公立保育士になりたい!公務員試験の科目や内容、合格率を徹底調査!

公立保育士になりたい!公務員試験の科目や内容、合格率を徹底調査!

公立保育士という職業を聞いたことがあるでしょうか?公務員保育士とも言われています。「公務員」と付くだけあって年収も高く待遇もよさそうですが、本当に公立保育園で働く公立保育士は待遇がいいのでしょうか?今回は、公立保育士について詳しくみていきたいとおもいます。

公立保育士の仕事と公務員試験や内容を詳しく知ろう!

お母さんと遊ぶ子ども

公立保育士という職業を聞いたことがあるでしょうか?公務員保育士とも言われています。「公務員」と付くだけあって年収も高く待遇もよさそうですが、本当に公立保育園で働く公立保育士は待遇がいいのでしょうか?今回は、公立保育士について詳しくみていきたいとおもいます。

公立保育士という職業を初めて聞いた方も、公立保育士を今まさに目指しているという方も参考にしていただければと思います。

では、まずは公立保育士とはどのような職業かという点を考えていきましょう。

公立保育士とは?

ぬいぐるみに囲まれる子ども

公立保育士になるには公務員試験に合格した保育士資格を持った人のみがなれます。そして、名前の通り公立の保育園で保育士として働く公務員のことです。仕事内容は公立の保育園で働いても私立の保育園で働いていてもあまり違いはありませんが、公的機関で働いているのか、民間企業で働いているのかという違いがあります。公立保育士は県や市、町などの自治体が経営する保育園に勤務している保育士ということです。

私立の保育園で働いている保育士と働く内容はそれほど違いは無くても働き方が少し違うようです。

まずは保育方針について言えば、私立の保育園は独自性や個性を出すために新しい試みやサービスを取り入れていくことが多いようです。一方で公立の保育園は保守的なところも多く、新しいことを取り入れるというよりは今までしてきたことをずっと続けるというような傾向があるようです。ですから、何か新しいことをしたいという方には物足りないと感じることもあるかもしれません。

また、公務員なので転勤があります。私立の保育園に勤務する人はその保育園に雇われているので辞めない限りずっと同じ保育園で勤務しますが、公立保育園で働く公立保育士は転勤や異動があります。別の保育園に異動ということもありますが、時に保育園ではない所への異動ということもあり得ます。

例えば児童福祉施設などです。自治体内での転勤や異動なので遠くに行くということはないかもしれませんが、保育園だけで働きたいと思っている方には向かないかもしれません。

こうした点を踏まえて、自分が私立の保育園で働きたいのか、公立の保育園で働きたいのか良く考える必要があるでしょう。

では気になる給料面についてみてみましょう。

公立保育士の給料はどのくらいか

給料

全国の平均給料月額は約331,816円です。平均年齢は43.6歳という結果が出ています。

一方で、私立保育園に勤める保育士の全国平均は約221,900円で平均年齢は36.3歳です。

この数字だけを見るとやはり私立保育園で勤めるよりも公立の保育園に勤めた方が給料が良いことが分かりますね。

公務員というのは長く勤めれば勤めるほど昇給していきます。離職率が多く、長く勤務するということが少ない私立保育園に比べて、公立保育士というのは途中退職者がほとんどいないのでそれだけ平均年収が高くなります。産休や育休などを取りやすい公務員だからこそ働きやすいので離職者が少ないということですね。

公立保育士には臨時職員(非正規雇用)で働く方もいます。私立保育園でいうパートまたはアルバイトという位置です。臨時職員の時給はどうでしょうか?

例えば東京都千代田区の一例を見ると、土曜日出勤ありの月に20日、7時30分から20時30分のうちの6時間45分で日額7,400円、7時30分から20時30分のうちの3時間だと時給1,343円から1,434円となっています。

やはり、こうしてみると正社員であっても臨時職員だとしても私立保育園より公立保育園の方が給料は高いことが分かります。

保育園

なぜこのような差が生じるのでしょうか?

先ほども述べたように、平均年齢が10歳も違うことによってベテランが多い公立保育士の平均年収が多いということと、私立保育園に勤める保育士が子育ての為に一度離職し、子育てが一段落して復帰する時には正社員ではなく契約社員やパートとして勤めることが多いからということもあるようです。

公立保育園とは違って私立保育園では産休や育休が取りにくいのが原因かもしれませんね。

こうした差というのは経験年数が長くなれば長くなるほど生じてくる可能性があります。公立保育園では私立保育園とは違って毎年昇給するからです。

しかし、私立保育園の中には能力や経験に応じて給料が上がるというところもありますから、能力や経験がある私立の保育士が公立保育士よりも給料が高いということもあります。

では、福利厚生の面はどうでしょうか?

