大阪の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

大阪の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

今回は大阪について、大きな都市ではよくある待機児童問題、さらに保育士不足問題、それに伴う府や各自治体の取り組みなど、保育士が仕事をするうえで気になる事情や、大阪で保育士として現在働いている人、さらにこれから働きたいと考えている人が、自分に合った求人を見つけるために使える、役立つ転職サイトや転職エージェントなどもご紹介したいと思います。

大阪の保育士事情

大阪の保育士事情

大阪府は、平成30年の時点で人口の総数は約883万の街です。そしてそこには約1800ほどの保育所等の施設があります。

かなりの大都市となりますが、そんな大阪で保育士として働くことのメリットとはいったいどんなところにあるのでしょうか?

また、大きな都市ではよくある待機児童問題、さらに保育士不足問題、それに伴う府や各自治体の取り組みなど、保育士が仕事をするうえで気になる事情を調査してみたいと思います。

そして、大阪で保育士として現在働いている人、さらにこれから働きたいと考えている人が、自分に合った求人を見つけるために使える、役立つ転職サイトや転職エージェントなどもご紹介したいと思います。

大阪府では、保育士が圧倒的に足りていない!?

大阪市は、国内でも得に保育士が足りていない状態で、需要に対して供給が圧倒的に追いつかないとされています。保育士が足りていないという事は、保育士を確保するために、自治体などはより良い待遇を用意している可能性も高く、さらに保育士が働きやすい環境を整える動きが活発である、という可能性も高いです。

では、本当に大阪府では保育士不足が続いているのか・・・、その実態を調査してみたいと思います。

まず、調べてみたいのは、大阪府における待機児童の数です。なぜこの点を知る必要があるのかというと、よくテレビなどでは待機児童問題が取り上げられます。

これはつまり、保育所などに入所したいという希望を持っていて、なおかつ入所するための条件も満たしているにも関わらず、入所できない児童がいるということです。そうなると、保護者、特に出産をした女性たちはいったん仕事を退職あるいは休職していますので、その後に仕事復帰したいと思ってもできない、という事になってしまいます。

現在の日本の社会では、女性たちの社会進出、さらに核家族の増加などによって、出産後の女性たちもすぐに職場復帰する選択をする家庭が増えています。そのような場合に、保育所というのは子どもたちにとっても、保護者にとっても安全に成長を見守ってもらえる場所として、とても大事な場所となるのです。

それで、現在は少子化と言われている一方で、保育所などに入所を希望する人たちが増え続けていることで保育所などが不足がちです。このことは、都市部では得に顕著に見られていて、得に3歳未満児において深刻な問題となっています。

国としても、底のような問題を改善するために、2008年には新待機児童ゼロ作戦といった取り組みを行ったり、各都道府県、自治体などでも、待機児童問題を解消するために、いろいろな政策を取り入れています。

その中には、新しく保育施設を建設するという事もありますが、ただ単に施設が増えても、児童の受け入れ人数を増やすことはできません。当然のことながら、保育士が必要なのです。

全国で言えば、今後平成32年度の末までになんと約32万人の保育の受け皿が必要とされているわけなのですが、そのために保育の担い手となる保育人材の確保が急務である、とされています。

実際、今現在でも施設を拡大したり、新しい園などを建設しても、保育士の人材確保ができていなくて、実際に受け入れることのできる人数の児童を受け入れることができない、というところもあります。それで、各自治体としては、保育士確保のためにいろいろと保育士が働きたい、ここで仕事を続けたい、と思えるような待遇を用意したりしているのです。

それで、保育士側の視点から見れば、待機児童が多いという都道府県というのは、その問題の改善のために、保育士が働きやすい環境を整えている、とか待遇の面で有利な条件が整っている、という可能性が高いわけです。

大阪府の待機児童数

では、大阪府の待機児童数はどうなのでしょうか。

大阪府のホームページを見ると、詳しい情報が載っています。平成29年の4月1日の時点での報告ですが、大阪府全体にある保育所等の総数は1837となっています。

全体として受け入れ可能な定員の数というのは172321人という事です。 そして、実際にどのくらいの申し込み児童がいたかというと、172762人です。

では、実際にどのくらいの人数の児童が入所しているかというと、165313人でした。そして、待機児童数は1190人という事です。

市町村別で言うと、待機児童数が100人を超えている自治体は大阪市、吹田市、豊中市、東大阪市の4つです。

ではこれをちょうど1年前のデータを比べてみましょう。平成28年の4月1日の時点で、大阪府全体の保育所等の施設の総数は1434でした。という事は、一年で147もの新しい施設ができた、ということになります。

そして、受け入れることのできる定員の数も164461ということで、1年間で7860人分の受け入れ数を拡大できた、ということがわかりますね。それで、大阪府全体としても、受け入れることのできる定員の数を大幅に増やす取り組みがなされている、という事が確認できます。

