保育士さんが仕事を辞めたい理由って?本音を探ってみました!

保育士さんが仕事を辞めたい理由って?本音を探ってみました!

社会に必要とされ、求人の常にあるという状態の中で、保育士としての資格を持っているにも関わらず、保育士をやめてしまう方も多いのが現状です。今回は保育士さんが仕事を「辞める」理由について、そのホンネを探ってみたいと思います。

保育士さんが仕事を辞める本音の理由

子ども

共働き世帯が増える一方で、子育て世代の人たちにとってなくてはならない保育施設の不足は深刻な問題となっています。

その「待機児童問題」の根底にあるのは、保育士不足も理由の一つとなっています。

徐々に待機児童は減っているとはいえ、いまだに十分な保育施設数が確保できているわけではなく、保育士は常に必要とされている職業です。

実際、保育士の求人募集が通年おこなわれていることからも、常に人材不足な現場ともいえるでしょう。

保育士は、子供たちの成長を毎日感じられるやりがいのある素晴らしい職業である一方、仕事内容は多岐にわたり、勤務時間も長い職業です。

また一人一人の可能性を伸ばしていくと同時に、一瞬たりとも子供たちの安全管理に気が抜けないという大きな責任も生じる、精神的にも身体的に過酷な仕事でもあります。

多くの保育士さんが努力をして国家資格を取得し、子供を大切に思う気持ちに少しも変わりはありませんが、保育士を辞めるという選択をすることになる方も少なからずいらっしゃいます。

保育士としての資格を持っているにも関わらず、保育業務から離れている潜在保育士さんたちもたくさんいます。

国家資格の保育士さんの離職率が高いのは、一体なぜなのでしょうか?

それは保育士さんが実際に働きだしてから感じた、理想と現実に大きなギャップがあることが原因になることが多いようでした。

ということで、今回は保育士さんを辞める理由について、そのホンネに迫ってみたいと思います

保育士は離職率が高い!?

保育士

保育士という仕事は、子供たちの将来なりたい職業に毎年ランクインしている人気の職業です。

子供の頃からの「保育士さんになりたい!」という夢を叶えた方や、「子供の頃にお世話になった〇〇先生みたいになりたい!」と憧れの保育士さんを目指した方も多いことでしょう。

保育士になるために、何年も学校で保育について学び、施設へ実習に通い、国家資格を取得する、という多くの努力を積み重ねて保育士になったものの、理想としていた保育士さんの姿とのギャップを感じるという理由から保育士を辞めるという選択をする人もいます。

保育士の仕事は、朝は子供達が登園する前から準備は始まり、子供達が降園してからも次の日の準備や保護者へのお便り作り、さらに行事の準備など、夜遅くまでやることはたくさんあります。

特に新卒の保育士さんは、保育現場に出てから慣れない環境で一生懸命長時間に渡る勤務を続けたことで、残念なことに体を壊してしまうこともあるそうです。

保育士は子供たちの成長に密に関われる大変やりがいのある仕事ですが、一方で過酷な勤務によって離職率も高い職業だとも言えます。

では、実際どのくらい離職される方がいるのでしょうか?

平成27年には、常勤の保育士の離職率は全体で10.3%との報告がありました。

そのなかでも私営保育施設の離職率が12%と、公営の7.1%と比較すると離職率が高くなっていました。

単純計算ですが、毎年10人に1人の保育士が辞めているということになりますね。

約32万人の保育士のうち、約3万3千人が離職していることになるので、保育士不足の解消はなかなか難しいといえるでしょう。

加えて離職者の保育士の経験年数ですが、勤務年数が7年以下の保育士が全体の半数近くを占めているとのことですので、せっかく保育士になったものの長く保育士を続けられる人が少ない、というのが現状のようです。

また保育士資格を持ちながらも、現在保育士として働いていない潜在保育士の数の多さにも注目できます。

国家資格を持つ保育士は社会にとって貴重な人材でありながらも、自分のライフプランの変化(結婚や子育てなど)があると、保育士として働き続けることは簡単ではないようです。

保育士さん100人を対象としたあるアンケートによると、「保育士として働いていて『辞めてやる』と感じたことがあるか?」という質問に、なんと約97%も「はい。」と回答していました。

つまりほとんどの保育士が離職を考えたことがあるということです。

現場で働く保育士さんたちがやりがいを感じつつも「辞めよう…。」って思う理由って何なのでしょうか??

