【公立保育士の給料事情】仕事の特徴や平均月給・年収を徹底解説!

【公立保育士の給料事情】仕事の特徴や平均月給・年収を徹底解説!

公立保育園の保育士は、私立保育園に比べると、公務員ということもあって、安定した雇用で月給や年収の平均も私立よりも高いと言われていますが、採用試験の難易度は高く、公立保育園の民営化も進んでいるので、保育園数が減少していることもあり公立保育園への就職の難易度がますます高くなっているようです

公立保育士の給料や年収・仕事について知ろう!

公立保育士の年収

本当に公立保育園の保育士は私立保育園の保育士よりも年収がたかいのでしょうか?そうだとしたらどのくらい高いのでしょうか?

今回は、このような疑問などの公立保育士の給料事情に焦点を当てて、保育業界全体の給与事情についても詳しく調べてみましたので、公立保育士のお給料の実態を知って、もし可能なら転職したいと思っている人は是非チェックしてみてください。

そもそも、公立保育士って?

公務員

保育士の免許を取得して、保育に従事している糸は、公立の保育園で働いていようが、私立の保育園で働いていようが「保育士」であることには変わりはないものです。

公立保育園の保育士と私立保育園の保育士の違いはというと、決定的に違うことといえば、公立保育士が自治体に採用された公務員だということです。たとえ同じ職種の人であったとしても公的機関で働いている人と、民間企業で働いている人が違うのと同じということです。

働く保育士にとって公立保育園とはどのような保育園なのか保育士さんの視点からまとめました。

地方公務員

公立保育園の保育士は、保育園のある自治体から直接採用される「地方公務員」です。採用される方法には細かな点で違いなどがありますが、市役所などの地方公務員の職員と同等の扱いになります。公務員として働くことによって得られる嬉しい制度はたくさんあります。

福利厚生は完全完備されています。管理は自治体がしているので、厚生年金や労災保険や健康保険への加入、産休や育休の制度もしっかりしているので確実に取得できるといっていいでしょう。給与の面はどうでしょうか?給料面でも、地方公務員としての昇給制度や、賞与の制度が適用されます。給与の昇給もあり、勤続年数に比例して給与が上がるので、モチベーションを高く持って働き続けることができます。

倍率や難易度の高い採用試験

公立保育園の保育士になるためには、地方自治体が実施している採用試験にまずは合格しなければなりません。採用試験を受験するためには、保育士の資格を持っているか、もしくは保育士として採用されるまでに資格を取得することができるという見込みがなければなりません。

年齢制限があるのも一つの特徴です。多くの自治体では30歳、もしくは35歳までの保育士でなければならないと規定されていますので、比較的若い保育士さんが求められていることになります。

公立保育園の保育士になりたいと採用試験受験の希望者が多いにも関わらず、公立保育士採用試験が毎年行われるとは限らないのも一つの特徴です。自治体にもよるようですが、基本的には欠員が出た場合ににのみ採用試験が行われることになっています。一次試験は筆記試験で、二次試験以降は面接や作文やピアノ、読み聞かせなどの実技試験が行われることが多いようです。

筆記試験はというと、高校卒業レベルの数学や文章理解などの一般教養問題と、保育についての専門知識に関する問題で構成されることになっています。保育士の専門知識があればいいというだけではなく、教養試験の勉強もしなければなりませんので、問われる知識というのは私立保育園の保育士よりも広くなることでしょう。

たとえ、保育士の採用試験に合格したからといって、必ずしもすぐに勤務し始めることができるわけではないようです。採用試験に合格しますと、採用試験候補者名簿というものに登録されることになります。それから施設からのオファーを待つことになります。採用候補者名簿には登録期限が定められており、その登録期限は1年間と決められているので、その間に採用が無い場合には、次年度に再度採用試験を受験しなくてはならないというシステムになっています。

平均給与や賞与はやはり高い

働きたいという希望はあってもなかなかの難関である公立保育園の保育士ですが、給与や待遇面について具体的にどんな感じになっているのか見てみましょう。

全国の私立保育園と東京都練馬区の公立保育園の平均給与についてです。

・全国の保育士の平均給与(厚生労働省賃金構造基本統計調査)

給与月額:22,3万円年間賞与:58,8万円年収平均:326,8万円平均年齢:36歳

・公立保育園の保育士平均給与(東京都練馬区職員の給与状況より)

