保育士の資格や経験が活かせる!転職先や副業とは?

保育士の資格や経験が活かせる!転職先や副業とは?

保育士の仕事は続けたい!でも、今の職場には、納得がいかない…それで転職や保育士をやめることをを考えている人もおられるかもしれません。今回は保育士の資格を活かした就職先や副業について考えてみたいと思います!

保育士の資格や経験が活かせる!

保育士

保育士の仕事は続けたい!でも、今の職場には、納得がいかない…それで転職や再就職を考えている人もおられるかもしれません。

でも、実際に今の職場を辞めてしまったら、保育士の新しい仕事をすぐに見つけることなんてできるのでしょうか?

それでここでは、保育士の資格を活かした再就職先や副業について、特集します。

前職を活かして、よりよい条件の保育園や幼稚園に再就職するためのポイントは?

やはり保育士でも他の職業の方でも、今の職場を辞めようと考えた時に、まず不安になるのは「再就職先はあるのだろうか」ということかもしれません。結論から言うと、保育士の場合は「ある」のです。ただし、それは、たくさんの条件を付け過ぎなければということです。

では、前職を活かしてより良い条件の保育園や幼稚園に再就職したいと思われる方のためのポイントには何があるでしょうか。

それは、転職すると決断したのなら早めに動き出すことが大切です。何故かというと、自分の条件に合う再就職先を見つけることは、思っているよりも意外に時間がかかるものです。

まず、自分が再就職先に求める条件、自分の中できちんと明確に整理するようにします。そして、前の職場を辞めたい理由もしっかり考慮して、その悩みをしっかり解決できそうな再就職先を探すようにします。

再就職先を探すときにはどのように出来るでしょうか。

転職サイトや保育士求人サイトハローワーク、求人誌、知人の紹介など、すべてのものをできるだけ活用することをおススメします。色々なところからたくさんの情報を集めることによって、求人の比較をすることができ、保育士以外の色々な仕事を視野に入れながら探すことができるので、選択の幅も広がります。

今と同じような保育士としての仕事をこれからも続けていきたいとおもって再就職したいと考えている方は、まずは保育士専門の求人サイトをりようすることはいい方法かもしれません。

保育園・幼稚園以外の保育士の再就職先の紹介について

保育士のしごと

保育士として働ける場所は、保育園や幼稚園をはじめとした児童保育施設が中心ですが、近年は法の規制緩和によって民間の株式会社が保育関係の業務に参入してきたのに伴って、企業主導型保育所や事業内保育所など、今までの皆が一般的に知っている「保育園」といった枠にとらわれない新しい育児施設が次から次に誕生しています。

他にも学童保育や幼児教室の孔子のような保育士の資格やスキルを活かしてできる職種もたくさんありますので、自分に合った仕事はどんなものなのかをじっくり考えて再就職先を見つけるようにすることができます。

では保育士の資格が役立つ就職先にはどんなところがあるでしょうか。いつでも経験豊かな保育士を求めている施設には、保育所、知的障害児通園施設、重症心身障害児施設、児童厚生施設、母子生活支援施設、乳児院、児童養護施設、児童家庭支援センターなどがあります。

ここ近年、民間企業による認可外保育施設が全国的に増えているので、そこで働く保育士も増えてきています。隙間のちょっとした時間に働くことのできる施設も多いので、プライベートの時間を優先しながら、週3回や土日のみといった形で自由な働き方をすることも可能なので注目されています。

例えば、ベビーホテル、習い事や塾の講師、学童保育、雑貨や子供服などの販売員、アミューズメント施設職員など、色々な働き方があります。この中でも、特に最近注目されているのが、「ベビーシッター」というお仕事です。

保育士の資格を活かして働くことのできる「ベビーシッター」のお仕事について

女性が社会進出し、活躍している現代では、共働きの家庭が年々増加しているようです。そのため子供たちを預かってくれる施設がたくさん必要になるわけです。

しかし、現状はというと、多くの地域で待機児童は増加しており、預けることができないという状況になっています。待機児童を減らすために、政府や自治体が積極的な取り組みをして対策を考えてはいるようですが、まだまだ需要と供給が追いつくことができないようです。

そこで、注目されているのが「ベビーシッター」の存在なのです。

日本以外の他の国では、ベビーシッターは子供を預ける主要な方法として多く見られるところもたくさんありますが、日本ではまだそれほど利用されていないかもしれません。

それには「安全性に不安がある」とか、「利用料金が高い」といった、ネガティブなイメージが見られたからかもしれませんが、最近では、以前のこのようなネガティブなイメージが変化している傾向にあり、各企業ごとにコンプライアンスが見直されて、東京都では2018年度からは「ベビーシッター利用支援事業」の拡大がなされています。

