連絡帳は保育士の重要な仕事・保護者に喜ばれる連絡帳を意識しよう!

連絡帳は保育士の重要な仕事・保護者に喜ばれる連絡帳を意識しよう!

保育士と保護者との大事なコミュニケーションツールの一つである連絡帳。保育士さんは毎日、この連絡帳に何を書こうか?と頭を悩ましているかもしれません。保護者の方に子どもたちの様子をうまく伝えるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、保護者が喜ぶ連絡帳の書き方の基本やポイントをまとめます!ネタ例などもご紹介しますよ。

連絡帳の書き方をしっかり抑えよう!

連絡帳

連絡帳の目的

保育園で働くと、毎日のお仕事に「連絡帳」の記入があります。「お帳面」と言われることもありますが、そもそも、この連絡帳はどんな目的のために用意されているのでしょうか?

日本保育協会によりますと、連絡帳というのは、1日の大半を保育園で過ごしている子どもの様子を保護者に伝えることと、家庭での子どもの様子を伝えてもらうためのノートであることが説明されています。

保護者の方は、子どもを保育園などに預けると1日の大半は子どもと離れて過ごします。1日どんな様子で過ごしていたのかを直接見ることができません。それで、この連絡帳というのは、保護者の方にとって子どもの1日の様子を知るための大切な手段となります。

さらに連絡帳には子どもの家庭での様子を知るための手段として、大事なツールでもあります。家庭での様子、例えば体調はどうか、朝ごはんは食べてきたのか、睡眠がしっかりと取れているのかな、子どもたちの健康を見守るためにも必要な情報を分かち合う手段ともなります。

保護者の中には、子どものことでいろいろと心配を抱えたり、困ったことがあるときに、保育園ではどういう様子なのか、家庭ではどう対応していったらいいのかということを相談したいと思っている方もいます。そのような、子どもたちの成長を保護者の方と二人三脚で見守り、サポートするためにも、家庭と保育園での様子や成長を伝え合うということがとても大切なんですね。

それで、連絡帳は保護者と保育士をつなぐ、とても大切なツールです。保護者の方が家庭でも安心して育児ができるようにサポートするためにも、できるだけ子どもたちの普段の保育園での様子を伝えたり、応援する気持ちで記入できたらいいですよね。

忙しくしている保護者との方と話せるのは毎日限られた時間かもしれませんし、普段はあまりしゃべることがない保護者の方もいるでしょう。そのような方とも、交換日記のように、子どもの様子や成長や悩み事を共有し、一緒に子どもを見守るための情報交換ができるなら、良いコミュニケーションが取れて、保育士もその子どもにとって最善の保育ができたり、保護者もご家庭でも安心して育児ができそうです。

連絡帳の構成はどうなっているの?

Woman drawing flowchart, business process concept

連絡帳の内容がどのような構成になっているかは、保育園によって違うと思います。しかし、きほんてきにどのような構成になっているのか、ご紹介したいと思います。

例えば、保育園側が記入するところには、まずおやつや昼食をどのくらい食べたのかということを記入するところがあったりします。さらに、お昼寝をどのくらいしたのか、排便はどうか、体調はどうだったか、という項目があります。

そしてフリースペースがあり、そこに園での様子を伝えるところがあり、ここがけっこう頭を悩ますところですよね。でも、そこにどんな情報やメッセージを書くかということで、保護者の方との良いコミュニケーションが取れるかが違ってきます。

「保護者に喜ばれる」連絡帳ってどんなもの?

Smiling asian female blogger in optical eyeglasses chatting with friends in online chat via modern telephone sitting in modern cafe

では、保護者の方にとって、「読むのが楽しい」とか「連絡帳がいつも楽しみ」と思ってもらえたり、「助けになる」連絡帳の内容ってどんなものなのでしょうか?

それを知るためには、まずじ自分が保護者の立場にたって見ることが大切です。みなさんが保護者の立場だったら、どんな内容を知りたいと思いますか?どんな連絡帳だったらいつも読むのが楽しみになりそうですか?

もし、子どもの体調が少し良くない状態だったのなら、保育園では体調はどうだったのかがとても気になるでしょう。それで、細かなことでも様子や体調の変化を綴ってくれていたら安心できますよね。

さらに、子どもたちの成長の様子なども細かく知りたいと思うのではないでしょうか?今日はどんなことができたのか、どんなことをして遊んだのか、お友だちとはどんな様子で遊んでいるのか、ということを知ることができたらうれしいですよね。

保護者の方の中には、家庭での様子と保育園での様子が違うと言われる方も少なくありません。だから、小さなことでもその子のできたこと、様子などを書くと、保護者の方は「保育園ではそんなことができるんだ!」と驚くことがあります。そして、家庭でも保育園で教えてもらっている方法で教えてみようと、育児に積極的に取り組まれることがあります。