給与月額:31,7万円年間賞与:171,2万円年収平均:551,7万円平均年齢:45歳

全国の保育士の平均給与と練馬区の公立保育士の給与をこのように比較してみますと、年間で1.7倍(約200万円)の差があるということが分かってきます。公立保育園の場合、給与は年功序列型で増えていくようです。よほどのことがない限り、能力の差に関係なく、長く勤めれば順調に昇給することが望めるといえそうです。公立保育士は中途退職者が少ないので、平均年齢が高くなるというわけです。産休や育休もしっかりとることのでき公務員は働きやすいので離職する人が少ないようです。

また、民間企業のように給与が世の中の景気に左右されてしまうことがないので、不況にも強い職種であるともいえます。

しかし、待遇の良さというのはその市町村の財政力にもよるようです。一般的に言うと、人口の多い東京23区や政令指定都市などは、地方公務員にとって恵まれた待遇といえますが、地方都市や町村部はというと、都会の私立保育園と比べてそこまで飛びぬけた好待遇というわけにはいかないようです。

異動がある

公立保育園の保育士は、公務員ですので数年に一度は必ず異動があります。通常は、一つの保育園に10数年も長く勤務するということはないようです。ほとんどは、3~6年ごとに同じ地区内で転勤を命じられるようになっているようです。

もちろん、どの保育園に勤務するかとか、転勤するかというようなことは自分で決めることはできません。また自治体によっては、保育園ではなく、市役所の保育課や子育て支援センターといった保育現場とは直接かかわることのない業務に異動することになる可能性もあります。

公立保育園と私立保育園の違い

年齢

待遇の面をみていくと、公立保育園と私立保育園の違いが見えてくるものです。これからさらにその違いを深く見ていきましょう。

保育士の平均年齢に違いがある

上記にも含まれていましたが、公立保育園は保育士の募集人数が少なく、採用されるのも欠員が出た時のみということでした。そのため若い人が職場内には少なくなりがちなのが現実です。ベテランの保育士さんが多いので、保育士としての新人教育はばっちりなされるはずです。

一方、同世代の保育士さんがいないので、同世代ならではの悩みや話題を脅威優し合えることができないので、そう意味では窮屈に感じてしまうかもしれません。

私立の保育園はというと、保育園ごとに必要な時期に採用をしていて、遅くまでの延長保育や休日保育をするためにパート勤務の保育士さんを多く雇っているという保育園も多いです。そのため私立保育園で働いている保育士の平均年齢は低めになるようです。

異動について

公立保育園には異動があります。同じ地域内での異動になりますので、異動によって大きな勤務先の違いが生じてくるわけではありませんが、一つの職場にとどまることができないので、異動後に新たな人間関係を築いていかなければならないということもありますし、仲良くなった子どもたちや保護者の方たちとも離れなければならないという悲しみもあります。

ただ、新しい環境に飛び込むことが好きだったり、得意な保育士さんにはこれはメリットと言えるでしょう。

一方、私立保育園は、基本的には一つの法人が一つの保育園を運営しているということが多いため、異動がなく愛着を持って働くことができます。

保育方針

保育士としての仕事の内容はというと、子どもたちを保育することですから、さほど大きな違いはないものです。ただ、私立の保育園の場合は、特色や独自性を打ち出すために新たな試みやサービスを取り入れる傾向が強くあるようです。一方、公立保育園の場合は比較的保守的な保育内容というところが多いかもしれません。実際、延長保育を行なっているという施設は、公立保育園よりも私立保育園の方が多く見られるのではないでしょうか。

公立保育士はなぜ私立保育士よりも給与が高い?

先ほど比較したように、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、全国の保育士の平均月給や年収は、公立保育士と比べると大きな差があります。なぜ、ここまで大きな収入格差が生じてしまうのでしょうか。

保育士全体の給与を算出するための平均年齢は34.8歳なのですが、先ほどの東京都練馬区の公立保育士の平均年齢よりも約10歳若いことが分かります。こう考えると、ベテラン保育士の多い公立保育士の平均給与や年収が多いのは当然のことかもしれません。

また、私立の保育園に勤務している保育士は、出産や子育てによる離職者が多く見られ、子育てがひと段落したので復帰しようとする場合も、正規の職員にはならず、契約社員やパート社員として働くことが多くみられるということも給与水準の低さの原因になっているのかもしれません。

それ以外にも、公務員である公立保育士と比べると、私立の保育園は昇給率が低いことも一因と言われているようです。

公立保育園と私立保育園の福利厚生の充実度の違いはある?

