保育士の「身だしなみ」服装やヘアスタイル・化粧なども徹底解説!

保育士の「身だしなみ」服装やヘアスタイル・化粧なども徹底解説!

保育士さんの身だしなみって、ナチュラルメイク・動きやすい服装、ってイメージですが、実際のところどうなんでしょうか?保育士さんの髪型や服装、ネイルやアクセサリーについて調べてみました。

保育士さんの身だしなみ

保育士の格好

子ども相手のお仕事だし、動き回る仕事なので、ノーメイクでもラフな服装でもいいんじゃない?と思うかもしれません。ですが、子どもたちのお手本として、また保護者からも信頼を得るために、「きちんとした服装」をする必要があります。着飾る必要はありませんが、社会人としてのマナーとして相手に不快な思いをさせないよう身なりを整えるのは必要でしょう。

あまりにラフすぎると、「だらしない先生」と思われるかもしれませんし、逆に派手だと「あの先生で大丈夫かな?」と思われるかもしれません。保育士として好印象をもってもらうには、どんな点に注意したらいいでしょうか?

保育士さんのチェックポイント

保育士のチェックポイント(身だしなみ)

髪色

まずは髪の色です。勤め先の園によって、カラーリングの規定があるかもしれません。その場合は規定内の色にとどめておけばいいですが、特に決まっていない場合はどうでしょうか。

一般的に金髪や赤、緑などは奇抜という印象があります。落ち着いた色のカラーリング、もしくは黒髪が無難ですが、保育園によっては明るい色でも良いところもあるでしょう。保育園の規定や雰囲気、また周りからどんな印象を持たれるかを考えて決定しましょう。

ヘアスタイル

髪型:ヘアースタイル(ショートヘア、ポニーテール)

保育士さんは子どもと一緒に動き回りますので、すっきりまとめておくのがいいでしょう。下を向いたときに髪が落ちてくると邪魔になってしまいますし、子どもを抱っこした時に、子どもが髪の毛を引っ張ったり口に入れようとします。ショートのかたはそのままでいいかもしれませんが、ロングの方は結んでおきましょう。

前髪に関しては、顔が隠れてしまわないように注意しましょう。子どもたちは顔が良く見えないと不安になってしまいます。短く切るか、長めの方は顔にかからないように留めておきましょう。

この、留める際に使うものですが、ヘアピンではなくゴムを使うのがおすすめです。小さな子どもにとっては、とがったヘアピンは凶器になってしまう可能性があります。万が一子どもに刺さってしまっては大変ですので、あらかじめ使わないのがいいでしょう。

ゴムを使って前髪をまとめる場合は、編み込みやくるりんぱを上手に使うと、きっちりなおかつおしゃれにまとめられます。

服装

動きやすい服装がいいでしょう。Tシャツやジャージ、冬場はトレーナーという方も多いかもしれませんね。

あまりに派手な柄のものや、ラフすぎるものはだらしない印象を与えてしまいますので、デザインに注意しましょう。安全面に気を付けるとなると、フード付きのものやひもが付いているものは、子どもが引っ張ったり巻き付いてしまう危険があるので避けるのがいいでしょう。

ボタンも子どもが誤飲してしまう可能性がありますので、ボタンのないもの、もしくは極力少ないもの、取れにくいよう補強しておくなど気を付けましょう。

メイク

保育士さんのメイクに関しては、ノーメイクが良いという意見やメイクはするべきという意見もあります。つけまつげ、まつエクはOKか、など細かな点もあります。

メイクに関して考えるポイントは、清潔感があるか、保育に影響が出ないかという点です。保護者の方からどんな印象を持たれるかを考えて、どの程度メイクするか決めましょう。つけまつげやマスカラは雨が降ったり水がかかった時に取れてしまわないものがいいですよね。

ネイル

Stylish trendy female manicure.

ナチュラルな色のマニキュアはOKという園もあるかもしれませんが、爪は短く切っておきましょう。子どもを傷付けてしまったり、爪がはがれて保育士自身がケガをする危険もあります。

ネイルのデコレーションがとれて子どもが飲み込んでしまう可能性もあります。子どもと保育士の安全のために、長い爪やデコレーションのついたネイルはNGといえるでしょう。

アクセサリー

ピアスやイヤリング、ネックレスブレスレットも、落として子どもが誤飲する可能性、傷つけてしまう可能性、そして保育士自身かケガをする危険もあります。安全面を考えると身に着けないのがいいかもしれません。

保育士が気をつけるべき[カギ]は「安全性」と「清潔感」

気をつけなければならないカギ

保育士が気を付けるべき身だしなみのポイントは、安全性と清潔感です。子どもと接する際に、誤って傷つける危険がないものを選びましょう。

「安全で清潔感がある」範囲なら、おしゃれにすることもできます。例えば髪の毛の色を少しだけ明るくしたり、編み込みをプラスしたり、巻いてから結ぶだけでも印象が違いますよね。服の色も黄色や薄いブルーなどを選ぶとさわやかな印象になります。

