呉市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

呉市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

呉市は、広島県の南西部に広島県の南西部に位置する瀬戸内海に面した中核都市である。地形が元々良港であり、帝国海軍・海上自衛隊の拠点となっています。主に、造船・鉄鋼・パルプ・機械・金属などを中心とした臨海工業都市として発展しています。 広島県呉市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。呉市で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

呉市の保育士需要と保育事情

Kure City Submarine Pier
View of Hiroshima

子どもの数の増加

全国的に子どもの数に対して保育士さんの数が足りず、保育士さんはますます忙しくなっているようです。市内は特に家賃や物価が高く、共働きのご家庭も多くなります。そのため預かる子どもの数も増えています。

保育士不足

待機児童増加の理由は、共働き家庭の増加により預ける子どもの数が増えたということもありますが、辞めていく保育士が多いというのも一因です。

呉市の保育士が辞めてしまう理由

保育園や幼稚園でのお仕事って、「楽しそう」ってイメージがありますが、実際は大変なお仕事のようです。保育園を辞めた保育士さんの半数以上は「もう一度保育園で働きたくない」と思っているようです。保育士さんが辞めてしまう理由って、一体何でしょうか?

人間関係

The attractive angry couple fighting and shouting at each other. quarrel concept. The studio shot on trendy pink and blue background. Human emotions concept

「職場に求めること」というアンケートで、1位2位だったのは「人間関係いい」「いい上司・同僚がいること」だったそうです。職場の人間関係って、仕事を続けていくうえで重要なポイントなんですね。

どの職場でも人間関係の問題はつきものですが、保育園でも人間関係がうまくいかないという話はよく聞きます。

保育園や幼稚園では、1つのクラスを数名の保育士で受け持つところが多いようです。そうなると保育士同士でコミュニケーションをとり、教え方や方針を合わせる必要があります。

保育士さんたちの間で、情報のシェアがうまくいかなかったりすると、トラブルも多くなります。常に忙しい保育士さんたちですから、きちんとコミュニケーションがとれずに不満も大きくなると、人間関係も難しくなりがちなのかもしれません。

保護者からの理解が得られない

保育士さんの仕事の大変さって、なかなか周りの人からは理解されにくいようです。保育士さんって「優しい」とか「子どもが好き」とか、良いイメージがありますよね。確かにそうなんですけど、それだけではなく「体力的にきつい」とか「イベント準備に追われる」とか「子どもを預かる責任が大きい」とか、大きな負担を抱えているんです。

でも、それってなかなか保護者や周りの人に気付いてもらえないことが多く、「子どもと遊ぶだけの楽しい仕事じゃない」といった言葉に傷ついてしまう保育士さんたちも多いようです。園内の主任や園長などのフォローと、周りの人たちの理解があれば、保育士さんたちも働きやすくなるかもしれません。

保育士不足解消の取り組み

全国的にどこでも保育士不足だと言われていますが、呉市では保育士さんの働きやすい環境を作ることで、離職率を低くしようという動きがあります。

就職体験マッチング事業

広島県の保育施設で働きたいという学生さんを支援しています。「保育現場を見てみたい」「職場の雰囲気を知りたい」という方のために、希望する就業先で職場体験をすることができます。

体験時間は1施設6時間ほどで、3施設まで申し込むことができます。いろいろな園を見てみて、自分の希望に合ったところを探してみてください。

補助金制度

保育士を目指す学生の方を支援する、修学金貸付制度があります。指定の保育士養成施設に通う学生に、入学金や就職準備金の貸し付けることができます。卒業後1年以内に保育士登録をし、保育施設で5年間勤務した場合、貸付金の返済が免除されます。

また、未就学児をもつ保育士の職場復帰を支援するサービスもあります。勤務に当たって子どもを保育施設等に預ける必要がある場合、保育料の一部を無利子で貸し付け可能です。2年間継続して勤務した場合、貸付金の返済は免除されます。