いろいろな理由や原因があるとは思いますが、その中でも多い保育士の離職理由について見てみましょう。

おもな離職理由5つ

苦労して国家資格を取得したのにも関わらず、保育士を辞めるという決断をする大きな離職理由にはどんなものがあるでしょうか。

ここから厳しい保育現場の現状が見えてくるとともに、子供が好きなだけでは続けるのがなかなか難しい理由がありそうです。

主な理由はどの職場でも共通しますが、人間関係が保育士の離職理由になるようです。

かわいい子供たちを守るためではありますが、それぞれの立場の大人同士の関わりがうまくいっているか?が保育士を続けるためのカギとなりそうです。

保育士の結婚や妊娠・出産といったプライベートな理由を除いた、保育士が離職を決める大きな5つの理由をご紹介します。

①職員同士の人間トラブルの悩み

人間関係

どんな職場でもそうですが、自分に合った仕事内容にやりがいを感じていても、人間関係がうまくいかないと離職の大きな原因になります。

保育士の職場では、人間関係のトラブルが特に深刻になることが多いようです。

男性の保育士がまだまだ少なく、女性ばかりという保育施設が多いので、女性ならではの人間関係のトラブルが起こりやすい職場といえるからです。

すべての保育施設がそうだという訳ではありませんが、保育士さん同士のトラブルや先輩との上下関係、仕事量の不公平さなどの悩みを抱えて、ストレスから健康を害し、退職せざるを得なくなる場合もあるようです。

また保育士としての経験を重ねるうちに、それぞれの理想の保育観の違いなどが生じてきます。

お互いに子供たちのためを思って理想を持っているのに、それがほかの保育士さんとの軋轢となり、いじめや派閥問題になどに発展してしまうという残念な理由もあるそうです。

②残業が多い

時間を見る女性

保育士の離職率の高い原因に残業が多いというのもあげられます。

保育士は「子供たちと遊んでいて楽しそう!」なんてイメージを持っている人もいるかもしれませんが、これは保育士の仕事のごく一部でしかなく、保育士の仕事って本当にハードなんです。

毎日クラス全員分の連絡帳の記入や次の日の準備、保護者へのお知らせの作成、行事の計画に準備など、仕事は毎日本当に多くあります。

勤務時間中には子供たちのお世話やクラス活動があるため、ほとんど事務作業ができず、すべてを終わらせるにはやむをえず残業を行わざるを得ないそうです。

それでも時間が足りなければ、自宅に持ち帰ったり休日出勤をするなど、仕事とプライベートのバランスをとるのが難しくなり、実質休みの日も休めないということも…。

サービス残業になってしまう施設もあるそうで、そうなると割に合わない…と離職を考えるようになるのも納得かもしれません。

子供たちの安全を任されているのでどの仕事も手を抜くことができませんし、真面目に取り組めば取り組むほど保育士の仕事に終わりがないように思えるそうです。

そのため忙しすぎてノイローゼになったり、心身のバランスを崩して大好きな保育士の仕事を辞めなければならなくなる、という辛い思いをされる方もいます。

③園長や施設長への不信感

不信感

園や施設の責任者である園長や施設長への不信感から保育士の離職を考える人もいます。

保育園や保育施設ごとに保育方針ややり方に大きな違いがあり、子供たちの指導の仕方に影響が出てきます。

公立保育所では、自治体によって定められた方針やカリキュラムに沿って保育が実施されるのでそれほど大きな違いは出にくいものの、園長によって多少の違いはあるものです。

しかし私立保育所では自由なカリキュラムを組めるので、公立保育所よりも施設責任者のカラーが強く出る傾向にあるでしょう。

保育施設の雰囲気は、園長によって決まると言っても過言ではありません!

