奈良の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

奈良の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

今回は奈良の保育士事情について、奈良で働くことのメリットなども含めながら調査してみたいと思います。更に、奈良での就職や転職先を探している人が利用できる、オススメの転職サイトと転職エージェントについてもご紹介していきます。

奈良の保育士事情とおすすめの転職サイトと転職エージェント

奈良

観光地としても人気の奈良県。国宝建造物の数は日本中で一番多く、聖徳太子で有名な法隆寺は世界最古の木造建築物といわれています。

奈良県は山に囲まれていてそのため昔から敵から攻められることが少なかったためか、県民性としてものんびり屋さんであることで知られています。平成30年の時点で、奈良県には約134.5万人が暮らしています。世帯数は約59万世帯です。

では、そんな奈良県では現在、どんな保育に関する取り組みがなされているのでしょうか?そして、そこで働く保育士さんたちのお仕事事情はどうなっているでしょうか??奈良県は保育士として働きやすいところなのか、そして保育士さんたちのための支援についても調べてみたいと思います。

奈良県の保育事情

奈良

平成24年の8月、「子ども・子育て支援法」という子ども・子育て関連3法というものが成立しました。それで、幼児期の学校教育や保育などを促進するための、「子ども・子育て支援新制度」というものが平成27年にスタートしています。

この「子ども・子育て支援新制度」とは、どのようなことに取り組むのかというと、質の高い幼児期の教育や保育を提供するため、幼稚園と保育園の特徴を併せ持つ「認定こども園」の普及を進めること、さらに待機児童解消のために、保育の受け皿を拡大することと、一方で子どもが減少している地域の保育を支援することなどがあります。そして子どもの相談を受け付けたり、一時預かりの場所を増やすことなども含まれています。

このような取り組みは、県と各市町村が地域のニーズを把握して、それに対応する形で進められていきます。それで、各市町村で、子ども・子育て会議が設置されるとともに、住民のニーズの調査とそれに基づく事業計画の策定がなされることとなります。

日本全体としては、平成29年4月1日の時点で26081人の待機児童が発生していることが分かっています。保育所等の定員数は前年と比較して、なんと10万人も増加しているにも関わらず、今だに待機児童が解消されていない、むしろ待機児童が前年よりも2528人増加した形です。

保育所等の利用児童数は年々増加していて、平成29年の時点では254万人以上となり、これは平成28年と比べると88000人以上の増加で、3.6%アップした、という事です。特に多くなっているのが、1,2歳の児童です。

では、奈良県としての保育のニーズとその対策はどうなっているのでしょうか?

平成29年4月1日の時点で、奈良県の待機児童数は287人でした。そのうち、半数以上が奈良市で発生しています。

奈良市でも、待機児童の多くは0~2歳児であることを受け、特に0~2歳児の受け皿の確保を検討してきました。平成28年の4月の時点では、保育所等の定員数は6407人となっていて、平成21年の4月と比べると582人の増加という事になります。

奈良市では、保護者のニーズに合わせた多様な保育施設を選ぶことができるように、という取り組みがなされています。それで、市内では2009年から12か所の幼稚園と保育所の統合を進めてきました。そして平成29年には11か所のこども園が親切されることとなりました。これによって、定員割れをしている幼稚園と、需要が増加し続ける保育園の特徴を併せ持ち、保護者の就労に関わりなく入園できる園を増加させている形です。

さらに、民間保育所や認定こども園などで、一時預かり事業を実施しました。そして、平成27年度では5万人がそれを利用したという結果が出ています。

ということで、奈良県でも各市町村で地域の保育のニーズを把握し、その需要に対応するために積極的な施設の整備、定員の見直しなどの取り組みが行われてきている、という事がわかります。しかしながら、まだ待機児童が解消されていないという事で、これからも高まる、多様な保育の需要に対応していかなくてはいかないでしょう。

しかし、このように新しく保育の受け皿を拡大していくことには、保育士を確保することも不可欠となっています。実際、日本での待機児童の数が解消されないことの一つの原因としては、保育の担い手である保育士が不足していることが挙げられています。

では、奈良県では保育士はちゃんと足りているのでしょうか?需要はどのくらいあるのでしょうか??

保育士の需要の大きさ

保育園

全国的に保育士不足が問題となっていますが、保育の有効求人倍率は年々増加傾向にあります。平成26年度の1月には、全国の保育士の有効求人倍率が2倍以上となりました。

そして、平成27年の10月の時点では全国で1.93倍、そして奈良県では1.39倍でした。全国平均と比べると、奈良県での有効求人倍率はそれほど高くはないと感じるかもしれません。

しかし、1倍以上であることはつまり、人手不足であるということです。人手を求めている保育所等の施設に、必要な人材が行き届かない状態であることがわかります。

しかし一方で、保育士として資格を活かして働きたい、という人にとっては常に求人があることで、就職や転職がしやすいということになります。ただ、東京都のように有効求人倍率が5倍、6倍というところと比べると、奈良県は求人数が少なく感じることもあるでしょう。

