保育士の年収や給料ってやっぱり低い?年齢別・職種別の徹底調査!

保育士の年収や給料ってやっぱり低い?年齢別・職種別の徹底調査!

保育士として働く上で、気になるのは給料と年収だと思います。どんなにやりがいがある仕事だったとしても、給料が少ないと保育士として仕事を続けていけるのかと悩んでしまいますよね。今回は、そうならない為にも年齢別、職種別に給料と年収についてまとめてみました。

年齢別・職種別の保育士の給料を調べてみました!

遊んでる子ども

保育士として働く上で、気になるのは給料と年収だと思います。どんなにやりがいがある仕事だったとしても、給料が少ないと保育士として仕事を続けていけるのかと悩んでしまいますよね。今回は、そうならない為にも年齢別、職種別に給料と年収についてまとめてみました。しかし、職場によってはかなり違っていたということがあるかもしれませんので、参考程度に見てくださいね!

まずは、保育士の平均的な給料について見てみましょう。

保育士の給料について

給料

保育士の年収の平均は315万円で、給与は21万円で、ボーナスが60万円です。職業全体の割合から見ますと350万以下の年収は低い部類の職業に入るようです。この金額だけを見ると、保育士の給料は安い方だということが分かりますね。

保育士の生涯年収というのは、約1億3545万円程度だそうです。しかし、これは全ての年齢や職種、また事業所を総合した平均年収なので、年齢別や職種別にしてみていくと変わってきます。

では、年収を都道府県別にして考えてみましょう。一番高い給料だったのはやはり東京都で、441万円です。その後に続いて378万円の大阪府、346.5万円の神奈川県と愛知県です。最も低かったのは、252万円の青森県に秋田県、宮崎県と佐賀県、そして沖縄県です。こうして県別にみると、かなりの差があることがわかりますね。

どうして、これほどの差が出てきてしまうのでしょうか?まず、都市部と地方では生活費の差があるということがあげられます。住居費用や食費などが都市部では上昇の傾向にありますから、給料が高くても、手取りとして手元に残る金額は給料の安い地域とさほど変わらないということも実際にあり得ます。

また、需要と供給が関係しているということもあげられます。待機児童が多い地域はそれだけ保育士の需要も多くなります。そのために、多めの給料を支払ってでも保育士が欲しいので、待機児童が多い地域では、保育士の給料も高くなるという傾向にあります。

こうした事からも、自分が働きたい都道府県がどのくらいの平均年収なのかを見ながら参考にしてみるのは、保育士として長く働くための一つのヒントになるかもしれませんね。

では次に、保育士の年齢別のお給料についても見ていきたいと思います。

保育士の年齢別の給料

保育園

では、年齢別に保育士の給料を見ていきましょう。自分の年齢で、その保育士はどれくらいの給料をもらっているのか、といった疑問もあるかと思います。また、自分がこのくらいの給料がもらえようになるには何年くらいかかるかといった目安にもなるでしょう。

20歳から24歳だと平均して2,679,300円、25歳から29歳は3,113,300円、30歳から34歳だと343,270,100円、35歳から39歳は3,337,100円、40歳から44歳は3,663,900円、45歳から49歳であれば3,483,300円、50歳から54歳は3,512,400円、55歳から59歳だと3,809,500円、60歳から64歳は3,556,400円、65歳から69歳は4,543,900円、70歳からは4,600,200円となっています。

このデータは、女性の保育士を対象とした調査となっています。保育士の仕事は本当にやることがとても多く、朝から晩まで働いていたとしてもなかなか給料が上がらないという厳しい現実があります。業務内容も多岐にわたる保育士の仕事ですが、この金額というのは仕事量と比較して考えるならば、それに見合っているかどうかは厳しいものがあると言えるかもしれませんね。全職種の平均年収よりも1,000,000円ほど少ないという報告もありますから、離職率が高いというのも頷けることかもしれませんね。

20歳から24際の保育士の平均年収は2,679,300円ですが、初任給は一般企業とあまり大差がないようです。しかし、先ほども述べましたが、あまり昇給しないという点に加えて、出産や子育てにより退職したり休職する保育士が多いので年収統計の基盤となる平均年齢が低いということから平均年収が低くなってしまうと言われています。

では、次に雇用別に年収を見ていきましょう。

職種別の平均給与、年収について

保育園

まずは「公務員保育士」と「私立保育園」についてみてみましょう。

公務員保育士とは、公立の保育園で保育士として働く公務員のことです。仕事内容は公立の保育園で働いても私立の保育園で働いていてもあまり違いはありません。しかし、公的機関で働いているのか、民間企業で働いているのかという大きな違いがあります。公立保育士というのは県や市、町などの自治体が経営する保育園に勤務している保育士と覚えてください。私立の保育園はその他の保育園に勤務している保育士です。