充実具合

公務員である公立保育士の給与は、私立保育園の保育士よりも高額であるということがわかりましたが、福利厚生の面ではどうなのでしょうか。

一般の企業に勤務している方の場合は、年金は基礎年金と厚生年金になりますが、公務員には他にも退職者共済年金というものがありますので、さらに老後の生活の安心感をえることができます。

有給休暇はどのようになっているかといいますと、公立だからといってしっかりと取れるかというと一概には言えないようで、この有給休暇取得率は、施設によって異なるようです。

私立保育園の保育士は、産休や育休が取れないという方がたくさんおられるようです。そのため、出産を機に、保育士を辞めてしまうという場合が多いようで、私立保育園の保育士の平均年齢が低い原因となってもいるようです。その点、公立保育園では、産休や育休をしっかりと取ることができるようですので、出産を機に辞めるというのは少ないようです。

公務員は、勤務年数が長くなればなるほど昇給していくわけですから、退職してしまうということはなく、産休や育休をしっかりとって、落ち着いてから現場に復帰するという方が多いということです。

その他の公立保育士のメリットは?

給与や福利厚生といった待遇が優遇されっている公立保育士ですが、そのほかにも公立保育園で働くメリットがあるようです。

それは、余裕のある働き方ができるということです。

私立保育園の保育士で、休憩をちゃんととることができるという保育士はほとんどいないようです。例えば、昼食も園児の面倒を見ながらサッと済まさなければならなかったり、最悪は食べることができないということもあるようです。しかし、公立保育園は異なり、休憩時間には交代の臨時の職員をスタンバイさせているという保育施設もあるくらい、保育士の時間を大切にしてくれるようです。

ほかにも人員配置などは公立保育園は余裕がありますし、延長保育のない施設も少なくありませんので、勤務時間や仕事量は私立保育園の保育士と比べるとゆったりしていて余裕のある働き方ができるというメリットがあるようです。

狭き門といえる公立保育士

狭き門

公立保育士は私立保育士よりも高収入で好待遇ということがここまででもお分かり頂けたと思います。そう考えると、同じ働くなら、年収が多いところで働きたいと思うのは当然のことですから、公立保育士は人気の高い職種となっているようです。公立保育士の募集があると、何倍あるいは10倍以上の志望者が殺到するほど人気で狭き門になっているようです。

しかも、公立保育園の正規職員は少しずつ少なくなっていっているようです。臨時の職員の数が増えているということや、公立保育園の民営化も進んでいるようですので、公立保育士に寝るという道はこれからさらに険しくなっていきそうな予感です。

公立保育士になるためには、その自治体の採用試験を受験しなければならないわけですので、試験開催に関してや、募集に関しては自治体によってまちまちですので、希望している自治体のホームページなどをまめにチェックしておくことは必要になります。

採用試験の一例ですが、ある自治体を例にしてご紹介します。

受験資格:昭和56年4月2日以降生まれで保育士と幼稚園免許が必要採用予定人数:5名程度1次試験:教養試験と専門試験2次試験:適性検査や実技や個別面接

このような条件になっています。公務員ですので、年齢制限が設けられている事にも注意したいものです。

では、保育園はどのようにして探したらよいでしょうか?これまでに説明したように、公立保育園の保育士求人は、私立保育園の求人と比べると、見つけるのが困難です。非正規雇用であれば転職サイトでも見つけることができるかもしれまえんが、正職員となりますと大手の転職サイトであっても見つけることはできないのです

やはり、まめに自治体のホームページや広報を確認して求人を探すしかないようです。

1つの提案になりますが、どうしてもいい公立保育園を見つけることができないという場合には、公立保育園に待遇の似ている私立保育園を探すというのも一つの手になるかもしれません。

そのようにして求人先を探そうと思った時には、保育士専門の転職サイトや転職エージェントを活用して求人を探すことをオススメします。自分の要望に合った保育園を効率的に探すことができるでしょう。

公立保育士の年収まとめ

積み木であそぶ子ども

公立保育士と私立保育士の平均月給や年収をみていきますと、公立保育士の給与面や社会保険など福利厚生の好待遇が顕著にわかってきます。私立保育園に勤務している保育士さんで転職したいと思っている人や、晴れて保育士になることができたのでこれから頑張って行こうと思っている方は、求人も少なくて狭き門となっている公立保育士ですが、長く働き続けることができ年収も人気も高いので、ぜひ挑戦してみる甲斐はあると思います。

是非目指してみられるのはいかがでしょか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事