【児童発達支援センターの仕事】特徴や求人の探し方・資格も解説!

【児童発達支援センターの仕事】特徴や求人の探し方・資格も解説!

「児童発達支援」は、障害のある子どもたちのために設けられている、通所支援のひとつです。お住まいの地域の児童発達支援センターや児童発達事業所に通いながら、療育や生活で自立していくための支援を受けることができます。今回は児童発達支援センターについてまとめました!

児童発達支援センターの特徴や仕事について知ろう!

お絵かきする子ども

「児童発達支援」は、障害のある子どもたちのために設けられている、通所支援のひとつです。お住まいの地域の児童発達支援センターや児童発達事業所に通いながら、療育や生活で自立していくための支援を受けることができます。

療育を必要としている子どもたちが増加していることや、発達に不安を抱えている保護者への支援という視点から、近年では児童発達支援のニーズが高まり、注目を集めています。

今回は、そのような児童発達支援について、お仕事の内容や、働く環境、必要な資格、そしてどんな求人があるのかという視点から、児童発達支援センターのお仕事に関して、特徴やメリットをご紹介していきます。

「児童発達支援」とは?

遊んでいる子どもたち

近年、子どもの発育に心配を抱えている保護者が増加しているようです。その保護者を支援するという観点から、急速に注目を浴びつつあるのが「児童発達支援」です。「児童発達支援」とは、小学校に就学する前の障害のある子どもたちが、日常生活をしていく上で必要な基本動作や知識技術を習得して集団生活に適応できるよう、支援するための通所訓練施設のことです。障害児を支援することが目的なので、遊ぶ場も学ぶ場も提供する広い意味での支援も可能です。

この児童発達支援の制度は、2012年の児童福祉法が改正されてからスタートしたものです。この児童発達支援の児童福祉施設は、具体的には2つの種類に分かれています。「児童発達支援センター」と、それ以外の「児童発達支援事業所」に分けられています。さらに、「児童発達支援センター」には、「福祉型」と「医療型」の2種類になっています。

「児童発達支援センター」は、施設の持つ専門機能をいかして、その地域で暮らしている障害を持つ子どもたちやその両親への相談を受けたり、アドバイスする施設です。その他にも、障害のある子どもを預かる保育園へ定期的に出向いて様子を見ることで、援助を行なったり、保育士と話し合って助言を行なったりなど、施設に通う子どもたちのケア以外の役割も担う施設になっています。福祉サービスを行なう「福祉型」と、福祉サービスに併せて治療も行なう「医療型」に分かれています。

さらに、児童発達支援センター内の他の事業として、放課後などにデイサービスなども行なっているというケースもあります。その場合は、施設を利用することのできる対象者は未就学児に限りません。この放課後デイサービスは、学校通学中の障害児に対して、放課後や夏休みなどの長期休暇中などに、生活能力を向上できるように訓練などを継続的に提供することにより、学校教育と共に障害児の自立を促進すると共に、放課後や長期休暇などの居場所づくりを推進していく支援です。

「児童発達支援事業所」は、障害のある未就学児が、日常生活においての基本動作や知識技術を習得して、集団生活に適応できるように支援するための通所施設になっています。主に、施設に通う子どもたちのケアを行います。児童発達支援センターは、地域の中心となる障害児の専門施設となっているので、数多く設置してあるわけではありませんが、児童発達支援事業所は通所しやすいよう数多く設置してあります。

児童発達支援では、どのようなサービスが提供されるの?

子どもの遊び

実際に、どのようなサービスが提供されるのか、施設の概要をみてみましょう。

利用対象者は、身体障害、知的障害のある未就学児、または精神に障害のある未就学児が対象となります。発達障害も含まれます。ただし、児童発達支援センターの医療型については、上肢、下肢、体幹機能に障害のある未就学児が対象になります。

児童相談所や、市町村保健センター、医師などにより療育の必要性が認められた児童であるならば、手帳が有っても無くても利用することができます。

提供するサービスは、日常生活における基本的な動作の指導、知的技能の付与、集団生活への適応訓練、医療型の場合には上肢・下肢または体幹の機能障害のある児童に対しての治療などが、主に提供されます。

このようなサービスを提供することで、子どもたちを育てている家族に、日々の疲れを取ってもらう、レスパイトケアとしての役割も担っています。

また、児童発達支援センターでは、障害のある子どもが通っている保育所などを訪問したり、発達に心配を抱えている保護者の相談を受けたりする地域支援も行っています。

児童発達支援施設で働いているのはどんな人?

