保育士向けの合同説明会や転職就職フェアを活用してみよう!

保育士向けの合同説明会や転職就職フェアを活用してみよう!

一度に多くの情報を集めることができるので効率よく就職活動を進めることができる保育士向けの合同説明会や転職就職フェアは多くあります。今回は、失敗しない合同説明会、就職フェアに参加する方法について書いていきたいと思います。これを読んで、100パーセント情報を活用して準備してみましょう!!

合同説明会やフェアをフル活用するコツ

保育士向け転職フェアって?

保育士になりたい、また保育士として再就職したいと願いつつ、就職活動をするなら自分にとって条件の合ういい会社に巡り合って、就職活動を大成功させたいですよね。

その為に合同説明会やフェアに参加するのであれば、一度に多くの情報を集めることができるので効率よく就職活動を進めることができる大切な催しです。

でも、初めて参加する時はハードルが高いと感じるかもしれません。

期待も持ちつつも、実際のところどんな点に注意すればいいのか、服装はどんなものがふさわしいのか、持ち物は何を持っていけばいいのか、なにかと不安も多いと思います。

今回は、失敗しない合同説明会、就職フェアに参加する方法について書いていきたいと思います。これを読んで、100パーセント情報を活用して準備してみましょう!!

では、まずは合同説明会や就職フェアとはどんなものなのかを学んでみましょう。

就職イベントの種類と特色

そもそも合同説明会や就職フェアとはどんなものなのでしょうか?

それぞれの特徴と種類を比べてみて自分にあった就職イベントに参加してみましょう。

合同企業説明会: 特徴としてはイベントホールやホテルなどの大きな会場を借りて業界に関係なく様々な企業が集まるイベントです。規模としては、だいたい50から100社ほどの多くの企業が集まります。そこで、出店している企業が説明をしたり、プレゼンテーションをして、自分の会社をアピールします。

事前の登録は不要の場合が多いそうですが、中には申し込みが必要なところもありますので、事前にチェックしておきましょう。

就職フェア : 合同説明会と似ていますが、さらに大規模なイベントです。数百人が入れる会場で催されます。そのフェアによって内容や規模は変わってきますが、大手事業者が参加することも多いのが特徴となります。そこでは事業説明会や講演会などのセミナーも実施されることもあります。

事前登録は不要なところが多いですが、事前登録すると特典を受けれる場合があり、登録しておくとお得に情報を得ることができるかもしれません。

合同就職面接会 : これは会社説明会と簡単な面接があります。各企業のブースに行き、そこで業務内容や企業説明をされ、気に入れば面接を受けることができます。そして、印象がよければ本試験に進むことができます。規模としては中規模から小規模が多いです。

事前登録は不要の場合が多いですが、中には申し込みも必要なこともあるので事前にチェックしてください。

就職イベントに参加する時の心構え

こうしたフェアは目的意識や自分なりの目標を持って参加するならば、こうした機会をフル活用していることになります。

特に自分がどのような所で働きたいのかや、志望動機などが明確になっていない人にとっては自分の視野を広げたり、保育士としてのイメージを持ちやすくなるでしょう。

ですから、自分がどんな保育士になりたいのか、どんな教育方針を持っているのかを考えながら参加することでより得るものがさらに大きくなるはずです。

就職活動は早ければ早い方がいいものですし、どれくらい情報を得ることができるかが勝負となっていきます。

では、こうした就職イベントに参加するメリットを考えてみましょう。

就職イベントに参加するメリット

どの就職活動イベントも、就職活動、転職を希望する人を助けるものです。その為に様々なイベントが設けられています。

例えば、就職や転職相談、受かる履歴書の書き方や面接の対策講座、保育士に関するワークショップなどです。心配なこと、不安なことがあればどんどん質問してみましょう。

こうしたたくさんのサポートを受けることができるのにもかかわらず、これらのサービスすべてを無料で参加して受けることができるのは大きな魅力ですね。

最大の特徴としては、就職をまた転職する前に様々な保育園を見ることができることです。

一日で色々な保育園や幼稚園などをみれることで、記憶に残りやすいですし、ネットでは調べたりみたりすることができない情報を得ることができます。しかも、そこで働いている保育士さんと話したりして、自分でじかに現場を肌で感じることができるのは最大のメリットといえるかもしれません。

そこでは、全然知らなかった会社に出会えるかもしれませんし、自分にあった保育園がどんなところなのかをも知ることができ、視野が広がることでしょう。

入退場も自由ですので、好きな時間に行って好きな時間に帰れます。ですから、自分のペースでブースを回ることができるので、気持ち的にも余裕が生まれ情報収集しやすくなります。

また、自分のモチベーションも上がります。

こんな企業に就職したい、こんな保育士になりたいという気持ちが生まれ、就職活動があまりうまく行っていない時でもやる気につながります。たくさんの人をみて圧倒されることもあるかもしれませんが、みんなも頑張っているんだと前向きに思えてくると、苦しいのは自分一人ではないんだと考えれることもあります。

イベントに参加する場合と個別応募の違い

就活イベントに参加するのと個人で応募するのとでは、どんな違いが生じてくるでしょうか?

