保育士の転職を成功させるために大事なことのすべて!

保育士の転職を成功させるために大事なことのすべて!

誰でも一度は「こんな仕事やめてやるっ!」って思った事があると思います。保育士だって当然あります。今回は転職しようと考えはじめた保育士が成功するための情報をすべてまとめてみました。

保育士の転職を成功させるために大事なこと

保育士が転職成功するには

誰でも一度は「こんな仕事やめてやるっ!」って思った事があると思います。

でも、そうした考えが強くなっていって転職について真剣に考えるようになると、話はまた違ってくるかもしれません。

特に、保育士としてせっかく資格を取得してやっとのことで就職したのにもかかわらず転職となると、少しがっかりしたり不安や心配も増えるかもしれません。

しかも、それでよく考えて勇気をだして転職したのにもかかわらず、それが失敗だったと思ったらそれは本当に残念ですよね。

多くの人はどんな理由で転職を考えるのでしょうか?

・勤務時間が長いにもかかわらず、また仕事内容が多岐にわたるにもかかわらず、給料が低い。

・そもそも仕事にやりがいを感じられなくなった。

・同僚や保護者との人間関係に悩んでいる。

・休みがなかなかとれない。産休育休も取りにくい。

・将来が不安。

・この職場でのスキルアップが見込めない。

・休日出勤、サービス残業、家に持ち帰っての仕事が多い。

など…残念ながら沢山の理由があります。あなたも同じでしょうか?

子供たちのことは好きなのに、また仕事内容は好きなのに、その他の理由で泣く泣く辞めなくてはいけなくなってしまうなら、それは本当に悲しい事ですね。

だからこそ、転職して次の保育園で新しい仕事を楽しめるようにしたいものです。または、自分の生活の変化により辞めざるを得ない人もいます。

結婚、出産、育児などの為に一時的に保育士から遠ざかる人もいるでしょう。

それでも、自分の生活が落ち着いたらもう一度保育士として仕事に戻りたいと思って、転職という道を選ぶ人も多いようです。

こうしてみると、保育士という仕事自体、好きな人が多いですね。子供と直接関わって、子供の成長を近くでみれる保育士という仕事は本当に素敵な仕事ですね。

ですから、保育士としてどうしたら転職を成功させることができるのか考えていきたいと思います。では、転職しようかと思ったときに、まずはどんな不安や心配に直面するでしょうか?

一般的な悩みから考えてゆきたいと思います。

保育士を転職する時に、心配や不安に思う事

今の保育園に就く前に就職活動していた時も、様々な不安や悩みがあったと思います。

転職活動する上でも同じことが言えます。どんな事が不安に思うのでしょうか?

まず第一に考える事として、「本当に次に自分にあった保育園に就職できるのか?」ということだと思います。

今の保育園に就職する前にも沢山悩んでやっとのことで就職したのに、また転職活動をしなくてはいかなくなってしまったのですから、そう考えるのも無理はないと思います。

また、転職活動をしていくこと自体ストレスが溜まりますし、孤独な戦いのようにも思えますから、そう考えてしまうかもしれないですね。

「どうやって保育園を見つけることができるんだろうか?」とも思うかもしれません。

就職活動の時にはもしかしたら、何かしらのサポートがあったのかもしれません。その為、自分で動かなくても、様々な情報を得ることができていたでしょう。

でも、今回は、そうしたサポートをどこから受けることができるのでしょうか?どうやって情報収集したらいいのでしょうか?

情報収集を上手に行なうことで、自分の希望にマッチしたよい保育園を見つけ出したいですね。「転職のタイミングはどうしたらいいのか?」という悩みもあると思います。

タイミングというのは本当に大切です。タイミングを間違えると、後々後悔することにもなりかねません。ですから、今転職したほうがいいのか、もう少し待つべきなのか、と悩みますね。

せっかく転職するなら自分にとって一番いいタイミングで転職したいですもんね。

「何回も転職してもいいのか?」という疑問もあります。今まで何回も転職していた場合、あまりにも転職を繰り返しているということは、会社にとってはマイナス面になることも多く、雇われにくいという事実もあるようです。

ですから、今の職場が嫌だけど、でもこれ以上転職しても…と考えて悩むかもしれませんね。「今の職場で働きながら転職活動する時間や体力は自分にあるのか?」という不安もあるでしょう。 転職すると決めて、すぐにやめるということはできません。

どうしても、今の職場で働きながら並行して転職活動もする必要があるでしょうから、そうなると時間や体力に不安を覚えるのは誰でもありうることだと思います。 貴重な限りある時間ですから、賢く転職活動をしていきたいですね。

「採用されるための履歴書の書き方が分からない」「どのように面接に望めばいいのか分からない」という切実な悩みもありますね。

今は、個人の個性が出ているほうが望ましいと言われている時代ですから、みんな同じような履歴書の書き方では面接までこぎつけて行くのは難しいかもしれません。

ですから、どのように個性を出しつつ保育園側が欲しいと思ってくれるような履歴書を書けるだろうか、面接ではどのように自分を売り込んで行くことができるだろうかと心配に思うことでしょう。

今回は、こうした疑問や不安を一つずつ解決していって保育士として成功するための、転職に大切な点を考えていきましょう!

