先輩保育士が求める新人保育士さんの行動や考え方!

先輩保育士が求める新人保育士さんの行動や考え方!

先輩の保育士さんたちが、新人の保育士さんたちに期待していること、あるいは望むことって何なのでしょうか?これから初めて保育士として就職する方にとって、ちょっと意識したいポイントをご紹介していきます。

先輩保育士が求める新人さんへの行動や考え方

保育士と保育園と子ども

大学や専門学校などの、保育士養成施設を卒業し、見事保育士としての資格を得た方や、あるいは、自分で通信講座を受講したり、独学で学んで保育士試験を受け、保育士資格を取得した方も、これから現場で保育士として、国家資格を活かした仕事をすることに、期待とそして不安を感じていると思います。

きっと、どんな方も子どもたちが好きだと思います。それで、子どもたちの成長に関わっていける仕事をすることを望み、保育士という仕事を選んでこられたのでしょう。

自分のしたいと思った仕事を本当に実現する事ができるのは、とても素晴らしいことですよね。しかし、やはり働き始めというのは、どうしても、何をどうしたらいいのかということがわからなくて、毎日が必死で、毎日が焦ってしまうことも多いと思います。

でも、しっかりと職場とのコミュニケーション、そして子どもや保護者への配慮ができれいれば、保育園という場所でやりがいを感じる事ができるでしょう。逆に、それができないと、いつまでたってもなんだか自分の居場所を感じられない・・・ということも起きるかもしれません。

では実際に、先輩の保育士さんたちが、新人の保育士さんたちに期待していること、あるいは望むことって何なのでしょうか?

これから初めて保育士として就職する方にとって、ちょっと意識したいポイントをご紹介していきます。

先輩の保育士が新人保育士に期待していることって!?

保育園

どんな職業を選ぶにしても、だれでも新人時代というものがあったはずです。新人時代というのは、とにかく右も左もわからずに、毎日が必死だったと思います。

保育士として働くときも、研修などで実務経験をがある人は園がどんな雰囲気でどんな感じなのか知っているとしても、実際に、1年間職員として働くとなるとやはり違ったものと感じると思います。

保育士という仕事は、みなさんも知っている通り内容は簡単ではありません。一人ひとり個性の違う子どもたちの安全と健康、そして成長を見守ります。そしてさらに、これまた一人ひとりちがった保護者との信頼関係を築かなくてはいけません。

他にも、雑務や事務仕事などもたくさんありますので、毎日がハードです。そんな中、やはり職員同士が協力したり、よいコミュニケーションが取れていないと効果的な保育が進められなかったりします。

それで、新人保育士さんは職場では覚えることもいっぱいだし、常にスキルの向上を考えていく事が必要です。

しかし、仕事への取り組み方、そして社会人としての一般常識がしっかりとしていれば、きっと新人の頃も、先輩たちと良い関係を育み、仕事の質を向上させスキルを積みあげていくことができるでしょう。 それで、やはり新人の頃は、職場の先輩に指導してもらい、仕事を教えてもらう必要があるのですが、先輩たちから見て、新人保育士にはどんなことを求めているのか、ということを知ると良いと思います。

そしてさらに、”NG”とされている態度や行動をチェックしておけば、新人時代の失敗やトラブルをできるだけ回避できるのではないか、と思います。

では、さっそくまずは先輩保育士が新人保育士に望む5つのポイントを見てみましょう。

”教えてもらう”姿勢と、感謝の気持ち

遊ぶ子ども

まず、どの職場でもそうですが、新しく新人として就職するときには、そこにいる先輩たちに、仕事内容、仕事の仕方など、そこで効果的に働く際に必要なあれこれを教えてもらう立場になります。

大学や専門学校で知識をちゃんと得てきたとしても、保育士試験を合格したとしても、現場で働くということには、いろいろなアクシデントや学校で学ぶ事意外に必要なスキルがたくさんあるわけです。

それで、最初の頃はわからない事だらけだろうし、さらに失敗やミスもいろいろとしてしまうはずです。それで、最初から「自分はなんでもわかっている」という態度は厳禁です。

そのような「なんでも知っている」というような気持ちでいると、失敗も多くなるし、先輩に必要な情報を得ずに勝手に動いてしまうこともあり、子どもたちを危険な目に合わせることさえあるかもしれません。

それで、「わからないことは、なんでもおしえてもらおう!」という意識を持つほうがよいでしょう。もちろん、保育士として誇りと自信を持って仕事をしていきたいと思いますが、これから先輩たちに、助けてもらうこと、教えてもらう事、フォローしてもらうこともたくさん出てくると思うので、先輩たちへの「お願いします」という態度を持っていることは大事だと思います。

そして、当然のこととして「ありがとうございます」という感謝の気持ちも大切です。これから、子どもたちの成長のために一緒に頑張っていく仲間として、お互いにサポートしたり、フォローしたりしていく必要がありますし、新人なら特に迷惑をかけることも多くなりますので、一緒に働く仲間への感謝の気持ち、というものを忘れないでいると、先輩方とのコミュニケーションも円滑にすることができるでしょう。

