保育士の転職に適したタイミングっていつ?おすすめの時期とポイント4つ!

保育士の転職に適したタイミングっていつ?おすすめの時期とポイント4つ!

せっかく転職をするならば、たくさんの求人がある時の方がいいですよね?たくさんの求人があれば、より自分の希望にあった 職場を探すことができる可能性も高まります。それは保育士にもあるのでしょうか?今回は保育士の転職時期やそのタイミング、退職する方法論についてまとめてみました!

転職のタイミングって?

転職に適したタイミング!

保育士の仕事は、子供たちの成長に関わることができて、さらにやりがいや楽しさも感じられる仕事でもあります。

しかし、人間関係や福利厚生の面でトラブルを抱えたり、今の職場に満足できない、といういうとで、「職場を変えたいな・・・」と思っている人も少なくないでしょう。

しかし、転職をしたいと考えたとしても、勝手に転職ができるわけではありませんね。今の職場にも迷惑がかからないようにしたいし、揉めたくもありませんよね。

そして何よりも、自分に合っている職場に転職したいと思うことでしょう。では転職をするとしたならば、いつ頃行動すると良いのでしょうか。

今回は、保育士さんたちが転職するさいい、覚えておきたい4つのポイントをご紹介していきたいと思います。その4つとは、転職に適した時期、退職の意思を伝える時期、退職の意思を伝えるときの注意点、転職活動を始める時期です。

では、早速一緒に調べていきましょう♪

転職に適した時期ってあるの??

現在、皆さんは今の職場での保育士としての仕事を楽しめていますか?多くの保育士さんたちは、子供たちをサポートする仕事をとても楽しんでいるようです。そしてやりがいも感じている人は多いと思います。

しかしその一方で、保育士というのは離職率も転職率も非常に高くなっています。それにはいろいろな理由があることでしょう。

例えば、仕事自体は楽しめているとしても、職場の人間関係で悩んでいる人は少なくありません。さらに、残業が多かったり、福利厚生が整っていないなど、働き方についても不満やストレスが多いことも関係しているかもしれません。

それで、より自分に合った職場を探したいと思っている人もいるでしょう。でも、今の職場である程度の責任を持っていたり、子供たちを預かっているということから、いつ転職を考えればいいのか、もしくは転職願いを出せばいいのか、ということを悩むこともあるでしょう。

中途半端な時に、転職をしてしまうと今の職場の人にも迷惑をかけてしまうし、子供達も保護者にも迷惑がかかってしまうでしょう。

それに、せっかく転職をするならば、たくさんの求人がある時の方がいいですよね?たくさんの求人があれば、より自分の希望にあった 職場を探すことができるでしょう。

では一般的に言って、保育士としてのベストな転職の時期というのはいつなのでしょうか?それは、3月までは現在の職場で働き、4月から新しい職場に行くというものです。

なぜならば、保育園というのは年度切り替えになっています。それで、きりが良いのが3月までということになるのです。それ以外の時に急にやめてしまうならば、人手不足になってしまったり、子供たちや保護者にとって担任が変わると言うストレスを与えることになってしまいます。

それに、 4月からはどの保育園でも新しい保育士さんが採用されることが多いです。そして新しいクラス配置になっているので、転職者の保育士さんも自然と溶け込むのに苦にならない時期といえます。

転職者であっても、在職者であってもみんな新年度では新しいスタートとなりますので、みんな1からのスタートということで一緒に仕事がしやすいでしょう。クラス担任とも、最初から一緒に仕事ができるのでスムーズに信頼関係を築けそうですしね。

そして、保育園側としても4月からであれば、クラス構成を考えやすいですし、新規で採用された保育士さんと一緒に園について説明ができるので、メリットがあります。そして、入園式・新旧式があるので保護者の方にもこ直接紹介できるということです。

保護者側からしても、新しく来た保育士さんに直接会うことができる機会を持てるので安心ですよね。子どもたちも一番不安に感じているのは4月でしょう。

その年度初めから一緒に過ごすことができるので、親も安心して子供たちを預けることができる、と感じることでしょう。

このように、ある程度のきりの良い時期に転職し、新しい年度が始まる時に新しい職場で働くことができるならば、周りに迷惑をかけることなく、さらには気持ちも新たにすっきりした状態で、新しい職場でもスタートを切ることができるでしょう。

退職については、いつ伝えればいいの??

では、転職を決意したとしましょう。

そして先ほども述べたように、一番きりがよく時期的にベストなのは3月まで今までの職場に勤め、4月から新しい職場に転職することです。

そこでまずしなければいけないのは、今の職場に退職の意思を伝えることでしょう。では、いつごろ退職について伝えらばいいのでしょうか?