作業をする子どもたち

児童発達支援センター、児童発達支援事業所では、法律で定められている人員配置の基準は異なりますが、どちらも資格がなくても「指導員」として働くことができます。ただし、「児童指導員」は資格が必要です。働く環境を知るためにも、人員配置や設備に関しての基準について確認してみましょう。

人員配置基準

「児童発達支援事業」

管理者常勤1人
児童発達支援管理責任者常勤1人以上(一定の実務経験と児童発達支援管理責任者研修及び、相談支援従事者初任者研修(講義の部分)の修了が必要)
指導員または保育士このうち1人は常勤であることが必須。ただし、障害児が10人まで:2人以上10人を超えて5またはその端数を増すごとに2人に1人を加えた数以上
機能訓練担当職員日常生活を営むのに必要な機能訓練を行なう場合には、機能訓練担当職員を置く必要があります。(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、心理指導担当職員)この人数は、指導員の数に換算することが可能です。

「児童発達支援センター」

嘱託医1人以上
児童指導員1人以上
保育士1人以上(児童指導員と保育士は子どもの数を4で除した数以上必要)
栄養士1人以上(40人以下の施設は例外あり)
調理員1人以上(40人以下の施設は例外あり)
児童発達支援管理責任者1人以上 (一定の実務経験と児童発達支援管理責任者研修及び、相談支援従事者初任者研修(講義部分)の修了が必要)
その他の必要な職員日常生活を営むのに必要な機能訓練を行なう場合には、機能訓練担当職員を置く必要があります。(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、心理指導担当職員)この人数は、指導員の数に換算することが可能です。主たる対象とする障害が難聴の場合には、聴能訓練担当職員2人以上、言語機能訓練担当職員が2人以上が必要

施設基準と定員

機能訓練室定員はおおむね10人。1人あたりの床面積は2.47平方メートル以上。
遊戯室1人あたりの床面積1.65平方メートル以上。
その他医務室、相談室、調理室、便所、屋外遊戯場(付近にある屋外遊戯上に代わる場所を含む)その他、支援の提供に必要な設備及び備品等を備えること。ただし、主たる対象を知的障害とする場合には静養室を設け、主たる対象を難聴とする場合には、聴力検査室を設けることが必要です。
定員利用定員10名以上(主として重症心身障害児を通わせる場合は、5人以上)

児童発達支援施設で働くのに必要な資格は?

資格

児童発達支援で働くために必要な資格は以下のようになっています。

・児童発達支援管理責任者:業務範囲に応じた実務経験や資格と研修などの要件が必要になります。

1)相談支援業務経験で要件を満たす…施設等・保健医療機関等・就労支援センター等・特別支援教育等・その他での5年以上の経験(相談支援業務とは、身体上、精神上の障害がある、環境上の理由により日常生活に支障がある人の自立について相談に応じ、助言、指導などの支援を行なうものです。)

2)直接支援業務経験で要件を満たす…施設等・医療機関等・就労支援業務等、特別支援教育等、その他での10年以上の経験(直接支援業務とは、身体上、精神上の障害がある方の入浴、排せつ、食事などの介護を行ない、その方の介護者に対して介護に関する指導を行なうというものです。)

3)有資格者が経験で要件を満たす…社会福祉主事等、訪問介護員等、児童指導員等、保育士等、精神障害者復帰施設指導員等での5年以上の経験、医師社会福祉士等で1+2の期間要件を満たす場合は3年以上の経験

研修の受講…都道府県が実施する「児童発達支援管理責任者研修」の受講が必要です。これは、実務経験とは別途必要になります。

児童発達支援管理責任者は「児童発達支援センター」や「児童発達支援事業所」や他にも放課後デイサービスなどの障害児を支援するサービス施設に配置義務付けられています。

主な仕事の内容は、スタッフの適正な配置、スケジュールや送迎等の時間管理、利用時間を管理して保護者からの印鑑をもらうための記録票の作成、指導員が書く保護者への連絡票のチェックと捺印、近隣住民からの苦情や保護者からのクレーム対応などがあります。もちろん責任者は、子どもたちを療育していく上でのリーダーでもあるので、他にも仕事は多岐に渡ります。

この児童発達支援管理責任者の資格は、現場に立つ指導員との兼務はできないということになっていますが、管理の業務は可能です。そのため、この資格を保有している多くが、管理を兼務しながら日々の実務をこなしているのが実情となっているので、その仕事の内容はとてもハードなものとなっています。

そして、まだまだ現状では、障害について寛容な社会になっているとは言い難いといえます。実務的なものだけではなく、近隣住民や保護者といった周りとの調整がとても大変でもあります。

