保育士に復帰したいけどできない??職場復帰の実情と問題点

保育士に復帰したいけどできない??職場復帰の実情と問題点

「保育士として復帰したい」と思っている国家資格をもつ保育士たちがいっぱいいるのに、実際に復帰しがたいという現状って、なんだかすごく残念ですよね!では、どんな問題点があるのでしょうか?保育士の復帰を妨げている原因について、保育士の葛藤について調べてみました。

保育士に復帰したい

保育士の職場復帰

今、保育士不足という問題がよく取り上げられる一方で、保育士の離職率の高さも問題となっています。実際、今まで保育士として働いてきた人の中にも、結婚、妊娠、出産、その他のいろいろな理由によって、保育士としての仕事を離職したかもしれません。

しかし、それでもやはり、その仕事自体は好きだし、やりがいも感じているということから、本当は「復帰したい!」と思っている人も少なくないようです。ただ、現実問題、復帰を考えるとアレコレと問題が浮かび上がってきて、結局別の仕事へ転職したり、保育士として正社員で働くことをあきらめなくてはいけなくなることもあるのです。

「保育士として復帰したい」と思っている国家資格をもつ保育士たちがいっぱいいるのに、実際に復帰しがたいという現状って、なんだかすごく残念ですよね!では、どんな問題点があるのでしょうか?保育士の復帰を妨げている原因について、保育士の葛藤について調べてみました。

やりがいを感じているのに、離職率が高い!?

保育士という仕事は、子どもたちの成長を見守り、昨日できなかったことができるようになったり、さらには子どもの無邪気な笑顔を見ていることができる、素敵な仕事です。子どもたちが好き、という方なら、一度はあこがれたことがあるのではないでしょうか?

しかし、離職率がものすごく高いのも事実です。待機児童がいることや、保育士不足が嘆かれていて、常に求人倍率も高い保育士の仕事なので、保育士の資格を持つ人たちの存在というのはとても貴重なはず。

それなのに、どうして離職率が高いのでしょうか?

実際に保育士を辞めたという方に、その原因を聞いてみたところ、勤務時間の長さが上げられていました。子どもたちがいる時間だけでなく、それ以外にも会議があったり、事務作業があったりして残業は当たり前、それに加えて、書類作成が終わらなくて持ち帰り仕事ができたり、行事の前になるともっと忙しくて製作物の準備などをしたりと、とにかくやることがいっぱいあるのです。

それなのに、給料が安い・・・。これは、ニュースなどでも取りあがられることがあるほど、周知の事実ですけどこれだけ忙しくて、保育士の平均年収は332万円ほどです。普通の企業に勤めるのと比べて、残業はもちろん、持ち帰り仕事もあるし、子どもの命を預かるという思い責任の元、働いているにも関わらずこの給料では、どうにもこうにもやっていけない、と思う人が多いのです。

それに、結婚したりすると、この給料では家庭を支えることが難しく、仕事自体は好きなのに、やりがいを感じているのに、転職せざるを得なくなる、という人も多いです。現実問題、手取りで15万円ほどしかもらえないという保育士さんたちも多く、確かに生活がすごく厳しいので、結婚や自分自身の出産&子育てを機に、保育士としての仕事を辞めざるを得ないということも多いみたいですね。

さらに、人間関係の難しさも離職率の高さに関係しているようです。やはり、女性が多い職場なので人間関係もいろいろとぎくしゃくしたり、トラブルが起きることが多いんですよね。先輩や同僚たちとの関係がうまくいかない、いじめや仲間はずれがあって精神的にキツイ、ということもあります。

さらに、保護者との関係も気を遣います。なかなかこちらの言い分を理解してくれない保護者への対応や、クレームなども多いと、もうやってられない!と感じてしまうこともあります。そのようなストレスが「こんなに給料が安いのに、どうしてこんな理不尽なクレームを受けるんだ!」という、不満の相乗効果を生み出してしまうのです。

他にも、保育園や施設によっていろいろな保育方針があるわけですけど、それが合わなくて辞めた、という人もいれば、体力的にキツい、という人、さらには思っていたのとは違った、という理由で離職する人もいるようです。

そして、もう一つ保育士としての仕事にやりがいを感じているのに、辞めざるを得なかった人たちがいる理由として、問題なのが福利厚生が整っていないところが多い、とい現状です。特に、私立保育園や民間が経営している保育園では、効率保育園よりも離職率が高くなるんです。

なぜなら、公立保育園の保育士さんたちというのは、公務員という立場で働くことができているので、昇給があったり、産休も育休も取れたりします。でも、私立とか民間経営の園などでは、そのような待遇がないところも多く、昇給も少ないし、産休や育休もあるにはあるけど、取りずらいという現実があります。

それで、結局妊娠・出産のために退職せざるを得ないという状況があったりするのです。それで、普通保育士の離職率は10.3%ほどなのですが、これが私営の保育園で働く保育士になると12%に増えてしまっています。

そして、公務員として働ける公立保育園では14年以上の勤続年数を持つ保育士さんが約40%もいるのに対して、私立で働く保育士さんの14年以上の勤続年数を持つ人は半分の約20%ほどになってしまうのです。これが、保育士の離職率の高さの原因と言われています。

「復帰したい!」のにできない理由とは!?