保育士としての働きやすさや子供たちの関わり方まで、保育すべてに影響してきます。

そのため「園長の指導が一貫していない…。」「コロコロ変わる園長の機嫌を伺うのに疲れる。」「自分の保育観を押し付けてくる。」など、園長や施設長との関係に悩む保育士さんは少なくありません。

「園の方針ややり方と自分の理想とする保育感が合わない。」ということが理由となって、保育士を辞めるという決断をする方もいます。

その場合は自分の理想の保育を実施している施設を探して、また保育士として働くことができるでしょう。

しかし園長や施設長からイジメのような扱いを受けたり、「園長の指示通りに仕事をしたのに問題やミスを全部自分のせいされた」など、無責任な言動を見たり聞いたりして不信感を持ち、保育現場の現状に失望を感じた方もいます。

そうなると残念ながら保育の現場で働くことに限界を感じ、保育士自体を辞めたいと思うのも無理はないように思います。

園長や施設長を尊敬できず、園が保育士を大切に思っていないことに気がついて、そこで働き続けることに不安を感じる、というのも辞める理由になっています。

④保護者とのトラブル

トラブルをかかえた女性

保育士にとって、子供たちの保護者との良い関係や信頼関係を築くことも仕事の一つです。

「○○先生がいてくれて本当に良かった」と感謝される時、「この仕事をしていて本当によかった!」と感じる瞬間でもあります。

しかし反対に保護者との関係が拗れてしまった時、大きなストレスとなってしまいます。

保護者から理不尽と思えるクレームを受けたり、クラス運営や生活の仕方などに無理な要求をされると、精神的にもだんだん追い詰められてしまうでしょう。

そんな時に、園長や施設長が間に入って守ってくれたり、保育士同士が協力して一緒に解決できるよう助けになってくれればとても心強いですし問題を乗り切ることができます。

ですが園が一切守ってくれなかったり、すべての責任を自分だけに押し付けられると、園から見放されたように感じて、ガッカリして辞めたくなるかもしれません。

また新卒の若い保育士は、保護者から育児経験の差と知識の量で見下されがちです。

悪気がなくても、我が子を思うあまりの保護者からの言動が徐々にストレスとなり、精神的に追い詰められてしまうこともあります。

⑤給与が希望と合わない

給料

給与面での不満も保育士の離職率の高さの原因となっています。

保育士の仕事はハードですし、残業も多く休日も取りにくいなど、あまり良い就業条件とは言えませんが、その仕事内容のハードさが給与に反映されていないというのは、保育士を辞めるというよりも保育士を辞めざるを得ない大きな理由です。

結婚や子育てなど、生活していくにはそれなりの給料が必要となります。

それなのに保育士としての仕事量や子供たちの命を預かるという大きな責任に比例しない給与だというのは、現場の保育士のモチベーションを低下させますし、労働と給与のバランスが取れないと感じている人は少なくありません。

実際、平成28年の保育士の平均年収は326.1万円でした。平均年齢は、だいたい36歳くらいです。

同じ年の、30~34歳の会社員の人の平均年収はどのくらいかというと、男性は457万円、女性は315万円、35~39歳になると、男性は512万円、女性は300万円ということでした。

それで、全体から見ても保育士の年収というのは高いとは言えません。高いどころかまだまだ全体から見ると低いわけです。現在、国としても私立の保育所に勤める保育士の給与の引き上げのための政策などを取っていますので、これからもっともっと改善されることを期待したいところです。

そのため保育士としての仕事自体は好きなのに経済的な限界を感じ、やむを得ず辞めるという決定をすることになるでしょう。

昇給制度が整っていなかったり、働きに見合った適正な給与がもらえないというのも、この仕事を続けることに難しさを感じて、保育士を辞める最もな理由となっています。

辞めたくなった時に考えるべきこと

Thoughtful model in studio looking away. hand near the face. isolated orang background

「もう辞めたい!」と思った時、一回立ち止まって冷静に現状を振り返ってみましょう。

辞めたくなった本当の理由は何でしょうか?