全国の公立保育園で働く保育士の平均給料月額は平均で331,816円です。平均年齢は43.6歳です。一方で、私立保育園に勤める保育士の全国平均は約221,900円で平均年齢は36.3歳です。この数字だけを見ると私立保育園で勤めるよりも公立の保育園に勤めた方が給料が良いことが分かりますね。

公務員というのは長く勤めれば勤めるほど昇給していきます。離職率が高く、長く勤務するということが少ない私立保育園に比べて、公立保育士は退職者があまりいないようなので、それだけ平均年収が高くなるということです。産休や育休などを取りやすい公務員だからこそ離職者が少ないということですね。

こうした差というのは、経験年数が長くなれば長くなるほど生じてくる可能性があります。なぜなら公立保育園では私立保育園とは違って毎年昇給するからです。しかし、私立保育園の中には能力や経験に応じて給料が上がるというところもありますから、能力や経験がある私立の保育士が公務員保育士よりも給料が高いということも実際にあり得ます。

次に、保育士ではないですが、保育士がよく取る資格に「幼稚園教論」というものがあります。保育士免許と幼稚園教論の資格をどちらも取得しておくことによって、働き口が増えるのはもちろんのこと給料も上がることがあるので、最近ではダブル取得という方法が増えているようです。この資格を取った場合の給料についても見ていきましょう。

幼稚園教論の全国平均年収は約339万円です。年間賞与は約64万円です。数字だけを見ると保育士よりも少しだけ高い給与になっていますね。しかし、この金額は全国平均ですから、場所によっても違いが出てきますし、保育士と同じく勤め先が私立か公立かによっても差が出てきます。幼稚園の場合には有名私立保育園などもあるので、公立の方が給料が良いとは言えません。ですから、幼稚園の経営状態と人気をチェックしておきましょう。

初任給についてはどうでしょうか?初任給に関して言えば保育士も幼稚園教論もあまり差はないようです。幼稚園教論の平均は19.6万円となります。事業所や学歴の違いもあるかもしれませんが、ほとんど変わりはありませんね。

こうしてみると、保育士も幼稚園教論も給料にさほどの差は無いように思えますね。しかし、一般的には保育士よりも幼稚園教論の方が給料が良いというイメージがあります。なぜ幼稚園教論の給与が良いと思われるのでしょうか?

平均年収は若干幼稚園教論の方が高くなってはいますが、そこまでの差は無いので給料というよりは、安定性という意味で給料が良いと思われていることが多いようです。公立の幼稚園で働く場合は公務員の立場のため、勤続年数で昇進や昇給されていきますので、そのような意味で安定性があると考えられているのかもしれませんね。ただし、公務員保育士もいるので、一概に幼稚園教論が給料が良いとは限らないようです。

では、やるべき業務がたくさんある保育士なのに、これほど年収が低いのはなぜなのか?という点についてみていきましょう。

保育士の給料が安い理由

遊ぶ姉妹

社会の中でも大切な仕事の一つと言える保育士。それなのにどうして、これほど他の職業に比べると安いのでしょうか?理由はいくつかあるようです。

まずは、日本の歴史との関係があるようです。どうゆうことでしょうか?もともと日本の社会の風習として子育ては母親がするものという考え方が根ざしていました。今でも、そうした考えを持っている人も少なくないかもしれません。ですから、お金を払ってまで、子供を預けて女性が働くということにいい顔をしない人がいるからです。そうした傾向がある為に、保育園に預けることに抵抗を感じる人がいたり、またそれは残念ながら保育士という仕事を軽視する要因になり得ます。

さらに、サービス業だからという理由もあります。サービス業というのは、お客様にサービスを提供して対価を受け取るというものです。保育士という仕事も同じで、子供を預かるという保育サービスは月謝という形で対価を受け取っています。しかし、保育というサービスは出来るだけ多くの人たちが利用できるように、高額の対価を請求することはできません。また、月謝というのも公定価格で定められているため、保育園のほうで勝手に値上げするということもできないので、結果として保育士の給料も安くなってしまいます。

次に、補助金が増えないという問題もあります。保育園が勝手に月謝を上げるわけにはいかないので、その代わりに国が保育園に補助金を出して、園の運営や給与の費用に充当しています。しかし、この補助金には税金から用いられているので、補助金を今以上に増やすということがなかなかできません。そのため、補助金が出たとしてもギリギリの経営を続けているというところもあるために、保育士の給料もなかなか上がらないというのが現状です。

このように、なかなか給料が上がらないというのが保育士の現状ですが、給料を上げるための対策はとられているようです。では、どのような対策があるでしょうか?