一般企業で勤める場合、年金は基礎年金と厚生年金です。しかし、公務員はその他に退職共済年金というものがありますので、退職した後も安心です。

有給休暇については公務員だから簡単に取れるというわけではないようです。この点については、勤め先によって有給も取得しやすいかどうかが変わってきますので、一般の企業とさほど違いはありませんね。しかし、先ほども触れた産休や育休はしっかり取ることができます。退職せずに産休や育休をとって、また復帰する方が多いです。

その他にも人員配置には私立保育園よりも余裕があるようなので、勤務時間、仕事量は私立保育園の保育士よりは少ないかもしれません。そのため、休憩もしっかりと取ることができます。

このように、高収入で高待遇の公立保育士ですから、当然人気の高い職種となっています。募集が出されると何倍もの人が応募し、時には10倍の確率のところもあるようです。特に最近では正規職員の数が減らされて、臨時職員の数を増やしている傾向にあるようです。

また、公立保育園の民営化も進んでいるそうなので、正社員として公立保育士になるには狭き門となっています。

狭き門の公立保育士ですが、どのようになれるのでしょうか?次はその点について書いていきたいと思います。

公立員保育士になる方法

滑り台に乗る子ども

公立保育士になる方法は、自治体が実施している保育士採用試験に合格しなければなりません。しかし、公務員保育士採用試験に合格してもすぐに採用されるということではなく、採用候補者の一人として登録されるということになります。対象エリアの施設に欠員が出て、補充として採用の申し出があって初めて採用されます。

ですから、募集時期というのは明確には決められていません。6月から8月頃に募集がかかるということは多いようですが、自治体によっても違いますから役所に聞いてみる必要があります。

例えば6月から8月頃に募集を行なった場合は、9月に一時試験を行ない、10月から11月に二次試験となります。

では、公務員保育士採用試験の受験資格はどのようなものでしょうか?

受験資格として、現在保育士資格を有している、又は次年度4月までに保育士資格取得見込みの人です。保育士資格を持っていない方はまずは保育士の資格を取得してからの受験となります。

注意して欲しい点として、年齢制限がある所が多いということです。自治体によって年齢制限は異なりますので申し込む前に自治体に確認しましょう。年齢制限を35歳までというところもありますが、30歳までとしている自治体も多いですから、この年齢に近い保育士はしっかり確認してください!

また自治体の中には、その自治体に住んでいる人に限られていることもありますので、居住地以外の自治体の公務員保育士採用試験を受ける場合にはこの点も確認が必要です。

では、公務員保育士採用試験とはどのようなものでしょうか?

公務員保育士採用試験の内容について

おもちゃで遊ぶこども

試験は多くて三次試験まである所があります。自治体によって内容は違ってきますが、今回は一般的な試験の内容について書いていきます。

「一時試験」

教養試験や専門試験があります。基本的には選択式の問題のようです。作文を作って提出するところもあります。教養試験は、高校卒業程度の内容です。国語、数学、英語、理科、社会の5教科が基本の試験となっています。他に現代文、物理、化学、政治、経済といった補足的な試験が出るところもあります。専門試験は、専門学校で学んだことや実地で学んだことなどの保育士専門分野の試験です。

「二次試験」

口述試験として面接があります。他にも作文や適性試験、ピアノなどの実技試験、集団行動観察、体力検査を行なうところもあります。

合格率はどのくらいなのでしょうか?

自治体がどのくらいの人数を募集しているかによって違うようですが、多い時には1人から2人の募集に対して受験者が40人から50人もいるということもあるようです。公務員保育士採用試験の難易度は高く、合格率も少ないと言えます。

例えば、平成27年公務員保育士採用試験の試験結果によると、川崎市の倍率が一番高かったようです。受験者は82人いましたが一時合格者は13人で最終的に残ったのは4人という結果だったようです。ですから、20.5倍の倍率だったことがわかります。他にも、立川市では77人の受験者のうち一時合格者は28人、最終合格者は4人ですから、ここも倍率は19.3とかなり高い倍率の結果となっています。

では、どのように公務員保育士採用試験に臨めばいいのでしょうか?対策はあるのでしょうか?その点を考えましょう。

公務員保育士試験の対策について

試験

一時試験の出題内容は中学校から高校までの勉強の広い範囲となっています。また、一言に「社会」と言っても、世界史、日本史、政治経済など出題範囲は広範囲になります。ですから、どこを勉強していったらいいのか分からないという方も多いことでしょう。

そのために、自治体の過去問によって出題傾向をつかんでいきましょう。そうするならポイントを絞って勉強することができます。他にも、民間学校でで傾向と対策を勉強することができますので、そうしたサポートを頼ることもできます。

