【保育士のための園見学の方法】就職・転職活動の最重要ポイント!

【保育士のための園見学の方法】就職・転職活動の最重要ポイント!

保育園を見学することによって、子どもたちの表情や、保育士から子どもへの言葉かけや対応の仕方や、職員同士のやり取り、施設の安全さや清潔さ、といった自分が気になるところを自分の目で確かめることができるので、就職する前に、保育園の雰囲気を感じることで、そこで長く働くことができそうか、イメージを膨らますことができます。新たに保育園に就職したり転職したりする場合には、保育園見学することが可能であるならしておくことをオススメします。

園見学をするときのポイント!

保育園見学

保育園を選ぶ時には、いろいろ心配なことってあるものです。先生は優しいのかな、とか、他のお友達と仲良くしていくことができるかな、とか、不安になるポイントはたくさんあると思います。

しかし、保育園を見学するのは、子どもを預けたいと思っている保護者だけではありません。実は、保育士さんが就職活動していく上で重要になってくるのは、保育園や施設の見学です。転職する際には、求人やホームページだけでは保育園の雰囲気ははっきり分からないものです。

保育園を見学することによって、子どもたちの表情や、保育士から子どもへの言葉かけや対応の仕方や、職員同士のやり取り、施設の安全さや清潔さ、といった自分が気になるところを自分の目で確かめることができるので、就職する前に、保育園の雰囲気を感じることで、そこで長く働くことができそうか、イメージを膨らますことができます。

このような事を考えてると、新たに保育園に就職したり転職したりする場合には、保育園見学することが可能であるならしておくことをオススメします。

そこで今回は、保育士さんが保育園を見学する方法・流れ・チェックすべきポイントや電話の掛け方、服装、注意点などについてのポイントについてご紹介します。

園見学のメリットは?

見学

保育士が就職活動、転職活動するときに保育園を見学するメリットは、もし自分がその保育園で働くことになれば最もリアルにその保育園の環境を体験することができるという点です。

見学の際には、保育園のサイトやパンフレットで見たり、説明会で聞くのとは違って、保育園の日常を垣間見させてもらうことができるので、見学に来た保育士は、その園がどんな保育をしているのか、スタッフ同士の人間関係はどんな感じか、労働環境はどうなのか、などの働く上で知っておきたいと思うことを実感を持って理解することができるという良い点があります。

たとえ見学をしたとしても、実際に働く以上にその職場を理解するということはできないものです。しかし、どんな職場だったとしても、とても良いと思える点や、大きな課題がある場合には、そのサインは短い時間の間だったとしても必ず現れてくるものです。見学することによって、こうしたサインをキャッチすることができるかもしれません。

また見学することによって得られるメリットには、自分をアピールする機会となるかもしれません。保育園の人たちは、見学に来ている保育士たちをよく見て観察しています。明るい笑顔で、子どもたちや保育園で会った人たちに挨拶をしたり、言葉使いや身の振る舞いなどを見ているかもしれませんので、見学に行く際には、見られているかもしれないということを忘れないように心がけながら見学に出かけていくことができるかもしれませんね。

園見学の流れや方法

見学の流れ

園見学を希望したなら、すべきこと、準備しておきたいことなど流れをまとめてみます。

見学する園を決め、見学する保育園に予約を取ります

自分のスケジュールや転職を希望している日、保育園の採用スケジュールなどと相談した上で、無理なく見学に行けそうな保育園をいくつかに絞ります。見学したい保育園が決まったら、1~2ヶ月前には予約を取ります。予約して時間を確保しておくことで、その間にもほかの園もまわれ、比較することができます。

予約をする際には、一般的には電話をしてとることが多いですので、電話にて連絡をしましょう。

電話をかける時間も気を付けたいところですが、全員が出勤し、比較的電話を取りやすい10〜11時頃や、園児の昼寝の時間13〜14時頃がよいでしょう。

見学の準備をします

見学の当日までに、見学に必要な持ち物や身だしなみを整えて見学の準備をし、質問してみたいことや保育園の場所を確認しておきます。見学時間は限られていますので、求人情報やHPでわかるようなことはなるべく聞かないようにし、実際に保育園に行かなければ分からない点を質問できるように準備しておくとよいでしょう。

また、どこへ行くにも始めていく場所は分かりにくいものです。地図を見て場所を確認し、可能なら一度足を運んでおくと当日安心できます。見学当日にどんな服装で見学していいかわからないことにならないように、予約するときに確認をしておけます。髪の毛の色やネイルなども控えめにしておくようにできるでしょう。

見学をします

見学の当日は、遅刻することのないように、時間に余裕を持って出かけるようにします。見学の際には、携帯電話の電源を切っておくのがマナーですので、注意しておきましょう。見学している様子は、園のスタッフからもよく観察されていますので、社会人としての振る舞いを忘れることなく、明るい笑顔で見学に参加していきましょう。

