもの成長をサポートします。

ですから、行儀や作法や勉強を指導するというようなことは基本的には行われないのが保育所です。しかし、3歳児以降では、幼稚園教育と同じような目的や内容をもち、遊びの中でも子どもを育み、小学校への学びへとつなげていくことができるように求められています。

幼稚園の目的はどんなものでしょうか。

幼稚園教諭のお仕事の目的は、満3歳以上の子どもたちを対象にして、遊びや生活を通して子どもたちに豊かな学びを与えて、総合的な指導をしていくことです。幼稚園は、「教育を行なう場所、つまりは学校」ですので、保育所では行なうことができない、指導を行なうことを目的として設立されています。

幼稚園という集団生活の中での教育は、家庭の中だけでは学ぶことのできない様々事柄がありますから、その環境の中で幼児たちに必要な教育をしていくことができます。幼稚園で受けることができる教育によって、子どもの心を豊かにし、小学校以降への学びの意欲を高めることがそのベースにはあります。

保育所と幼稚園の2つの施設での共通点は、子どもを預かるということだけで、預かるうえでの方針や、子どもに対する対応は全く異なっているといっても良いと言えます。

預ける側の保護者の意識というのも、まったくと言っていいほど違ってきます。教育を与える場ともなっている幼稚園ですので、幼稚園教諭の方が、保護者からの指摘を受けたり、意見を頂いたりすることが多い傾向があります。

また保育所は0歳から利用することができますが、幼稚園はあくまでも教育の場ともなっていますので、特別な場合を除き、幼稚園を利用することができるのは3歳からとなっています。

保育所と幼稚園は、それぞれが創設された目的が異なっているため、保育の内容が異なるイメージというのがあります。ですが、2015年に施行された制度、「子ども・子育て支援新制度」で幼稚園と保育所が一体化されるということが推進され始めたことにより、目的は異なってはいても、保育の内容の垣根というものが徐々に取り払われつつあります。

どんな資格を取得しておく必要があるか

資格

保育に関する資格を持っていても、保育所でも幼稚園でも働くことができるというわけではないのです。必要な資格があります。保育士として働くためには保育士の資格が必要になりますし、幼稚園教諭として働くためには幼稚園教諭1種、もしくは2種の資格が必要になります。

現在、小さなお子さんを育てておられたり、働きながら資格取得を目指したりする場合は、幼稚園教諭の資格を取得することは時間的にもとても困難になりますので、保育士の資格を取得する方がハードルは低いといえるでしょう。保育士の資格は、国家資格です。ですが、国が認可した学校で保育士の資格を取得するために学んでいなくても、受験することが可能です。

その点に加え、保育士の資格を持っているなら、活躍の場が広いという利点もあります。例えば、乳児院や児童保護施設などのさまざまな施設で働くことも可能です。

このように、幼稚園教諭は、幼稚園で働くために必要な資格ですので、基本的には幼稚園以外のところで働くということが想定されていませんが、保育士の場合は、異なってきます。保育士は、放課後児童クラブや、乳児院や児童養護施設、民間の託児施設やベビーシッターなど、様々な場所で、保育士の資格を生かして働くことができます。

ですから、幼稚園教諭に比べて、幅広い就職先があると言えるでしょう。 しかし、これから先も幼保一体化が推進されていくことを考えると、最近では、保育園と幼稚園の要素を併せ持った施設というのが増えてきていますので、できれば幼稚園教諭と保育士の両方の資格を持っていた方が有利といえそうです。

認定こども園では、保育士と幼稚園教諭2つの資格を持つ保育教諭が働くことが望ましいとされていますので、2つとも資格を持っていることはその点でも役立つことといえます。

資格の取得の仕方としては、保育の専門学校または、短期大学で幼稚園教諭2種と保育士の資格を取得するか、4年制の大学に進学して幼稚園教諭1種と保育士の資格を取得するという方法があります。

「子ども・子育て支援新制度」の施行によって、保育士と幼稚園教諭のどちらか片方の資格しか持っていないという方へ特例措置が設けられました。2015年から2019年の間だけの限られた期間には、比較的簡単な方法で、持っていないもう一つの資格を取得することが可能です。

期限が迫ってきていますので、この機会に利用したいと思われる方はぜひ早めに申し込むことをおススメします。

どのように働くのか、保育所と幼稚園の仕事の内容は?

違い

保育所は、仕事で保育することのできない親に代わって保育をする場になるわけですから、子ども預かる時間は幼稚園に比べて長く、朝7時から夕方6時ごろまでというケースが多いです。延長保育を利用するという方も多くおられます。

また近年の女性の社会進出に伴って、保育所の中には夜間保育や休日保育を実施しているところも増えてきました。そうなると、残業が多いのではないのかと不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、保育所の大半がパートタイマーの保育士を雇って人数を補ったり、正社員の保育士たちが交代で勤務して対応しています。

幼稚園の場合ですが、あくまで教育を行う学校という扱いになりますので、子どもを預かる時間としては4~5時間程度と短いですが、保育園とは異なり、たくさんの子どもたちを数人の先生で指導しなければならないという点があります。

こうして比較してみますと、最も異なる点というのは子どもたちの退園時間といえます。

幼稚園の子どもたちは、基本的には14時~15時前後の帰宅になります。

最近では一時預かりを実施する幼稚園も増えてきているようですが、その時間はフリー保育士が受け持ったり、持ち回り制になっていたりして、担任教諭が子どもたちと過ごすのに時間を割かれることは少なくなっていますので、ひっきりなしに園児がいる保育士に比べて、幼稚園教諭は翌日の勤務の準備や教材研究、書類作成などの時間を確保しやすいといえます。

そして、保育所と幼稚園で大きく異なるのは、園児たちの年齢です。

幼稚園は満3歳~小学校入学前の幼児のみを預かっていますが、保育所の場合は、0歳児の乳児から預かっています。乳児の保育、幼児の保育、自分にとってどちらがより取り組みやすいのかというのは、得意不得意もでてくる部分にもなりますので、自分の適性をしっかりと見極めることも大切になってきます。

同じ年齢だとしても、教育やトレーニングが進んでいない子や、ハサミを使うのが苦手な子など、子どもの個性によって様々な課題があります。

幼稚園の場合には、限られた時間しかありませんので、付きっきりで教えてあげるということが難しくなりますが、保育園の場合には比較的、一人一人の子どもにじっくりと関わってあげられるという利点があります。

まとめ

保育園

保育士も幼稚園教諭も、子どもと関わることのできる魅力的な仕事であることには変わりありません。けれども、管轄が違うために、子どもたちの指導方針や、預かる子どもの年齢や、子どもを預かる時間帯などは全く異なるというのが、保育士と幼稚園教諭の仕事の大きな違いです。

幅広い年齢の子どもたちを預かり親代わりになって、じっくりと保育がしたいと考える方は保育士として働くことが合っているかもしれませんし、幼児期の伸び盛りの子どもたちの学びの成長に関わり、自分の時間も大切にしながら働きたいと考える方には幼稚園教諭が合っているかもしれません。

とはいえ、働く園によって、雇用の形態も教育の内容もさまざまですので、自分がどんな環境で働きたいと願っているかをしっかりと考えて、就職先をよく吟味することができます。

保育士として働くことも、幼稚園教諭として働くことにも、それぞれに良さがあります。

ただどちらを選択するにしても、大切なことは、子どもたちを大切に思う気持ちですので、子どもたちとどのように関わっていきたいかということをしっかり念頭に置いて、自分に向いているのはどちらかを良く考えて、どのような形で働いていくかを決断するとことは良いことといえるでしょう。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事