先ほど見たように、保育士が離職する理由は様々あります。それで、保育士としての資格を持っていて以前は保育士として働いていたけど、今は辞めてしまっているという、潜在保育士の数はなんと、全国に68万人ほどいるといわれています。

共働きで子どもを保育園に預けたいと思っている家庭が増えている中、保育士施設も不足していますし、常に保育士が不足しているのが日本の今の社会問題となっています。なんと東京都では保育士の求人倍率は5.13となっていて、保育士不足が深刻なことは明らかです。

それで、潜在保育士さんたちが復帰してくれるなら、社会としてもとても助かりますよね。そして、実際、保育士を退職した人たちのなんと90%もの人たちは、その仕事自体に”やりがい”というものを感じていたそうです。

つまり、保育士としての仕事自体が嫌いになったということではなく、本当なら「復帰したい!」という思いがあるのに、それができない問題点がある、ということなのです。その復帰を妨げている原因が無くなれば、もっと保育士として働く人たちが増えてくれるはずですよね。

では、実際に復帰を考えている保育士が抱える問題点について詳しく調査してみましょう。

給料が低すぎる!!

離職率の高さの原因ともなっていた、給料の低さ。これは、一度保育士を辞めた人がもう一度復帰を考えているときに、やっぱりネックになるところなのです。 潜在保育士が保育士としての仕事に復帰しない一番の理由は、このことみたいです。

では、どれほどこれが深刻な問題なのでしょうか?2013年のデータによると全産業の月の平均収入は29万円ほどだったようです。しかし、保育士の月収はどのくらいかというと、なんと15万円以下の人が約半分の48%ほどいて、15万円~20万円ほどの人が同じくらいの割合いたようです。

つまり、保育士のほとんどの人がフルタイムで勤務して、全産業の月収平均と比べると10万~15万ほども低いお給料しかもらえていない、ということになるのです。みなさん、この実情どう思いますか!?ちょっと安すぎやしないかと思いませんか??

もちろん、どのお仕事もにも大変な面ややりがいという面では違いがありますけど、保育士として働くということは、子どもたちの貴重な命を預かるという責任が重く、常に神経を使う仕事で、今まさに必要とされている仕事です。それでも、このように月に15万円ほどしかお給料がもらえない、ということで、いくらやりがいを感じていても、実際の自分たちの生活を考えると、保育士として復帰するのは難しい、と思ってしまいます。

それで、結局パートとかアルバイトで同じ時間働いた方がお給料がよくなった、という声もあるほどです。出産などで退職をする保育士さんはとても多いですけど、自分の家庭と自分の子どもの子育てをしながら働くことを考えた時に、長時間の労働をして、お給料はすごく少ない、ということを考えると、やはり復帰できないということはありますよね。

それで、まずは保育士さんたちのお給料を上げることを取り組んでほしいですよね!そうすれば、保育士ママさんたちも復帰できるようになったり、男性保育士も増えるのではないでしょうか?

残業&持ち帰り仕事が多すぎる!!

自分の家庭を持ち、子育てをしている保育士さんにとって、残業が多いということで保育士として復帰できない、ということもあるようです。つまり、就業時間に問題があるのです。

実際、多くの保育園は朝の7時に開園して19時まで子どもを預かります。では、19時で子どもたちがみんな帰ったらすぐに自分も帰れるのかというと、そうでもなくて、そのあとに事務作業があったり、さらにはいろいろな書類をつくったり、製作もあったりと、とにかく残業が多いということもあるのです。

そうすると、自分が帰宅できるのは、夜遅くになってしまいます。家庭を持つママさんにとって、これはかなりきついですよね。それで、残業が多いということがネックになって保育士としてまた正社員で働くことをあきらめる人たちも多いのです。

さらに、求人などでは「残業なし」という条件が付いていることもあります。これならいいかも!と思って、いざ就職してみたものの、確かに残業はないけど、その分みんな持ち帰りで仕事をしている、ということもあるようです。

これでは、意味ないよ・・・とやっぱりガッカリして退職してしまう人もいます。それで、長時間労働という保育士の就業時間問題が、潜在保育士たちの復帰を妨げているのです。

この問題を解決すべく、ある保育園では保育士の業務負担を減らすために、朝と夕方の数時間だけパートの保育士を雇っているところもあります。そうすることで、一人ひとりの保育士の業務量を減らして、負担を軽くするという取り組みはすごくイイですよね。