改善のために何かできることはあるでしょうか?

退職を決める前に、今後の転職計画について検討してみましたか?

もし辞める理由が給与面が理由ならば、なかなか同じ施設では待遇改善を要求するのは難しいかもしれません。

しかし人間関係が理由なら、もしかしたら改善の余地があるかもしれません。

自分から積極的にコミュニケーションを取ってみたり、タイミングの良い時に少しずつ自分の意見を伝えてみたりするのはどうでしょうか。

また仕事量の多さに圧倒されているなら、どうにか改善できないかのアドバイスをもらうこともできるかもしれません。

効率よく働くコツを教えてもらうと、気持ちに余裕ができて今までより働きやすくなって、保育士を続けられるかもしれませんね。

辞めたくなったらまず相談

「保育士を辞めようかな…。」と悩んだら、まずその気持ちを信頼できる人に相談してみてください。

もしかしたら同じような気持ちになったことがあって、問題の解決策や乗り越え方のアドバイスを教えてもらえるかもしれません。

ただ聞いてもらっただけでも、自分の気持ちが整理できてすっきりするということもありますよ。

大切なのは「絶対にこの人なら秘密を守ってくれる!」という人に相談するということです。

相談内容が相手に筒抜けだった…なんていう気まずい思いはしたくないですよね。

もしも同僚との人間関係が原因になっているなら、園の様子をよく分かっている先輩や園長に相談できるかもしれません。

上司からのパワハラや保育に関する考えの違いが問題なら、同僚に打ち明けたりできるでしょう。

また外部からの冷静な意見が知りたいなら、ほかの施設の保育士や保育士経験のある人に相談してみてもいいでしょう。

悩みを話すことで解決の糸口が見つかるかもしれませんし、辞めようと思っていた気持ちが変わったり、逆に辞める決心がつくかもしれません。

まずは相談してみて、いろんな意見を聞いたうえで自分が「保育士を辞める!」と決めたなら、退職にあたってこんな手順を踏むことになるでしょう。

辞めると決めたら…

Confident young woman isolated on gray wall background

保育士を辞めるという決心がついたなら、「今すぐ辞めたい!」と思うかもしれませんが、時期によっては少し時間がかかる場合があることを覚えておきましょう。

保育士を辞める理由がなんにせよ、これまで保育士としてお世話になったのは事実ですし、「立つ鳥跡を濁さず」で園に迷惑が掛からない仕方で、円満に退職したいものですよね。

退職意思を伝えるベストな時期、伝える順序や方法、もし引き留められな場合などのポイントを押さえて、後腐れがないように退職できるよう、しっかり準備していきましょう。

辞める時期は「年度末」

Red circle. Mark on the calendar at 20.

園側にとって、またかわいい子供たちや保護者に一番迷惑をかけずに辞めるには、年度末の3月いっぱいで退職するのが一番よいでしょう。

もしあなたがクラス担任であれば、年度の途中で先生が変わってしまうのは子供たちを戸惑わせてしまったり、保護者からも「何かあったのではないか?」と不信感を持たれるかもしれません。

そして同僚や先輩たちにあなたの仕事量が割り振られるので、人が減ってしまうというのはかなりの迷惑をかけてしまいます。

そのため退職意思を伝えるタイミングとしてベストなのは、10月~1月頃にかけてが良いとされています。

この時期に園側から来年も続けるか確認されること多いため、退職意思が固まっているなら伝えるのに最適なタイミングですし、新しく保育士を雇いやすく保育士の増員をしてもらいやすい時期でもあります。

このタイミングを逃すと、なかなか退職希望を伝えにくかったり、あとでトラブルになってします場合もあるので、できればこの時期に伝えられるといいでしょう。

しかしどうしても年度末まで退職を待てない場合もあるでしょう。

健康上の理由でなるべく早く辞めなくてはいけない場合でも、必ず退職の1ヶ月以上前には伝えるようにしましょう。

保育士が一人辞めるということは、ほかの保育士に負担がかかったり、次の保育士が決まるまでの時間もある程度必要になるからです。

自分の都合だけではなく、なるべくスムーズに引継ぎをおこない、保育園に迷惑が掛からないような配慮ができると、負担をあまりかけずに退職できるでしょう。

辞める理由の伝え方は?