自分にあったよい転職先に就職するために必要なこと

まず、最初の悩み不安にもあったように「本当に次に自分にあった保育園に就職できるのか」ということでしたね。

自分に本当にあった保育園に就職するために必要なことを知って、その悩みを解決していきましょう。自分にあった就職先を見つけるには、まずは自分がどんな保育園に就職したいか考えることが大切です。

例えば、もっと子供達に直接関わっていきたい。自分のプライベートな時間が取りやすい職場がいい。人間関係が楽な環境がいい。給料も今より上がるところで働きたい。 などいろいろあるかと思います。

こうした点をまず考えて、できる限り自分の理想の保育園に転職できるようにしたいですね。

その為にもサポートは欠かせません。どこからサポートを受けることができるでしょうか?

次にそのことを考えていきましょう。

どのように転職先を見つけれるか。

転職先を見つけるのに自分一人では難しいですね。

サポートが受けられるならば、良い就職先が見つけられるのではないでしょうか。自力で探す方は中にはいますが、時間がかかりすぎて求人を探して見るのにも一苦労するかもしれません。

それに、どうしても求人情報が偏ってしまい、条件のあった良い情報に気付きにくくなってしまうので、自力で探すデメリットは大きいと言えます。

では、どんな方法で求人情報を得ることができるのでしょうか?大きく分けて3つの方法があります。

1つにはハローワークを利用すること。

もう1つは転職エージェントを利用することです。

最後に、就職イベントに参加してみるというものです。

1つずつメリットとデメリットを見て、自分にどれがあっているか考えてみてください。

ハローワークを利用してみる

サポートのひとつとしてハローワークを利用してみるという方法もあります。ハローワークは、国の管理の下、求職手続きや求人情報の提供などを提供してくれる行政サービスのことです。

ハローワークを利用するメリット。

全国どこにいてもハローワークがあることです。地方にいようが都市部にいようがどこでも同じサービスが受けれます。

地方にいてなかなか求人情報がない状況にあったとしても求人情報を同じように見れるのはいいですね。

応募資格が緩い。

応募資格が比較的他と比べて緩いので、誰でも応募できます。

過去に何かあったり、何回も転職していたとしても応募資格があります。

地方に強い。

先ほどの全国にあるというメリットと似ていますが、地方のほうが求人情報が沢山あるようです。

地方に行けば行くほどハローワークに対しての信頼度は高いようですので、求人する側も求職する側も利用する為でしょう。

パソコンやスマートフォンが使えなくても大丈夫。

パソコンを持っていない、スマートフォンを所有していなかったとしても、ハローワークの職員の方が探してくれるので、高齢の方やまた機械に強くない方でも安心です。

ハローワークの職員の人が直接相談に乗ってくれる。

こんな感じの仕事がしたい、こんな保育園で働きたいなど条件を出せばいくつか保育園をピックアップしてくれます。

ですから、短時間で求人情報を取得することができます。

ハローワークを利用するデメリット。

ハロワークにはない求人もある。

都市部だと今はハローワークを利用する人が減っている為に、あえて求人情報をハローワークに出さない会社も増えてきています。

そのため他の方法で探したほうが求人情報をより多く見つけられるという場合もあるようです。

ハローワークの職員の人は保育士の専門ではない。

保育士の転職について相談したくても職員の人たちは、転職についての知識はあっても、保育士の転職については詳しくはありません。ですから、詳しくその保育園がどんなところなのか、自分の保育方針と合っているのかなどの詳しい情報は分からない場合が多いです。

気軽に相談できない。

自宅から近場にあるのならいいかもしれませんが、遠い場所にある場合は行くだけでも大変になります。

ハローワークに行くだけでも、交通費を使わなければいけないという場合もあるでしょう。また、ハローワークで相談できる時間が決まっているので、相談しにいきたければその時間までに行かなければなりません。