就活イベントに参加した後は大きく分けて5つに分けられます。

1、その場で個別の会社説明会に予約する

2、後日開催される面接や選考会に予約する

3、その場でエントリーシートを記入したり、面談を行なったりする

4、後日正式に応募するように案内される

5、後日会社側から連絡すると言われる

説明会に参加して正式に応募して欲しいと言われたら個別応募のときと変わらない流れとなりますが、説明会で面接や試験をその場で実施された場合は基本的には書類選考なしで面接に進んでいくことができます。

もし、説明を聞いたけど自分が就職したいと思ったところと違うようなら、言いにくいかもしれませんがはっきり遠慮なくその旨を伝えるのが双方にとってもいいでしょう。

選考は早く、どんどん進んでしまいますので早めに伝えてください。

では、特徴やメリットを考えていざ参加することになったらどんな準備が必要になってくるのでしょうか?

次に、事前に準備すべきことをチェックしてみましょう。

事前に準備すべきこと

せっかく就職フェアに行くのなら一日で効率よく情報収集したいものですね。

その為にも事前に準備できる点をまとめてみましょう。

まずは、効率よく回れるようにどんな企業が参加しているのか参加業社をチェックしておきましょう。100以上の企業が集まる会場ではお目当のブースに着くだけでも大変です。自分が話を聞いてみたい興味のある会社があるのならその企業のブースがどこにあるのか目安をつけておきましょう。

イベントの数日前にはインターネット上に会場内地図がアップされる場合がありますので、事前に印刷するなどして、どのブースをどのように回ることができるかをあらかじめ決めておきましょう。

参加したいプログラムや講座が何時にどこで始まるかもチェックしておくと、逃すこともありません。

先ほども少し触れましたが、事前に予約が必要な場合があるので、必ず事前予約が必要かどうかを確認してください。できるなら、事前登録をしておくと様々な特典を受けれるばかりか、当日混んでいても時間を無駄にすることなくスムーズに会場に入ることができるでしょう。

そして、大切な点として体調管理をしっかりしましょう。

一日中企業ブースから別の企業ブースに歩き回り、人が多い中ですからしっかりとした体調管理をしておかないと気分や体調が悪くなってしまうこともあると思います。

しっかり話を聞いて頭を働かす為にも、この点を心がけましょう。

前の日は、緊張して眠れないかもしれませんが睡眠をしっかり取ることによって、体調を整えましょう。また、空腹だと的確な判断をくだすのが難しくなるので会場に入る前に簡単な食事を済ませておくといいでしょう。

では、当日の持ち物はどんな物があるでしょうか?

就職イベントに行く時の持ち物

当日に、あ!忘れた!ということがないようにしっかりと持ち物を確認しましょう。できるならば事前に自分で分かりやすいチェック表を作っておくことでうっかりミスも防ぐことができるかもしれません。

会社からもらう案内資料を入れる為に、A4の書類が入るバックを持っていたほうがいいです。大抵の場合は収納袋をもらえますが、念のために持っていきましょう。色は派手なものでなく、落ち着いた色にするといいでしょう。また、もらった書類をまとめれるようにクリアファイルがあるとなお便利です。家に帰るまでに綺麗な状態で持ち帰ることができます。

企業説明を聞いている間に気になる点や、後で質問したい点などを書き出せるように筆記用具も必要です。まれですが、面接をその場で決めてもらえることもあるので、スケジュール帳、履歴書、職務経歴書、印鑑を持参しておき、いつ声がかかっても大丈夫なように準備しておきましょう。

身だしなみとしてハンカチ、ティッシュがあるといいですね。また女性であれば替えのストッキングがあると、一日中歩くのでもしも破れてしまった時にも便利です。腕時計、化粧ポーチ、手鏡も持って行くことをおすすめします。空き時間にこまめに身だしなみをチェックしましょう。

行くまでに何があるか分かりませんから、天気が悪くなってもいいようにカバンの中に折り畳み傘を忍ばせておきましょう。

備えあれば憂えなしなのですが、あまりにも荷物が多いと目立ってしまい印象がかえって悪くなるということもあり得ますし、会社からもらった資料によって帰りの鞄は重くなってしまいますので、必要最低限の荷物にすることをお勧めします。

いま一度、鞄の中を見ていらないものが入っていないか確認しましょう。

では、当日はどんな服装でいけばいいのでしょうか?