丁寧な言葉遣い

子供と話す

毎日が忙しく、ストレスも溜まってくるとついつい言葉遣いも雑になってきてしまうことがあります。ときには、子どもたちには真似されたくないような言い方とか、言葉遣いというものが飛び出してしまうこともあるかもしれません。

言葉遣い、というのは人間関係のコミュニケーションを円滑にするか、しないかを左右したり、あるいはその人自身に対する他人からの評価にも影響し、保護者が保育士を信頼してくれるかを左右するとても大事なポイントでもあります。

そして、子どもたちは大人の言葉遣いを真似します。もし、あなたの言葉遣いを子どもが真似して「〇〇先生の真似をして、子どもがこんな言葉を使うようになった!」なんてクレームが付いたら大変です。

つまり、言葉遣いというのは周り、子どもたち、保護者、そして同僚の保育士たちからとても見られていて、あなたに対する評価、信頼度に大きく影響するのです。

それで、保育士は「先生」って呼ばれるわけなので、立場をわきまえた人は、自分の言葉遣いにしっかりと注意してほしいと思います。

例えば、若者言葉で話すこともやめましょう。友だち同士で話すときに使うような、砕けた言い方がついつい出てきてしまうことがあるかもしれませんが、そのような言葉使いを保護者の方が聞いたり、あるいは保護者と朝やお迎えのときに会話する際に遣ってしまうなら、それが保育士への不信感につながってしまうことがあります。

保護者の方の中にも話しやすい人、ちょっと緊張する人がでてきますが、話しやすいような方に対しても、常に丁寧な言葉遣いをしていかなくてはいけません。

それに、職員同士でもやはり言葉遣いをきちんと丁寧なものにしている必要があり、特に先輩方に対して過度に馴れ馴れしくするのはやめましょう。

常に場と立場をわきまえは、言葉遣いをするには、やはり日頃からの丁寧な言葉選びという心がけも必要だと思われますので、もし友人同士で砕けた言葉遣いや厳しい言い方をしていたという方は気をつけていきましょう。

ちなみに、園児を呼ぶさいにも呼び捨てにしたり、あるいはある特定の子だけ愛称で呼んだりすると、それが保護者からのクレームになったり、特定の子をひいきしているというようなトラブルになったりすることもありますので、園のルールに沿って呼びかけることも忘れないようにしましょう。

社会人としてのマナーを守る

マナー

どんな職場で働くとしても、社会人としての一般常識を持っている必要があります。

例えば、当たり前のことですがあいさつをする事は、良い人間関係を築くためには欠かせないポイントです。あいさつは、相手への敬意を表す方法でもあり、気持ちよく過ごすために必要なことです。

保育園でも子どもたちにはあいさつを教えますよね?その教えている先生が、ちゃんとあいさつができていないなんて問題です。

それで、毎日のことですが自分から大きな声で一人ひとりに、同僚、保護者、子どもたちにあいさつをすること、これは職場でのマナーの一つです。

さらに、時間を守ることもあります。もし、どうしようもない事情で時間に遅れてしまうときには、必ず連絡を入れる事も忘れないようにしましょう。

時間という点で、期限を守るということもマナーの一つでしょう。提出物の期限はしっかりと守り、前もって計画的に仕事をするようにしましょう。

さらに、どうしても期限に間に合わないというときには、前もって園長や上司に相談することも必要です。期限の直前になって「できません」では、他の先生達も仕事をたくさん抱えているので、どうしようもありません。

それで、しっかりと自分の仕事を把握し、計画し、余裕を持って行動し、できないと思ったときには前もって相談することをしましょう。

それで、”そうれんそう”も欠かせません。”ほうれんそう”とは、報告・連絡・相談です。

情報を常に共有していく、勝手にしないで相談する、ということを意識します。これは、一緒に働く同僚、上司、そして保護者の方へ必要なこととなります。

保育園は協力して働くチームで、同じ目標を持って子どもたちのために保育を考え、進めていく必要がありますので、勝手に動いてしまうと効果的な保育ができないどころか、子どもたちを危険な目に合わせることさえあるのです。

そして、保育士の仕事はどんなときにも、対”人”です。とにかくコミュニケーションが必要だし、意思の疎通が取れていないと大きな問題が起きてしまいます。

さらに、自分の机、持ち物の整理整頓ができているかどうかも見られてします。身の回りの整理整頓ができていないと、園児たちにも顔向けできないし、周りにも迷惑を欠けてしまいます。

