大田区周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

大田区周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

大田区は東京23区の中で最も面積の広い区です。町工場のまちもあり、一方で高級住宅街もあります。人口は約73万人で、なんといってもは羽田空港という国内最大のエアポートがあり、羽田地区は未来核とされています。そんな大田区での保育事業はどのように拡大しているのでしょうか?また保育士として、大田区にはどんな魅力や働くメリットがあるのでしょうか?

大田区の保育士需要と保育事情

Haneda Airport terminals and roads in Tokyo, Japan.

大田区の保育への取り組みや、現状、そして保育士への支援、求人の探し方などご紹介します。

大田区の魅力って?

大田区は、東京23区の中でも一番面積が広く、そして”東京の縮図”とも言われる、まさに日本の中心ともいえるまちです。交通アクセスも大変便利で、国際色も豊かでありながら、懐かしい伝統と歴史を感じることもできるところです。

大田区には4つの地域があります。大森地域、調布地域、蒲田地域、糀谷・羽田地域です。

大森地域の海側の特徴

日本の最先端技術を誇る町工場です。山側では住宅地が広がり、緑も楽しむことができます。

調布地域

洗足池や多摩川台公園といった、水と緑が豊かな地域です。自然を楽しめる環境が整っています。

蒲田地域の特徴

多摩川に面した自然豊かな場所やスポーツを楽しめる地区や、住宅地や工場などが混在している地区、商業地区や羽田空港への玄関口としての役割を果たす大田区の中心地域があります。

糀谷・羽田地域の特徴

羽田空港があり、国際都市としての顔をもちます。多摩川に隣接しているので緑豊かなのも特徴です。

このように、大田区には歴史と文化が感じられる町、そして国際的なまちとしてのいろいろな魅力があり、活気と人情を感じられるところといえます。

大田区の保育の特徴

Teacher Working with Children in Preschool Classroom

大田区の保育理念は「安心、輝き、潤いのある都市」を柱に「子どもがのびやかに育つまちづくり」というものです。そのために、子育ての基本である家庭を主役に、地域の子育て力も高めていこうと考えています。そして、保育園を核として地域の子育て支援を充実させて、多様化する保育需要に答えていくこと、高い質の保育を提供することに努めています。

大田区には、現在18の区立保育園があります。そして認可保育所を始め、小規模保育所、認証保育所、定期利用保育室、保育ママ、事業所内保育所、企業主導型保育所、その他といった施設で保育が実施されています。

簡単に各施設を説明しますと、認可保育所は児童福祉法の基準に沿って運営されている保育園で、区立区営、区立民営、私立があります。

小規模保育所

区が定めている条例で決められた基準に沿って運営されている地域型保育事業であり、1~2歳児を預かっています。定員は19名までです。

認証保育所

東京都が同時に設置している基準に沿った保育施設で、0歳児の受け入れや、通常よりも長い開所時間だったりと、多様な保育ニーズに対応できる施設となっています。

定期利用保育室

保護者の事情に合わせて曜日や保育時間が決められる保育施設であり、多様化している保護者の就労形態やライフスタイルに柔軟に対応できる施設となっています。

保育ママ

家庭的な保育を目指し、家庭福祉員が自宅または保育室で保育を実施しています。

事業所内保育所

事業所の従業員や地域のこどもが利用できる地域型保育事業です。

企業主導型保育所

複数の企業によって共同設置あるいは利用されていて、地域のこどもも利用できる保育所です。

このように、保育需要の高まりとともに、子育て家庭のライフスタイルや保護者の就労形態なども多様化してきたことに合わせて、様々な特徴をもつ保育施設が整備されています。それぞれの園や施設に特徴があり、保育従事者として仕事をする際のやりがい、魅力も違ってきます。

それで、自分のライフスタイルや、したいと思う保育内容に合わせて職場を選べると言えるでしょう。

保育需要の高まりに合わせ保育所が増えている

大田区でも、核家族化が進んでいることや仕事と育児を両立させることなどのために、保育需要がますます高まっています。特に、大田区でもマンションが次々と建設されていることで、未就学人口が増加してきました。そして、女性たちの就労率も増加していることや働き方も多様化していることによって、多様な保育サービスの提供が必要となってきました。

それで、認可保育園を充実させること、認証保育施設等の整備に取り組み、また休日保育や年末保育、病後児保育などを実施するなどして、その需要に応えるように取り組んできました。