どんな服装で行くか

就職イベントに行く際の服装規定はほとんどありません。しかし、人事担当者と会う機会があったり当日に面接を受けられる場合がありますので、できるならスーツでの参加が無難だといえます。私服だからと言って選考に不利になることはありません。しかし、ほとんどの方がスーツなので私服でいくとその場で自分だけ浮いてしまいます。

スーツの色も規定は特にありませんが、黒やグレーなどの落ち着いた色にしましょう。

また、一日中歩きっぱなしになるので、歩きやすい靴で行くことをお勧めします。

また、先の尖っているような靴は避けましょう。あまりにも奇抜な靴は印象が良くありません。ですから、一般的なスーツにあう靴を選びましょう。

髪型も規定はありません。しかし、印象をよくする為にも茶髪は避けたほうが無難でしょう。整髪料でベタベタにしたり、男性であるなら髪の毛を立てたり、女性であるなら髪を束ねるなど清潔感のあるさっぱりとした髪型にしましょう。

アクセサリーをつけているなら外していきましょう。上品な時計だけにしていくことが望ましいでしょう。

まれに、スーツなどではなく私服で来てくださいという就活イベントもあるようです。そうした時には、就活生として見てどうかということを考えてみてください。

清潔感は出ているか、第一印象はどう見えるかなどと自分を客観的に見る必要があります。

あまりラフな服装ではなくオフィスカジュアルがよいです。

例えば、男性であるならばチノパンにシャツなど。女性であるなら膝丈スカートにブラウスなど上品さを示すといいでしょう。

服装、身だしなみは本当に大切です。私服、スーツどちらにしても人事の方は、その第一印象を含めて細かいところまで見ている可能性がありますので、保育士としてこの人を雇いたいと思ってもらえるような身繕いで行きましょう。

次に合同説明会やフェアをフル活用するためのマナーをお伝えします。

参加する時のマナーや注意すべきこと

これは、人として、また会社の面接する時のマナーとして当たり前のことが多いです。

せっかくフェアに参加するのですから、そうしたマナーを頭に入れて気持ちよく参加したいですね。こうした基本的なマナーを身につけているなら子供達をこの人に預けても大丈夫と思ってもらえるはずです。

まずは、冬に参加するならコートを脱ぐ必要があります。

館内に入る前に脱いでおきましょう。中にはロッカーやクロークがあり、そこでコートや荷物を預かってくれるところもありますが、基本そうしたところはないので手に持って歩くことになります。その場合は、グチャグチャにして持つのではなくしっかり畳んで綺麗な状態で持ちましょう。

笑顔を意識する

緊張すると顔がこわばってしまいます。また、一日中歩き回って疲れているため、顔に疲れが出てしまうこともあります。しかし、笑顔を意識し、笑顔を絶やさないようにするならば人事の人の目にとまるかもしれません。保育士としていつでも笑顔を絶やさずに子供に接せることができるのはポイントが高いと思います。そうした人に子供を世話してもらいたいと思うのではないでしょうか?

会社の資料や名刺は両手で受け取りましょう。しっかりと目を見ながら受け取るとさらに好印象です。自分が名刺やエントリーシートなどを手渡さなければいけない時も同じです。しっかり両手で渡しましょう。片手で手渡しするのは、印象はあまり良くありません。

当たり前のことですが入場、退場するときは会釈をする。挨拶やお礼も忘れないようにしましょう。「よろしくお願いします」から「ありがとうございました」までしっかりとした大きな声で、ハキハキとすることで良い印象を残せます。もし時間があり、会社側にもその余裕があるならばどんなことが勉強になったのか、感謝を具体的に伝えるといいと思います。

待っているときの態度は見られていることも多く、そうした立ち振る舞いから評価が始まっていると思ってください。待つ間は、私語を慎むこと、携帯をいじったりしないこと、ガムや飴など口に物を入れないことは最低限守りましょう。時間があって手持ち無沙汰な時は、配布された資料を見たりして静かに待ちましょう。

会社からもらった案内資料を社員の前で折らない。

案内資料というのは、手間暇かけて作った大切な資料ですので、相手の目の前で折るのは失礼に当たるかもしれません。大切に扱いましょう。持っていったクリアファイルに入れておきましょう。

質問する機会があった時は名乗ってから質問し始めましょう。

一度にたくさん質問してはいけません。短く簡潔にまとめて具体的に質問してください。そして、質問が終わった時はきちんとお礼しましょう。

では、具体的にどんなことを質問したらいいのでしょうか?

