保育士の転職で必要なスキルアップって?おすすめの資格や勉強を紹介!

保育士の転職で必要なスキルアップって?おすすめの資格や勉強を紹介!

今回は新たに保育士として働きたいと思っている方、そして今も保育士の資格を生かして働いている方で、さらなるステップアップを目指している人が、勉強するとよいことをご紹介します。

保育士の転職で必要な勉強はある?おすすめの勉強法を紹介

保育士の転職と勉強方法

保育士として働いていく中で、「本当に自分の居場所はここでいいのだろうか?」とか、「もっと自分に合った職場があるのではないか?」ということを考える時、というのがあるかもしれません。

子どもたちが好きだったり、今まさに必要とされている職を選びたい、ということで保育士を目指して、その夢を叶えた人も、自分にもっとぴったりの職場を探したくなったり、現状維持ではなく更にスキルアップして、自分の可能性を広げたい、と考えることもあるでしょう。

さらに、今までの職場が合わなかったために退職することを決意し、その機会にさらなる自分の活躍の場を広げることを考える人もいると思います。 そして、女性であれば自分自身の結婚、妊娠、出産という、人生の中での転換期を迎えて、一度は保育士としての仕事をお休みすることになり、状況が変わった時に、もう一度保育士として働くことを考える方も多いでしょう。

そして、中には新たに保育士としての資格を取って働きたい、と思っている人もいるかもしれません。 このように、新しく保育士としての仕事を目指して転職を考えている人、さらには保育士としてさらなるステップアップを考えている人にとって、これからの転職を考えた時に、どんなスキルや資格をもっていると有利なのでしょうか?

それで、今回は保育士の転職で必要な勉強とはどんなものがあるのか、さらにおすすめの勉強法をご紹介していきたいと思います♪ とくに、これから新たに保育士として働きたいと思っている方、そして今も保育士の資格を生かして働いている方で、さらなるステップアップを目指している人が、勉強するとよいことをご紹介します。

保育士の資格が活かせる仕事や職場について

今まで、別の仕事をしてきたけど、保育士として働きたいと思っている方もいるでしょう。

さらに、これから自分の人生の中でどんな職に就きたいか、ということを考えた時に、保育士に魅力を感じている学生さんたちもいることでしょう。

保育士としての仕事は今まさに必要とされている職業です。保育園に入りたくても入れない子どもたちや、その親たちのことがたまにニュースなどでも取り上げられることがありますが、保育士たちが不足していることは事実です。

それで、そんな困っている子どもたちやその親たちを助けたい、とか子どもが好き、ということで保育士を目指している方もいると思います。

保育士としての働くとなると、国家資格が必要となります。保育士は専門職なのです。では、その資格を持つと、その資格を活かせるどんな仕事や職場があるのでしょうか?まずは、保育所や保育園です。その中にもいろいろな施設があり、行政が運営する公立の保育園もあれば、行政以外が運営している保育所つまり私立もあります。

さらに、企業などが従業員のために保育施設を設置している企業内保育や、病院内にある院内保育、さらに駅ビルなどにある保育施設や、高齢者施設と併設されている保育所というものもあります。

また、教育と保育を同時に行う認定保育園といった、幼稚園と保育所の機能を持つ施設もあります。そして、一般に保育ママと言われている、3歳未満の子どもを自宅で預かる形の保育施設で働くことも可能です。

保育所や保育園でもいろいろなタイプがあるのですが、その中でさらに乳児もいれば少し大きい年長さんまで、様々な年齢の子どもたちと関わることになるでしょう。その施設によって、預かる子どもたちの年齢というものも違えば、その施設の方針も違います。

それで、自分に合った方針や自分がしたいと思えるような働き方ができるような職場を見つけることが大切になるでしょう。

さらに、保育園や幼稚園だけでなく、児童館や学童保育というところでも資格を活用することができます。児童館は、乳児~小学生までの子どもたちが遊ぶ場所です。

さらに学童保育所では、両親が共働きだったり、家に誰もいないというような子どもたちが学校の放課後に過ごせる場所となっています。

乳児院や児童保護施設などの、親がお世話できない子どもが入所して生活する場所での仕事もあります。その子どもたちにとっては、そこでの先生が親代わりとなりますし、その施設が自分の家となります。

いろいろな背景を持つ子どもたちがいて、そこでの仕事は365日34時間体制となります。その子どもたちの生活そのものを支援する仕事なので、それだけ厳しさもありますし、やりがいも感じる仕事となると思います。

幼児教室やベビーシッターとして働く場合も保育士の資格が要りますが、この場合、それだけでなくさらなるスキルが必要となるでしょう。

幼児教室ではもちろん、保育のスキルだけではダメでしょうし、ベビーシッターになるためには、依頼主さんの要望にちゃんと応えることのできる経験やスキルが必要となります。しかしそのような特別のスキルがあると、かなり高い時給の仕事ができたりします。

このように見ると、保育士としての資格をとると、一般の保育園や幼稚園だけでなく、いろいろな施設で働くチャンスがあることがわかります。

それで、自分に合った方針を持つ施設を選んで働きたいと思いますし、病院や駅ビル、さらにはショッピングモールなどに入っている託児施設などでは一般にパートタイムとして働くことができます。それで、自分に合っている働き方なども考えて施設を選ぶとよいでしょう。

保育士としての資格をとるために必要な勉強とは?