保育士の給料をあげる為の対策

保育園

待機児童の実情が社会問題として大きくニュースとして取り上げられるようになり、社会の中で特に注目されるようになってきたため、見過ごせない問題として国や自治体は保育士の給料を増額して保育士を増やしたり、保育士の離職を防ごうという政策に乗り出しているようです。

その対策の1つとして、2017年4月から「副主任」「専門リーダー」「職務分野別リーダー」という新たな役職を設置する制度を作りました。

まずは、3年以上の保育士としての経験があると「職務分野別リーダー」として働くことができます。担当する専門分野は、幼児保育、幼児教育、障害児保育、食育・アレルギー対応、保健衛生・安全対策、保護者支援・子育て支援の6つの分野から選び研修を受けます。そうして、月に5000円程の手当てが受け取れるようになります。

そして、7年以上の保育士としての経験があると「副主任保育士」か「専門リーダー」になることができます。

「副主任保育士」は管理職の業務を担当します。副主任保育士になるには、マネジメントなどの研修と、先ほどの研修分野の6つに「保育実践」の分野を加えたと7つの専門分野から3つ以上の研修分野を受け修了しなければなりません。「専門リーダー」は専門のリーダーとして職場のスタッフを支える仕事を行なっていきます。専門リーダーとなるには、先ほどの7つの研修分野を4つ以上受けて、修了しなければなりません。

副主任保育士も専門リーダーも月額4万円の手当てが支給されることになっています。この金額は大きいですね。

国だけではなく、自治体も保育士の給料を上げるために取り組んでいます。例えば、東京都は2万1千円追加して給料に上乗せする給料補助をする予定で進められていますし、ほかの自治体でも保育士が借りている家賃の補助をする制度を取り決めているところもあるようです。ですから一度、今住んでいる自治体に問い合わせてみて、自治体内で設けられている手当や補助などの制度がないか聞いてみるといいかもしれません。

しかし、確かめた結果、今の場所ではこれ以上給料が上がらないという事もあると思います。では、給料を上げるために何ができるでしょうか?転職してみるというのも一つの案かもしれません。でも、転職なんて考えたこともなかったという方も多いと思います。そうした方の為に、転職する際にに必要な点について書いていきたいと思います。

転職する上で考えるべき点や注意するべき点

寝ているベイビー

まずは転職する先についてよく考えてください。転職先の条件が今よりもいいからといってすぐに飛びつく前にその転職先についてよく調べてください。例えば、なぜそんなに条件がいいのかを知る必要があります。もしかするとあまりにも人手不足という状況のためということもあります。人手不足であれば残業もかなりあるかもしれませんし、休日出勤もお願いされるでしょう。

保育士の求人が多く出る時期は多くの場合1月から3月頃と言われています。4月から始まる新年度に合わせて保育士を取りたいので、その時期に多いのだと思います。ですから、その頃に合わせて転職することが、一番ベストだと言えるでしょう。

では、どのように転職先を見つけることができるのでしょうか?いつでも転職できるようにする為に常に情報網を張り巡らせておくことが重要です。

例えばハローワークに行ってみて公共機関に相談してみてもいいですし、また知人や友人に転職を考えているという旨を話しておくと保育士の求人情報をもらいやすいかもしれません。また、気になっている保育園があるならばその園のホームページやブログを見てみるならば、保育園の様子や、子供達がどのように世話されているのかなどの雰囲気も伝わってくることでしょう。

また、仕事の求人サイトを見たり保育士専用の求人サイトも利用できるでしょう。そうしたサイトを利用する場合には、1つだけでなく複数の転職サイトに登録しておくと、求人情報を比べることができます。

転職エージェントに頼むという方法もあります。転職エージェントというと敷居が高い、お金がかかりそうというイメージがどうしてもあるかと思います。しかし、転職をまだ具体的に決めていないという方や時期が決まっていないという方でも相談にのってくれます。しかも、全てのサポートが無料で受けることができるので、気兼ねせずに転職エージェントを利用することをお勧めします。

こうした転職エージェントというのは自分だけでいろいろ仕事を探してくるのではなく、転職支援のプロが手助けしてくれるというものです。エージェントに登録すると、面接しながら自分の希望にあった保育所を紹介してくれます。ですから、初めての転職のため自分で転職するのが心配だったり、できるだけ早く次の仕事を見つけたいという人は一度相談してみるといいかもしれません。

まとめ

大はしゃぎ

共働きの家庭など働いてる保護者にとって、保育園の存在というのは本当に有難いものですし、そこで働いている保育士の働きは貴重なものです。しかし、今回考えたように、保育士の給料という面ではあまり良い評価は得られないというのが現状としてあります。国や自治体が前向きに保育士の給料を含めた待遇についてより良いものにしていくために様々な取り組みを進めておりますが、ほかの業種と比較するならばまだまだ厳しい現実があるのかなと思います。これから、少しずつでも改善されて働きやすい環境が整えば嬉しいですね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事