保育士の勤務時間や勤務形態・職種毎の違いやシフト制も徹底解説!

保育士の勤務時間や勤務形態・職種毎の違いやシフト制も徹底解説!

子どもが好きな方にとって、保育士は魅力的な仕事ですよね。すでに保育士として働いている方や、これから保育士を目指すという方もいらっしゃるかもしれません。保育士として保育園で勤務する場合、一般的に勤務時間はどれくらいになるのでしょうか?保育の就業状況を調べてみました。

保育士の意外とハードなお仕事

Little preschool girl holding teachers guitar on music lesson

保育士の仕事って「楽しそう」なイメージがありますが、けっこう大変なお仕事みたいです。その理由の一つは「勤務時間」です。

保育園勤務

保育園で勤務する場合、子どもの預かり時間は7:00〜20:00くらいまでが一般的なようです。なかには24時間体制の園もありますが、あまり多くはないようです。

幼稚園

幼稚園の場合は、園児を預かる時間は9:00〜14:00くらいまでと比較的短時間です。延長保育をすることもありますが、基本的に保育園より勤務時間は短いようです。

残業・持ち帰りの仕事

保育士の勤務時間は、園の開いている時間帯だけのような気がしますが、じつは残業や持ち帰りの仕事がたくさんあるみたいです。

保育園や幼稚園では、季節ごとのイベントがたくさんあります。ひな祭りや七夕などの季節行事に加え、発表会や運動会もあります。それらのイベントを開催するにあたって、飾りつけを作ったり音楽を準備したり、保護者への配布物をつくる必要もあります。

通常の勤務時間内には終わらないため、残業したり持ち帰って仕事をすることも、たびたびあるようです。8時間勤務となっていても、実際にはもっと長い時間勤務することになる場合が多いようです。

勤務時間が長く、体力的にハードだと感じている保育士さんも多いようです。

休憩時間

Smiling girl in mask sleeping with eyes closed

保育士の休憩時間は1時間となっているところが多いようですが、きっちり1時間とれるかどうかは園によってばらつきがあります。

子どもがなかなかお昼寝をしてくれなかったり、転んでけがをしてしまうこともあります。どうしても子どものお世話優先になってしまいますので、保育士の少ない園では、休憩時間であってもしっかり休めないかもしれません。

園によっては「休憩対応保育士」というパートの保育士さんがいて、保育士がきちんと休憩をとれるようにしているところもあります。公立の保育園で働く保育士は、公務員という枠になりますので、公立保育園のほうが休憩時間が確保されていることが多いようです。

残業時間

厚生労働省の発表によると、保育士の残業時間は平均1か月4時間となっています。「残業代」として支払われた額をもとに残業時間を割り出しているのかもしれませんが、実際にはもっと勤務時間が長いようです。「残業」としてカウントされない「サービス残業」がたくさんあるのが実情のようです。

シフト制勤務

持ち帰りや残業があったり、共働き家庭の増加による延長保育も多くなっている保育現場ですが、保育士の負担を減らすために、シフト制勤務を導入している園もあります。

一般的には、

早番7:00〜16:00 ・中番9:00〜18:00 ・遅番10:00〜閉園

までの3交代制となっているようです。早朝保育や延長保育を行っていない園では、勤務時間が短いため早番と遅番の2交代制のところもあるようです。また、もっと細かく勤務時間を分ける、5交代、7交代制という園もあるようです。

短時間勤務

短時間勤務という雇用形態もあります。正社員ではなくパートやアルバイトの保育士さんたちがこの短時間勤務に当たります。

早朝の保育だけ、もしくは延長保育の時間帯など、時間外保育の際に働くこともあります。または日中のもっと短い時間だけ勤務したり、勤務日数が3・4日と短い場合もあります。

正社員として働く以外にも、パート保育士として短時間勤務するという方法もあります。短時間勤務のほうが、残業や持ち帰りといった時間外の仕事が少ないので、勤務時間を固定しやすいかもしれませんね。

勤務時間に注意

保育士として勤務する場合は、「勤務時間が長くなる可能性が高い」ということを覚えておくと良いと思います。求人情報には8時間勤務と記載されていても、実際の就業時間はもっと長くなることがあります。

保育園や保育士不足による過剰労働は、保育現場の大きな課題の一つです。勤務を始める際には、シフト制の導入されている園を選ぶか、残業の少ない短時間勤務を選ぶのもありだと思います。あらかじめ保育現場の就業事情を把握して、賢く職場を選びましょう。

保育士と保育士以外のその他の働き方

保育園で保育士として勤務する以外にも、保育関連のお仕事はいろいろあります。なかには保育園で勤務するより時給が高かったり、就業環境が良かったりする場合もあります。 「保育の仕事は好きだけど、保育園勤務は体力的にキツい」という方は、他の働き方を検討してみてもいいかもしれません。保育関連のお仕事をいくつかご紹介したいと思います。

院内保育

Blur image of inside hospital , use for background.