では、保育士として転職することを希望する際、保育士としての資格を取るためにはどんな勉強が必要となるのでしょうか?

保育士の資格を取る方法としては大きく分けて二つあります。

一つ目の方法は、厚生労働大臣指定の大学または短期大学、さらには専門学校などの指定保育士養成施設に進学することです。

もう一つは、 通信講座またはネット教材や本などを使用して自分で勉強し、 毎年行われている保育士試験を受験して合格すれば資格を取ることができます。

一つ目の方法としての、大学や専門学校へ進学 した場合、最低2年はかかります。

費用ですが1年当たりおよそ100万円とみてください。2年で全ての所定の単位を取得し、卒業することができれば、卒業と同時に資格が取得できます。

二つ目の保育士試験を受験する場合ですが、進学する場合よりも費用を抑えることはできます。多くの人は、通信講座を利用して勉強するようです。または独学で勉強してそのまま試験に合格する人もいます。

二つの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

例えば学校へ進学した場合、試験を受けなくても卒業と同時に資格が取得できます。さらに、 保育士養成校に行けば実技面での力を磨くことができます。

それで、費用面でも可能であり、ある程度の履修期間がかかっても良いという人は、大学または専門学校などの進学する方法が一番確実と言えるでしょう。

しかし、学校に行かずに資格を取ることにもメリットがあります。

一番には費用の節約です。独学で勉強して、保育士試験をクリアできるなら、学校に行った人と同じ資格がそこで取れるわけですから、かなり費用の面で安く抑えられるでしょう。

さらに、通信講座や独学で勉強する場合、空いた時間などで勉強することができるので、今別の仕事をしている人、主婦などでも資格を取ることができるでしょう。ただし、保育士試験には受験資格がありますので、それはしっかりと確認しましょう。

それで、この二つの方法のうち、どんな勉強方法があっているかということは、その人それぞれの立場、経済的な余裕、さらには目標によって違ってくると思います。

それぞれ、自分に一番合った方法を見つけるのが大切です。

保育士の人が転職を決めるときに、まず考えたいこと

今保育士としての資格持ち、働いている人の中でも、もっと上を目指したい、もっとスキルアップして自分の働ける環境や可能性を広げたい、という人も多いでしょう。

それで、今までの職場から転職したい、と思っている人もいると思います。

しかし、転職を決める前に、まずしなければいけないことは、「自分が本当にしたいのはどうゆうことなのか?」ということです。

漠然と「もっとレベルアップできたらいいな・・・」と思っているとか、「今の職場がつまらないから転職したいな」と思っているだけで、転職を決めてしまうと、新しい職場を見つけても満足できなかったり、「なんか違う・・・」ということがあります。

それで、転職を考えている方は、今の職場を退職することを決意する前に、自分の目標や本当にやりたいこと、目指したいことを明確にしましょう。

そうすることによって、今何を勉強する必要があるのか、どんなスキルを磨くことが必要なのか、ということもはっきりするでしょう

さらなるスキルアップのためのおすすめの勉強その①~幼稚園教論の免許~

幼稚園教論の免許を持つと、幼稚園で働くことが可能になります。

あまりよく知らない人たちにとって。幼稚園と保育園、この二つはほとんど同じように感じている方は多いです。

しかし、保育士の資格を持つ人が働くのが保育園で、幼稚園経論の免許を持つ人が働くのが幼稚園なのです。

しかし、2006年に幼保一体化施設に関する法律が制定されました。それによって認定こども園制度が開始されたのです。

この認定こども園というのは、幼稚園と保育所の両方の機能を提供する施設です。 それは、待機児童が多くなっているという社会問題を解決すべく、定員割れてしちゃっている幼稚園を保育所として利用できるようにという取り組みの中で進めれらてきました。

法の改正によって、新しく幼保連携型認定こども園が創設されることとなったのですが、そこで必要とされている人材、それが保育教論です。”保育教論”とは、幼稚園教論の免許と保育士としての資格の両方を持っている教員です。

幼保一元化の動きは、これからますます発展していくものと考えられています。それで、保育士としての資格だけでなく、幼稚園教論の資格も持つことによって、これから新しくつくられる子ども園での仕事の可能性が広がることでしょう。

これから、保育士としての資格を取るために進学を考えている、という方であれば、保育士と幼稚園教論の資格のどちらも取得できる学校を選ぶことがおすすめでしょう。

さらなるスキルアップのためのおすすめの勉強その②~チャイルドケアの資格~

チャイルドケアというのを聞いたことがありますか?