そして、待機児童数は平成28年4月1日の時点では1434人だった、という事で比べると、244人減少することができたという事がわかります。市町村別で比べるならば、待機児童が増加したのは12の市町村、そして減少したのは14の市町村ということでした。

そして、吹田市や豊中市は平成29年4月1日の時点でも、100人以上の待機児童がいるとはいえ、前年と比べると茨木市と共に、人数を半数ほどに減らしていますので、積極的な取り組みがあった、という事がよくわかります。

全体としては244人減少できたものの、12の市町村で増えてしまったということですが、これにはマンションの建設等による人口の流入や子育て世代が増加したことがあるようです。そして、求職活動優の保護者の申し込みも増えたことが理由として考えられるそうです。

例えば、人口過密都市である大阪市では待機児童が増えているのですが、市としては1年間に2000人ほどの定員を増加させています。それで、待機児童対策を行っているとはいえ、その需要を満たしきれていないという実情なのです。

さらに、じつはこの数字には、いわゆる隠れ待機児童数が含まれていないようです。それで、実際はこの数字をはるかに上回る数の待機児童がいることが予想されています。

という事は、大阪府では人口が流入している地域では特に、もっともっと保育施設が必要とされるということで、また新しい施設が建てられる、あるいは既存の施設が増設されたりすることが見込まれますね。

まあ、大阪府全体としても、実際、保育施設、事業所の利用児童数というのは平成28年4月1日から、1年後にはさらに6032人が増えていますので、これからもどんどんと保育士が必要とされることは確実でしょう。ちなみに、利用者児童数が増加した市町村は35あり、減少した市町村は5なので、保育士として、働き口が見つかりやすい、あるいは転職先が見つけやすいかどうかは、その地域にもよっても多少バラつきがあると言えるでしょう。

全体としてこれからも保育士として需要は高まっていくことがわかりますね。

大阪の保育への取り組み

大阪の保育士

先ほどのデータによると、待機児童数を減少させることができた市町村というのは14ほどあるのですが、これには保育のニーズに合わせて計画的に、小規模保育施設を設置したり、既存の保育所などの定員を増加させる取り組み、さらに認定こども園への移行などにより、保育の受け皿を拡大したことによる成果のようです。

つまり、大阪府としては市町村と協力して保育の受け皿の拡大に取り組んでいるわけです。

例えば、子ども資金等による整備補助とか、府営住宅の空室などの活用です。さらに保育士確保のために、地域限定保育士試験をじっししたり、潜在保育士が職場復帰できるように相談支援なども行っています。さらに、保育士就学資金などの貸付事業などにも取り組んでいます。

ここが、保育士側としては気になる大阪府の取り組みともいえると思います。

例えば、大阪市では保育士人材不足が深刻化していて、今後さらに保育士獲得戦争が激化していくということで、人材確保のための取り組みがより大きくなっています。

その取り組みの例としては、市内の民間保育所等が新規採用した常勤保育士に対して特別給付金を支給する場合、市として2年間で上限は20万円を補助するというものです。具体的に言うと、就職時に10万円、そして1年間の勤務の終わりに10万円が補助されるのです。これによって、大阪市内での就職する保育士は、お給料に加え、特別給付金が上乗せされることになりますね。

さらに、市内の民間保育所等が新規採用した常勤保育士のために宿舎を借り上げる場合には、その費用を全額、または一部補助してくれるという支援もあります。つまり、これは家賃補助ですね。月の上限が8万2000円も補助してくれるようです。

このように、各自治体でその取り組みは違いますが、やはり保育士不足が深刻化している自治体では得に、保育士として働きやすく待遇がよい環境が整ってきている、という事ができますね。

大阪の保育士の平均年収

大阪で保育士として働くとなると、どのくらいのお給料が平均となっているのでしょうか??ちなみに、全国の保育士の平均年収が326.7万円で、さらに平均月収は22,3万円なので、それと比べて高いと言えるのか、それとも低い水準なのかをチェックしてみましょう。

大阪府で調べてみると、平成28年度のある統計では保育士の平均年収は355.0万円でした。これは、全国平均と比べると、高いですね!

平均月収で見ると24.0万円ということなのです。そして、ボーナスなどの年間賞与は66.2万円ということで、全国平均の58.8万円よりも約8万円ほども高い、という事になります。

じつは、大阪の保育士は都道府県別のお給料ランキングで、トップ5位以内にランクインするほどの、高い水準なんです。

それも、労働時間なのですが大阪府が162時間に対して、全国平均は169時間ですので、それでも平均年収が全国平均よりもかなり高い水準であることは、保育士としては働くモチベーションが保ちやすい街、といえるのではないでしょうか?