自分の子どもの育児と保育士としての葛藤

保育士に復帰したい、と考えている人の多くには、妊娠出産を経て、もう一度仕事をしたいと考えている人も多いですよね。そのような人たちにとって、葛藤となるのは、自分の子どもを保育園に預けて、自分は他の子どもを預かる、という矛盾です。

自分の我が子を自分の手で世話してあげたい、成長を見ていたい、と思うのは当然です。でも、仕事をしなくてはいけない、ということで働くことを選択するママさんたちは少なくありません。

その時に、保育士としての仕事に復帰するかどうか、ということを考えると、やはりいろいろな葛藤が生まれるわけです。

先ほども言いましたけど、保育園の多くは朝の7時から19時まで子どもを預かっています。では、自分の子どもはどうするの?となると、やはり、自分の子どもも保育園に預けることになるのです。

もし、自分が遅番で19時までの仕事だとしたら、子どもはどうしたらいいのでしょうか?夫が保育園まで子どもを迎えに行ってくれるのならいいのですが、共働きの場合、お互いの仕事の都合上、それがどうしてもできない時もあります。それで、子育てをしながらの復職となると、保育士に限ったことではないのですが、周りからのサポートというものがとても重要になります。

保育士として働く場合には、さらに、自分の子どもが寂しい顔をして、お父さんお母さんを待っているということを知りながら、他の子どもの面倒を見ている、といことで少なからず精神的な葛藤を感じることもあるのです。

それだったら、自分の働いている園に子どもを入れちゃえばいいじゃん♪ということも考えるでしょう。でも、ここにもやっぱり問題点があるんです・・・。

それは、子どもの運動会、発表会、行事を、”親”としての立場からではなく、”職員”としての立場で見なけらばいけないことです。そこにいる我が子を、他のお父さんお母さんたちのように、応援して、見ることができないということで、やっぱり葛藤があるのです。

それで、子育てママさんたちが保育士として正社員して働くということには、いろいろな葛藤と壁があることがわかりますね。なので、周りからのサポートがあるという場合にはいいのですが、それがない場合には、パートやアルバイトという立場で働くか、他の仕事を探す、という選択をする人が多くなります。

保育士が復帰できるために、今何が必要??

保育士としての仕事に”やりがい”を感じていて、「もう一度復帰したい!」と思う人たちが多いのに、それを妨げることになり、実際に抱える大きな問題や原因について調べてきました。本当は復帰を望んでいるのに、そして、社会は保育士さんを大いに必要としているのに、それができない、という矛盾は一刻も早く解決してほしいものですよね。

では今の現状を考えると、社会として何が必要となっているのでしょうか?

やはり、一番は保育士さんの給与・賞与等の改善ですね。

長時間労働で、とにかく体力勝負。子どもたちの命を預かるということで、常に神経を使っての仕事です。そんな、内容に見合った給料が払われないなら、やはり転職してしまう人はこれからも多くなってしまうでしょう。そして、復職したくても、現実の生活を考えた時に、希望とはかけ離れた給料で生活が成り立たないということを考えると、別の仕事への転職を考えるようになってしまいます。

それで、潜在保育士さんに「ここが改善されれば復職したい」という理由を上げてもらったところ、第1位として「お給料」という回答結果が出たようです。

そして、第2位として上がったのは、「就業時間」でした。子育てをしている保育士ママさんたちが、自分の子育てと仕事の両立ができるような、そんな環境に整えていくこと、これもとても大事なことです。そのためには、職員数の増員を望む声もあります。

最低限の人数の保育士だけでやっていると、その分ひとり一人への負担が大きくなり、残業も当たり前、持ち帰りの仕事も山ずみ、常に仕事に追われているという状況になりますし、何かあっても休めないという環境になってしまいます。そのことを考えると、自分の子どもの世話が十分にできなくなる、ということで保育士ママさんたちは復帰に二の足を踏むのです。

それで、人員を増やすことによって、事務や雑務も軽減されますし、一人ひとりへの過度の負担を減らして、働きやすい環境を作っていってくれることを希望しています。労働時間が減れば、それだけ余裕もできますし、代休が取れる環境であれば気持ちも安心できます。

そして、公立だけでなく、民営や私立などの保育園でも福利厚生がもっとしっかりとしてけば、辞めざるを得なくなる保育士さんたちも減りますよね。

保育士に復帰したい、と思っている資格を持つ人たちがたくさんいるのですから、ぜひ実際に抱えている問題や復帰できない原因というものを、ちゃんと直視して、改善してほしいですね!

保育士の転職を成功させるために大事なことのすべて!

誰でも一度は「こんな仕事やめてやるっ!」って思った事があると思います。保育士だって当然あります。今回は転職しようと考えはじめた保育士が成功するための情報をすべてまとめてみました。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%92%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事