四日市市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方! 記事説明

四日市市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方! 記事説明

四日市市は、三重県北部に位置する中心都市です。中京工業地帯の代表的な工業都市である。近鉄名古屋線などが通ることから名古屋市への通勤・通学者が多く、日系ブラジル人が多く居住する笹川団地は市内にあり、名古屋のベッドタウン化しています。四日市市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。四日市市で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。 サムネイル

四日市市の保育士の需要と保育事情

Yokkaichi city factory night view

三重県で最大の人口を誇る四日市市。工業都市でもあり、名古屋市へのアクセスも良いことから通勤や通学をする人たちも多いところです。

人口が31万人と多く人気の都市なので、保育に関する需要も大きいことが伺えます。つまり、保育士にとっては活躍できる場所が多そうです。では、四日市市での保育の需要や、保育士を取り巻く環境はどうなっているのでしょうか?

今回は、三重県四日市市の保育士事情をまとめていきます♪

四日市市の子育て支援の取り組み

Smiling young couple lying together on blankets on their living room floor at home with their adorable baby daughter

四日市市では、平成22年度から「四日市市次世代育成支援後期行動計画」を策定し、さらに平成27年度からは「子ども・子育て支援新制度」に基づき、「四日市市子ども・子育て支援事業計画」を策定しています。

平成22年度から平成26年度までの「次世代育成支援後期行動計画」では、8つの目的のために様々な施策を推進してきました。

8つの目的とは、

「楽しい子育てを支援する環境の整ったまち」 「安全で安心に生活できるまち」 「子どもも大人も、みんな一人ひとりが光るまち」 「子育てしながら働きやすいまち」 「まわりの愛情に育まれ、親子が健やかに生活できるまち」 「すべての家庭が自立することを応援するまち」 「新しい時代をたくましく切り拓いていく子どもを地域全体で育てるまち」 「子どもが、豊かな心と健やかな体で、様々な体験をできるまち」

というものでした。

そのような目的の達成のために、保育に関しても様々な取り組みがなされてきました。例えば、「子育てしながら働きやすいまち」を目指し、就労形態の多様化に対応した保育サービスを提供することや、延長保育、休日保育の実施園数を増やすこと、さらに病児保育室の周知にも力を入れました。

そして、やはり私立保育園の新設なども必要とされてきました。これは、市内でも低年齢児の入所申込数が増加してきたことにより、保育園等の受け入れ枠を拡大していても、まだまだ需要に追いつけない状況が見られるためです。

・地域バランスを考慮しながら必要とされる保育サービスを充実 保育園を新しく整備するほか、乳児保育や一時保育等の実施園も増やすことも必要とされました。学童保育所の対象児童が小学校6年生までとされたことにより、利用児童が増加することを見越して、学童保育所の整備への支援もされてきました。

このように、四日市市でも全国同様に、子育て家庭を取り巻く環境が変化している中、保育所等の需要は高まっていて、それに対応することはすぐに取り組むべき大きな課題となります。基本的な取り組みを踏まえながら、後継計画として策定されたのが、「四日市市子ども・子育て支援事業計画」となります。これは平成27年度から平成31年度までを期間としています。

四日市市の保育のニーズ

四日市市でも、子どもや子育て家庭を取り巻く環境が変化し、それに伴い必要とされる保育サービスも多様化してきたといえます。では、現在どのようなニーズがあり、教育・保育事業はどの程度利用されているのでしょうか?

・人口減少に歯止めが効かない 四日市市でも、年々人口は減少しています。平成18年から出生数も減少傾向にありますので、少子化が進んでいることがわかっています。しかし、昼夜間人口比率は100%を超えているので、住んでいる人自体が減少傾向にあります。

全体として人口が減少しているとはいえ、世帯数は増加しています。つまり一世帯あたりの人口が少なくなっているということです。

世帯構成を見てみると、一番多いのは核家族世帯、つまり親と子からなる世帯です。核家族化が進むにつれて教育・保育事業の需要はますます増加すると考えることができます。

子育て家庭の状況にも変化が見られています。就学前児童と小学生の児童のいる家庭にアンケートをとったところ、子育てを主に行っている人が「主に母親」と回答した人が減少して、「父母ともに」と回答した人の割合が増えていました。

就学前児童を持つ家庭においては、以前は主に子育てを行っている人が母親だった家庭は90%でしたが、今回のアンケートでは54%に減少し、そのぶん「父母ともに」と回答した人が前回の6.9%から44%に増加していました。

つまり、現代では父母共に子育てをするようになってきているということです。それには、女性たちの社会進出や就労意欲の高まりも関係していることでしょう。

・女性の社会的地位向上が起因している 実際、母親の就労形態を見てみると、就学前児童を持つ母親の半分程度は未就労でいましたが、小学校児童では約7割の母親がフルタイム、あるいはパートやアルバイトで働いていました。そして、現在は働いていないとしている母親も、「すぐにでも、もしくは1年以内に働きたい」と回答した人は就学前い児童でも2割程度いたことがわかっています。「1年より先、1番下の子どもが大きくなったら働きたい」を合わせるとなんと8割弱の人が働きたいという希望を持っていることがわかっています。