電話やメールなどではなく、直接行かなけれないけないので少し不便に感じるかもしれません。

待ち時間が多い。

多くの人が利用するハローワークですから、待ち時間が長いのは仕方がないかもしれません。中には1日がかりという人もいます。中には注意しないとブラック企業があるかも。

どの方法で就職活動や転職活動を行なっても言えることですが、注意しないとブラック企業に就職してしまうことになります。

特に、ハローワークではさっきのメリットで取り上げましたが、求人情報を依頼する側も比較的緩い審査なのでブラック企業も求人情報を出しやすいようです。

では、もう1つの方法も見てみましょう。

転職エージェントを利用してみる。

就職エージェントにお願いするのに少し抵抗を感じる方もおられると思います。

しかし上手に転職エージェントを利用するならば無理なく転職することが可能になります。

利用する上でのメリットとデメリットを見ていきましょう。

転職エージェントを利用する場合のメリット。

非公開の求人に応募することができる。会社の中には、求人情報を外に漏らしたくない場合、非公開求人となる時があります。

そうした場合、求人情報が転職エージェントのみに公開されますので、転職エージェントを利用するならば得られる求人情報が広がっていくと思います。

また、そうした非公開の求人というのは応募する人も限られているので採用されやすいというメリットもあります。転職エージェントに登録するとコンサルタントが担当してくれる。

多くのエージェントでは、転職希望者1人に対して1人のコンサルタントが担当してくれます。ですから、転職先の希望や働き方などの相談をいつでも詳細に行なう事ができます。

もし、自分の考えがまとまっていなくても大丈夫です。そういった点も含めて相談に乗ってもらえます。またそうした相談を通して、豊富にある求人の中から一番自分に合った仕事を探し出してくれます。

コンサルタントはその点で探すプロですから、膨大な求人情報だったとしても自分にピッタリと合う仕事をいくつか探し出してくれるでしょう。

人と話すのが苦手、自己主張が苦手という方でも転職エージェントが面接の日程を調整してくれたり、面接の仕方などをアドバイスしてくれるので自分で転職活動をするよりも円滑に転職に関係した作業が進んでいきます。

転職エージェントでは多くの人を就職に導いた実績がありますので、面接の仕方など熟知していることでしょう。また、模擬面接も受けさせてくれるので、どこを改善できるのか教えてくれます。

面接の日程、採用条件などの交渉をもしてくれますので交渉が苦手であったり嫌いだったとしても安心ですね。転職エージェントに利用するのに、わざわざどこかまで行かなくても大丈夫。 とりあえず相談だけでもという人も、メールや電話で問い合わせることが出来ます。

その後、一度は顔を合わせてコンサルタントと話す必要があるかもしれませんが、その後の求人情報の収集はコンサルタントから届くメールや自分でインターネットで調べる事が出来ます。忙しくてなかなか時間を作れないという方にお勧めです。雇用後も転職エージェントに相談することができる。

採用されたからそこで終わりとはなりません。採用後も求人情報と条件は同じか、雇用状態はどうかという点を引き続き相談に乗ってくれて見てくれます。

また、採用後に心配なことがあったとしても相談できます。

しかも、ほとんどの転職エージェントは全て無料で受けることができますので、とりあえず転職エージェントに相談だけでもしてみてもいいと思います。転職エージェントを利用することはこんなにもメリットがあります。

しかし、少しのデメリットもあるようです。

どのようなものでしょうか?

転職エージェントを利用するデメリット

求人情報というのは転職エージェントにはたくさん載せられています。しかし、中には希望する会社がそのエージェントに求人情報を出していないという事もあり得ます。

また、転職エージェントによっては保育士の転職に関しては専門ではないために情報量などの点で他のエージェントよりも弱いというところもありますので、よく確認してから転職エージェントに登録する事をお勧めします。

また、転職エージェントに登録して自分にコンサルタントがついたとしても、そのコンサルタントと気が合わないという場合もあります。また、都市部でしかサービスを受けられなかったりする場合もあるので、地方に住んでいる人にとっては少々不利かもしれません。

しかし、地方は地方だけの転職エージェントもありますので、探して見るといいでしょう。

では3つ目の転職イベントというのはどういうものなのでしょうか?