おもちゃで遊ぶ

・児童指導員

児童指導員とは、児童福祉施設などで子どもたちの教育や指導や手助けを行なう専門員です。子どもたち一人一人のことをしっかりと考えて、適切なサポートを行なうことが求められています。

児童指導員に必要な資格には、大学や短大の社会・教育・心理・社会福祉学部を卒業すること、指定の養成機関を卒業すること、小中高いずれかの教員免許を取得すること、社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取得していること。

・指導員

資格不問となっています。特に資格は不要です。ただし、就職活動などの場合には、保育士、社会福祉士、介護福祉士などの資格があったり、もしくは知識があるという方はそれを活かすこともできるでしょう。

他には、送迎業務が発生する関係上、応募の際には普通運転免許が必要になる場合があります。

では、児童発達支援施設で働く指導員の具体的な業務内容はどんなものがあるでしょうか。

それには、お迎え・お見送りといった送迎、手洗いやうがいや排せつなどの日常生活の支援、戸外や屋内での遊びの展開、行事、給食やおやつの提供や補助、日報の作成などがあります。ただし、児童発達支援管理責任者の場合には、請求事務や相談支援、支援計画の作成などの業務も任されます。

児童発達支援の求人

子どもと保育士

世間的にはあまり認知の進んでいない児童発達支援の事業ですが、実は求人数はたくさんあります。

指導員は、無資格でもなれるわけですが、現状は即戦力としてなりうる保育士や介護等の現場経験を持っている方の方が有利となっているようです。

また児童発達支援管理責任者の資格を持っている方、また指導員として実務が5年以上ある方は、資格の要件を満たすため現状ではとても求人が増えてきています。これは働きながら資格を取得してもらおうという意図があるためだと思われます。

実際の求人を見てみると、下記は児童発達支援の求人の一例です。

職種:保育士

雇用形態:正社員    

給与:月給180,000円~   

勤務時間:8:45~17:00(週40時間労働)   

休日:週休制度あり(4週6休制)月2回土曜日に出勤あり   

応募資格:保育士資格保持者、保育士資格取得の見込みの方・できれば普通自動車運転免許
職種:児童発達支援管理責任者

雇用形態:正社員

給与:月給220,000円~

勤務時間:1)10:00~18:00 2)13:00~20:00

休日・休暇:週休2日制・有給休暇あり   

応募資格:1)児童発達支援管理責任者 2)有資格者の方で、障害・介護・医療業界での経験が資格取得後、合計5年以上の方 3)無資格者で障害・介護・医療業界での経験が10年以上の方 4)有資格者で障害背施設の経験が合計3年以上かつ有資格の経験が合計5年以上 これら1~4がどれか1つでも該当する方

このような求人を見つけることができます。

働く上でのメリットやデメリットにはどんなものがあるのか?

子どもたちの障害の種類や、抱えている困難は多種多様でたくさんあります。一人一人とじっくりと向き合って、子どもたちのことを理解しようと自主的に学び続けるという姿勢は大切になってきます。

その様な中でも、子どもたちの発達段階や、興味のあることや関心のあることにしっかりと寄り添い、集団生活の楽しみを伝えたり、優れた部分を伸ばしていくことは、大きなやりがいと感じることでしょう。

本を読む子ども

では、働く上でのメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

・無資格でも指導員としてチャレンジできる

・一人一人の子どもにじっくり関われる

・障害のある子どもの対応のプロフェッショナルになることができる

・資格があるなら福祉資格の知識を多方面で活かすことができる

・社会貢献になる

・将来的なニーズが大きい

お絵かきする子ども

では、働く上でのデメリットにはどんなことがあるでしょうか。

・障害やその支援法など専門の知識を身に着ける必要がある

・保育士の知識だけでケアのすべてを網羅することができない

・子ども一人一人に異なったケアが必要になる

・スタッフ間に知識や経験の差がある

・機能訓練担当職員など、さまざまな立場の職員とのコミュニケーションを図ることは欠かせない

・通常の保育施設などに比べて求人が少ない

まとめ

子ども

障害のある子どもたちのケアには、子どもたち一人一人に応じた対応というのが必要となり、難しさも生じることも少なくないでしょう。また、保護者を支えるというレスパイトケアというものも欠かせません。けれども、だからこそやりがいを感じるんだと思える部分も多いといえます。

社会貢献度の高いお仕事に興味があったり、保育士として障害のある子どもの保育に携わったことのある経験を存分に活かしてみたいという方、次のキャリア形成の場として、児童福祉支援施設を検討してみられるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事