一般的な企業などでは、退職の意思については1ヶ月前には表面することが進められています。その企業の就業規則にもよりますが、大体は1ヶ月前から3ヶ月前に直接上司にアポを取って、退職の意を伝えます。なぜ前もって伝えなければならないかというと、業務の引継ぎや新しい人事への影響というものがあるからです。

保育園について言えば、多くの保育園では年末にクラス編成や担任編成が行われています。そして2月にはもう、来年度のクラス編成や担任編成が決定している場合があります。この時に退職の意を示していないならば、編成を行った後に伝えることになってしまい、多大な迷惑をかけることになります。

それで、年度末の3月に退職することを決めているのであれば、その3ヶ月から半年前までには、退職の意を伝える必要があるでしょう。遅くても年末までには伝えましょう。

一番おすすめなのは、10月や11月頃にすでに話しておくことです。そのように十分に前もって、余裕を持って上司や園長に話しておくならばスムーズに退職することができそうです。

そして、あなたが退職することがわかっているならば、変わりの保育士さんを確保することや、引き継ぎも余裕をもって行うことができるので、周りの人達も余裕を持った対応ができることでしょう。一番やってはいけないのは、 急に「〇月〇日で辞めます!」と、勝手に宣言をすることです。

いくら今の職場が辛いとしても、自分の社会人としての責任を果たさなければ、後々の自分が困ってしまうことがあります。

なぜならば、保育園という世界は狭いです。それで、突然に退職を勝手に決めてしまい、一方的に日付を決めてやめてしまうならば、あなたは「 勝手な先生」という評判になってしまい、その悪い噂があなたの転職活動にマイナスになってしまうことがあるのです。

それで、やむを得ない事情がない限りは、十分に前もって3ヶ月から半年前には、上司に伝えるようにしておきましょう。

退職の意思を伝えるときの注意点

「転職したい」 ということは、何も悪いことではありません。

しかし、その伝え方やタイミングを間違うと、周りの人に嫌な気持ちを与えたり、それによってトラブルがおきてしまい、予定のストレスを抱えることになってしまいます。

それで、どのように退職の意思を伝えることができるのか、その注意点をいくつか覚えておく必要があるでしょう。新しい職場で気持ちよくスタートを切るためにも、今の職場でも最後まで気持ちよく過ごせるように配慮する方が良いと思います。

まず基本的に、退職したいということを伝える時には、まず直属の上司に伝えることができます。それ以外の人に先に話してしまうと、直属の上司の気分を害してしまうことになり、そのことが原因で人間関係のトラブルになることさえあります。

その直属の上司が、自分にとっての退職の原因であるとしても、順番を間違えないようにすることは余計なストレスを増やさないためにもいいことでしょう。

保育園であれば主任もしくは副主任が直属の上司となると思います。それで主任に伝えたとして、主任から園長にも伝えると言われたとしても、任せきりにはしない方が良さそうです。園長にも自分からすぐに伝えるようにすることによって、「聞いていない」とトラブルになることを避けることができます。

退職の話を切り出すさいには、「〇月〇日でやめます!」と一方的に話すことはやめましょう。そうではなくて、まずは上司に「ちょっとご相談したいことがあるのですが・・・」と時間をとってもらいしましょう。話す姿勢としては、”相談”と言う姿勢が好ましいと言えます。

そうすれば、こちらの「できるだけ周りに迷惑をかけないで退職したい」という気持ちを表すことができます。

できるならば、時間的にも気持ち的にも上司の余裕がある時に話すのが最善です。例えば、例えば子どもたちがこれから登園するような忙しい時に、話すならばいい反応あまりは期待できないし、ゆっくりと丁寧に自分の意思を伝えることも難しくなるでしょう。

さらに、年末に話そうと決めているとして、12月にはクリスマス会などもあって、みんな気持ちもバタバタしている時期でもあります。それで、そのような大きな行事が終わって、一息ついてみんながホッとした心に余裕のある時に話す方がよいといえます。

それで、なるべく子供いて忙しい時間帯や、大きな行事の準備でバタバタしている時期を避けて、時間と気持ちに余裕がある時を見計らって話すようにしましょう。

さらに、やめたい原因についてですが、それがたとえ会社や上司への不満が原因だったとしても、それをそのまま伝えることもやめた方が良いでしょう。なぜならば、そのような不平不満が原因だということがわかった場合、「その点を改善するからやめないでほしい」と頼まれることもあります。

改善されればそこに留まってもいいと思えるのであればいいのですが、本当に退職をする決意が固いのならば、引き止められる要因を作らない方が良いと言えます。

例えば、給料を上げることを提案されたり、 職場環境を改善することを提案されることもあります。そこで転職の意思が弱いと、「どうしよう・・・」と悩むことになりますので、自分はどうして転職したいのか、その理由や決意をしっかりと固めてはっきりとさせてから伝える方が良いでしょう。

それに、不平不満についてダイレクトに伝えた場合、そのことが上司の機嫌を損ねてしまって、円満退職ができなくなるということも容易に想像できることでしょう。職場や同僚の悪いところばかりを指摘するならば、そこでこれからも働く人たちに対しても印象を悪くてしまいます。

それで、まずは「お世話になりました」 という気持ちを素直に丁寧に伝えて、上司や会社への敬う気持ちを表しましょう。

その上で、退職理由としては個人的な都合を伝えることができます。「○○についてのスキルアップをしたい」などの、積極的な退職理由を伝えましょう。本当のところは、後ろ向きな理由での退職理由があるとしても、積極的な気持ちで転職するんだということを伝える方が印象が良いでしょう。

今までお世話になったこと、今の職場で学べたことなども感謝を伝えつつ、これからの自分のために転職をしたいということを伝えて、上司や周りの同僚への配慮を示しましょう。そうするならば、可能な限り穏便に退職することができると思います。

円満退社ってできるの?保育士がトラブルなく円満に退職する方法!