待機児童問題

やはり問題となってきたのは待機児童です。待機児童というのは、保育所等に入所希望を持っているにもかかわらず定員がオーバーしていることで、待機せざるを得ない状況の児童のことです。

大田区では、平成21年4月1日時点から、平成26年4月1日までに保育サービス定員を2,274人分も増加させてきました。しかしながら、平成25年4月時点で待機児童数は438人と、その保育需要に対応しきれていないという状況がみられていました。

そして、平成26年になりますとその数は613人にまで増加しました。その後減少が見られ、平成27年には154人、平成28年には229人でした。

しかし、平成29年には昨年度と比べて343人の増加となり、合計572人となっています。この背景には、待機児童の定義が新しくなったことも関係していますが、特に、0~2歳までの待機児童数が昨年度よりも312人も増加した、ということで低年齢児の保育需要に対応しきれていない、ということが顕著になっています。

保育定員の推移を見てみますと、平成26年4月1日までに11,831人となっていましたが、その後も大きな拡大を行っていて、平成29年4月1日までには14,153人にまで増えています。それでもなお、待機児童がいるということで、これからもますます保育所等が増えるということが予想されています。

平成30年4月には、待機児童数は250名となり、減少しましたが、東京23区の中では4番目に多い数が発生している状況です。それで、大田区のホームページを見てみると平成31年4月に開設予定の認可保育園が22もあるんです!そして平成31年5月開設予定の施設も1ヶ所あります。

人材不足が如実に現れ始め人材確保が鍵となる

We Need You Message Concept

これだけ多くの施設が整備される予定となっているわけですので、当然、そこで保育を担う人材も必要とされていることになりますね。

大田区ではこれまでも、保育施設が増えていましたが、これからも増えるということで、保育士としては職場をかなり選べる立場にいます。就職や転職には困らないという環境です。

ということで、逆に大田区では保育士を確保することが大きな課題となっています。そこで、多くの保育士さんに活躍してもらうため、様々な保育士支援事業を行っています。

家賃補助あり!

Adult and child hands holding paper house, family home, homeless housing and real estate, insurance concept

大田区では保育業務に携わっている人たちに対する「宿舎借り上げ支援事業」を実施しています。つまり家賃補助です。

これは、大田区内で働く常勤の保育士、施設長、保育補助者、調理員、看護師が、事業者が借り上げている宿舎に入居する場合に、その借り上げにかかる経費を補助するというものです。

もし、事業者が法人として借り上げている宿舎に該当する人が入居する場合、月額82,000円の7/8を大田区が負担してくれて、残りの1/8は法人が負担してくれるんです。つまり、82,000円以内だったら、家賃が0になる可能性がある!ということです。

対象施設は、認可保育所、小規模保育所、事業所内保育所、認証保育所、定期利用保育室となっています。とはいえ、この宿舎借り上げ支援制度を利用しているか、また補助の金額や条件などについては、各施設によって違いがありますので、施設側に確認する必要はあります。

そして、補助は法人に対して行われるものなので、個人で借り上げる宿舎に対して行われるわけではありません。それで、施設との契約が必要となります。

この制度が利用できれば、保育従事者の経済的負担はとても軽くなりますよね!東京に出てきて保育士として活躍したいけど家賃が払えるか心配という方や、大田区内の保育施設で働きたいけど一人暮らしでやっていけるか心配という方も、安心です。

大田区独自の月1万円の手当あり!

大田区の保育施設で働く保育士さんへの処遇改善のために、区では「保育士応援手当」を支給しています。

保育士の給与が低いことなどが、離職率の高さに影響していて問題となっていますよね。それで、現在保育士さんへの待遇を改善するために、国としては補助金30,000円、そして東京都としても補助金44,000円が支給されることとなっています。

とはいえ、大田区はそれにさらにプラスして、月額10,000円を手当として支給しているんです!