そして、服装や身だしなみも他の人の気持ちに配慮すること、その場に合ったものにすること、そして、園の方針やルールをよく理解し、それを守ることも必要でしょう。

積極的に取り組む姿勢

子どもと女性

新人の頃には、わからないことがたくさんあって当たり前です。先輩の保育士たちも、そのことはよく分かっています。

それでも、自分がいま持っているスキルや知識を活かして一生懸命に働こうとしている姿を見て、ちゃんと評価しています。それで、積極的に自分にできることをやる事、さらには学ぼうとする姿勢が大事だと思います。

たまに、何をしていいかわからないときなどに、ずっと黙って立っているだけで、自分から何か行動しない人がいますが、そのような常に言われないと動けないとか、受身の姿勢だと、やる気がない人と見られてしまいます。

もし、何をしたらいいのかわからなくなったり、どうしたらいいのかわからないときには、自分から「何かお手伝いすることがありますか?」と聞いたり、「すいません、〇〇についてどうしたらいいですか?」と聞く事ができると思います。

もし、何かやってみたい保育があるなら、まずは先輩に相談してからやると良いでしょう。積極的に自分で考えることや、先輩に聞くという姿勢、そして相談して行動する、ということを見せると、先輩方からも信頼され、仕事を任されることも多くなっていくでしょう。

笑顔で働く

笑顔の子どもと女性

新人の頃というのは、雑用をたくさん任されますし、新しい事もたくさんあって、仕事は毎日大変かもしれません。雑用をすることに飽きてしまうこともあるかもしれません。

でも、雑用からも保育についていろいろと学ぶことがありますし、すごく大事な仕事の一部なんです。それで、どんな仕事も子どもたちのために、できれば笑顔で働きましょう。

そして、自分に任された仕事を一つ一つしっかりとこなしていくようにしましょう。いやいややっていると、仕事が適当になったり、あるいは仕事を覚えようとしないので、毎回先輩に方法を聞く、ということもありえます。

先輩としても、同じ仕事内容を任せているのに、毎回方法を聞かれると不信感を持ってしまうし、他の仕事を任せられません。それで、雑用も多いと思いますが、一つ一つの仕事をまずはちゃんと果たすようにしていきましょう。

さらに、自分の身体的、精神的な体調管理も仕事のうちです。

毎日の激務、さらには子どもたちと接することで、風邪を引きやすいことや、体調を崩しやすくなります。保育士の仕事はとにかく体力勝負と言われています。自分の体調は自分にしかわからないので、しっかりと自己管理をして体調を整えることを意識しましょう。

そして、精神的にもストレスを発散する時間をとる事や、自分にとってのリフレッシュの方法を知ることなど、心のケアもしていける人が望ましいです。

というのも、保育士は常に人と接していて、人間関係でストレスを抱えることもあるし、新人として失敗したり、あるいは先輩からのキツイ指導を受けることもあります。失敗は誰にでもあるし、失敗することから学ぶことも多いのですが、それでもやはりがっかりしたり、落ち込んだりすると思います。

そうゆう、ストレスがたまったときや、自分が落ち込んだときに、どうしたら立ち直れるか、ということを知っている人は強いですよね。

心のケアや、落ち込んだときに立ち直るための方法は人それぞれ違うと思いますが、それを見つけて、また次の日に、笑顔で子どもたちと接することができるようにしておけると良いでしょう。

子どもたちにとって、先生が笑顔でいてくれることで安心します。それで、いろいろなときやがっかりする出来事があっても、笑顔で仕事ができるように自分を管理できるといいですよね。

”NG”な行動、態度とは!?

怒っている女性

ここまでで、先輩保育士が新人保育士に望んでいるポイントの幾つかを見てきました。社会人として新しいスタートをきる、ということは最初はいろいろと大変かもしれませんが、ポイントを抑えておけば、焦ることなく、一つ一つ自分にできることを増やしながら、責任感を持って仕事をしていけるでしょう。

では、逆に「これはだめでしょ!」って思われる、NGな行動&態度を最後に確認しておきましょう。つまり、先輩保育士が、新人保育士にされたらがっかりすることです。

まず、やはり一般的な常識に欠けている人はがっかりされてしまいます。あいさつができない、時間を守らない、丁寧な言葉遣いができないなどです。無断で欠席したり、何も連絡もせずに遅刻をするなどの、社会人としてのマナーが守れていない人は、それだけで信用をかなり失ってしまいますね。

さらに、同じ失敗を繰り返すこともNGな行動です。だれでも失敗やミスはしてしまいます。

でも、そこから学んで次に同じ失敗を繰り返さないようにすることが大事ですよね。どうして失敗してしまったのか、どうしたら良かったのかということを考え、わからない場合にはしっかりと先輩に相談するなどして、解決しておかなくてはいけません。そして、当然のことながらもし自分の失敗によって誰かに迷惑をかけたなら、その人たちのところに行って謝ることも必要です。

さらに、自分から行動が何もできないとか、私情を持ち込んで笑顔が出せないとか、元気が出せないということも困ってしまいます。

これらのことに気をつけて、焦らず、でも積極的に仕事を覚えて、笑顔で仕事をしていけるといいですね!

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事