ですから、できたこと、その子が見せたポジティブな一面、頑張っている様子などをどんな小さなことでも伝えるといいですね。

そして、さらに忙しく仕事と育児と毎日奮闘している保護者の方に、褒め言葉を添えてあげると喜ばれます。「毎日ご苦労さまです!」とか、「お母さんのことを尊敬しています」など、保護者の方の様子なども含めて誠実に褒めるならば、信頼関係も深まりますし、保護者の方は育児もまた頑張ろうと思うかもしれませんね。

それで、保護者に喜ばれる連絡帳というのは、単に事務的な連絡という内容でなく、保護者の方が読んで励みになるとか、力になる、嬉しいと感じる内容を分かち合う内容が書かれています。

でも、園での様子やできたことっていつも同じような内容になりがちだったり、伝えたいことを文章の形にするのってけっこうたいへんだったりしますよね。

とうことで、保護者にとって”うれしい”、”楽しい”、”力になる”連絡帳を書くためのポイントと、例文をご紹介していきたいと思います!

「5W1H」を意識する

Business and 5w1h

まず、わかりやすい文章を作成するためのポイントは、「5W1H」意識して文章をつくることです。

5W1H」とは、

・「いつ(When)」 ・「だれが(Who)」 ・「どこで(Where)」 ・「何を(What)」 ・「なぜ(Why)」 ・「どのように(How)」

です。

このいつ、だれが、どこで、何を、なぜ、どのようにしたのか、ということを明確にすることによって、相手に様子がイメージしやすく、伝わりやすい文章を作成することができます。

例えば「今日は、体調があまりよくないようでした」という文章では、いつ体調がよくなかったのか、どのようによくなかったのか、その原因と思えるものはあったのか、ということが全然わかりませんので、相手にとっては疑問や不安がとても残る文章になってしまいます。

それで、「今日の午前中の様子はいつもと同じでしたが、お昼を食べた後から、少しぐったりと疲れた様子でした。でもお昼寝の後は元気に遊んでいました。」と報告するほうが、より具体的でわかりやすい文章になります。

さらに、「今日はお絵かきをして遊びました」という文章も、5W1Hを意識するともっとイキイキとした文章になります。例えば、「今日の午前中に〇〇くんは、〇〇ちゃんとお絵かきをして遊びました。ゾウさんの絵を書きました。〇〇ちゃんの絵も上手だねと褒めていました。やさしいですね。クレヨンも1色ではなく、いろいろな色を使うようになりました。」というように、だれとどんな様子で遊んだのかということを含めるならば、もっと様子をイメージしやすくなりますよね。そして、その子の成長の様子や特性なども観察できたことを含めるならば、保護者にとってはより様子をイキイキと思い描きながら、我が子の成長を感じる事ができると思います。

出来事だけでなく、その子の様子と感情を含める

happy asian child on slide at playground

「今日は〇〇をした」という文章というのは、単に今日あった出来事を事務的に報告している文章になってしまいますよね。でもそこに、さらにその子がどんな態度や様子でそのことに取り組んだのか、どんな感情を見せたのか、ということも含めるならば、より様子を伝えることができます。

例えば「〇〇ちゃんは今日、滑り台に挑戦しました。最初は少し怖がっている様子でしたが、あきらめることなく挑戦し、できたときにはとてもうれしそうな顔をしていました。そしてもう一度やりたい!と自信がついたようでした。」と、その子の感情や取り組む様子を詳しく綴ることによって、様子が伝わりますね。

さらに、「砂遊びをした」という報告だけでなく、「〇〇くんと一緒に砂でトンネルを作って遊びました。〇〇くんと協力しながら大きなトンネルができて、はしゃいでいました。〇〇を貸してとお願いすることも上手にできましたし、ありがとうが言えました。」というように、どんなふうにお友だちと関わることができているのかということも含めるなら、保護者も子どもの成長を知る事ができるでしょう。

他にも「〇〇ちゃんはニンジンを残してしまいました」という文章では、ただ”食べなかった”という消極的名事実を伝えるだけになってしまいます。でも、「〇〇ちゃんは苦手なニンジンを、すぐにいらないというのでなく一生懸命食べてみようしていましたよ!目をつぶって口に運んでみたりと努力していました。少し残してしまいましたが、一生懸命頑張っている様子にこちらも勇気がもらえました」というように、頑張っている姿勢をちゃんと伝えてあげたり、その努力を温かくみんなで見守りたい、という気持ちが伝わるような文章にすると、保護者の方も愛情を感じるのではないでしょうか?