保育士向けの求人を見ていると、「院内保育」というお仕事も見かけます。お給料や就労環境も、通常の保育園とは少し違うようです。

院内保育とは、医師や看護師など、病院関係者が利用する保育施設のことです。多くの場合病院内やすぐ近くの施設に設置されています。

24時間体制が多い

Open 24 hour, market, pharmacy, hotel, petrol station, gas station (3)

院内保育は通常の保育園とは異なり、24時間体制のところが多いです。医師や看護師は夜勤も多いですし、夜中に急に出勤することあります。そのような時にすぐに子どもを預かることができるように、院内の保育所も24時間開いています。

子どもの年齢

院内保育で預かる子どもたちは、病院内の医師や看護師の子どもだけなので、一般の保育園と比べると少数です。そのため、学年やクラス分けをするところは少なく、いろいろな年齢の子どもが一緒に過ごしています。

年間行事やイベントが少ない

また、年間行事やイベントも少ないようです。通常の保育園ではひな祭りや七夕など、季節の行事がたくさんありますね。それに加えて発表会などもありますが、病院内保育ではそのようなイベントの開催が少ないです。保育園というより、一時的に子どもを預かる託児所というイメージです。

給料が高い

Women hold a money bag on the vintage wood background, a loan or saving money for future investment concept.

保育園で働く保育士のお給料は、平均的に15万円ほどです。院内保育の場合は、平均的に18万と少し高めです。また、首都圏の院内保育の場合はさらに高くなるようです。

残業が少ない

院内保育では季節行事やイベントが少ないのも、残業がほとんどない理由の一つです。通常、保育園ではイベントが多く、保育士はその準備で忙しくなります。イベントで使う飾りつけを作ったり、音楽を準備したり、保護者への配布資料を作ったり、たくさんすることがあります。勤務時間内には終わらないので、保育業界では残業や持ち帰りの仕事が当たり前となっています。

一方、院内保育所ではそのようなイベントが少なく、それに伴う準備もしなくていいので残業や持ち帰りの仕事がほどんどありません。院内保育所での仕事は、勤務時間内に子どもの面倒を見るのが基本となります。

福利厚生が充実している

病院の管轄内である院内保育だと、就労環境も良くなるようです。24時間体制できちんとシフトが組まれているので、予定外の残業をすることは少ないようです。また、残業をすることがあっても、正社員として働いている場合、残業手当がきちんとつきます

また、夜間に出勤する場合は、医師や看護師に夜勤手当がつくのと同じように、保育士にも夜勤手当がつきます

勤務時間が短め

24時間開いている託児所の場合、あらかじめ24時間でシフトが組まれます。院内保育の場合、預かる子どもは病院関係者の子に限られますので、子どもの人数も少ないです。イベントの準備のための残業も少ないです。そのため、シフトがきちんと組まれ、予定外の残業をすることも少ないですので、勤務時間は保育園で働く保育士より短めです。

イベント保育

EVENTS CONCEPT

「イベント保育」という仕事もあります。ライブや演劇、講習会や研修会など、イベントが行われる会場でお子さんを預かるサービスです。有名アーティストのライブ会場など、何万人も集まる大規模なイベント会場では、子どもを預かるキッズコーナーが設置されるようです。

子どもを預かって保育するという点では、保育園とイベント保育は同じですが、イベント保育の方は「一時預かり」という感じです。ライブや研修会に参加したいのに、「小さい子どもがいるから参加できない」という方のために、このような一時預かりを行なうサービスが増えてきているようです。

預かり時間

保育園で子どもを預かる時間は、基本的に9:00〜17:00までですが、イベント保育の場合はイベントがあっている時間帯だけです。アーティストのライブが始まる前に親御さんが預けに来て、終わると迎えに来ます。

イベント保育の仕事は短時間ですので、負担は少ないかもしれませんね。

仕事内容

保育園での保育は、ある程度スケジュールが決まっています。外で遊ぶ時間、室内遊びの時間、食事やお昼寝の時間が決まっていますよね。ですがイベント保育ではそのようなスケジュールが決まっておらず、預かっている時間内に好きなように遊んだり、お昼寝をさせたりするようになっています。

また、事務仕事がないという点も保育園とは違います。保育園では、子どもたちと過ごす時間の他に、保護者に渡す資料作りをしたり、事務仕事がけっこうあります。申し送り事項を書いたり、保護者との連絡帳を書いたり、行事の飾りを作ったりという作業もあります。

イベント保育の場合は、事務仕事はなく、仕事内容は純粋に子どもの相手をすることです。親御さんたちがイベントに参加している間、子どもたちが楽しく過ごせるように相手をするのがお仕事です。子どもと遊ぶのが好きという方は、純粋に子どもの相手をするイベント保育の仕事はぴったりかもしれませんね。

人間関係のストレスが少ない

Stress Free

保育園で保育の仕事をする場合、子どもを預かるだけではなく、保育士同士や保護者とのコミュニケーションなど、人間関係の問題もついくるようですね。実際に保育士を辞める人の多くは、子どもとのコミュニケーションの問題ではなく、人間関係のストレスで辞めてしまうようです。