呉市の保育士のおすすめ転職サイト

広島県での保育の仕事は、どこで探すことができるでしょうか?いろいろな方法がありますので、使いやすいものを選んでみてください。

特に、いろいろな業種を扱っているサイトだと、保育関連の仕事に絞っていくのがちょっと面倒かもしれません。サイト全体の求人情報数は多くても、保育関連の仕事に絞るとかなり少なくなることもあります。

そこで一番おすすめなのは、保育士専門の求人サイトを利用することです。紹介されている求人情報はすべて保育関連のものですので、絞っていく手間が省けます。情報量・使いやすさを考えると、一番効率がいいのは保育士専門の転職サイトを利用することだと思います。

ホイクナビ

ホイクナビ

紹介会社・保育園・派遣会社の求人をまとめて一括で検索!

ホイクナビは日本最大級といわれるだけあって、求人件数がとても多いです。全国対応しておりどのエリアに住んでいても利用することができる点が一つのメリットです。

扱っている件数が多いですので、自分の探している条件とピッタリ合う求人に出会う確率も高くなります。

他の求人サイトには載っていないような、人気の仕事や急募の仕事が載っている場合もありますので、希望の仕事に出会える率が高くなります。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

保育士バンクは、有料職業紹介事業やインターネットを活用した事業を展開している株式会社ネクストビーが運営しています。

短時間での就職活動をすることができるのが特徴です。転職を考えているときは、できるだけ早く勤務先を見つけたいですから、すぐに対応してくれるサイトは助かります。

保育士WORKER

保育士ワーカー

保育士さんが理想の職場と出会うため、 他社とは違う独自のサポートが充実しています!

厚生労働省からの許可をうけて運営しているため、求人情報が充実しています。

22,000件を超える保育士の求人情報があり、中には保育士WORKERでしか紹介できない、非公開の求人もたくさんあります。

保育士エイド

保育エイド

人間関係の悩み、改善に力を入れた転職サービスで働きやすい職場を紹介することに重きを置いています!

保育士エイドでアドバイザーを務めているのは、元保育士の方や幼稚園教諭の方です。

現場の状況をよく理解している方にサポートしてもらえると安心ですよね。とくに保育エイドでは、職場の人間関係が良いところを紹介してくれるので、人間関係で保育園や幼稚園をやめた、という方におすすめです。

保育士コンシェル

保育士コンシェル

保育士コンシェルは、株式会社プログレートが運営している保育士のための求人紹介サービスです。好条件の求人を中心に取り扱っているのが特徴で、保育士、主任保育士、施設長(保育園園長)、保育補助、幼稚園教諭、学童指導員、教室講師、児童養護・障害児施設職員などの幅広い職種の求人があります。

総合評価 3.7
対応地域 東京、神奈川、千葉、埼玉が中心
サービスの特徴 収入や通勤時間、残業が多いか少ないか、研修が充実しているかなど、自分の希望にあわせて求人を探すことができます。保育コンシェルではLINEで転職をサポートするサービスも行っています。

保育士コンシェルは保育士さんへの仕事紹介に特化している、厚生労働省認可の会社です。

登録はたった30秒でできるシンプルなものです。勤務条件など、希望を伝える際は電話かメールだけでも大丈夫ですので、まずは希望を伝えておきたいという方に便利です。

実績も十分にあり、保育士コンシェルを利用して転職した方の満足度は97%以上です。

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむは保育に関連する仕事・職場に関する転職や仕事探しをサポートしてくれる転職サービスです。非開会求人やレア求人もたくさんあります!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です
特徴 会員登録すると非公開求人の閲覧や、園の実名や動画が閲覧できます。また、求人案件数最大級なので、正社員や派遣など就業形態も様々あります!保育に特化したキャリアコンサルタントがお手伝いしてくれるので安心です!