それで、就学前児童を持つ母親たちの多くが仕事をしながら子育てをすることを希望していることがわかります。その希望を実現するためには、やはり子どもを預ける事ができる保育施設が必要であり、その需要はますます増加するであろうことが見込まれます。

・時間限定の預かりシムテムの普及がキモ この調査では、平日に定期的に利用したい教育・保育事業についてもアンケートがなされました。それによると、「幼稚園」と回答した人は55%になり、保育園と回答した人が50%ということでした。さらに「幼稚園の預かり保育」や「認定こども園」の利用意向を示した人も比較的多かったです。

また、学童保育所の利用児童数は増加していることから、学童の需要も大きくなっていることがわかります。特に、アンケートでは長期中華期間中の利用希望が多くなっていることがわかっています。そして、何年生まで利用したいか?という質問に対しては「6年生まで」と回答した人がもっとモック、全体の約6~7割に登りました。

子育てに関して市に期待することとしては、「子育てにかかる経済的援助」が一番多かったのですが、「仕事と家庭との両立の推進」も多く、さらに「延長保育の充実」、「学童保育所の充実」、「一時保育の充実」等もあげられていました。

このようなことから、四日市市の子育て家庭において、仕事と家庭の両立を実現するために教育・保育士施設の整備はもちろんのこと、多様な保育サービスの拡充が必要とされていることがわかっています。そして学童保育の需要も高まりを見せています。

では、現在の四日市市ではこのようなニーズに対して、どのくらい対応できているのでしょうか?

四日市市の待機児童問題

Boy and girl lying on the floor under the Christmas tree. Next to the gifts. They are writing wish list for Santa. Waiting for Christmas. Celebration. New Year.

四日市市でも0~5歳児の数は減少しているものの、入園希望児童数は増加しています。その結果、待機児童問題が発生してきました。

特に、低年齢児の入園児童数が増えていることで、0~2歳までで待機児童が多く発生していて、その中でも0歳児の待機児童が増加しています。

平成22年10月1日の時点では、0~2歳までの待機児童数は35人ということでした。しかし、平成25年度には51人という結果になっていました。

・待機児童問題は未解決 四日市市は「子育てするなら四日市」を目指して、待機児童解消のために取り組んできました。しかしながら、平成27年度では4月1日時点で59人、平成28年同時期は64人、平成29年54人、平成30年には33人という結果になりました。

平成28年4月1日に時点での64人という数字は、三重県全体の待機児童数のうち6割以上を占める数となってしまい、四日市市は待機児童解消が大きな課題であるということがわかっています。

そして平成30年の33人という数のうち、1歳児が31人ということで、やはり低年齢児の受け入れ枠の拡大の必要性が明らかになっています。

四日市市では「待機児童ゼロ宣言目標」を平成29年としていましたが、達成できず、平成31年と先延ばしにする事になりました。

保育施設の容量と保育の質の確保優先で動いた結果[人員不足]が生まれる結果となる

特に必要とされているのは、保育施設の量と保育の質の確保です。それで、平成30年度にも、市域中部に60名、市域南部に150名の保育園を開設することになっています。さらに平成31年度にも、地域保育部に190名ほどの保育枠の拡大が予定されています。

このような市立保育所の開園によって、1~3歳児のクラスの定員が増えて待機児童がゼロになることが予定されています。

・国基準の待機児童ゼロは無意味 とはいえ、国基準の待機児童がゼロになったとしても、希望する園に入れずに待機している児童はたくさんいることでしょう。保護者としては、条件の整った家や職場の近くの園に、低年齢児から修学めまで預かり続けてくれる施設に入所したいということもあります。

それで、市としては0~3歳児の受け皿の拡大はもちろんのこと、まだまだこれからも保育のニーズに合わせた受け入れ枠の拡大や、サービスの充実が求められていくことと思います。

四日市市での拡大する保育士の需要

We Need You Message Concept

四日市市では、保育の受け入れ枠を拡大するために新しい私立保育所の整備などが現在も進められている状況です。待機児童が発生しているわけなので、保育の需要はまだまだあり、それに対応するために施設は増加していくわけです。

保育施設増加に伴い保育士も必要とされています。特に、低年齢児の受け入れ枠の拡大が必要とされていることを考えると、保育士の数がたくさん必要となります。それで、四日市市での保育士の需要は高いということになります。

現状施設拡大しても保育士が育っていないので、保育士不足で施設拡張自体が意味のない結果となっているところが多数あります。詰めが甘い状況を打破してほしいものです。

潜在保育士 職場復帰支援就職セミナー(研修会)

保育士資格をもってはいるけど、保育園での勤務経験がなかったりブランクがあるという潜在保育士さん向けの、就職支援セミナーが開催されています。これは、四日市市が保育士・保育所支援センターと共催で実施しているものです。

