保育士さんの退職金事情!制度やその額・もらえる方法を徹底チェック!

保育士さんの退職金事情!制度やその額・もらえる方法を徹底チェック!

保育士の場合は、退職金はもらえるのでしょうか。また、額はどれくらいでしょうか。今回調べてみたので、保育士として働いている方やこれから働こうと考えている方は参考にしてみてください。

保育士と退職金

保育園で遊ぶ男の子と女の子

保育士さんが退職するときって、退職金はもらえるのでしょうか?公務員として勤めている方は、退職する際に一定額の退職金がもらえます。ある程度まとまった額の退職金がもらえれば、安定した生活が送れますよね。

保育士の場合は、退職金はもらえるのでしょうか。また、額はどれくらいでしょうか。今回調べてみたので、保育士として働いている方やこれから働こうと考えている方は参考にしてみてください。

退職金制度とは

退職金制度は、退職した際に一定額のお金が支払われる制度ですが、これは法律で義務付けられている制度ではありません。退職金制度を導入するかどうかは、企業の経営者が決めることができます。企業によっては退職金制度を設けておらず、長く勤めていても退職金が支払われない、というところもあります。

私立の保育園も同様に、園の経営者が退職金の有無を決めることができます。ですので、就業規則に退職金についての規定があるかどうか、よく確認する必要があります。

もらえるかどうか

保育士と園児たち

退職金がもらえるかどうかは、公立保育園か私立保育園かによって異なるようです。

公立保育園

公立の保育園に勤めていた場合、地方公務員と同じ待遇になりますので、公務員と同じように退職金制度が適用されます。地方公務員と同額の退職金が支給されます。

私立保育園

一方で、私立の保育園の場合は、園によって支給されるかされないかが異なります。勤め先の保育園に、退職金の有無を確認してみると良いと思います。

パート・アルバイト

正規雇用の保育士でない場合は、基本的に退職金は支払われません。また、正規社員であっても、勤務期間が半年や1年など短期間のの場合も、支給されない場合がほとんどです。

勤務先の保育園が公立か私立か、正規雇用か非正規雇用か、また連勤年数によっても退職金の有無と額は違ってきます。公立保育園に正規社員として雇用しているのでない場合、それぞれの保育園に確認するのがいいでしょう。

退職金の有無の確認方法

退職金

いま勤めている保育園で退職金制度が導入されているかどうか、社内規定を見て確認する方法があります。就業規則が載っている冊子や資料があれば、「福利厚生」や「退職金」について載っているページを探しましょう。

就業規則及び退職金について、文面化していない場合は、保育園の経理や事務の方に尋ねる方法もあります。

退職金の受け取り時期

公立保育園に勤めていた場合、年度末の3月に退職すると翌月に支給されることが多いようです。年度の途中で退職した場合は、2か月ほど遅れることもあるようです。

私立保育園の場合、退職手当請求書が福祉医療機構に届いて、2か月ほど後に振り込まれることが多いようです。支給時期がいつ頃になるか、確認しておきたいですね。

退職金の額

パズルで遊ぶ女の子

では、もらえる退職金はいくら位なのでしょうか?

公立保育園

公立保育園の場合の退職金の算出方法は、「退職日の月給×退職理由・退職期間別支給率」に「調整額」がプラスされるようです。

調整額とは、勤務態度や功績によってプラスされる額のことです。調整額が毎月加算される場合、2万円の調整額だったとすると30年勤続で720万円の調整額が加算されることになります。けっこう大きな額になりますね。

退職金の算出方法は、対象となる基準が細かく決まっていたり、いろいろと条件があったり複雑なようですが、基本的なパターンで計算してみたいと思います。月給18万で自己都合退職の場合、調整額は含まない額を挙げていきます。

2年連勤した場合だと18万8千ほど、5年勤続だと47万ほど、10年勤続だと94万ほどになります。これに調整額が加わります。

私立保育園

私立保育園の場合は、経営者の定めた就業規則によって算出されますので、園の規則を確認する必要があります。

福祉医療機構に加入している保育園であれば、福祉医療機構の退職手当金計算シミュレーションで仮計算してみることができます。

例えば月給が18万で普通退職の場合だと、2年連勤の方は19万ほど、5年で47万ほど、10年で118万円ほどとなります。

福利厚生に力を入れている園であれば、ある程度まとまった額の退職金が期待できますが、小規模経営の園や経営者の意向によっては退職金が支給されないこともありますので、よく確認することをおすすめします。

退職金が支払われる園の見つけ方

保育園のイメージ

できれば就業前に、退職金が支払われれるかどうか知っておきたいですよね。募集要項に退職金についても掲載されていればいいのですが、全ての園が詳細を公表しているわけではありません。面接の際に退職金について確認するのも気が引けますよね。