サイト内に「グローバル採用ナビ」というページもあります。英語や中国語、韓国語など、外国語が話せるという方はそれらを活かした仕事を探すこともできます。

また、無料のセミナーも開催されています。「定期的に開催されており、忙しい中でも参加しやすかった」という声がありました。

仕事のスキルを上げたいという方や、仕事の幅を広げたいという方はぜひ活用してみてください。

就業前のチェックポイント

check list , check marks

勤務先を選ぶときには、できるだけ長く快適に働ける職場を見つけたいですよね。実際に働き始める前にも、良い就業先かどうかチェックできるポイントがいくつかあります。

求人広告

求人広告の月収や労働時間の欄は注意して見ておきましょう。

「月収例」という記載はよく見かけますが、あくまで「例」です。実際の給与とは大きく違うということも多々ありますので、面接の際に自分の場合はどれくらいになるか、明確にしておくと良いと思います。

給与に関しては直接聞きづらいかもしれません。派遣会社や紹介者を通す場合は、担当者がかわりに交渉してくれることもあるようですので、担当者に伝えておきましょう。

また、勤務時間に関してですが、9時から5時までと記載されている場合でも、基本的に持ち帰りの仕事や残業があることを覚えとくと良いと思います。保育士さんたちは残業・持ち帰りの仕事が日常的になっているようです。勤務時間をきちんと決めておきたいという方は、「残業・持ち帰りなし」と明記されている求人を選ぶと良いです。

人間関係

保育園で働く人たちはみんな忙しく、人間関係のトラブルも起きやすいかもしれません。その中で人間関係のトラブルと避けるにはどうしたらいいのでしょうか。

職場環境を自分で変えるのは難しいかもしれません。自分なりに考え方を変えてみたり、ストレス発散の方法を見つけておくなど、上手にトラブル回避できるようになっておくと良いかもしれません。

具体的には、「仕事と割り切る」とか「プライベートを充実させる」「○○時以降は仕事をしない」「話せる相手を見つけておく」とか、自分なりの対処方法を見つけておくと良いと思います。

職場の人間関係に関しては、なかなか改善が難しいところではありますので、自分オリジナルの回避方法を見つけてみましょう。

見学しておく

A tour

働き始める前に、職場見学ができる園もたくさんあります。できれば園見学に行って実際に雰囲気を見ておきましょう。

見学時のチェックポイントとしては、保育士さん同士が仲良さそうか、園長や保育士の人柄はどうか、設備の整った園か、などです。もちろん、入職してみると違っていたということはありえますが、なんとなく雰囲気をつかむことはできると思います。

見学の時点で違和感を感じたら、避けておくのがベターです。

最後に、自分の希望や条件とピッタリ合う職場を、できるだけ早く見つけるためのポイントをご紹介したいと思います。

ピッタリの転職先を見つけるには

希望する仕事内容とピッタリの就業先を見つけるのって、けっこう難しいですよね。できるだけ早く就業先を見つけたいですけど、合わない職場だったら大変です。希望条件に合った職場を見つけるコツって何でしょうか?

条件を明確にする

なかなか「これだ!」と思える就業先が見つからない理由の一つは、「漠然とし過ぎている」ということが挙げられます。条件が少なく、「なんでもします」くらいのほうが、たくさん見つかる気がしますが、意外とそうでもないみたいです。

「○○関連であれば」「○○系」というより、「職種は絶対これ」「年収○○以上」「場所はここ」と具体的に決めておく方が、その求人が来た時に確実につかみやすいです。「明確化したらすんなり選べた」という声も聞きますから、「これだけは」という条件を決めておくのも意外といいかもしれません。

条件を減らす

先ほどとは逆に、条件を挙げ過ぎているという場合もあります。「土日休み」「給与○○以上」「○○業務」「○○を活かせる仕事」「このエリア」など、条件が多すぎる場合もヒット率が低くなります。

試しに希望条件を減らしてみるか、許容範囲を広げてみると、ヒット率がグッと上がるかもしれません。一度条件を見直してみて、「譲れない条件か」「変えてみてもいい部分か」検討しなおしてみるのもありだと思います。

まとめ

保育士の需要はまだまだありそうです。市内では特に保育士の需要が大きいため、保育士不足解消に力が入れられています。福利厚生が充実していたり保育士支援サービスが充実しているようです。市内で働くのもありかもしれませんね。

保育士向けの求人サイトもたくさんあります。勤務地や勤務条件を絞って検索することができますので、ぜひサイトを活用してピッタリの職場を見つけてみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事