保育士免許は必要なし!「保育補助」になる方法と保育士との違い

保育士免許は必要なし!「保育補助」になる方法と保育士との違い

前から子どもたちが大好きで、子どもたちがいる職場に憧れていたという人で、資格はないという人も、保育園で働くチャンスが実はあります。それは保育補助です。保育補助は保育士資格がなくても保育園で働ける仕事になります。今回は保育補助と保育士の違いについてまとめてみました!

保育士と保育補助の違い

保育園の子ども

前から子どもたちが大好きで、子どもたちがいる職場に憧れていたという人で、資格はないという人も、保育園で働くチャンスがあります。現在、保育園の求人を見ても「資格不要」という募集もあります。それは、「保育補助」という立場での仕事ということになります。

みなさんも「保育補助」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。「保育士の資格を持っていなくても保育に携われるの!?」とびっくりする方もいるかもしれませんが、確かに保育園で働くことができます。

しかし、保育補助と保育士とでは、やっぱり業務内容が違います。では、どんな点で保育士との違いがあるのでしょうか?そして、保育補助というのはどんな仕事をするのでしょうか??

さらに、どんな人たちに向いている仕事なのか?ということも合わせてご紹介していきたいと思います。

保育補助って何!?

保育園

無資格で保育園で働くことができると聞いたら、みなさんは働いてみたいと思いますか?保育園というと、国家資格を持つ保育士が働くというイメージですけど、資格がない人でも保育の現場に携わることができる、というのは魅力的ですよね。

子どもが大好きという方や、これから保育士を目指しているという人にとって、まずはそのような憧れている職場に実際に入って仕事をやってみるというのは、とても素晴らしい経験ですよね。

保育園の求人などを見ていると、よく「保育補助」という立場での仕事の求人を見ることがあります。では、保育補助とはいったいどんな職種なのでしょうか?

「保育補助」というのは、保育園で働く保育士さんたちをサポートする仕事です。保育士の資格は必要ありません。そして、保育が未経験の人でも働くことができ、保育士を目指す人にとっては、保育を学ぶ良いスタートとなることでしょう。

資格が必要ない、ということはだれでも保育園で働くチャンスがある、ということです。それで、保育に興味がある方や保育園で働くことに憧れを持っていた、という方にとっては、とても魅力的ではないでしょうか?

でも、保育園というのは基本、国家資格をもった保育のスペシャリストである保育士さんたちが働く場所なのに、どうして保育補助というのが必要なのでしょうか?

その大きな理由は、保育士が不足しているという現状にあるようです。現在、少子化と言われているにも関わらず、得に都心では待機児童問題が出ていますね。地方では定員割れをしているというところも多いようですが、一方で、都心では保育園に入りたいと希望し、その条件を満たす子どもたちの数に比べて、保育園が定員オーバーになってしまい、入ることができない、ということが起きてしまっています。

待機児童と言われる子どもたちは、東京都だけでも8500人以上もいるとされています。それで、各自治体がそのような待機児童の解消を目標に、今でも多くの新しい園ができてきています。それに伴って保育士が必要とされていますが、やはり保育士不足という問題が付いて回っているようです。

それで、都心では保育士が売り手市場となっている状態です。そもそも、保育園というのは預かる子どもたちの人数によって、必要とされている保育士の数が法律で決まっています。一定数の保育士がいなければ、保育園は運営できないのです。

しかし、児童福祉法で決められた保育士の数だけで実際に仕事を回そうとすると、一人ひとりの保育士の負担というのは、ものすごく重くなってしまうのが現実です。最低人数では子どもを見るのは難しいのです。実際、保育士の仕事というのは体力的にも精神的にもきつく、その過酷さゆえに体調不良を起こして辞めてしまう人もいるくらいです。

保育士不足、そして保育士として働く一人ひとりの負担が大きすぎる、という現状の中、活躍できるのが無資格で働く保育補助です。保育士のアシスタント的な存在として、とても需要の高い職種ということができるでしょう。

保育園としては、保育士の負担を軽くするために、保育士のサポートをしてくれる保育補助を雇うことによって、保育士の離職率を下げることも意図しています。

基本的に、保育補助で働く人は基本的にパートまたはアルバイトとしての雇用となります。それで、子どもが大好きで保育園で働きたいと思っているけど、自分の家庭を持っている方、お子さんがいる方、そして短時間で働きたい方にとっては、働きやすいので、主婦の方やシニアの方にとっても人気の職種となっています。しかし中には、正社員として働いている人もいます。

保育補助の仕事内容

保育園と子ども

保育補助というのは、保育士のアシスタント的な存在として、保育士の仕事をサポートするお仕事だということがわかりました。保育士としての資格はないけど、子どもたちと接するお仕事がしたい、と思っている人や、保育士を目指している人たちにとっては、とても魅力的な職種ということができると思います。

では、実際に保育補助として働くという場合、どんな仕事をすることになるのでしょうか?

