台東区周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

台東区周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

東京23区の中で最も小さな区の台東区。人口は約20万人です。面積は小さいとはいえ、日本を代表するような観光地でもあり、浅草寺や上野動物園は全国から、そして世界から観光客が訪れます。さらに、台東区では近年マンションが続々と建てられていて、外国人も多く住んでいて、人口が増加傾向にあります。では、台東区での保育事業はどうなっているのでしょうか?保育の現状や、保育士さんへの支援制度などについて調べてみました!さらに台東区で働きたい保育士さんにおすすめの転職サイトについてもご紹介します。

台東区の保育士需要と保育事情

Sensoji Temple and five stories pagoda in Asakusa, Tokyo, Japan.

台東区の人口は増加傾向にあり、現在は約20万人が暮らしています。そして0~5歳までの児童人口も増加しています。そして、保育所等の入所者数はかなり増加しています。特に平成27年度からの増加が著しいと言えます。

台東区でも保育施設が拡大中!

平成20年の時点では保育所入所者数は1,722人でした。そのご、毎年少しづつ増加し平成25年には2018人を突破しています。それからは、さらに増加率が高くなり平成29年度には2,781人にまで増加しました。

とはいえ問題となっているのが、待機児童です。全国的にも待機児童が特に都市部で発生していて、保育所等に入所したいのにできずに、保護者が職場復帰できなかったりと問題となっています。

台東区でも、平成26年度頃からその数が増えてきました。平成20年の時点でも49人の待機児童がいたのですが、平成26年になりますと126人となり、平成27年には170人、平成28年には240人、平成29年には227人と近年特に増加傾向が見られています。

・台東区では保育所等の整備を進めている 保育所等の入所者数が増加させてきましたが、それでも待機児童数が増加傾向にあるということで、保育需要の高まりに追いつけていないという状況が伺えます。それで、教育・保育の量の見込みに対応する形で、保育所等の整備を行い、待機児童の解消を目指しています。

平成31年度も新たな保育施設の整備が予定されています。認可保育所は3ヶ所、各施設60名、そして1ヶ所が56名を定員として、合わせて236人分が拡大予定です。小規模保育事業所は2ヶ所整備される予定となっています。

・更に高まる需要に対処する取り組み 平成32年度以降にも需要はさらに高まるという見込みが出ています。

これまでも、台東区では地域のニーズに合わせて保育所等を整備してきました。保育需要が高まっていることの背景には、働く保護者が増えているということがあります。

女性が社会で活躍するようになったことや、共働き家庭が増えたこと、核家族化が進んでいるということは、仕事と子育ての両立ができる環境づくりが社会として大切になってきているということです。

なので、保育を担う保育士という存在は、台東区でもとても重要な存在であり、もっと必要とされているともいえます。

台東区の幼児教育の考え方や特徴

Group of preschool kids playing with toys on a carpet

台東区では、公立・私立の枠を超えて幼稚園、保育園、こども園などの幼児期の教育・保育を担う機関が共通の考え方を持って、小学校教育と円滑な接続と図り、その質を高めるためのカリキュラムを策定しています。それが「台東区幼児教育共通カリキュラムちいさな芽」です。

このカリキュラムによりますと、台東区の幼児教育理念は「人権尊重の精神に基づき、豊かな生活体験を積み重ねながら、規範意識の芽生えを育て、一人一人のよさと可能性を伸ばしていくことで、『生きる力』の基礎を培う。」というものです。

この理念に基づき、こどもたちには3つの力を身に着けてもらえるように取り組んでいます。

その3つとは、

1.「健康な心と体で生活できる力」 2.「相手や状況が分かり、楽しく活動し、協力できる力」 3.「自分で考え、意欲的に遊び、学べる力」です。

そのような力を身につけられるように、カリキュラムでは「生活・人との関わり・学び」を3つの柱として、連続性を踏まえた一貫した幼児教育を実施しています。

このように、台東区ではどの施設でも共通の考え方を持って幼児期の育ちを支えていくことができるように取り組みがなされています。台東区で働きくことを希望しておられる人は、ぜひ一度このカリキュラムをチェックしてみてくださいね!