もともと、海外の幼稚園や保育園では広く取り入れられていたものですが、最近では日本でもそれを取り入れる施設が増えてきています。

チャイルドケアとは、ハーブやアロマを使ってホームケアを提供できる資格です。

この資格を取ると、赤ちゃんや小学校低学年までの子どもたちに対しして、フットケアやアロマテラピー、ベビーマッサージができたり、さらには育児でストレスを抱えているママさんたちのメンタルや体のケアができるようになります。

それで、ベビーシッターを目指している方には特におすすめの資格といえます。さらに、このチャイルドケアの資格を持っていると、産婦人科などで妊婦さんたちや乳幼児のケアを行うこともできるようになって、仕事の幅が広がります。

赤ちゃんや小さな子どもを持つママさんたち向けのセミナーを開いて、講師として講義を行うこともできるのです。

今まさに、自然療法というものが人気となってきていますので、この資格は保育施設でもさらに個人的な事業を展開することを考えている人にとっても、おすすめの資格となります。

さらなるスキルアップのためのおすすめの勉強その③~チャイルドコーチングの資格~

チャイルドコーチングというのは、子どもたちが自分で考えて、学び、自分で行動することができるように成長を促すための資格です。つまり、子どもがもともと持っている潜在能力を引き出す技術を持つ、ということになります。

今の社会は子どもたちも大きなストレスを抱えています。それで、子どもたちの中にはそのストレスを心に溜めたまま成長し、大人になっても社会になかなか適用できないという子どもが増えています。

学校生活での不安、人間関係でのストレス、さらには家庭内での問題など、いろいろな悩みを持つ子どもたちが多くなっています。それで心の病気を抱えてしまうのです。

そのような子どもたちが抱える問題や悩みやストレスを解決するためのサポートができるようになるための資格ともいえるのが、チャイルドコーチングなのです。

子どもたちをよく観察し、よく聞き、自分で考えて答えを出せるように導き、子どもたちの意見を承認し、ときには心を癒してストレスとなっていることを取り除く、という仕事もあります。

それで、この資格を取ると幼稚園や保育所や福祉施設などのカウンセラーとして働くことができるようになります。他にも学習塾やその他のスクールなどでもカウンセリングを行うこともあるようです。

そして、セミナーの講師としても活躍している人たちも多くいます。

子どもたちが抱えるストレスや問題に気づいて、解消できるようにサポートしてあげる仕事というのは、まさに現代に必要ですよね。

さらなるスキルアップのためのおすすめの勉強その④~チャイルドマインダーの資格~

チャイルドマインダーというのは、子どもたちそれぞれの個性に合った保育をするための資格です。

なんとイギリスでは70%以上の家庭でこのチャイルドマインダーの資格を持つ人の保育が取り入れられています。

この資格によって、0歳~12歳の子どもに対して、スペシャルな家庭的保育を行うことができます。一般に保育園では子どもたちを集団で保育しますが、チャイルドマインダーは依頼者の家で数人の子どもたちを保育します。

基本的にチャイルドマインダー一人に対して、子どもたちは3人までしか対応できません。しかし、そのように子どもたち一人ひとりに合った保育をすることによって、それぞれが大切にされているという実感をもつことができます。

そして、それぞれの親たちの教育方針に合わせた教育をすることができるのです。この資格を持つことによって、保育園や託児所での仕事はもちろん、自分の家を保育室として子どもたちを預かったり、家庭保育をすることができます。

保育士としてのキャリアを活かして独立して仕事がしたい、と考えている人に向いている資格でしょう。

日本では待機児童が溢れている、ということで、これからチャイルドマインダーの資格を持つ人たちが活躍できる場というのは増えていくと思われます。

まとめ

転職を考えていて、保育士としてこれから働きたい、と思っている人が、保育士としての資格を取るためには、どうすればいいのかということをご紹介しました。

そして、今まさに保育士としての資格を活かして活躍されてきた方が、さらなる自分のスキルアップ、レベルアップのためのおすすめの勉強についてもご紹介しました。

まずは、自分が何を目標としているのか、どんな仕事を望んでいるのか、どんな働き方がしたいのか、ということを明確にして、これからの自分のために今何ができるのか、自分に合った転職をするためにどんな勉強をするといいのか、ということを考えていきたいですね!

保育士の転職サイトはどれがいいの?選び方と注意点!!

転職がうまくいくだろうか、と誰もが不安になるとは思いますが、最近ではインターネットの転職サイトも保育士に特化したものが多く存在します。今回は保育士の転職サイトについて、その選び方や注意点についてまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%AE%EF%BC%9F%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%A8%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9%EF%BC%81%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事