保育補助という求人を出している保育園はたくさんありますけど、その仕事内容というのはじつはけっこう様々です。勤務する園によって大きく異なるでしょう。

しかし、一般的に言えば遊びを見守ることや、食事の準備、食事の後片付けなどのお仕事です。つまり、保育のサポートと雑用です。

例えば、乳児クラスに配属された場合ですが、おむつ替えを手伝ったり、ミルクを上げたりという仕事をすることもあります。離乳食の子どもたちの場合は、自分で食べれるようになってきたとしても、こぼしたり、食べるのを嫌がったりすることがあるので、その子どもたち一人ひとりがちゃんと食べられるようにサポートするお仕事もあります。

幼児のクラスでは、子どもたちを一緒に遊ぶことや、お散歩に行くこともあるでしょう。ここでも保育士をサポートするのが仕事なので、子どもたちが安全に遊べるように、目が行き届かないところがないように、補助をすることができます。

このように、保育をサポートするということと、そして一番多い仕事は雑用です。製作物の準備とか、食事の準備片付けなど、保育士がスムーズに仕事ができるように様々な雑用を行います。

保育というのは、子どもたちを見守ることだけが仕事なのではなくて、意外と多いのが雑用とか、事務作業だったりします。そのような事務仕事のサポートをすることも多いです。

しかしながら、先ほども言ったように保育補助としての仕事内容というのは、その勤務する園によって違ってきて、あるところでは保育士と同じような仕事を任されることもあれば、あるいは雑用ばかり、ということもあるでしょう。一つのクラスで専属として働くのか、それともいろいろなクラスで働くのかということも違ってくるでしょう。

保育補助と保育士の違いとは?

保育園と子ども

保育園で働くということでは、保育補助も保育士も同じですが、やはり両者には違いがあります。では具体的にどんな差があるのでしょうか?

一つは、責任が有るか無いかです。

保育補助はあくまでも”補助”です。それで、資格を持っていないので、クラス担任になることはないでしょうし、保育士に比べると直接子どもたちと関わる業務が少なくなります。

保育士の手が足りないというところで、サポートをする立場ですので、もちろんのこと発言力も小さくなります。

保護者との関わりという点でも少ないでしょう。子どもたちに対して責任を持つということがないわけなので、もしかしたらその点でちょっと物足りないとか、自分のしたいことができない、というもどかしさを感じることがあるかもしれません。

この責任が有るか無いかという点では、「その方が気楽でいい」、「サポートするくらいがちょうどいい」という方もいれば、「もっと子どもたちと関わりたい」という人で、それがメリットとなるのかデメリットとなるのか、違ってくると思います。

そして、保育士との大きな違いのもう一つは、給料の額です。

保育補助で働くとなると、保育補助でも正社員として働ける場所もありますが、基本的にパートあるいはアルバイトという雇用形態になります。保育士として働く場合では半数の人は正規雇用となっていますので、安定性でいえば、圧倒的に保育士のほうが有利ですね。

保育補助での求人だと、時給は900円~1200円くらいとなっています。中には1500円以上という高時給のところもありますが、もし保育士の資格を持っているという場合であれば、それにプラス100円あるいは200円ということもあります。

そもそも、保育士の給料というのは低いということで有名です。一般の企業に比べると、正社員で働いている保育士でもかなり年収が低くなってしまいます。それで、お給料ということに関しては、保育補助ではあまり高くは望めませんね。

それに、保育補助を募集している園の多くは無認可保育園です。無認可保育園では自分たちで運営を続けていくために、正規の保育士を雇うよりも、保育補助を雇うことが多くなります。やはり人件費を抑えるのは経営でやむを得ないことだからですね。

それで、保育園で働くことを希望し、収入もある程度を確保していきたいということであれば、保育士の資格を取った方がいいのかもしれません。手当や賞与の対象となるのも、正社員として働く人だけということも多いです。

もちろん、人によっては保育補助でも自分自身満足できるような収入を得ている人もいることでしょう。勤務先によってお給料の差はあるし、それにアルバイトとかパートという立場で働きたい、という人であれば、保育補助は勤務時間も短くて済みます。

それで、保育士として働くことと、保育補助として働くことはそれぞれメリットも、デメリットもあると思います。

子どもたちとたくさん関わりたい、という人であれば保育補助だと物足りないと感じることもあるかもしれません。さらに給与が低いことも気になるかもしれません。

でも一方で、責任が少ないことや、パートなどで働いている場合、保育士になると当たり前の残業や持ち帰りの仕事がない、ということはメリットと言えるでしょう。育児をしている主婦なども働きやすいとも言えますね。