とはいえ、奈良県内での保育士不足もやはり深刻な問題です。

平成29年の9月の定例議会で、待機児童問題が深刻となっている奈良市で、実際に保育士が不足していて、定員数の児童の受け入れができないという園が相次いだことが明らかになっています。

なんと12か所ある公立保育所のうち、園児の充足率が100%に達したのはたったの2園だったのです。そのほかの10園のうち、保育士不足によって待機児童が発生ていることが明らかになっているのが3園です。ちなみに奈良市では、認定こども園の整備がすすめられているので、特に必要とされているのは保育教育士です。

そして平成26年に県が発表している保育士実体調査まとめによりますと、県内の保育施設の約7割が「保育士の確保が困難である」と回答しています。

奈良県では保育士の資格を持っている人は1万7000人以上に上るそうです。しかし、実際に保育士として働いている人は全体の25%ほどしかいないそうです。それで、保育士一人ひとりの負担が大きい、という現状もあるそうです。

このように、奈良県でも保育士の需要は大きく、人手不足となっているという事がわかります。

それで、奈良県としても待機児童の発生要因の一つは、保育士不足であることを受けて、保育士の確保と定着に力を入れています。では具体的にどのような取り組みをしているのでしょうか??

奈良県保育士キャリア認定制度

保育園と子ども

保育士が不足することの原因として、一つに保育士の離職率の高さが挙げられています。確かに、いろいろな職種の中でも、保育士という職は離職率がとても高く、実際保育士の資格を持っていても、保育に従事していない潜在保育士がかなりの数に上るという事がわかっています。

そこで、奈良県では途中でやめてしまう保育士さんを何とか減らすために、「保育士キャリアパス認定制度」というものを設けています。

この制度は、保育の現場において経験を積みキャリアを重ねていく際に、そのキャリアを明確にすることによって、保育士のモチベーションの向上につなげることが目的とされています。

この「奈良県保育士キャリア認定制度」というのは、経験年数に応じた研修を受けたことに合わせてキャリアを認定するというものです。もともと、保育士向けの研修は各保育団体においても行われてきたことですが、各自バラバラに行っていたので、体系的に管理することはなされていませんでしたし、実施科目に偏りがあったようです。

それを県と各保育団体で調整して、研修カリキュラムをレベル別に体系化し、県及び保育団体が実施ている研修の受講状況を、県が一元的に管理することができるようにするという事です。それによって、保育士自身、自分がどんなレベルのどんな科目の研修をいつ受けたのか、という事がすぐにわかるようになりました。

そのことによって、保育士一人ひとりが、「今自分がどのくらいの位置にいるのか」という事が客観的に把握しやすくなった、という事です。今までの「保育士〇年目」という事だけでなく、認定制度によって、より具体的にそして体系的に自分の位置を確認し、これからの理想の自分のための道も明確にすることができる、という事です。

そして、研修は実務経験年数でレベル分けされています。その結果、経験年収がに通っている保育士が集まることになり、そこで交流が広がるという効果もあったようです。同じような課題や悩みを持つ保育士さんたちが出会い、お互いに視野を広げるチャンスにもなるようです。

この制度というのは全国でもまだ珍しい取り組みであり、制度の構築には各保育団体からの意見を聞いたりしながら、なるべく現場に即した制度とすることが必要という事です。それで、これからも現場からの意見を聞きながら、保育士さんにとって納得でき実用的な制度にしたい、ということだそうです。

これからも、このような保育士さんたちがよりやりがいを感じながら働き続けるための、新しい取り組みに注目していきたいですね!

奈良県保育士人材バンク

幼稚園・保育園

さらに、奈良県では県内の保育士不足解消のため、「奈良県保育士人材バンク」が設置されました。これは、保育士として働きたいという方の就労相談や、復職支援のための研修、さらに無料職業紹介を目的としています。

保育所等の施設での求人情報を把握し、保育士の求職者とのマッチングを行っています。

そして、保育士支援のための研修や保育実習を実施しています。保育士と保育所との合同就職フェアもあります。

サイト内には、研修や保育実習の情報が随時掲載されています。例えば、保育実技として、乳児のだっこの仕方や調乳、授乳、おむつ交換の仕方など実践的な実技を復習できる研修や、基本的な応急処置を学べる研修、さらに手遊びやわらべ歌などの実技を学べるものもあります。

保育士として資格を持っているけど、現場で働くことに不安を感じている方や、ブランクがある方なども、このような研修を通して自信をもって就職や復職に臨むことができるかもしれませんね。

就職フェアに関する情報もありますので、学生さんも既卒の方も、奈良県でお仕事を検討している方はぜひチェックしてみて下さい。

奈良県の保育士の平均年収

給料

保育士として働く際に、やっぱり気になるのが県内の給料事情ですね。保育士は仕事内容が大変なわりに給料が低いという事も問題視されていて、国としても保育士の処遇改善が取り組まれてました。

では、最近の保育士さんのお給料事情はどうなっているでしょうか?