ブランクがある人が持つ不安を解消したり、現場に復帰するための支援を行うセミナーで、無料で研修を受けることができます。研修には、希望者のみの実技研修もあり、四日市市内の公立保育園で実施されます。実際の保育の現場での実技研修で、その場の雰囲気を感じることも一つのステップアップにつながるかもしれませんね。

保育士修学資金貸付制度

三重県では、平成27年度から「保育士修学資金貸付制度」を実施しています。これは、保育人材の確保と定着を目的としたもので、保育士資格を取得して県内で働きたいという意欲のある学生に対して修学資金を貸付るものです。

対象者は、指定保育士養成施設に在学し、卒業後には県内で保育士として働く意思があり、経済的な理由で就学が難しいと認められた人です。

貸付金額は月額5万円で、最長2年間となります。もし卒業後に保育所等に就職して、保育士として5年間継続して勤務した場合には返還が免除されます。

三重県保育士・保育所支援センター

三重県では、平成25年度から「保育士・保育所支援センター」を解説して、保育士確保を進めています。ここでは、就労に関する相談から、見学や職場体験、さらに保育に関連する研修会などの案内を行っています。

ハローワークと連携しながら、潜在保育士に対する就職相談や就労相談を行って、再就職を支援しています。他にも、紹介した保育士修学資金貸付や、保育士就職支援準備金貸付といった制度の実施を行っています。

そして、離職防止を目的として、採用から3年程度の新任保育士さんを対象にした「新任保育士元気アップ研修会」というものを実施しています。これは、新任保育士さんが情報交換をしたり、実践力を向上させるための場となっています。

それで、三重県で保育士として働きたいという人は、こちらのセンターからいろいろな情報を得る事ができるでしょう。まずは相談をしながら、自分の資格を活かせる場所を教えてもらったり、自分に合った働き方等を考える事ができるでしょう。

四日市市の保育士のおすすめ転職サイト

四日市市で保育士として働きたいという方におすすめなのは、保育士向けの転職支援サイトです。全国の求人をあつかっていたり、地域密着型の求人を扱っている保育士や幼稚園教諭専門の就職・転職サイトなら、四日市市での求人を見つける事ができるでしょう。

そして、そのようなサイトを利用するメリットとしては、非公開求人があったり、転職支援サービスを無料で受けられることです。求人情報をゲットするだけでなく、面接サポートや条件交渉のサポートなどを受けることで、より有利な条件で入職することができる場合もあります。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

保育バランス

保育バランス

企業、病院内に設置されている事業所内保育所の求人に強みがあります!

保育園で働く保育士さんのライフワークバランスを重視したサイトです。運動会や発表会などイベントがたくさんある保育園では、働く保育士さんの負担が大きくなりがちです

このサイトで紹介されている職場は、勤務時間が明確になっており残業や休日出勤などが無いところも多く、ライフワークバランスを保ちたいという方に特におすすめです。

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむは保育に関連する仕事・職場に関する転職や仕事探しをサポートしてくれる転職サービスです。非開会求人やレア求人もたくさんあります!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です
特徴 会員登録すると非公開求人の閲覧や、園の実名や動画が閲覧できます。また、求人案件数最大級なので、正社員や派遣など就業形態も様々あります!保育に特化したキャリアコンサルタントがお手伝いしてくれるので安心です!

サイト内に「グローバル採用ナビ」というページもあります。英語や中国語、韓国語など、外国語が話せるという方はそれらを活かした仕事を探すこともできます。

また、無料のセミナーも開催されています。「定期的に開催されており、忙しい中でも参加しやすかった」という声がありました。

仕事のスキルを上げたいという方や、仕事の幅を広げたいという方はぜひ活用してみてください。

保育情報どっとこむって?みんなの評判や口コミからメリットやデメリットを知ろう!

保育士の方で資格を活かして仕事をしたい方は派遣会社アスカグループが運営している、「保育情報どっとこむ」があります。アスカグループでは保育求人では業界最大級をうたっており、全国の拠点ネットワークを使って、豊富な保育求人案件を集めています。実際のところはどうなのでしょうか?

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%A9%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%80%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%84%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

まとめ

保育士の需要はまだまだ大きいようです。特に市内での保育士不足解消に力が入れられているため、福利厚生が充実していたり勤務条件も良いようです。市内で働くのもありかもしれませんね。

求人サイトもたくさんありますから、保育関連のお仕事を探しているという方は、ぜひサイトを活用してピッタリの職場を見つけてみてくださいね!

保育士さんが仕事を辞めたい理由って?本音を探ってみました!

社会に必要とされ、求人の常にあるという状態の中で、保育士としての資格を持っているにも関わらず、保育士をやめてしまう方も多いのが現状です。今回は保育士さんが仕事を「辞める」理由について、そのホンネを探ってみたいと思います。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%9F%E3%81%84

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事