見学した園にお礼状を出します

見学した保育園にお礼状を出すことは義務というわけではありませんが、保育園からの印象がよくなりますので、「ぜひ働いてみたい!」と思った保育園には、お礼状を出しておくことをおすすめします。

園見学の基本的な流れはこのようになってます。さらに園見学の流れをもとに、見学のコツについて詳しく説明していきます。

園見学のコツやチェックすべきポイント

見学当日までに必要な準備は、見学先のことをよく知ること、見学先に電話をかけること、服装や身だしなみ、持ち物の準備です。

見学の時間というのは、保育士養成施設の新卒と違って、中との場合の見学は30分程度のところもありますので、全体に見学時間は短く簡素な傾向があります。これから挙げていくチェックポイントをざっと把握しておき、当日は短い時間でも可能な限りもれなくチェックできるようにしておくことができます。

園見学のコツは?

コツ

見学先のことをよく知る

見学する保育園のパンフレットやHPを見るなどして、保育園の経営方針や、経営状況や雰囲気、生き方などをよく調べておきます。その保育園に魅力を感じた点や質問したい点などを、メモに書いてまとめておいたり、保育園までの行き方の地図や連絡先などを携帯電話やスマートフォンに保存しておいたりできます。

見学先に電話をかける

保育園の見学を申し込む際の電話のかけ方の印象は、後の採用に良くも悪くも影響してきます。見学する予定の保育園に迷惑になったり、失礼になったりすることのないように、気遣いを見せることができるようにできます。例えばの会話の例は以下のように出来るかもしれません。

「お忙しいところ失礼致します」邪魔を詫びる→「私は、保育士で転職を考えております△△と申します」名乗る→「ただいま少しのお時間をいただいてよろしいでしょうか?」いま話してよいかを確認する→「この度、ぜひ△△保育園さまの見学をさせていただきたく、お電話申し上げました」用件を伝える

このような流れで電話をかけることができるかもしれません。気遣いのポイントとなるのは、保育園ができるだけ忙しくない時間を狙って電話をかけることです。たとえば、午後2時前後ですと子どもたちはお昼寝をしている時間なので、少し落ち着いている保育園も多いでしょう。

他にも注意すべき点としては以下のような点があります。

静かな場所から落ち着いた状態で電話をかけることです。がやがやしている場所から電話をかけると、慌ただしく感じられ、相手側は自分が尊重されていない感じを持ってしまうかもしれませんので、電話のための場所と時間をきちんと確保することを心がけることができます。

電話をかける時には、メモと筆記用具の用意を忘れないようにします。重要な内容をメモすることができるように、メモと筆記用具を手元に用意してからかけるようにします。

重要な内容は復唱して確認をすることです。連絡先や見学を案内してくださる方のお名前や、時間や場所を間違えてしまっては大変ですので、必ずゆっくりと復唱して確認するようにしましょう。確認する際には「復唱させていただきます!」とひとこと断ってから確認すればOKです。

電話を切る時には、相手が先に切るのを待ちます。ビジネス業界のマナーでは、特にこちら側からかけた電話の場合は、相手が電話を切るのを待たなければなりません。ただし、双方が気を使ってしまって互いを待ってしまうと着るタイミングを失ってしまうことがあります。長引きそうだなと感じた時には「失礼します、と互いに言い合って3秒待ってから静かに切る」という対応を取るようにしてもかまいません。

電話をかけるとき、リラックスしてかけるようにします。きちんと敬語を話さなければならないと身構えすぎて緊張してしまう人もいると思いますが、敬語はできるに越したことはないという程度にとらえましょう。大切なのは、敬語の知識的な正しさよりも、きちんと相手を気遣おうという気持ちです。

服装や身だしなみ

見学に行く際には、保育士としての清潔感や熱意を示すことができるような、控えめでさわやかな服装や身だしなみを心がけるようにしましょう。服装の基本はスーツですが、中途の場合には保育園によっては、スーツでなくてもいいところもあれば、スーツNGなので私服での見学をしてくださいと指示をされる場合もあります。

中途採用の場合は新卒とは違い、スタッフの募集をしていることを、まだスタッフや保護者に伏せておきたいなどの事情がある場合があるので、こうしたことも考慮して、電話で連絡する際に「見学するときの服装はスーツでよろしいでしょうか?」と確認しておくことをおススメします。

見学で求められる服装や身だしなみも、採用面接の際に求められるものとほぼ同じものですので、同じ心構えで見学に行きましょう。

持ち物

見学当日に持っていく主な物は以下のようなものがあります。

魅力を感じた点や質問したいことをまとめたノート、手帳や筆記用具、上履き、ティッシュやハンカチやタオル、エチケットブラシ、ソーイングセット、替えのストッキングなどです。当日の朝になって慌てることのないように、前日までにすべてそろっているかをしっかり確認しておきます。