色々な案が検討され、実践されることにより、利用者側のハードルがさがりつつあることで、「潜在保育士」と呼ばれていた人たちの間でも「ベビーシッターならやってみようかな…」と考える人も増えているようです。近年、保育士からベビーシッターへの転身をされている方は多いようです。

保育施設での勤務も楽しいお仕事ですが、ベビーシッターは働く側としてもたくさんの良いところがあるようです。これから良い点といわれているポイントをいくつか取り上げてみましょう。

1つには、子ども一人一人とじっくり関わることができることです。ベビーシッターは基本的に1人か、もしくは兄弟姉妹を含めた2~3人のお世話をする形になるので、もしも子どもぐずったとしても、無理に急かしたりせずに、じっくり耳を傾けて接してあげることができます。

特に「これをしなければいけない」というルールが基本的に決められているわけではないので、子どもの好きな事を優先して、子どもの個性を大切にして、そばで成長を実感することができるのは、ベビーシッターならではの大きなメリットといえるかもしれません。

保育園などの集団保育の場合には、たくさんの子どもたちをいかにまとめるかということが求められて、子ども一人一人の気持ちに寄り添っって保育するというのは難しいものです。

ベビーシッターなら1対1で子どもと接して個別保育を行なうことができるので、時間や心理的にもゆとりができて、行動を詳細に見ることができるので、子どもの気持ちを汲み取ったり、理解してあげることができます。そこから、子どもとの絆も生まれてくるので、より丁寧な保育を行うことができるというわけです。

さらに、ベビーシッターは、自由な働き方ができて、高収入も可能という点があります。ベビーシッターの多くは、シッター会社に登録して働いている派遣社員の方や、短時間だけ働いているアルバイトやパートの方も働いています。

保育士は拘束時間が多くなりがちなお仕事と言われますが、ベビーシッターなら自分の予定に合わせて、子育てや介護やプライベートな予定を優先し、シッティングのスケジュールを決めることができるので、都合の良い時間に勤務できるという魅力があるので、柔軟に働くことができるというわけです。

時給に関しても、他の職種に比べて高く設定されているので、働き方や頑張り次第によっては高収入を望むことができます。たとえば、通常の保育業務が終わった後に、副業として夜間だけベビーシッターとして働いているという方もおられるほどです。深夜手当を含めると、高額なお給料をもらうことができるということです。

他には、保育園勤務と比べると、雑務が大幅に軽減されるという点もあるようです。通常の保育園勤務になると、年間のカリキュラムがあり、その作成をしなければならなかったり、色々なイベントや行事の準備といった子どもの保育とは別のたくさんの雑務が発生し、それを必ず行って行かなければなりません。

保育の仕事は大好きだけど、書類作業をしたり、イベントの準備をしたりするのは苦手で必ず残業になってしまうという方もおられると思います。ベビーシッターですと、このような雑務に悩まされることはありません。保護者や会社に向けて報告書を書かなければならないことはありますが、保育園の勤務に比べると、雑務に関しての負担は大幅に減ると思われます。

ですからその分、子どもたちと一緒に過ごす時間がたくさんでき、手作りのおもちゃを一緒に作成したり、子どもが喜びそうな遊びを考えたりして、時間を有意義に使うことができるという良い点があります。

そして、ベビーシッターの仕事は保護者や子どもとの信頼関係を築くことができ、やりがいを持って仕事を行うことができます。

働くのに良いポイントも多いベビーシッターの仕事ですが、必ずしも良いことばかりではありません。もちろんお仕事ですので大変な面もあります。親の代わりに子どもをお世話するのですから、子どもの安全について一人で責任を持たなくてはならないので、勤務中は楽しい事ばかりではないかもしれません。

いつも緊張感を持って子どもと向きあっていくことも大切です。

けれどもベビーシッターは子どもや保護者とダイレクトに関わることができますので、信頼関係をしっかりと築いていくことができます。また同じシッターさんに子どもを見てもらいたい、とか、もう一度あのシッターさんをお願いします、などと指名をいただけたなら、保育の仕事に携わってきて今までにないやりがいというものを感じることができるかもしれません。

このように、ベビーシッターの仕事の良い点を挙げていくと、保育士の資格を活かしてやりがいのある仕事として、再就職や副業を行ないたいと思う方にとって、おすすめのお仕事と言えるのではないでしょうか。

しかしベビーシッター以外にも保育士の資格を活かせるお仕事はたくさんあります。

そのほかの保育士の資格を活かせる人気のお仕事は?