退職する際にへんなトラブルを起こさずに、円満に事を進めるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、円満退社する理由と、そのために必要なこと、覚えておきたいポイントなどをまとめていきたいと思います!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E5%86%86%E6%BA%80%E9%80%80%E7%A4%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%AE%EF%BC%9F%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%8C%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%81%AA%E3%81%8F%E5%86%86%E6%BA%80%E3%81%AB%E9%80%80%E8%81%B7%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95%EF%BC%81

転職活動はいつからすればいいの??

転職するという決意をしたならば、退職の意思を今の職場に伝えると同時に、転職先を探さなければなりません。ではいつごろから転職活動を始めればいいのでしょうか?

一般の企業では、求人情報が増えるのは3月と4月、そして9月と10月と言われています。しかし、 保育園においては少し違うようです。

保育士の求人が増える時期というのは、10月と11月、そして2月と3月です。まず秋の10月と11月ですが、これは前もって退職の意思を伝えた保育士さんたちの穴埋めのために保育園側が求人を出すからです。

先ほども、いつ頃退職の意思を伝えばよいか、ということで、10月11月には伝えることがおすすめされていました。それで、それと同時に保育園側は4月から新しい保育士さんを採用しようと考えます。この時点で大体の退職者の人数が把握できている園では、10月11月の秋頃から求人情報を出すのです。

この秋頃の求人情報に応募する保育士の中には、転職を考えている保育士だけでなく、新卒の保育士もたくさんいます。それで新卒の保育士に負けないようにするためには、自分の今までの経験やスキルをアピールする必要があるでしょう。

次に、2月と3月頃の年度末にも求人情報が増えていきます。この時点では、秋の求人で保育士が十分に集まらなかった保育園や、さらには採用者が途中で辞退した場合、また来年度の子どもの人数が増えたという園での求人が多くなります。

2月の時点で、本来ならば来年度のクラス編成や担任編成がきまっているところも多いのですが、色々な事情によって保育士の数が足りないこともあります。さらには新しく入園する子供の中に、特別なお手伝いが必要な子供がいることが分かることもあります。それでさらなる求人を出すのです。

ということで、転職を考えている人は、まずは10月、11月ごろに増える求人に合わせて転職活動をすることがおすすめです。そのころ、または12月の末までには、退職について今の職場に話しておく必要があります。

例え、上司に転職について話すその時点で転職先が決まっていないとしても、焦らないでください!2月、3月にも求人が増えることも意識しておきましょう。

転職活動をスムーズに行うために、保育士の資格を持つ人たちが働ける職場を専門に紹介している転職サイトなどを利用することもおすすめです。そのようなサイトでは、自分の希望する条件で検索をかけて求人を探したり、スタッフさんに相談することもできたりします。

せっかく転職を決意して、新しいスタートをきるのですから、自分にとって合う職場を見つけたいですよね。転職できそうな職場を見つける際には、最初から一つに絞るのではなく、いくつかの候補を上げて応募するとよいでしょう。

いくつかの職場に応募して、書類審査が通った場合、面接と試験を受けに行きます。その後、内定がもらえたら、入職日を話し合いましょう。今の職場の退社日を確認した後に、内定先で実際に働き始めることのできる日を相談します。

ここで忘れガチなことを一つ。それは、今の職場でフルタイムで働いている人には、有給休暇というものがあります。この有給休暇を消化していないならば、しっかりと消化できるような日程の計画を立ててください。

今の職場で働いた後に、すぐに次の職場で働き始めることにすると、有給消化できる日がなくなってしまうこともありますから、この有給を消化してから新しい職場で働けるような計画がよいでしょう。

有給を活用して、体も心も落ち着かせて、リフレッシュさせたところで、新しい職場で頑張るのもいいですよね。

新卒・中途って違うの?保育士の新卒と中途の違いを知ろう!

保育士が新たに就職先を見つけるにあたり、知っておきたい情報のひとつが、新卒採用と中途採用の違いについてです。新卒採用と中途採用では、企業が求める人材や条件も大きく異なってくる場合があります。その活動方法や注意すべき点などをまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E6%96%B0%E5%8D%92%E3%83%BB%E4%B8%AD%E9%80%94%E3%81%A3%E3%81%A6%E9%81%95%E3%81%86%E3%81%AE%EF%BC%9F%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E6%96%B0%E5%8D%92%E3%81%A8%E4%B8%AD%E9%80%94%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

まとめ

保育士が転職するならいつ頃がベストなのか、ということを調べてきました。新しい年度が始まる4月から、新しい職場に移るのがベストということでしたね!

そのために、3か月から半年まえには退職の意思を伝え、そして10月11月、さらには2月3月の求人が増える時期を目指して転職活動を行っていきましょう!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事