では、見学の当日にはどのような事を注意していくことができるでしょうか。見てみましょう。

見学当日は明るい表情や笑顔を心がけ、案内してくださる方やすれ違う方や園児にはきちんと挨拶をするようします。携帯電話やスマートフォンはマナーモードにしておくか電源をOFFにすることを忘れないようにしましょう。社会人としてマナーのある振る舞いに気を付けるようにします。

寒い時期の見学では、相手に顔を見せる前にコートやマフラーや手袋などを脱いでおくようにします。帽子はどんな季節も、特殊な事情がない限り脱いでおきましょう。スーツの場合には、暑い時期でもジャケットは常に羽織っておくようにします。

靴の脱ぎ方にも気をつけましょう。靴は相手にお尻を向けることのないように揃えて脱ぎ、邪魔にならないようにします。どのようにしておけばいいのかを尋ねて、指示のとおりにします。

イスなどがある時でも、相手が立っている時には自分も立っているようにし、「おかけください」などと指示されるまでは勝手に座ることのないように注意します。

見学が終わり、保育園の出入り口まで見送ってくださった場合には、深めにお辞儀をしてお礼を言ってからその場を離れるようにします。姿が見えなくなるところまで見られている場合もありますので、それまでは気を緩めることなく、好印象を与えるような振る舞いを心がけます。

では、見学の後日にはどのようなことができるでしょうか。

見学を終えた後にお礼状を書くことは義務ではありませんので、出さなくてもかまわないものなのですが、見学の結果「この保育園で働いてみたい!」とおもった園には、お礼状を書いておくことをおススメします。そうすることで、保育園側からの印象が良くなり、内定を獲得することができる確率が上がる可能性があります。

見学でチェックすべきポイントは?

Check off completed tasks on a to-do list

以下のリストを書き出しておいて、照らし合わせながら見学することもできるかもしれません。ただし、なるべく案内をしてくださる方に見つからないようにし、さりげなく控えめにチェックすることができます。どんな職種の方であっても、自分の働いている職場をあまりにもジロジロと観察されていい気持ちのするものではないものですので気を付けましょう。

保育内容

子どもたちが幸せそう過ごしているだろうか。まずは子どもたちの表情や様子をよく見ます。「幸せそう」「楽しそう」「リラックスしている」かどうかをチェックします。この要素は、保育園選びの際に一番大切です。

保育園があまりうまく機能していないと、見学している人がいる間だけ在職のスタッフがよそ行きのふるまいをしようとするところも残念ながらないわけではありません。しかし、スタッフと子どもたちの普段の関係性というのは、子どもたちの自然な表情や振る舞いに自ずと出るものです。スタッフがいかに優しそうに接していても、子どもたちの表情が暗かったり固かったり、スタッフと距離をとろうとしたり、ぐずった子どもに対してスタッフがうまく対応できないように見えれば、それは要注意です。

子どもが寂しそうに一人で遊んでいるのにスタッフがかかわろうとしなかったり、楽しそうにひとりで遊んでいるのに必要以上に干渉するなどの場合には、子どもたちにとってあまり良い環境とは言えないこともあります。しかし、のびのびと楽しそうに独り遊びに熱中している子どもがいるようであれば、その保育園ではおおむね良い保育環境が整っていると考えることができるでしょう。自分が望んでいるような保育がその見学した園で叶いそうか、しっかり丁寧に観察しておきましょう。

また、スタッフの声は適正な大きさかどうかもチェックしておきたいものです。保育園では、スタッフがきちんと声を出せるかどうかというのは大事なことです。しかし、場面に合わせて小さな声を使えているかも想像以上に大切なことです。子どもたちが静かにしているのに大きな声を張り上げてしまったり、必要以上に大きな声で子どもたちを叱ったりしている場合は少し要注意しておくことができます。

職場環境としての要素

感じの良い挨拶をすることは社会人としての基本ですので、挨拶がキチンとしていることは大切です。みんながこれをできているなら、それぞれが社会人をしての最低限のことを身に着けることができており、職場にみんなが良い雰囲気を出していくだけの余裕や包容力があるということの表れになります。

保育士やスタッフの表情を観察することも大切です。子どもの表情を見るのが大事なのと同じように、園で働く人たち皆の表情がイキイキとして明るいかを見るのも大事です。よそ行きの表情の後に、ふとした瞬間に明るい表情が自然と出ているかを見るようできます。自然な表情には、やはり日頃の職場や仕事内容への満足感ややる気などが現れてくるものですので、表情を観察することは大切です。

園見学のまとめ

直感・感覚

チェックできることはたくさんあるかもしれませんが、全体として雰囲気がいいと感じれることは大切になってきます。

見学することで得ることのできる、肌感覚レベルでの合う、合わないという勘は、今後その保育園で働くにあたって重要なものです。ですから、気に入った保育園の情報をできるだけ詳しく知るようにし、見学するにあたっては緊張することも多いかもしれませんが、ぜひリラックスして見学に参加してくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事