ちなみにですが、平成27年度の平均年収は343.5万円、平成26年度は347.1万円、平成25年度は346.4万円、平成24年度は324.3万円ということなので、大阪府では着実に年収が上がっていることがわかりますね。

大阪で保育士として働くメリット

大阪の保育士事情を少し調べてきましたが、保育士の資格を持つ人が大阪で働くことのメリットとはどんなところにあるのでしょうか?

やはり、一番はお給料が高いという事かもしれません。もともと保育士のお給料は低すぎるという事で、離職率も高いし、ハードな仕事内容に見合ったお給料ではないということで、働きにくい職種でもあることが嘆かれています。

それで、これからも保育士が働き続けやすく、仕事にやりがいを感じられる給与面でのサポートや上乗せを期待したいですよね。

そして、大阪で働くメリットの別の面としては求人が多いというところにあります。ちなみに、平成29年度の大阪の保育士の有効求人倍率はなんと5,66倍とかなりの高さになっています。

全国で言えば、保育士有効求人倍率は平成29年度では3,4なんです。大阪府ではそれよりも大幅に上回る数字になっていますよね。

平成25年から、大阪の有効求人倍率は全国のそれよりも上回るようになりましたが、平成29年には、その差がかなり大きくなりました。

大阪では保育士の需要はかなり大きく、それは求職中の保育士に取ったらつまりは、選び放題という事でもあります。1人当たり、5件以上の求人があるという事になりますので、それだけいろいろな求人から、自分の条件や理想により合ったものを選ぶことができる、という事は保育士の立場からすると良いことではないでしょうか?

まあ、一方で人手不足という事が深刻な分、保育士一人当たりの負担が過度に大きくなってしまうという不安もありますから、よーく職場を選んで、自分がやりがいを感じられる職場を見つけることができたらいいと思います。何はともあれ、やはり転職しやすいという事には間違いないでしょう。

そして、パートや非常勤などで働く保育士も多いのですが、時給も高く、高待遇の求人も多いですし、保育園以外でも、保育士の資格を活かして働ける施設、例えば習い事教室や駅の中にある保育室、さらには企業内保育などの、いろいろな求人があるのも魅力です。

そして、先ほど取り上げたように、各自治体によってかなり高い額の家賃補助があったり、支援金がもらえたりなどの制度も充実しているのが大阪で働くメリットとなるでしょう。

大阪の保育士におすすめの転職サイト、転職エージェント

では、ここからは大阪で働きたい、保育士としての資格を活かした転職先を見つけたいという方におすすめの転職サイトや、転職エージェントをご紹介していきたいと思います。

保育のお仕事

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

全国の幅広い保育士や幼稚園教諭の求人情報を提供しているのが、保育のお仕事です。もちろん、大阪府の求人もたくさんのせていて、各市区町村別に求人を検索できます。

保育のお仕事は、求人情報を載せているだけでなく、登録するとキャリアアドバイザーによる求人の紹介とか、面接のセッティングやフォロー、希望条件の交渉などをしてくれるサービスなどを無料で利用することができます。

ブランクありOKの求人もたくさんありますし、キャリアアドバイザーが履歴書の書き方とか面接のコツなどを教えてくれるので安心できます。

保育のお仕事ってどう?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

「保育のお仕事」は人材派遣会社と職業紹介の両方を行っています。人材紹介の場合は、保育園や施設の紹介、面接や履歴書、職務経歴書など転職活動に必要なことを専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。実際のところはどうなのでしょうか?今回は保育のお仕事の特徴やみんなの評判をチェックしてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士求人ナビ

保育士求人ナビ

保育士求人ナビ」は株式会社ウェルクスが運営している看護師・幼稚園教諭向けの求人情報サイトで、豊富な求人量が特徴です!

保育士求人ナビは、簡単に希望条件にピッタリの求人を見つけることができるサイトです。地域を選択し、エントリーし、希望を伝え、求人を選び、選考に進み、内定という流れとなりますが、転職や復職のプロが希望の求人を案内して、内定までサポートしてくれます。

サイトには、保育士と幼稚園教諭にとって役立つ、転職活動のコツについて教えてくれるページもあります。面接での服装とか話し方とか、初めての転職で知っておきたいポイントなどが掲載されていますので、ぜひチェックしてみて下さい。自己分析の仕方とか、良い求人の選び方など、転職の前に知っておきたいポイントがわかります。

さらに、気になる年収相場とかみんなの転職理由など、現場で働く保育士さんたちの裏側について覗けるデータも掲載されてますよ。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

こちらも保育士専門の、就職と転職支援サービスを提供していて、保育園、幼稚園の求人件数は業界内でもトップクラスです。

経験豊富なコンサルタントがいて、すべて無料で希望に合った求人を紹介し、そしてサポートしてくれます。

コンサルタントには、施設には直接言いにくいこともなんでも相談できるし、実際に転職時期とか雇用条件などの交渉は、コンサルタントがしてくれるちゃいますので、助かりますね。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事