つまり、大田区で保育士として働けば、国からの補助金3万円+東京都からの補助金4万4千円+大田区からの補助金1万円+された額がお給料になるということです。

これはうれしいですよね!地方から上京して大田区で働きたいという保育士さんも多いのもうなづけます。

・保育士応援手当を受け取れる対象者 大田区内の私立保育園に常勤として働く保育士で、経験年数は不問ですが、6ヶ月間の継続勤務実績が必要となります。これをクリアしていれば、お給料に月1万円がプラスされるということです。支給は年に2回、6万円づつです。

保育士のための転職活動と転職サイトの選び方【完全版】

今回は保育士関連の転職先の見つけ方や転職の際に気を付けること、保育士さん向けの求人サイトなど、保育士さんがチェックすべき内容をすべて盛り込みました!自分に合った職場を見つけ、転職を成功させたいという方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

大田区の保育士おすすめ転職サイト

大田区で自分に合った保育施設を探す際に、利用したいのは転職支援サイトです。転職支援サイトでは、求人を検索、紹介してもらうだけでなく、気になる求人があれば面接をセッティングしてもらったり、担当者さんが条件交渉をてつだってくれたりと、こちらにとって都合よく就職や転職ができるようにサポートをしてもらうことができるんです。

それも、普通では公開しないような非公開求人なども紹介してもらうこともできますので、自分で就職や転職をするよりも、より幅広い選択肢の中から職場を選ぶ事ができる場合もあります。

転職成功率を上げるには、複数のサイトに登録することが良いようです。では、特に登録しておきたい転職サイトをいくつかご紹介します。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

保育士がおすすめするサイト、信頼できるサービスとして有名なのが保育士バンクです。非公開求人も多く、累計10万人が利用しています。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

マイナビ保育士

マイナビ保育士

大手人材会社マイナビグループが運営する保育に特化した転職サイト!

総合評価 4.20
対応地域 東京、神奈川、埼玉、千葉
特徴 ・一人ずつ丁寧に時間をかけたカウンセリング ・マイナビグループのネットワーク&ノウハウを元にした転職支援 ・保育園や運営企業の様々な情報を収集してくれる

特に東京の保育士求人に強いサイトです。認知度も高く、首都圏の求人数は業界トップクラスです。

マイナビ保育士って?みんなの評判と口コミからメリットとデメリットを知ろう!

大手のマイナビが展開する保育士専門の転職サービス「マイナビ保育士」。首都圏の保育士の求人についてはトップクラスです。今回はマイナビ保育士についてその特徴やメリット・デメリットをみんなの評判や口コミから探ってみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%93%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士エイド

保育エイド

人間関係の悩み、改善に力を入れた転職サービスで働きやすい職場を紹介することに重きを置いています!

もし、人間関係で悩まない転職がしたいという場合であれば、保育士エイドがおすすめです。人間関係の良い園だけを紹介してくれるサイトで東京、神奈川、千葉、埼玉の求人を扱っています。

「おおた ほいく・ぽ~と」

おおた ほいく・ぽ~と

大田区の4地区内限定の暮らし・特徴・知ることができます

大田区では、区内の私立保育園の就職情報サイト「おおたほいく・ぽ~と」をオープンしています。これは、区内の求人情報を見たり、応募ができるサイトで、すべて無料で利用することができます。

サイトでは、「施設検索」が簡単にできます。例えば、働きたい地域を選んで求人を検索してみたり、職種や雇用形態を選択する事ができます。

他にも、「各施設案内」では、指定の路線や駅から近い施設を探す事もできますし、こだわり条件として「新卒者OK」とか、「土日休み」、「オープニング」、「家賃補助あり」といった条件で検索することも可能です。

各園や施設に関する紹介ページもあって、それぞれの特徴とかポイントを知る事ができますので、どんな保育に力を入れているのか、どんな雰囲気なのかその特徴を見比べながら、気になる園や働きたい園を見つける事ができます。

そして気になる求人が合った場合には、採用担当者にメッセージを送ることも可能です。

それで、大田区で保育の仕事に携わりたい方は会員登録をおすすめします。会員登録は、名前やメールアドレス、パスワードだけでできちゃいます。そして、マイページから履歴書を登録する事ができます。

気になる施設の採用担当者へのメッセージは直接そちらに送られます。また履歴書を匿名で公開しておくと、履歴書と自己PRを見た企業側からスカウトメッセージが届くこともあります。なので、プロフィール、職歴、自己PRはしっかりと具体的に書いておくといいですね。

そして、転職活動に役立つ「転職活動ノウハウ」のページもあります。履歴書の書き方とか、面接の服装とか注意点を教えてくれていますので、ぜひ参考にしてみましょう。

他にも、大田区の特徴や暮らしについての情報や、区が実施している保育士支援制度などについても紹介しています。研修や就職フェアなどのイベント情報もこちらから確認することもできますよ!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事