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

就職イベントを利用する。

就職イベントとはイベントホールなどの広い会場で行われる就職フェアのことです。

どんな保育園に就職したいとか、自分の希望が決まっていない人にオススメの転職活動です。

区切られたブースの中で様々な会社の話を聞くことが出来ます。

どの保育園がどのような保育方針で、どのような保育士を募集しているのかという情報を聞けます。

参加するメリットとしては、ネットには載っていないような生の声を聞くことができることです。気になる園があれば、そのブースに行って担当者に色々と直接聞くことが出来ます。 心配なことや質問があれば、その場で聞くことができるのはいいですね。

様々な職場の雰囲気やカラーもある程度見て知ることができるのもメリットだと思います。また、気に入ればすぐにその場で面接の予約をできたり、本当に稀ですがその場で面接してくれる場合もあります。 関心のなかった保育園にも顔を出すチャンスがあるので、転職活動の幅が増すでしょう。

あまり興味のない保育園だったけど、話を聞いてみたら意外に自分の考える保育と環境が似ていたり、保育園のカラーが好きになったという事もあると思います。

デメリットとしては、保育士だけの就職イベントというのはあまりないので、様々な職種が集まったイベントになるので、人が多いですし、目当ての保育園のブースまでたどり着くのに時間がかかるという点が挙げられるでしょう。

また、自分から行って質問したりしなくてはいけないので、積極的に活動する事が苦手な人にとっては難しく感じるかもしれません。

でも、こうした就職イベントを積極的に利用する事で、得られるものは大きいと思います。 行ってよかったと思える事でしょう。

自分1人で転職活動をするには孤独との戦いの様に思えますが、このようにハローワークを利用したり、転職エージェントにお願いしたり、 転職イベントに参加したりすることは保育士の転職を成功させるのに大切なことと言えますね。

では、次に転職のタイミングについて大切なことを考えていきたいと思います。

転職するのに良いタイミングはいつか

どの職種にしろ転職するタイミングというのは大切ですね。

あまり考えずに転職してしまうと、あとあとこの転職は失敗だったと悲しい結果になってしまうこともあるでしょう。

転職のタイミングを図る点で大切な点としては、今の会社でどの位勤務してきたのかをまず考えましょう。

転職を考えるのに就職して2年は経過しているほうが転職活動には有利です。

なぜ2年なのでしょうか?

2年経てばある程度のスキルを身に着けていると判断されやすいからです。逆に2年以内で辞めてしまうと、スキルを身に着けていないし、採用してもすぐに辞めてしまうのではないかと考えられ、採用されにくくなります。

ですから、転職を考えるのは最低でも2年後にしたほうがよいでしょう。一年のうちにいつが転職しやすいのでしょうか?

保育士の求人というのは1月から3月頃に多く募集されます。4月から新年度が始まりのでその頃までには新しい保育士を加えたいと保育園側が考えるからでしょう。

その頃に合わせて転職するならば、普段よりも多くの求人情報に出会えて選択の幅が広がるかもしれませんね。また、お世話になった今働いている職場のことも考えてください。

忙しい時期や何かの行事の前などを避けるなら親切かもしれません。自分に任されている仕事があるならばそれを終わらせてから転職を考えるべきでしょう。

保育園側が、自分の代わりとなる保育士を探したり引き継ぎをしたりする為にも最低でも1ヶ月前には転職を考えていることを切り出す必要があります。

転職回数が多い場合

転職を今ままでしたことのない人でしたら、心配はいりません。

でも、転職が1回や2回、またそれ以上の場合は転職するのに不安を感じるかもしれません。確かに、転職があまりにも多いと不利になってしまう可能性もあります。

では、どうしたらいいのでしょうか?転職したことがプラスになっていることを伝える。

転職したことで自分に良い経験になったこと、またスキルアップにつながったことを話すことで転職が続いているというマイナス面を払拭させることが出来ます。そして、そうしたスキルを用いて貢献したい旨も伝えることができるでしょう。

こうするならば、多少転職の回数が多い場合であってもあまり問題にはならないでしょう。

では、次に「今の職場で働きながら転職活動する時間や体力は自分にあるのか?」という不安を取り上げます。

今の職場で働きながら転職活動をする時間や体力は自分にあるか。

転職を考えてすぐにそれを行動に移し、仕事を辞める人はそんなにいないと思います。

今の職場で働きながら、よく考えて転職活動の準備をすることでしょう。ですから、転職の準備と今の仕事を同時進行で行わなければなりません。

そのため当然自分には両方の活動を行なう体力と時間はあるのかと考えるかもしれないですね。では、どのように対処することができるのでしょうか?