そして、スーパーティーチャー養成研修という、特に指導力の高い保育士等を育成する研修も行っています。

台東区でも保育士が不足している

We Need You Message Concept

待機児童解消のために、台東区でもますます多くの認可保育所等の施設が整備されてきました。それで、より多くの保育士等の保育に従事する人材が必要とされています。

実際、保育士不足は全国的な問題になっているとはいえ、都市部では特に深刻な状態です。平成29年10月時点での東京都の保育士の有効求人倍率は約6倍にもなりました。つまり、1人の求職者に対して約6件の求人があるというくらい、人手不足なのです。

台東区でも、同じく保育従事者が足りていない状態です。これから、さらに保育施設が整備されれていけば、さらなる保育人材が必要とされていきます。それで、台東区では求人は常にある状態ですし、保育士需要はかなり高いと言えるでしょう。保育士にとっては、就職や転職がしやすく、職場を選べるといった環境です。

そして、保育人材を確保し定着させるために、台東区でも様々な取り組みをして、保育士を支援しています。では、どのような支援を行っているのかチェックしてみましょう♪

家賃補助がある!

Adult and child hands holding paper house, family home, homeless housing and real estate, insurance concept

台東区では、国と東京都の補助制度を活用した「保育従事職員宿舎借り上げ支援事業」を実施しています。これは、保育従事者のために事業者が宿舎を借り上げる経費を補助するというものです。

保育士にとっては、この制度を利用している施設に勤めるならば、家賃を補助してもらう事ができるので、毎月の経済負担がかなり軽くなります。

支援対象者は、私立または公設民営の認可保育所や認定こども園、地域型保育事業施設、認証保育所に常勤として勤務している保育士や、保育従事者です。ただし、採用されてから5年以内の人という条件になっています。

これは直接、区が保育士等に家賃補助を出しているというわけではなく、事業者が職員のために宿舎を借り上げていて、当該職員が入居する契約が結ばれているという状況に対して、1戸あたり月額82,000円を上限としたその7/8を補助するというものです。そして、残りの1/8事業者が負担してくれます。

つまり、82,000円以内であれば家賃がいらなくなる可能性があるということです。もし、82,000円以上であれば、超過分は事業者か個人が負担することとなります。対象経費となるのは、賃借料、管理費、礼金、更新料です。その他の敷金とか保証料などは自己負担となります。そして、原則台東区内に住む必要があります。

上京して保育士として働きたいけど、東京の家賃って高そうで心配・・・という人もいるかもしれません。しかし、台東区のこのような制度を利用できる施設であれば、ちょっと経済的にも気持ち的にも余裕ができそうですよね。

実際、台東区で一人暮らしをしようと思う場合、一人暮らし用の物件は7万か8万くらいが相場家賃といわれています。なので、この制度が利用できれば家賃がタダになるかもしれない!ということです。

ただし、施設によってこの制度が利用できるのか、そして条件なども違ってきますので、就職の前に条件や自己負担についても確認しておくと良いでしょう。施設によっては、家賃が82,000円以内だとしても、自己負担が生じる場合もあります。とはいえ、自己負担は所得税を減らす対策として生じる場合があり、1年間で見れば自己負担がないのと同じくらいの年収である場合もあるようです。

東京都保育人材・保育所支援センター

business, technology, internet and networking concept - businessman pressing support center button on virtual screens

東京都福祉人材センター内には「東京都保育人材・保育所支援センター」が設置されています。このセンターでは、保育士資格はあるけどブランクが長くて現場復帰に不安を感じている方などの再就職を支援しています。

さらに、保育のお仕事に関心があり、これから保育士資格を取得したいと考えている方の相談も受けています。それで例えば、「保育の仕事ってどうやって見つけたらいいのか」、「資格はどのように取得することができるのか」なども相談できます。

さらに、現在保育士としては活躍している方で、職場や保育に関する悩みを相談したいという方も利用する事ができます。

このような保育のお仕事に関する様々な悩みを受け付けてくれるのは、保育士資格をもち、実際の保育現場経験を持っている保育人材コーディネーターです。資格があるかないかに関わらず、保育の仕事に関心がある方なら、だれでも利用する事ができるところなので、お仕事の相談したい方は一度出向いてみるのはいかがでしょうか?

現在、潜在保育士である方に対しては求人を紹介するだけでなく、再就職の前に参加したい研修や実習なども案内してくれます。就職支援研修・就職相談会では、現場で働く保育士さんや園長の話を聞くことができたり、就活のポイントなどの講習を受けることができます。さらに、就職支援セミナーでは、現場経験が無い方やブランクが長い方を対象にした講義や、実際に保育所に行っての実習などを行っていますので、専門職としての知識や技術を思い出すことができるでしょう。

そして、離職した保育士さんに対して、保育に関する情報を定期的に配信する離職保育士の届出制度もあります。求人情報や研修に関する情報を受取ることができますので、お仕事復帰を希望する際もスムーズに前に進めそうですね。

もちろん、台東区でのお仕事の紹介もしてくれます。希望の勤務条件に合った求人を探してくれて、就職活動に関するアドバイスもしてくれますので、はじめての就職の方も、転職を希望している方も利用できますね。