安全性と清潔感を意識して、信頼される保育士を目指しましょう。

保育士の必須アイテム「エプロン」

そして、保育士さんの制服といっても過言ではないのが「エプロン」です。毎日着るものですし、一番目に留まるものですので、機能的でかわいいものを選びたいですね。

保育士さんの必須アイテムであるエプロンの選び方と、おすすめ商品もご紹介したいと思います。

母親をイメージできる

”お母さん”ってエプロンを着ているイメージがありませんか?家庭でご飯を作るときや洗濯をしている時など、エプロンを着て作業していることが多かった気がします。

保育士さんも、以前は保母さんと言われていたように、園で子どもたちの”母親”のような役割をするのでエプロンを着るのかもしれません。

子どもたちが安心する

エプロンを着ていると子どもたちが安心する、という理由もあるようです。エプロンをしている保育士さんは、やはり母親を連想するのか、子どもたちも安心して寄っていきやすいようです。

機能的

保育園で1日過ごしていると、あっという間に服が汚れてしまいます。こどもの食べこぼしを拭いたり、泥が付いたり、クレヨンが付いたり、すぐに汚れてしまいますが、エプロンだとすぐに替えることができます。

また、エプロンにはポケットがついていますから、いろいろな物を入れられるので便利なんです。ティッシュやボールペン、メモなど、よく使うものを入れておけばサッと使うことができます。子どもたちから葉っぱや石ころなどをプレゼントされるときにも、ポケットにサッと入れることができます。

エプロンで機能的で便利なアイテムなんですね。

エプロン選びのコツ

エプロン

保育士さんの必須アイテム「エプロン」ですが、たくさん種類がありますよね。エプロンといってもよく探してみると、いろいろな形、デザインがあります。

保育園で働く保育士さんにとって、使いやすいエプロンってどんなデザインのものなんでしょうか?保育士さんのエプロン選びのコツをいくつか挙げてみたいと思います。

まずはパッと見ですが、明るい色を選ぶと良いと思います。子どもたちは、明るい色のエプロンを好むようです。子どもたちは親と離れて保育園で過ごすため、不安な気持ちになりやすいです。黒やその他の暗い色のエプロンを着ていると、なんとなくさらに不安になってしまうようです。

また、黒など濃い色のエプロンだと、汚れが目立ちにくくなってしまいます。プライベートで着る服は黒の方が汚れが目立たなくていい、って思っちゃいますけど、保育園では衛生面に気を配る必要があります。すぐに汚れを発見できる色のエプロンの方が良いようです。

子どもたちに与える印象・衛生面を考慮して、黄色やピンク、やわらかい色のブルーなど明るい色を選びましょう。

おすすめの形はラン型です。肩ひもが幅広で、ノースリーブのような形のものです。肩の部分が幅広でずり落ちにくいので、忙しく動き回る保育士さんにぴったりです。

また、夏場だとH型だと涼しく、冬は割烹着タイプだと暖かいのでそちらもおすすめです。

安全性

保育園では子どもたちと触れ合う機会がたくさんあります。飾りボタンが付いているものや、ファスナータイプのものは、子どもたちが誤飲してしまったりケガをしてしまう危険があります。ですので、ボタンやファスナーなど、子どもたちがケガをする危険のないシンプルなエプロンを選びましょう。

脱ぎ着しやすい

保育士さんは平均的に1日に3枚エプロンを着替えるという話も聞きます。一緒に外で遊んだり、お絵かきをしたり、一緒に給食を食べたりすると、あっという間に汚れてしまいます。

着替えるのに時間のかからない、脱ぎ着しやすいエプロンが使いやすいと思います。

大きいポケット付き

保育士さんの携帯品、ティッシュや絆創膏、ボールペンなどを収納できるように、大きめのポケットが付いているものが機能的です。子どもたちからのプレゼント収納用として、もうひとつエプロンが付いているとさらに使いやすいと思います。

キャラクターもの

可愛いキャラクターのイラストがついたエプロンは子どもに人気です。動物やディズニーのキャラクターなど、子どもたちは大好きです。

このキャラクターって、かわいいだけじゃなくて結構役に立つみたいです。子どもが言うことを聞かない時には、「(キャラクター)が言ってるよ」と言えば聞くこともあるんだそうです。意外な使い道もあるんですね。

ですが園によっては、キャラものは禁止というところもあるようですので、確認しておくと良いと思います。

エプロンの丈は膝上がベストです。長すぎるとしゃがんだ時に床についてしまいますし、立ち上がるときに踏んでしまうかもしれません。子どもたちがエプロンを踏んで滑ってしまうこともあります。

機能性、安全面を考えると、膝上丈がベストです。

素材

エプロンはどんどん取り換えていくので、洗濯しやすいコットンやポリエステルのものが良いかもしれません。寒い冬であれば、フリースのものもありだと思います。

値段

エプロンは汚れるものですし、何枚も洗い替えが必要ですから、リーズナブルなもので良いと思います。エプロンは消耗品と考えて、リーズナブルなものを多めに持っておくといいと思います。

以上が保育士さんにとって重要な「エプロン」の選び方です。子どもたち人気のキャラクターエプロンを何点かご紹介してみますね。

おすすめキャラクターエプロン

ミッキー・ミニー

mickey mouse.