どのくらい転職活動に時間が取れるのか、また自分にどれほどの体力があるのかは人それぞれ違います。ですから、自分の体力や使える時間を分析してください。

休みの日にこれくらいなら時間を使うことができる。まず、仕事が終わってからどの程度転職の準備ができるかと予定を立てます。

最初の方は分かりにくいでしょうから、アバウトでも大丈夫です。あとで徐々に調整していきましょう。

どのようなことをどのくらい行うかを決めたら、次に任せられるものを書き出します。例えば、自分1人で転職情報を集めるのではなく、転職エージェントを利用することにするなど任せることができる分野は積極的に任せてください。

そうすると時間を節約できるばかりか、体力や感情的にも余裕が生まれ、落ち着いて転職について考えて進めていく事ができるでしょう。では、次に「採用されるための履歴書の書き方が分からない。面接でどうしたらいいのか分からない。」といった悩みも解決していきましょう。

採用されるための履歴書の書き方が分からない。面接の不安。

一生懸命準備してる書いた履歴書、せっかくなら上手に書いて採用へと繋げたいですよね。

ですから、この悩みは切実です。どうしたら採用される履歴書を書くことができるのでしょうか?

必ず決まる!!というような必勝方法は残念ながらありません。しかし、採用されやすい、目に留まりやすい履歴書というものはあります。

どのようなものでしょうか?

字が綺麗、写真などの規定がきちんと合っている、漢字がきちんと書けている…などの見た目も大変重要です。緊張していますから、漢字や書き方などを間違えてしまうこともあるかもしれませんが、そういった場合は誤魔化すのではなく、最初から書き直すほうがいいでしょう。

細かいところも面接官の方は見ていますので、大切なことです。

また、志望動機なども詳しく書いてください。

曖昧なものはダメです。

また、心にもないことを書いてもすぐにバレてしまいますので、誠実に本当の気持ちを書いてください。志望動機は、たくさんある保育園の中でも自分がなぜこの保育園で働きたいのかというのを伝える大切 な部分です。

ですから、たとえいくつかの保育園を受けるとしても、文章を1つ1つ違うものにするべきでしょう。

また、応募したい保育園の教育方針がどのようなものか、どんな保育士を求めているかなど汲み取るとより良い履歴書を仕上げることができるでしょう。また、自分がその保育園に雇われればどのように貢献できるのかを詳しく書くことで、自分をアピールすることも出来ます。

謙遜さや謙虚さも大切ですが、大切なのは自分がどのようなスキルを持っていて、どのようにそれを役立てたいかということを伝えて、最大限自分をアピールすることです。

こうした履歴書は自分1人で考えてみると難しく感じるかもしれません。

今まで転職経験があり転職に成功した先輩や友人にどのように書いたか聞くといいでしょう。また、転職エージェントを利用するならば履歴書の書き方のアドバイスもしてくれますので利用してみるのもいいかもしれません。

履歴書に目が留まって初めて面接です!

では、面接ではどのよう対応したらいいのでしょうか?

面接は緊張します。

ですから、採用されやすいポイントをしっかり頭に入れておきましょう!

まず大切になってくるのは「コミュニケーション力」です。面接官は、笑顔で対応できているか、受け答えははっきりしているかなどのコミュニケーション能力を観察しています。

保育士として、子供達とどのようにコミュニケーションを図る事ができそうかといったところを見られているようですから、面接ではしっかりハキハキとした話し方を心がけたいですね。

また、コミュニケーションというのはただ話す能力だけのことではありません。相手の話をどのように聞くかも重要です。

面接官の話をしっかり聞いているか、聞いている時には相手の目を見ているかなどもポイントとなってくるでしょう。経験が浅かったり、転職回数が多かったとしても、コミュニケーション能力が高かったり笑顔でハキハキと答えているなら人格の良さが伝わり、通る確率も高くなるでしょう。

また、さらに面接官が見るポイントとしては「基本的なビジネスマナーが身についているかどうか」です。基本的なビジネスマナーとは何でしょうか?

きちんと挨拶ができているか、服装に清潔感があるか、質問に対しての受け答えがしっかりできているか、敬語がしっかり使えているか、などの基本的なものです。

そうしたものがきちんとできていなければ、どんなにスキルがある人でも採用への見込みは低いでしょう。他にも、保育園のカラーに合っているかも関係してきます。

履歴書の時にもありましたが、保育園側が望む保育士の条件に自分が合っている必要もあります。そうした点は、面接する前によく調べてください。

自分を無理にその保育園に合わせる必要はありませんが、ある程度どんな教育方針なのかを知っておくならば面接にも有利になるでしょう。

まとめ

転職に関する不安や悩みはたくさんあると思います。

これ以外にもたくさんあるでしょうし、人それぞれ悩みも違うでしょう。

でも、転職の準備をしっかりしておくこと、また転職のためのサポートを利用することが転職活動のカギとなる事が分かりましたね。

こうした転職する上での大切な点を頭に入れて転職を成功させてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事