質問しておいたほうがいいこと

質問したいことを事前に準備しておく必要があります。

でも、質問を準備する時に「この質問はその場で聞く必要があるのか、それとも企業説明のところで説明されるかインターネットなどで自分で情報収集できないか」などと考えてください。調べて分かることをわざわざ聞く必要はありません。

また、個人的な質問をしたりするのではなく、その場で聞いている人皆が益を受けられるような質問にする必要があります。

聞いておくと良い質問例

「福利厚生はどうなっているのか」

働く上で、この点は大変気になるところですし、大切な点です。でも、この点で注意しないとこうした福利厚生や給料ばかりを聞いてしまうとあまり印象は良くないのでほどほどにしましょう。

「具体的な仕事内容はどのようなものがあるのか」

自分の保育士のイメージ、やりたい仕事ができるか考える助けになります。もしも、ここで少し自分のイメージと違うと感じたら他の会社を見に行くこともできますし、自分はこうした仕事がしたいんだというしっかりとしたイメージを持つこともできます。

「職場の雰囲気や人間関係はどうか」

人間関係や雰囲気というのは、就職先を決める上でかなり重要な事と言えます。しかし、このことは実際には聞きにくいと思いますので最近のニュースと絡めさせながら、どんなことを会社として努力しているか聞くこともできると思います。

「キャリアアップ、スキルアップについて」

その会社に入ることで、どのようなキャリアアップに繋がるのか。研修制度はあるのか、自分でどんな分野を勉強する必要があるのかなど、ただ受け身の態度ではなく、自分自身ににやる気があることを示しつつ質問することが大切です。

「保育園のこれからの展望について」

これからどのような教育をしていくのか、どんな方針で子供達を育てていきたいのか聞くことは、自分の持っている教育方針とあっているのか、イメージしやすくなるでしょう。

他にも自分なりに考えられた質問をしてみてください。そして質問したならば、その質問の答えをよく聞きましょう。

じっと聞くだけでなく、うなずくならば、話している人に対して自分がよく聞いて理解していることを態度で示すことができ、良い印象を与えるでしょう。

いい会社と出会う為に自分で意識できること

できるだけ多くのブースを回りましょう。もしも興味のなかった会社だったとしても、話を聞いてみたら意外に興味が湧いてきて結局その会社に決めたという人もいます。ですから先入観を抱かないで、知らない会社、いろいろな会社の話を聞いてみましょう。

多くの会社を回れれば回るほど、自分にあった会社に出会うこともできますし、就職できる確率もグンっと上がります。また、比較対象が増えるので他の会社と比べやすくなりそれぞれの良い点や悪い点も気付きやすくなります。

しかし、注意しないといけない点として優先順位をつけておかないと、時間がなくなり説明を聞いてみたい会社に辿りつけないということもあるのである程度絞ってから回りましょう。

元気よく笑顔で挨拶するなら、人事の目にも止まります。第一印象はとても大切ですから、まず元気に挨拶してください。

そうなると、向こうから声をかけてくれることもありますし、顔を覚えてもらえやすいですね。思わぬ会社から声がかかるかもしれません。

人気がないブースも見てみるのも一つの手と言えるでしょう。あまり人が並んでいないところは行きにくいですが、そういった会社はよく話を聞いてくれますし、人事の人も一人一人を覚えていてくれやすくなりますので、その後の面接にも有利かもしれません。

早めに到着することをお勧めします。

自由に回ることのできる職業説明会ですから、多く回る為にも早めに到着して1日を目一杯使うならこうしたフェアをフル活用していることになるでしょう。また、説明会の始まった早い時間は比較的人が少なく、ブースもずいぶん空いているようですので、混む前に早めにいってお目当の企業の話を朝一番に聞いて、そのあとゆっくりといろいろなブースを回ることもいいかもしれませんね。

何事にも積極的に参加するように心がけましょう。

先程と少しかぶりますが、あまり興味がないブースでも積極的に顔を出してみたり、なにかのイベントが開かれていたらそこにも参加してみたりしましょう。また、いろんな人に話しかけて人脈を増やすことによって、今まで知らなかった情報を得ることもできますし、希望する会社につながっていくことも少なくないと思います。

まとめ

就職活動というものは誰にとっても大変なことです。

途中で、自分は保育士になれないんじゃないかとガッカリしてしまうこともあるかもしれません。ですが、こうした合同説明会や就職フェアなどのイベントの仕組みを理解して上手に活用することで、自分の視野を広げたり、自分の考えを明確にして持つことで、その先の就職につながっていくことと思います。

自分の理想の会社に出会えるように是非足を運んでみてください。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事