太田市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

太田市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

太田市は、群馬県の南東部にある人口22万人の市です。SUBARUの企業城下町であり、北関東随一の工業都市である。人口増加率は県内有数の伸びを示しています。群馬県太田市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。太田市で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

太田市の保育士の需要と保育需要

大光院(太田市)

工業が盛んな群馬県太田市は、人口が約22万人の群馬県内で3番めに人口が多い市です。

「人と自然にやさしく、品格のあるまち太田」を目指し、すべての市民がお互いを思いやり、いきいきと作るまちづくりを目指しています。雇用や所得環境が改善されて経済は回復基調にありますが、地方では人口減少や高齢化といった問題もあります。

そんな太田市の保育士を取り巻く環境はどのようなものでしょうか?保育の現状やそれに対応する取り組み、さらに保育士を支援するための取り組みや求人の見つけ方についてまとめました。

太田市の子ども・子育てを支援する計画

太田市は、第3子以降の子育て支援事業などを独自に行うなど、子育て支援に力を入れてきた市です。それで、群馬県内での出生率はなんとトップなんです。

太田市では、住民や地域、事業者と協働して平成15年の「次世代育成支援対策推進法」に基づく「太田市次世代育成支援行動計画」策定し、子どもたちの育ちや子育てを応援してきました。そして平成24年には「子ども・子育て支援法」が公布されことに基づいて、平成27〜31年度までの「太田市子ども・子育て支援事業計画、次世代育成支援行動計画」を策定しています。

行動計画の基本理念「親と子の笑顔輝くまち おおた」

子どもの最善の利益を考え、それが実現するまちを目指して、8つの基本方針を掲げています。

1.「幼児期の教育・保育及び地域における子育て支援」 2.「 母親と乳児及び幼児等の健康の確保及び増進」 3.「 子どもの心身の健やかな成長に向けた教育環境の整備」 4.「 子育てを支援する生活環境の整備」 5.「 仕事と家庭生活の両立の推進 」 6.「子どもの安全の確保」 7.「 要保護児童への対応などきめ細かな取組みの推進」 8.「 結婚に向けた環境の整備と子育て期の親への支援の充実」

です。

「幼児期の教育・保育及び地域における子育て支援」においては、子育て家庭の負担や不安感が増している現状の中、すべての子育て家庭が教育・保育サービスを受け、積極的に地域社会から子育てサポートを受けることができるようなネットワークづくりを推進する、としています。そのために、教育・保育施設の充実、放課後児童クラブや一時預かり事業、延長保育事業、病児保育事業などの地域子ども・子育て支援事業の拡充に取り組むとしています。

さらに「 子どもの心身の健やかな成長に向けた教育環境の整備」では、幼稚園・保育園と小学校の連携を強化することなども主な取り組みとしてあげられています。

共働き世代が増え、子育てをする人たちの生き方も多様化している中で、「 仕事と家庭生活の両立の推進 」を実現するためには、保育所等の児童の受け入れ体制を整えることは必須となるでしょう。

このように、現在も実施されている「太田市子ども・子育て支援事業計画、次世代育成支援行動計画」において、幼児期の教育・保育サービスの充実に力が入れられているということがわかります。

太田市の保育のニーズって?

「太田市子ども・子育て支援事業計画」を策定するにあたって、保育や教育事業へのニーズを調査して、それに対応する体制を整える必要がありました。では、太田市の教育・保育事業のニーズはどこにどれほどあるのでしょうか?

太田市は全体としての総人口が増加しています。平成26年の時点では0~14歳までの人口は14.9%で、平成22年と比較した場合359人の増加となっています。

そして、合計特殊出生率は全国や、群馬県と比較しても高い状況となっています。とはいえ、出生率は減少傾向にあり、出生数は平成20年と平成25年を比べると320人減少していることがわかっています。そして未就学児と小学生の人口は減少していくことが見込まれています。

・保育所への入所希望が年々増加傾向

平成22〜26年までを比べると入所児童数は327人増加していました。

さらに、認定こども園の入所児童数も増加しています。施設自体も平成23年から増加してきたことが関係しているでしょう。

子育てサービスに関しては、保育所における一時預かり事業の延べ利用数は平成21〜25年度までは、年度によって違いがありますが2,000人前後となっています。障害児保育事業は平成21〜24年度にかけては増加していました。