平成28年の全国の保育士の平均年収は、326.7万円という結果がありました。月収は平均で22.3万円、そして年間賞与は58.8万円です。

奈良県では、平成28年の年収平均は321.9万円だったそうです。平均月収が22.8万円、年間賞与は48.3万円です。

それで、奈良県内の保育士さんの平均的な年収は、全国的な水準という感じですね。

保育士専門の求人サイト「保育のお仕事」に掲載されている求人データからの、お給料相場は、保育園と幼稚園での月収相場が16.3万円、認定こども園では14.7万円となっているようです。

雇用形態別で見ると正社員の場合は約16万円、パートやアルバイトなどの時給は平均900円だそうです。

奈良県で保育士の資格を取るには

資格

保育士の資格を取るためには、保育士養成施設を卒業するか、保育士試験を合格する必要があります。その後、登録をすることによって初めて、「保育士」として仕事をすることができます。

奈良県内には指定保育士養成施設が8あります。大阪樟蔭女子大学、奈良教育大学教育学部、奈良文化女子短期大学、畿央大学、、帝塚山大学、奈良保育学院、白鳳女子短期大学、奈良佐保短期大学です。

そして、保育士試験は前期と後期、つまり年に2回実施されています。そのほかに、幼稚園教諭免状を持っている人で、保育資格取得特例によって弾き試験科目が免除されている場合のための、4月と10月ごろに受験申請期間が設けられています。

奈良県での転職のポイント

機会

先ほども紹介した通り、奈良県では独自に「キャリア認定制度」を導入しています。このキャリア認定を受けて、「認定保育士」として登録されている保育士というのは、スキルや経験などの実績を認められている、ということで転職などでも有利になるでしょう。

一方で、まだ経験もキャリアもないというような、経験が浅い方は保育士人材バンクなどの支援を利用することもできるでしょう。そして、ブランクがあって不安を抱えている方も、そこで行われている就業相談や、研修などを利用することができるでしょう。

就職や転職に当たっては、保育士人材バンクを利用することのほかに、転職サイトや転職エージェントに登録する、という方法があります。保育士を専門にしている転職サイトなどは、好条件の非公開求人情報を持っていたりもしますし、自分により合った職場を見つけやすくなるでしょう。

では、最後に奈良県で保育士として働きたい、という人におすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

保育のお仕事

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

保育士と幼稚園教諭専門の転職支援サービスとして、全国の保育園や幼稚園の求人情報を持っています。登録すると、キャリアアドバイザーによる面接のセッティングやフォロー、園側との条件交渉などのサポートを受けることができます。

それも、応募する前に気になる職場の雰囲気とか、良いところと悪いところなどの内部情報を教えてもらうこともできますので、より自分に合うかどうかを判断しやすいと思います。

保育のお仕事ってどう?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

「保育のお仕事」は人材派遣会社と職業紹介の両方を行っています。人材紹介の場合は、保育園や施設の紹介、面接や履歴書、職務経歴書など転職活動に必要なことを専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。実際のところはどうなのでしょうか?今回は保育のお仕事の特徴やみんなの評判をチェックしてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士コンシェル

保育士コンシェル

保育士コンシェルは、株式会社プログレートが運営している保育士のための求人紹介サービスです。好条件の求人を中心に取り扱っているのが特徴で、保育士、主任保育士、施設長(保育園園長)、保育補助、幼稚園教諭、学童指導員、教室講師、児童養護・障害児施設職員などの幅広い職種の求人があります。

総合評価 3.7
対応地域 東京、神奈川、千葉、埼玉が中心
サービスの特徴 収入や通勤時間、残業が多いか少ないか、研修が充実しているかなど、自分の希望にあわせて求人を探すことができます。保育コンシェルではLINEで転職をサポートするサービスも行っています。

利用者満足度が97%以上という、日本最大級の保育士と幼稚園教諭の転職サイトです。求職者一人ひとりに専任のコンサルタントがついて、平リングを通して求人の案内や情報提供、そしてお仕事相談や面接日程の調整、さらに入職後のサポートまで行ってくれます。

キャリア子サルタンとが保育施設を訪問して、詳細な情報を経営者や園長から聞いて、その情報を提供しています。経験のない方も、転職希望の方も相談できます。

保育士コンシェルってどう?みんなの評判・口コミからメリット・デメリットを探る!

保育士コンシェルは、株式会社プログレートが運営している保育士のための求人紹介サービスです。好条件の求人を中心に取り扱っているのが特徴で、保育士、主任保育士、施設長(保育園園長)、保育補助、幼稚園教諭、学童指導員、教室講師、児童養護・障害児施設職員などの幅広い職種の求人があります。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%BB%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%82%8B%EF%BC%81

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

保育園、幼稚園の求人件数は業界トップで、非公開求人も多数持つ「保育士バンク」にお経験豊富なコンサルタントがいて、登録すると、専任のコンサルタントが電話による希望条件などのヒアリングを行い、募集状況などを教えてくれます。気になっていることや、施設には直接言いにくいことも相談することができます。

そして、希望の求人が見つかったなら面接のサポートを受けることができますし、転職時期や雇用条件の交渉などもお任せすることができます。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事