保育士の資格を活かす!

学童保育指導員があります。学童保育とは、親が共働きなどで留守家庭の小学校低学年~高学年の子どもたちが、放課後に安全に過ごす事ができるようにする保育のことですので、子どもを預かるのは、放課後や長期休暇中のみです。共働きが急速に増えているので、学童保育の存在感が増してきているのが現状ですし、需要も高まっています。

学童保育指導員になるには、保育士の資格が必須ということではありませんが、保育士の資格や教員免許の取得者が優遇される傾向にあります。学童保育では、指導員として、宿題を見てあげたり、遊んだり、おやつの準備をするなどといった生活と遊びを支援することが主な仕事になります。

子どもたちが家庭生活と同じような状態で過ごす事ができるため、放課後に過ごす第二の家庭的な存在のようなものになります。それと共に、放課後の子どもたちの安全を確保する務めにもなり、親が安心して仕事をすることができるような環境を提供するという役割も担っています。

また保育士の資格を活かせるお仕事として、保育ママというものがあります。保育ママとは一体どんなものでしょうか。

保育ママは、保護者が働きに出かけているために家庭での保育が困難にも関わらず、保育園に入園することのできない子どもを自宅で保育する家庭福祉員のことをいいます。主に3歳未満の子ども預かって保育します。

保育ママも、保育園とは違って、子どもたちや保護者との距離が近いので、コミュニケーションもしっかりとることができ、きめ細やかな保育を行うことができます。子どもにとっては、もうひとつの自宅といった環境で時間を過ごす事ができるので、安心していられます。

保育ママになるためには、地方公共団体からの認定を受ける必要があります。認定の基準は、各公共団体によって異なりますし、各自治体によっても条件は変わりますので、興味のある方は住んでいる自治体に確認することができます。

他にも保育士の資格を活かせるお仕事はたくさんありますので、資格を活かしながらも、保育園ではなく別の違った形で働いてみたいと考えておられる方は、しっかり調べて検討することができるでしょう。

保育士の資格を活かせる副業は?

やんちゃな子ども

保育士の資格を活かした副業を考えておられる方もいることと思います。少しでも収入をアップさせたいので、仕事がおわった後や休日を利用して副業したいという方も多いと思います。保育士の資格を活かせる副業にはどんなものがあるか、また副業する場合の注意点などを見ていきましょう。

そもそも保育士が副業するということは認められているのでしょうか。公立の保育園で勤務している保育士は、公務員の扱いとなるので、原則としては副業することは禁止されています。

しかし、私立の保育園の場合は、就業規則に副業を禁止する項目が書かれていなければ、基本的には副業することは問題ないと言えます。副業を考えておられる方は、まず、この点をチェックする必要があります。

副業することが問題ないとされている保育園で働いている保育士に向いている副業にはどんなものがあるでしょうか。保育士さんが実際にしている副業や資格を活かすことのできる副業にはこのようなものがあります。

飲食店、レジャー施設といった、保育士の資格とは関係のない副業のありますし、ベビーシッターなど子どもを預かること、院内保育、ピアノ講師、塾やホビースクールといった保育士の資格を活かせる副業もあります。

保育士の副業でどんなことを気をつけることができるでしょうか。

副業でいくら収入が得られるからといっても、本業との両立を上手に行っていかなければ意味がありません。

睡眠時間が十分にとれず、体力も奪われてしまい、ストレスもたくさん溜まりやすい、ただでさえ大変な仕事とも言える保育士のお仕事ですが、あくまで本業があっての副業なので、その点を良く考えて上手に両立できるように気を付けることができるでしょう。

そして、一番気を付けるべきなのは、副業の選び方です。保育士としての資質を疑われてしまうような職業や、保護者に知られた時に、子どもたちを指導していく立場としての自覚を疑問視されてしまうような働き方は絶対にしないように気を付けることができます。

まとめ

保育士の資格を活かした再就職や副業についてお伝えしましたが、参考になりましたでしょうか?

保育士というと、保育施設で働くというイメージが強いので、保育士の資格を活かした仕事には、想像よりもたくさんの種類の職業があることに初めて気付かれた方も多かったのではないでしょうか。

社会の中でたくさんのニーズがあることを考えると、保育士の資格というのは、それだけ社会に役に立つということを感じることができます。保育士であるということ、保育士の資格を持っているということに誇りを持って、ぜひ保育士の資格を活かせるお仕事を選んでいただくことをおススメします。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事