・病児保育事業は需要が増していることがわかります。

・平成21年度には実施施設は1つで延べ利用人数は55人 ・平成24年度になると218人 ・平成25年度には実施施設が2箇所になったこともあり、延べ利用者数は397人になりました。

放課後児童クラブも設置数が増加していてそれとともに、入所児童数も増加しています。

ファミリー・サポート・センターですが、平成21年度からの活動件数がかなりあります。平成21年度の活動件数は延べ3,767件でしたが、平成24年度には14,557件、平成25年度は9,107件ということでした。

会員数に関しても、提供会員よりも依頼会員が多い状況が続いていますから、利用したいという人が多くなっていることがわかります。依頼会員は平成21年度には854人でしたが、平成25年度には1,145人となりました。

一方で幼稚園の入所児童数は平成22年から23年度にかけて減少しました。それ以降は一定に推移している状態です。

子育てや教育に日常的に関わっている方に関する質問では、「父母ともに」と回答した人の割合が最も多く62.1%ということでしたが、その次に多かったのが保育所で52.1%でした。そして、子育てや教育に最も影響する環境は、家庭が95.4%でしたがその次に保育所が54.0%、幼稚園が29.7%ということで、子どもたちの成長において、保育所の果たす役割は大きいということがよくわかります。

そして、保護者(父母)の就労状況の組み合わせでは、フルタイム×フルタイムの家庭が最も多く33.7%ということでした。その次に多かったのがフルタイム×パートタイムで26.2%、専業主婦(夫)が26.0%ということでした。

・高まるニーズへの対応に追われる結果

今後の就労希望をきいてみると、専業主婦(夫)と回答した人が減少して、フルタイム×フルタイムの共働きを希望している人が増えています。それで、共働きを望む子育て家庭が増えることによって、これからも教育・保育サービスの利用の需要はますます高まることが予想されますね。

太田市に待機児童問題はある?

Teacher and a group of elementary school kids at a bus stop

太田市でも、子どもの数は減少傾向にあるとはいえ、子育て家庭の環境の変化や就労状況の多様化によって、いろいろな保育のニーズが高まっていることがよくわかります。

そんな中、気になるのは待機児童問題です。国として待機児童解消のためにいろいろな対策を実施しているところですが、現在でもとくに都市部でたくさんの待機児童が発生していることがわかっています。太田市ではそのような問題はどうなっているのでしょうか?

・太田市では待機児童はゼロです

届け出をしていない隠れ待機児童は見えない数いるものですが、一応ゼロという表示で太田市はすごいように見えますが、まだまた改善すべき点が多く存在します。

働く保護者を応援するため、保育園、幼稚園を整備しているだけでなく、一時保育、休日保育、病児保育等の支援サービスも充実していることから、太田市は子育て家庭も住みやすい街として知られています。現在、群馬県内でも太田市は住みよさランキングで第1位です。そして、太田市の「子育て」に関する市民満足度は高かく、子育て家庭にとって住みやすい街という事ができるでしょう。

太田市の幼児教育・保育施設

Kids drawing on floor on paper. Preschool boy and girl play on floor with educational toys - blocks, train, railroad, plane. Toys for preschool and kindergarten. Children at  home or daycare. Top view

太田市は積極的に子育て支援に取り組んでいる市の一つです。では、現在のところ、市内にはどのくらいの幼児のための教育・保育施設があるのでしょうか?