イベント保育の場合は、それら保育外の問題に煩わされる心配がないというのが大きなメリットです。

イベント開催時のみの仕事ですから、保育に携わるメンバーも不一定です。毎日同じ職場で同じメンバーと仕事をしていると、どうしても人間関係のトラブルはつきものですが、イベント時に一緒になるだけだと、ちょうどよい距離を保つことができるので、トラブルも起きにくいでしょう。

保護者とのトラブルが少ない

Depressed young Caucasian couple calculating family budget in kitchen, trying to find a way to make both ends meet, having stressed and frustrated looks: caring wife embracing her unhappy husband

イベント時間のみの、比較的短時間の保育ですし、子どもが寂しくならないように相手をするのがイベント保育の目的です。親御さんの求めていることも、短時間子どもの相手をしていてほしい、というだけで、「子どもの成長に関わる」とか「保育プランが」という話にはなりません。保育園だと、預ける時間も期間も長いですから、保護者からの要求も厳しくなりがちですが、イベント保育の場合はその心配は必要ないでしょう。

残業がない

イベントの開催時間は決まっています。時間がくれば親御さんが迎えに来て、保育は終了となりますので、保育園勤務でありがちな残業や持ち帰りの仕事がないのもありがたい点です。

チャイルドマインダー

Mother and child (home · living)

チャイルドマインダーという仕事もあるようです。あまり聞きなれない業種かもしれませんが、保育士不足や待機児童の問題の解消のため、チャイルドマインダーも注目されるようになってきています。

チャイルドマインダーとは何でしょうか。保育士は国家資格であるのに対し、チャイルドマインダーは民間資格です。講義を受けて試験に合格すると、保育の仕事をすることができます。資格取得をする必要がありますが、合格率は70パーセント以上と、保育士資格より比較的取得が簡単です。

チャイルドマインダーという仕事ならではのメリットって何でしょうか?

家庭的な保育

保育園とは異なり、チャイルドマインダーの保育は少人数制です。子ども一人一人とゆっくり向き合う時間が取れるのが一つのメリットです。家庭的で温かい保育をしたいという方は、このような少人数保育ができるチャイルドマインダーのお仕事もいいかもしれません。

働きかたの選択肢が多い

Business decision concept. Businessmen standing and giving advice with arrow pathway choice.

チャイルドマインダーとして仕事をする場合、自宅で保育をすることもできますし、お客様宅に行って子どもを預かることもできます。保育施設内で勤務することもできます。

保育園での勤務に限らず、勤務形態が色々あるというのもチャイルドマインダーのメリットです。

自宅開業できる

Funny Time!. Happy loving family and Fathers Day.Cute little daughter and dad  playing making  a video camera at her home.

理想の保育をしたいと思っても、自分で保育園を開設するのは簡単ではありません。保育園を開設するとしたら、初期費用がかかりますし運営費もかかります。それに加えて保育士の採用人数の規定もあります。

チャイルドマインダー場合は、一人が保育できる人数が決まっています。0歳児の場合は上限2人まで、1歳児は3人、2〜4歳児で4人までと決まっています。預かる子どもの人数も多くありませんから、必要なスペースも少なくてすみ、自宅で預かることもできます。

広い施設を管理する費用が必要ありませんから、比較的簡単に運営することができます。自宅で開業する場合、保育料は1時間単位で設定されることが多いようです。東京都の場合、子ども1人1,200~1,500円くらいのところが多いようです。

自宅開業の場合はここから必要経費を払わなければなりませんので、収入は保育士として働くよりは少なくなるかもしれません。ですが、自宅での保育に慣れてきて、預かれる子どもの人数も増えてくれば、徐々に収入も増やすことができます。

初めは自宅での保育は大変かも知れませんが、数年続けていけば、月収30,000円くらいにすることも可能です。

メリット&デメリット

merit&demerit

保育士として保育園で働くのとは、働き方や収入に違いがあります。チャイルドマインダーのメリットとしては、保育園勤務でありがちな人間関係の問題がありませんし、持ち帰り・残業の仕事もありません。子ども一人一人に家庭的な保育をすることもできます。

ですが、収入の面では保育士よりは少なくなります。自宅開業をして軌道に乗ってくれば、安定して収入を得ることができますが、初めのうちは大変かもしれません。保育士として勤務するか、チャイルドマインダーとして働くか、理想とする働き方に合わせて選ぶと良いと思います。

賢く職場選びを!

Happy cute clever boy is sitting at a desk in a glasses with raising hand. Child is ready to answer with a blackboard on a background. Ready for school. Back to school. Apple and books on desk

保育士として保育園で働く以外にも、子どもと関わる仕事はいろいろあるようです。保育の仕事のニーズはまだまだあるようですので、保育の仕事をしたいという方は重宝されそうです。勤務時間には十分注意して、快適に働ける職場を見つけてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事