その点、保育士向けの転職サイトを利用したり、専門のコンサルタントに尋ねてみると知ることができます。

転職サイト

保育士向けの転職サイトを利用すれば、求人情報の詳細を見ることができます。保育士さんが知りたい情報、必要な保育資格や残業の有無などの詳細が記載されています。

サイトによっては専門のコンサルタントがついてくれるシステムになっています。コンサルタントは求人元の園の情報を詳しく知っており、条件にピッタリあったところを紹介してくれます。応募先の保育園に退職金制度がどうか知りたい場合は、コンサルタントに確認してみましょう。

面接の際に退職金のことを尋ねるのは難しいですが、コンサルタントの方には条件を伝えやすいかもしれません。退職金がもらえるかどうか、いくら位になるかは重要な点ですので、コンサルタントによく確認して就業先を決めましょう。

おすすめ転職サイト

保育園の子どもたち

転職サイトはたくさんありますが、なかでも保育士向けの転職サイトを利用するのがおすすめです。一般の求人サイトは、情報量は多いですが保育関連の仕事に絞ると求人件数はかなり少なくなるかもしれません。また、保育の仕事で必要な資格や、保育の現場で多い持ち帰りの仕事の有無について、詳細が載っていない可能性もあります。

ですが、保育士向けの転職サイトには、保育関連の仕事だけが載っていますし、保育士にとって知りたい情報がしっかり載っています。ですので、転職・就職先を探している保育士さんは、保育士向けのサイトを利用するのがおすすめです。

保育士向けの転職サイトはいっぱいありますので、利用するサイトを選ぶときに迷ってしまうかもしれません。数ある求人サイトの中でも、使いやすいサイトをいくつかご紹介したいと思います。転職を考えているという方、求人情報を探しているという方は参考にしてみてください。

保育士WORK

保育士WORK

保育士WORKのキャリアサポートは、保育士さん一人ひとりのお悩み解決から成熟度に合わせた就職先を提案してくれます!

まずおすすめしてたいのは保育士WORKです。

全国対応

保育士WORKでは全国の求人情報を見ることができますから、どのエリアにお住まいの方でも利用することができます。

条件の絞り込みが簡単

探したいエリアの絞り込みができます。都道府県選択はもちろん、探しているエリアの駅名や、路線から探すことができます。

また、勤務条件や希望条件から絞り込むこともできます。働くにあたって求める条件(マイカー通勤OK・土日休み・未経験OK)なども指定することができます。希望の条件に合わせて、細かく絞り込むことができるので、ピッタリの求人情報を探すことができます。

担当者によるサポートあり

面接の時、給与のことや休日に関して、直接企業側と交渉するのってちょっと気後れしてしまいませんか?保育士WORKで登録しておくと、保育士WORKの担当者が面接前に希望条件を伝えて交渉をしてくれるので、じかに合って話し合ったりする必要がありません。

地方の求人多数

保育士WORKでは都心部に限らず、地方の求人情報もたくさんあります。保育関係のお仕事って首都圏の求人情報はたくさんあるのに、地方の情報は少ないということがあるようです。

全国的に保育士の採用に力を入れているのは首都圏のようで、首都圏の保育園・託児所のほうが需要が大きいので、まずはそこの人材確保から始めるんだそうです。

求人情報自体、どうしても首都圏の方が数が多く地方は少なくなっているようですが、保育士WORKの場合は地元の求人情報も多いと評判です。

自分の住んでいるエリアで働きたいという方をサポートするために、地域に密着したサービスに力を入れているようです。

保育士WORKって?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

求人サイトってたくさんありますよね。たくさんありすぎてどのサイトを選んでいいか迷ってしまいます。そこで今回は、数ある求人サイトの中から「保育士WORK」をピックアップし、サイトの特徴や口コミなどについてご紹介したいと思います。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%ABWORK%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4

ほいくちゃんねる

ほいくちゃんねる

全国の保育園・幼稚園の求人をはじめ、小規模、乳児院、託児所、企業内保育、病児保育など、さまざまな保育士・幼稚園教諭向けの求人を紹介!

ほいくちゃんねるもおすすめです。ほいくちゃんねるで一番多く紹介しているのは、首都圏の求人情報です。保育の仕事は首都圏の需要が一番多いため、ほいくちゃんねるでも首都圏のお仕事紹介が一番多くなっています。

全国対応

ほいくちゃんねるで見れる求人情報は、全国対応しています。地域特化型の求人サイトもありますが、ほいくちゃんねるでは全国の情報を扱っています。また、保育園・幼稚園以外にも、病院内や企業内の託児所でのお仕事も紹介しています。病院内や企業内の託児所の方が、雇用条件が良い場合もあるようです。

退職前でも利用可能

まだ退職していない段階でも利用することができます。転職先を探すのって簡単じゃないですし、なかなか次の職場が見つからないと困りますから、退職する前から探し始めることができると助かります。

職場紹介から面接の日程調整、退職手続きのサポートまで、徹底してフォローしてくれるので、在職中の忙しい時期でも仕事を探せます。

電話での相談可能

ネットでの登録以外にも、電話ですぐに相談することができます。すぐに仕事を探したい!という方は、ネットで登録して返信を待つ、というより電話での相談が早いかもしれません。ほいくちゃんねるでは電話での相談も受け付けています。受付時間は土日以外の朝10時から夜8時です。

ほいくちゃんねるって?評判と口コミからメリット・デメリットを探る!