Education concept. Students studying and brainstorming campus concept. Close up of students discussing their subject on books textbooks and writing to notebook. Selective focus.

基本的には、責任者である園長先生に伝えることになるでしょう。

園によって、主任や副園長が直属の上司なら先に伝えてから、園長に伝えるということもあるようです。

また大きい法人の場合は、スーパーバイザーや本部の人事に相談するという手順になっているかもしれません。

辞める意思を伝える時は、電話やメールで済ませるのではなく、必ず直接自分の口から伝えましょう。

そのとき必ずなぜ退職したいのか聞かれるでしょう。

退職をしたい意思ははっきり伝えつつ、理由については当たり障りのない内容で伝えるのが無難だと思います。

正直に話したために、噂が流れてしまって退職までの間気まずい思いをすることになってしまうかもしれません。

結婚や出産などはっきりとした理由がない場合は「体調不良や病気のため療養が必要なため」「親や家族の介護や世話が必要になったため」「別の職種への転職」などを理由にするといいでしょう。

あえて待遇の不満や人間関係の不満を伝えるよりも、誰にも起こりうる個人的な理由を退職理由にしたほうが理解をしてもらいやすいですし、退職までもスムーズに進んでいくでしょう。

辞めづらい・辞められない時の対処法

保育士としての激務が理由で精神的に潰れてしまう保育士は少なくないので、体調不良や病気を理由に退職を申し出た場合、園側もあまり強く引き止められないはずです。

それでも実際になかなか退職を認めてくれない場合もあります。

園側としては、保育士が一人抜けたら運営が大変になりますし、新しい保育士を採用するためにはお金や時間もかかりますので、園長が直接あなたに退職を思いとどまるよう説得してくることもあります。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

もしあなたが保育士を本気で〈辞める〉という強い意志を持っているのなら、辞める決断をした本当の退職理由を話さないでください!

意外に思われたかもしれませんが、もし「今の保育園のここに問題があるから辞める。」という言い方をすると、園側から「改善すれば、辞める理由はないよね?」と改善するから辞めさせないということになってしまいます。

しかし〈辞める〉と決める前に、何かしら行動を起こしても問題が改善されていなかったのであれば、この先も園としては本気で改善する気はないのでしょう。

もしも折れて続けることにしても、また辞めたいという気持ちが高まっていくことになるでしょう。

そのため「今の保育園のやり方に不満があるから辞める。」という言い方はしてはいけません。

辞める理由については無難な理由を伝え、「他にやりたいことができた」とか、「親の介護の必要」などを理由にし、執拗に保育士不足や子供たちのことを考えて思いとどまるように説得されても「そうなんですね、でも辞めます。」という姿勢を崩さないでください。

あなたが固く決心したことが伝われば、それ以上説得しても無駄だと悟って、退職させてくれるでしょう。

大半が、労働環境や処遇面での不満だった!

女性の不満

ここで取り上げた5つの理由以外にも、保育士さんたちの離職の理由はいろいろとあるでしょう。

とはいえ、今回、主な理由をまとめてみてわかったのは、離職した保育士さんたちの多くは、仕事内容自体に不満を持っていたというよりは、職場の環境、そして処遇への不満などから離職したり、「辞めたい!」と感じているということでした。

人間関係のトラブルなどは大きなストレスになりますし、運よく努力でなんとかなったり、信頼できる上司に話して解決したならば、保育士を続けることも可能かもしれませんが、そうではない場合には転職を選択する人は多いですよね。

そして、園長や施設長が信頼できないなどの問題であれば、自分の理想とする施設などを探して保育士として転職することもできるかもしれません。

給料の改善や、保育士さん一人ひとりへの負担が大きすぎるといった問題についても、国としても自治体としても労働環境や保育士への処遇の改善などへの取り組みがよりなされることが期待されますね!

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事