台東区のホームページでも求人をチェック

台東区内の私立保育所や幼稚園での求人募集を、区のホームページからもチェックする事ができます。ホームページでは、保育士や幼稚園教諭を募集している各施設の運営事業者のサイトw掲載していて、そこから募集内容を詳しく知ることができます。

保育園や認定こども園の募集内容も掲載していますので、ぜひチェックしてみましょう。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

台東区の保育士おすすめ転職サイト

他にも、自分に合った求人を見つける方法としては、転職サイトの利用もおすすめです。保育士や幼稚園教諭として、さらに保育補助の求人を扱っているサイトならば、自分の希望に合った求人を見つけやすくなります。

そのような転職サイトでは、その人の希望条件に沿った求人を紹介するだけでなく、面接の日程を調整したり、施設側と求職者との間に入って条件交渉をしたり、連絡を行ったりといろんな調整をしてくれます。そのような転職サポートが無料で受けられるので、時間がない人でも転職先を見つけやすくなります。

さらに、一般には公開されていないような非公開求人もあるので、好条件の求人を紹介してもらえることもあります。

一般に、複数の転職サイトに登録しておくと、転職成功率があがるといわれています。では、特に台東区での就職・転職をお考えの方におすすめのサイトをいくつかご紹介します。

保育士WORKER

保育士ワーカー

保育士さんが理想の職場と出会うため、 他社とは違う独自のサポートが充実しています!

保育士さん支持率2年連続NO.1のサイトです。保育園、幼稚園、学童、病院、企業といったいろいろな求人を22000件以上扱い、中には限定求人もあります。さらに、残業時間とか有給消化率といった、入ってみないとなかなかわからない職場の内情についても教えてくれるので、後悔が少ない職場選びができそうです。

保育士ワーカーって?評判や口コミで見えるメリットとデメリット!

保育士ワーカーは、二年連続で保育士の支持率ナンバーワンを集めた唯一の保育士転職サイトです。今回は人気の保育士ワーカーについてサービスの特徴やみんなの口コミや評判から徹底的に探ってみたいと思います!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4

マイナビ保育士

マイナビ保育士

大手人材会社マイナビグループが運営する保育に特化した転職サイト!

総合評価 4.20
対応地域 東京、神奈川、埼玉、千葉
特徴 ・一人ずつ丁寧に時間をかけたカウンセリング ・マイナビグループのネットワーク&ノウハウを元にした転職支援 ・保育園や運営企業の様々な情報を収集してくれる

首都圏の求人数はトップクラスで、さらに認知度も高いサイトです。非公開求人も多数得、面接対策も実施しています。給与や入社時期に関するちょっと言いにくいことも、施設側と代わって調整してくれるので初めての転職でも安心です。

マイナビ保育士って?みんなの評判と口コミからメリットとデメリットを知ろう!

大手のマイナビが展開する保育士専門の転職サービス「マイナビ保育士」。首都圏の保育士の求人についてはトップクラスです。今回はマイナビ保育士についてその特徴やメリット・デメリットをみんなの評判や口コミから探ってみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%93%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士コンシェル

保育士コンシェル

保育士コンシェルは、株式会社プログレートが運営している保育士のための求人紹介サービスです。好条件の求人を中心に取り扱っているのが特徴で、保育士、主任保育士、施設長(保育園園長)、保育補助、幼稚園教諭、学童指導員、教室講師、児童養護・障害児施設職員などの幅広い職種の求人があります。

総合評価 3.7
対応地域 東京、神奈川、千葉、埼玉が中心
サービスの特徴 収入や通勤時間、残業が多いか少ないか、研修が充実しているかなど、自分の希望にあわせて求人を探すことができます。保育コンシェルではLINEで転職をサポートするサービスも行っています。

東京、神奈川、埼玉、千葉の保育士と幼稚園教諭の求人を扱っているサイトで、上京したい保育士さんにもおすすめの住宅手当や家賃補助のある求人などを紹介してくれます。コンサルタントとLINEを使ってやり取りもできるので、忙しい中でも就職先を見つけやすいでしょう。

保育士コンシェルってどう?みんなの評判・口コミからメリット・デメリットを探る!

保育士コンシェルは、株式会社プログレートが運営している保育士のための求人紹介サービスです。好条件の求人を中心に取り扱っているのが特徴で、保育士、主任保育士、施設長(保育園園長)、保育補助、幼稚園教諭、学童指導員、教室講師、児童養護・障害児施設職員などの幅広い職種の求人があります。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%BB%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%82%8B%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事