できたことや褒めるべきことは、小さなことでも絶対に書く

子どもが新しくできたこと、挑戦している姿、成長している姿などは、どんなに小さなことでも伝えるようにしましょう。

例えば、「今日は誰も手助けせずに、自分1人で着替えることができました」とか、「〇〇に挑戦しました」、「お友だちにおもちゃを譲ることができました」など、褒めることができることや子どもの成長が見られたことを具体的に伝えるなら、「この先生は子どもをよく見てくれているんだな」と保護者は安心し、信頼してもらうことができます。

その子の持つ優れた特質の一面なども記入すると良いでしょう。「お友だちの〇〇ちゃんが泣いていたときに、おもちゃを持ってそばに行って慰めようとしていました。見ていてとても心が温かくなりました」というように、その子の持つ素敵な性格の一面を見たときなどは、その出来事と共に、保育士として素直にうれしかったり、感動したりといった感情や感想なども添えると良いですね。

体調不良やケガについては特に詳しく記入する

小さなケガでも必ず報告するようにしましょう。そしてほんの少しの体調の変化についても伝えます。「少し元気がなかったように感じました」というように、こちらの感想でも良いでしょう。

そうすると、後々保護者からの連絡帳の記入の中に、「じつは家庭で〇〇がありました」という報告があったりして、元気がない理由が分かることもあります。

もちろん、食欲がなかったということも、どのくらい食欲がなかったのか、いつもと比べてどんな様子で食べなかったのかということを具体的に伝えましょう。「少し咳がでていました」といった体調の変化の前兆となるようなことも伝えるならば、家庭でも気を付けて様子を見守ってもらうことができるでしょう。

保護者からのコメントや質問などには必ず答える

father and little daughter go to school or daycare

連絡帳には、保護者からの家庭での様子についてや、相談なども記入されます。保護者からの質問などには必ず回答するとともに、一緒に考えていく姿勢を見せましょう。

家庭での様子に対しては共感するメッセージを書いたり、アドバイスをすることもできるでしょう。保護者が感じている不安や疑問に対しても、園ではどのように取り組んでいるか、どういった方法があるのかということを詳しく考えていくとよいでしょう。

連絡帳は、保護者との交換日記のようなものです。子どもの様子を事務的に伝えるだけでなく、保護者を応援するような内容にできたらと、保護者の方も安心することができたり、保育士を信頼してくれるようになるでしょう。

トラブルに関しては必ず口頭でも伝える

Babys playing together in the kindergarten.

お友だちと喧嘩をしたことや、なにかケガをしたことなどは、文章でも伝えますが、必ず口頭でも伝えるようにしましょう。文章だけですと、受け止め方によっては誤解されてしまったり、捉え間違えられてしまうということもありえます。

それで、主任の先生や園長先生と相談したうえで、事実とそれが発生した経緯、その後にどう対応したのか、今度どのように注意していきたいと思っているのか、ということを細かく伝える必要があります。文章報告だけで済まそうとするならば、保護者からの信頼がなくなったり、誤解されてトラブルが大きくなることがありますので、実際に話をして、保護者の方に不安を残さないような形で、状況や出来事を説明し、必要なら謝罪しましょう。

言葉遣いに気をつける

文章というのは、こちらの意図や気持ちが誤解されることも多いものです。それで、相手にとってこの言い方はどのように受け止められるだろうか?ということを良く考えて文章を作成する必要があります。

例えば「〇〇ちゃんに~をしてあげました」という文章を保護者が読んだ時、どんな印象を受けることがあるでしょうか?もしかしたら、上目線の言い方だと感じて、気分を害する方もいるかもしれません。

保育士としてはそんな意図は全くないとしても、受け取る側の受け取り方によっては、上目線の文章に感じたり、批判的な文章に感じたりすることがあります。それで、読む人の気持ちになって、言葉遣いなどを選択し、ポジティブで節度と誠意を保った印象を与える文章を心がけましょう。

連絡帳は、子どもの大切な成長日記!

Boy and girl playing on the beach on summer holidays. Children in nature with beautiful sea, sand and blue sky. Happy kids on vacations at seaside running in the water

連絡帳の記入というのは、なかなか難しかったり、内容を考えるのが大変だったりしますよね。でも、じつは保護者の中には、保育園の連絡帳をずっととっておくという人も少なくないようなんです。

その中には、子どもがいつ何ができたのか、お友だちとどんなふうに関わっているのか、どんな悩みがあってどう対処したのか、などの成長の様子が細かくつづられているからです。これは、保護者の方にとったら宝物にもなるものだったりします。

普段一緒にいられない人にとって、保育士が毎日一人ひとりの様子をよく観察して、その様子を伝えてくれる連絡帳を読むは楽しみの一つだったりすることもあります。そして、細かく1日の様子を知ることができると安心でき、保育士への信頼にも繋がります。

ぜひ、保護者の方が喜ぶ連絡帳を書いて、良いコミュニケーションや信頼関係を築いていきたいですね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事