保育補助に向いている人たち

保育士と子ども

保育補助なら、無資格でも保育園で働けるということで、保育経験がない人にもチャンスがあるわけですけど、だからといってどんな人でもなれるか?というと、そうゆうわけでもありません。

例えば、やっぱり子どもが好きな人でないとなかなか難しい仕事と言えるでしょう。子どもたちと関わる仕事をしている人たちにとって、子どもの笑顔を見ることで元気がもらえて、大変なことも乗り越えられたり、また次の日頑張れたりするものです。それで、子どもが好きということは基本的なことですが、大切なことと言えると思います。

そして、やはり身体的にも精神的にも健康でなくてはいけません。子どもたちはよく風邪をひきますし、病気になります。それでそのような環境で働くとしても大丈夫!と言える健康状態の人がいいと思います。

そして、とにかく体力勝負だったりします。子どもたちと一緒に走り回ったり、お散歩で目を離さないように細心の注意を払ったり、休む暇なんてありません。

だから、体力もあって、精神的にも元気な人がいいと思います。

もし、みなさんの中に育児の経験があるとか、かつて子どもたちに関わる仕事をしていたという方がいれば、優遇される理由となるでしょう。未経験でもOKという募集も多いとはいえ、即戦力として活躍してくれる人であれば、一番園としても助かるからです。

保育補助の仕事に向いている人としては、今保育士を目指している人はもっとも適していると思います。やはり、保育補助という職種の最も大きなメリットは、資格がなくても現場で実務経験ができる、ということだと思うからです。

保育の現場に実際に入って、その環境で仕事をするというのは、これから保育士になるために大きな力となると思いますし、保育園の中には、保育補助として働く人たちが保育士の資格が取れるようなサポートがあったりします。

それで、いずれは保育士として資格をもって働きたい、という人にとって、まずは保育補助として働く経験を積むというのはとても良いチャンスと言えるでしょう。

さらに、勤務時間を自由に選びたい、という人にとってもいいと思います。保育園の中には24時間保育を行っていたり、早朝保育をしているところも多くなっています。週末や休日保育に対応しているところもあります。

それで、アルバイトやパートとして時間や日を選んで働けるチャンスも多い、というのが保育補助です。扶養の範囲内で働きたいとか、週に3日くらいで働きたい、休日だけ働きたい、という方はいいですよね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

もっとやりがいを求めるなら保育士の資格を取ろう!

保育園と子ども

保育補助は、無資格でも子どもたちのいる環境で働けるとはいえ、やはり子どもたちともっと関わりたい、もっと子どもたちの成長を考えサポートしたい、と思うならば、保育士の資格を持つほうが良いでしょう。

やはり、保育補助として働いていると、なにかと準備とか片付けといった雑用ばかりをすることや、子どもたちと思ったよりも関われないという、やるせなさ、物足りなさを感じることがあります。そのような人は、保育士の資格を持つことで、もっと自信を持つことができるし、責任を持った仕事をすることができます。

実際に、保護者からの目も全然違います。保護者から何か相談されたときに、ちゃんと答えられるようになりたいとか、保護者と一緒になって子どもたちの成長を見守っていきたい、という場合にはそれなりの知識を持っている必要があります。

子どもたちが好きということでは同じでも、やはり資格があるなしでは、手を出せる範囲というのが違います。それで、保育の現場での仕事にもっとやりがいを求めるのであれば、資格が必要だと思います。

保育補助で働くほうが気楽だし、自分に合っているという人ももちろんいることでしょう。それで、自分は資格を取りたいかどうか悩んでいる人であれば、一度、保育補助という立場で保育の現場に入ってみて、保育園の雰囲気や仕事内容について客観的に見つめるのもいいかもしれませんね。

いずれにしても、今は保育士が不足していることなどがあり、保育の現場では多くの手を必要としています。それに、子どもたちの成長に触れられる仕事というのはそれほど多くありません。

それで、保育園で働くことに魅力を感じている人であれば、一度保育補助の仕事をしてみて、保育の現場を味わってみるのもいいですよね!

保育士になることを目標にしている人であれば、ぜひとも保育補助として保育の現場を経験してみてください。そうすることによって、自分にとって保育士という仕事がもっとリアルに、そして理想というものも見えてくるかもしれません。

資格がなくても保育園で働けるという保育補助という職種を、「これは自分にとってのチャンスだ!」と思った方は、トライしてみてくださいね♪

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事