まず子どもたちに人気の定番キャラクターと言えば、ミッキー&ミニーです。子どもだけでなく大人も好きなキャラクターではないでしょうか。

大人気キャラですから、種類も豊富です。値段も幅広く、1000円台からあり4000円台といろいろあります。ミッキーとミニーのエプロンはとりあえず1枚持っておきたいですね。

トイストーリーキャラ

toy stories

男の子に人気のトイストーリーキャラもおすすめです。

主人公のウッディーだけでなく、バズ、ミスターポテトヘッド、ミセスポテドヘッドなどのキャラも販売されています。どのキャラクター人気ですので、トイストーリーエプロンを一枚持っておくのもありだと思います。

カーズ

Clipping path. Miniature car with two red heart balloon. concept of love wedding honeymoon

そしてカーズも男の子に人気です。楽天やアマゾンで探すことができますが、売り切れになっていることもあるようです。それだけ人気なんだと思いますので、ちょこちょこサイトをチェックして、見つけたときに買っておくと良いと思います。

キティちゃん

Bento box for kids

女の子に大人気のキティちゃんエプロンもおすすめです。ポケット部分がキティちゃんの顔になっているかわいいデザインのものもあります。

ポムポムプリン

プリン , Caramel custard , Custard pudding

キティちゃんやマイメロなど、人気キャラがたくさんのサンリオです。ポムポムプリンはサンリオの中でも人気上位です。そのポムポムプリンのエプロンを着れば、子どもたちからも大人気かもしれませんね。

ノープリントのシンプルエプロン

キャラものではなく、あえてシンプルなエプロンを購入するのも一つの手だと思います。無地のものは比較的リーズナブルに購入できますし、自分でアップリケをつけたりアレンジすることもできます。

また、子どもに人気のエプロンシアターを作ることもできます。保育士さんはご存知かもしれませんが、エプロンのポケットから人形が登場したり、人形をエプロンに付けたり外したりする、エプロン上での人形劇です。

手作りならではのぬくもりのあるエプロンシアターを作ってみてはいかがでしょうか。

保育業界の変化

Teacher and Kids Playing Together with Colorful Toy Building Blocks

どの業界でも、新たなニーズが増えたり働き方が変わったりして、職場の雰囲気って変わっていきますよね、

身だしなみ関しても同じで、ノーネクタイOKというクールビズもすっかり定着しました。日本全体の政策・雰囲気の変化とともに、保育現場でも考え方や服装、全体の雰囲気にも変化が出てきています。

以前とは保育士に求められる身だしなみも変わってきているのではないでしょうか。今の保育現場で求められること、園の方針や保護者からの要望に合わせて、自分の身だしなみをチェックしてみると良いと思います。

ニーズはまだまだある

保育関係の仕事のニーズはまだまだあります。最近では共働きのご家庭が増えていますし、待機児童ゼロを実現するために、保育士の採用に力が入れられているようです。とくに首都圏での保育職のニーズは大きいようです。

子供たちの人数に対して保育所や保育士の数が足りていないのが実情ですので、今後も保育士の採用に力が入れられていくと考えられます。保育園を新設したり、保育士の手当てを充実させたり、保育士試験を緩和する動きがあったり、保育士確保のためにいろいろな対策がとられています。

男性保育士の需要

Young father and his two kids drawing together

女性の保育士さんだけではなく、男性保育士の需要も増えているようです。子供たちと遊ぶときって、子供を抱っこしたり、一緒に走り回ったり、けっこう力がいりますよね。保育の現場は意外と力仕事なので、男性保育士がいてくれると助かるという声もあります。 男性保育士はいまだに目立つかもしれません。確かに、いままで男性保育士の数は多くはありませんでしたから、一緒に働く同僚や子供を預ける親御さんも、戸惑いがあるのかもしれません。それでも、最近は子供を預けに来る保護者の方も、男性が増えてきていますし、良い相談相手として頼られる存在になっているようです。

まだまだ需要の大きい貴重な保育士の仕事です。すでに保育士として仕事をされている方は、服装・身だしなみもいろいろとアレンジして、楽しくお仕事をしてくださいね。

身だしなみも大事!

機能性が重視される保育士さんの服装・身だしなみですが、十分アレンジすることができます。一番目に留まるエプロンも可愛いものがたくさんあります。

「安全性」と「清潔感」というポイントを押さえつつ、自分らしいスタイルでお仕事をするといいのではないでしょうか。子どもたちからも保護者の方からも親しまれる身だしなみをして、ステキな保育士さんを目指してみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事