次に、専門分野の試験についてはどうでしょうか?基本的には保育士資格試験と同じような分野、例えば保育原理などが出題されます。もう一度保育士資格の試験の勉強をしましょう。自治体によっては保育と関係のないような内容の出題もあるようですから、ここでも自治体の過去問に目を通しておいてください。

小論文を提出する必要がある場合には、過去に出題された傾向からどのようなテーマが多いのかを見ておくとよいでしょう。例えば、保育や人物の知識についてなどの原稿用紙2枚から3枚程度のものなどです。普段から文章をわかりやすく簡潔にまとめるように努力するなら、あまり苦戦しないかもしれませんね。

一時試験に合格すると二次試験を受けることができます。二次試験では特に面接に重きが置かれます。ですから、まずは服装や身だしなみをきちんとしたものにする必要があります。公務員保育士試験の面接の際は、髪は黒髪でアクセサリーやネイルはしない方が望ましいでしょう。化粧や髪型も落ち着いたものとするべきです。

また、面接の時には笑顔でハキハキとした答えをすることで良い印象をもたれるので意識してみてください。笑顔で受け答えをするならば、子供たちにいつでも笑顔で接することのできる保育士であるという印象を感じてくれるかもしれません。

言葉遣いに関しても、「マジ」「めっちゃ」「えっと」「ヤバイ」などの言葉遣いはやめましょう。普段からこのことを意識していないと、面接でふとした時に出てしまうかもしれません。また、常に敬語を正しく練習しておくという必要もあります。

真剣に遊ぶ子ども

他にも、あらかじめ面接で聞かれそうな質問を予想して、答えを用意しておくなら本番でも慌てることなく、スムーズに面接にのぞむことができます。

公務員保育士試験でよく聞かれる質問として「なぜ保育士を目指しているのか」「どのような保育士になりたいか」「例えばこうした場面だったら、あなたはどのように対応するか」「今まで一番大変だったことは何か?どのように対処したか」など具体的に聞かれます。これに対するはっきりとした答えを提出できないと合格することは難しくなるでしょう。

「なぜ保育士を目指したのか」という質問はどういった経緯を経て保育士を目指したのか、その理由を求めている質問と言えます。ですから、ただ単に「子供が好きだから」では、合格するのは難しいでしょう。なぜ子供が好きになったのか具体的なエピソードを話したり、通っていた保育園の先生との思い出など、保育士を目指すことになったきっかけをしっかりと伝えましょう。

「どのような保育士になりたいか」といった質問に関しては、今後のキャリアビジョンや成長意欲を見るための質問です。具体的な例を挙げていきましょう。例えば、企画してみたい保育や行事、憧れている保育士をあげて、なぜその保育士に憧れているのかなどの理由を述べることもできます。

面接でアピールするポイントとして「仕事からできるだけ多く学んでいきたい」「長く勤めたい」「協調性がある」「臨機応変に対応できる」と言った点を伝えることです。学生時代に頑張ったこと、例えば部活やアルバイト、ボランティアなどから学んだことを話すこともできると思います。

中には「どうして〇〇市を選んだのですか?」というような質問もされます。そうした場合には「〇〇市に住んでいて、こんな所が好きです「とか「〇〇市でお世話になったので、今度は私が役に立ちたい」と具体的に述べることで市町村への愛情を話すことができます。ここでもできるだけ詳しく、具体的に話す必要があります。

言ってはいけないこととして「公務員は安定してるから」とか「給料がいいから」ということは避けましょう。公立保育士は私立保育園より待遇が良く給料も良いかもしれません。しかし、面接の際にこうした点を言ってしまうと「給料の為に保育士になったのか」と悪いイメージになりかねません。保育士は仕事の量も多く、待遇もいつまでもいいとは限りません。ですから〇〇市の為に働きたいという熱意のある人が採用となりますので、その点をしっかりとアピールしていきましょう。

公務員保育士試験の対策について知ることができましたね。狭き門ですから中には何回も受けても合格できないという方もいると思います。でも、保育士として働く場所は公立保育園だけではないので、中には公立保育園でなく、待遇のよい私立保育園に就職するという方法で保育士を続けておられる方もいます。もし、公立保育士として働くのが難しいと感じたら働きやすい私立保育園も探してみるのも手かもしれません。

まとめ

可愛い子供

公立保育士とはどのような保育士で、どのようになることができるのかを学ぶことができましたね。たしかに、公立保育士になるのは難しいかもしれませんが、今回学んだように試験の傾向と対策を知っていれば可能性は広がっていきますから、よく準備して臨んでくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事