保育士さん向けの求人サイトはたくさんあります。どのサイトで探すのが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、ほいくちゃんねるの特徴や口コミ、応募時のポイントなどをご紹介したいと思います。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E3%81%BB%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4

おすすめする理由

求人サイトを2つご紹介しましたが、おすすめする理由は何でしょうか。

求人件数が多いから

お絵かきする子ども

おすすめは求人件数が多いサイトを利用することです。件数が多ければ多いほど、自分の希望とピッタリ合う職場を探せる率が上がります。効率よく転職先を探したい場合は、求人件数の多いサイトを利用しましょう。

中でも非公開情報を扱っているサイトがおすすめです。非公開求人といっても、あやしい求人ではありません。人気の仕事や急募の仕事は、求人を依頼する派遣会社を限定することがあるようです。それは応募者の殺到を防いだり、すぐに必要な人材を確保できるようにするためです。

求人を委託する派遣会社を限定していれば、応募者が集まり過ぎるのを防ぐことができます。また、急募の場合はすぐに人材を派遣してくれる派遣会社に委託します。

さらに、保育園の中には求人条件・給与条件を地域に開示せずに募集したいというところもあるため、求人を非公開にしているようです。そのため、求人する側はどこにでも求人情報を出すわけではなく、信頼できる派遣会社を選ぶようです。

有名な求人サイトは企業側からも信頼されているので、そんな非公開の求人情報もたくさん載っています。非公開情報の中に、就労環境の良い保育園や自分の条件と合う職場があるかもしれません。

コンサルタントのサポートが充実しているから

こども

担当コンサルタントについてもらうメリットはたくさんあります。

まずは、求人探しの際に、希望と合った仕事を紹介してもらえます。コーディネーターはたくさんの求人情報を把握していますし、そのなかから希望条件と合うものをピックアップして紹介してくれます。自分一人だと、まず情報を集めるだけでも大変ですし、条件と合っているかそうでないか判断していくのも大変です。

コンサルタントの方がついてくれていると、その情報集め・紹介をスピーディに行なってくれるので、かなりスムーズに職探しができると思います。面接のときに希望条件と合わないことが分かってしまうと、時間を浪費した気がしちゃいますよね。事前に希望条件に沿うものだけをピックアップしてくれるので、効率よく合う企業を探していけます。担当者に伝えた内容をもとに、求人情報の紹介や企業との交渉を行うので、できるだけ具体的に伝えておきましょう。

お給料のことや休日のことなど、雇用者には直接話しづらいことも、派遣会社の担当者を介してだと伝えやすいかもしれません。終業後も万が一トラブルが起きたり契約が違うとなったときに、間に入ってくれる担当者がいると安心です。

面接の日程調整も担当者が行ないます。働きたい職場を見つけ応募すると、その後の面接の日にちや時間など、担当者が調整してくれます。こちらの面接可能日を伝えておけば、応募先との日程調整は担当者がしてくれるのでスムーズに進んでいきます。

積み木で遊ぶ女の子

また、応募してから面接までの間のフォローもあります。面接時に好印象を持ってもらえるような話し方や表現の仕方なども、担当者と事前に話して準備することができます。

担当者は応募先の園の様子や人間関係、就業環境などについて知っていることがありますので、あらかじめ聞いておくといいかもしれません。職場見学可能な場合もあります。実際に現場を見た方がイメージが湧きやすいですから、担当者と一緒に行ってみても良いと思います。

さらに、任意ですが提携している保育園での現場研修を受けることもできます。長期現場から離れていてブランクがある方や、転職先でうまく働けるか不安という方は、面接が決まるまでの間にこの研修を受けることもできます。

また、コンサルタントは退職金制度や住宅手当など、保育士向けのサービスについてよく知っています。対象者になるか、どれくらい援助が受けられるかなどを尋ねてみても良いと思います。その他の役立つ情報ももらえるかもしれません。

いざ面接日になり、そのままスムーズに進めば就業が決定となりますが、就業後も相談事があれば担当者に気軽に尋ねることができます。勤務先でのトラブルがあれば、コンサルタントに相談することができます。利用後のフォローもしてくれるのはありがたいです。 応募先探しから就業まで、しっかりとサポートをしてくれるコンサルタントがいると、就業・転職もスムーズにいきそうですね。専門のコンサルタントがついてくれるサイトを選ぶのも、就業・転職を成功させる一つの方法だと思います。

賢く就職・転職をしよう!

保育園で遊ぶ子ども

できるだけ長く、良い環境で働きたいですよね。就職・転職を決める前に、勤務先の就労環境が良いかどうか知っておきたいです。

とくに退職金に関しては、退職後安定して生活できるかどうかに関わってくる大事な点です。すでに保育園で勤務しているという方は、この機会に勤務先の園の退職金制度について確認してみるといいかもしれません。これから就業先を探すという方は、保育士の退職金支給事情も参考に、どの園で働くか決めてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事