平成30年の時点で、保護者が仕事や病気などのために家庭で保育ができない児童を代わりに保育施設である私立保育園は26園あります。小規模保育事業施設が1園です。

順認可保育施設が1ヶ所に、企業主導型保育施設が1園あります。

そして、満3〜6歳までの子どものための教育機関である幼稚園は、公立が3ヶ所、私立が2ヶ所、施設型給付を受ける幼稚園が2ヶ所あります。

認定こども園のうち、幼保連携型認定こども園が22ヶ所で、幼稚園型認定こども園が、5ヶ所、地方裁量型認定こども園が3ヶ所となっています。

病児・病後児保育事業を実施している施設が1ヶ所あります。

・その他の支援事業

太田市では子育て短期支援事業として、「ショートステイ事業」というものも実施しています。これは保護者が病気になったときや、出産、冠婚葬祭といった事業で子どもを一時的に養育できなくなったときに、乳児院や児童養護施設で預かるという事業です。

実施している施設は2ヶ所で、東光乳児院では0~2歳児未満の子どもを預かります。東光虹の家では、2歳〜小学校6年生までを預かっています。

さらに、「トワイライトステイ事業」というものも、同じ施設でおこなっており、これは保護者が就労等の理由で帰宅時間が夜間になり、児童を養育できないときに、生活指導都夕食の提供を行うというものです。

保育士修学資金貸付事業

太田市では、太田市内に住所をもち、指定保育士養成施設に入学している人に対して「保育士修学資金貸付事業」を実施しています。これは、太田市内の保育所や認定こども園などの人材の確保のためのものです。それで、卒業後に市内で保育所や認定こども園での保育業務に就くことを予定している人が対象となります。

貸付金額は、月額3万円です。最長2年間もらうことができます。

卒業後に、太田市内の保育所や認定こども園で保育士等として働き、5年間継続して勤務した場合は返済が免除となります。パートタイムであっても、1日6時間以上で月20日以上勤務すればこの免除対象となります。

保育士奨学金返済支援事業

さらに、市内に住所を持つ保育士さんで、奨学金を返済しながら市内の保育所や認定こども園に勤務している方への支援もあります。それが「保育士奨学金返済支援事業」です。

これも、太田市内の保育士確保を目的とした事業であり、年度途中で退職する方は利用できません。

この支援事業は、奨学金返済額の50%以内を補助するもので、奨学金を利用して保育士資格を取得し、自分で返済している人が対象となります。補助額は年に12万円以内となりますが、継続して3年以内が補助年数となります。

これは、奨学金を返済している保育士さんにとっては、かなりうれしい制度ですよね!保育士の年収というのは、決して高いとは言えませんので、その中から奨学金を返済するのはとても大変です。

しかし、社会で今必要とされている保育士さんたちがやりがいを持って働き続けることができるように、太田市ではこのような事業をおこなっているんですね。

太田市の保育士求人の見つけ方

太田市での保育士の求人を見つける方法はいくつかありますが、おすすめなのは保育士や幼稚園教諭専門の就職・転職支援サイトを利用する方法です。

いろいろな職種を扱う求人サイトもありますが、保育士や幼稚園教諭専門のサイトなら自分の資格を十分に活かせる求人を見つけることができるでしょう。さらに、保育士は転職率の高い職種となっていますが、それらのサイトは、無料で転職サポートをおこなっていたりします。

例えば、登録すると求人が閲覧できるだけでなく、専属のコーディネーターによる条件希望のヒアリングがあり、その人の希望する条件や望む働き方に合う求人を紹介してくれたりします。中には非公開求人、つまり一般には公開されないような求人を紹介してくれるところもありますので、自分ひとりではなかなか見つけることができないような求人を紹介してもらうチャンスがあるかもしれません。

面接のサポートなどをしてくれたりするので、はじめての転職活動でも安心なところもあります。そのような転職サイトにいくつか登録すれば、より幅広い選択肢から自分に一番あった求人を見つけやすくなるでしょう。

太田市は、暮らしの満足度も高いところで、大型のショッピングモールができるなども含め、プライベートも充実させやすい街ですので、太田市で保育士として活躍したいという人は、ぜひ転職支援サイトを活用して求人をチェックしてみてくださいね。

太田市の保育士のおすすめ転職サイト

保育士.net

保育士.net

関東・関西を中心に全国対応、求人数豊富で年間10万人以上が利用の保育士求人サイト!

まとめ

保育士の需要はまだまだ大きいようです。保育士不足解消に力が入れられているため、保育士支援のセンターがあったり、貸付金制度もあるなど、サポートも充実しているようです。

ネットで手軽に求人情報を調べることもできます。太田市でお仕事を探しているという方は、ぜひ求人サイトを活用してピッタリの職場を見つけてみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事