宮崎の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

宮崎の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

宮崎県民はのんびり屋さんで、心が広く寛大な気質を持つと言われていますが、宮崎県での保育事情はどうなっているのでしょうか?保育士の需要はどのくらいあるのか、さらに平均年収や、県としての保育への取り組みなど、気になる保育事情についてまとめていきます。さらに、宮崎県内で転職を考えている保育士さんたちにおすすめの転職支援サービスもご紹介します。

宮崎県の保育士事情と需要

宮崎県産マンゴー

南国の雰囲気が漂う宮崎県。プロ野球のキャンプ地としても有名で、農業、牧畜業がとても盛んな県ですね。東国原英夫元知事が2007年に就任したことで、全国的にも知名度を上げました。

宮崎県民はのんびり屋さんで、心が広く寛大な気質を持つと言われていますが、宮崎県での保育事情はどうなっているのでしょうか?

保育士の需要はどのくらいあるのか、さらに平均年収や、県としての保育への取り組みなど、気になる保育事情についてまとめていきます。さらに、宮崎県内で転職を考えている保育士さんたちにおすすめの転職支援サービスもご紹介します。

宮崎県での保育状況

平成26年に宮崎県福祉保健部こども政策課が公開した情報によりますと、宮崎県内には国公立の幼稚園が16園、私立幼稚園が114園あります。そして保育所は国公立が66園,私立が325園となっています。

幼稚園と保育園の特徴を併せ持つ、認定こども園の数は国公立の保育所型施設が1施設、そして私立では幼保連携型が2施設、幼稚園型移設が34施設、保育所型施設が1施設と、合計で38施設があります。そして認可外保育施設は、ベビーホテルが8,事業所内保育施設が33、幼稚園併設型の施設が30,その他が59と合計130となっています。

そんな宮崎県には待機児童がいるのでしょうか?

2017年の4月の時点で、宮崎県内には36人の待機児童がいることが報告されています。そのうち、28人は宮崎市で発生しています。そして残りの8人が東臼杵郡門川町で発生していました。4月の時点ではその他の市町村では待機児童はゼロということでした。

ただ、待機児童数が増える10月になると、宮崎市では148人、さらに東臼杵郡門川町では28人、そして東臼杵郡美郷町で2人ということが報告されています。

待機児童の多くが宮崎市で発生している、ということですけど、そんな宮崎市でも2014年と2015年は数年待機児童数はゼロでした。しかし2015年10月の時点になって100人以上となってしまいました。いったいどうして急に増えてしまったのでしょうか?

集計方法

その原因として、集計方法の変更が関係しているようです。

そして、待機児童の他に、特定の保育所施設への入所を希望していて、他の施設には空きがあるものの、希望の施設を「空き待ち」している状態の人たちもいるようです。2015年の10月の時点では、保育を申し込んでいる児童数は12,357人ということでした。そのうち利用できたのが12.176人ということでした。

つまり、入所希望を出したけど入所できていない児童の数は181人ということになります。そのうちの「空き待ち」をしている児童の数は70人ということでした。

このような状況を受けて、宮崎市では保育の受け皿の拡大への取り組みを行ってきたようです。宮崎市では、2017年度に309人分の保育を拡大することを予定としていますので、需要を満たすべく、行政としては現在でも保育の受け皿の拡大に取り組んでいると言えるでしょう。

有効求人倍率から見る保育士の需要

倍率

保育の受け皿を拡大する、という取り組みが宮崎市でも行われているようですが、全体として宮崎県ではその保育の担い手である保育士は足りているのでしょうか?

それを知るために、保育士の有効求人倍率というものを調べてみたいと思います。有効求人倍率というのは、求職者に対してどのくらいの求人があるのかということを知ることができる数値です。

計算方法は、「求人数÷求職者数」となります。それで、求人数のほうがおおければ、有効求人倍率は1倍以上となり、それはつまり人手不足であることを示しています。その逆であれば、求職者に対して求人数が足りないということになります。

待機児童

現在、日本全国で見ると保育士は人手不足の状態が続いています。得に、都市部では待機児童問題が深刻していると同時に、保育士不足も深刻な問題となっているんです。例えば、東京都は全国でも最も保育士の有効求人倍率が高くなっていて、なんと平成27年には5倍ということもありました。

全国平均でいうと、平成26年の10月時点では1.50倍、そして平成27年の10月には1.93倍となりました。つまり、全国的に保育士を求める求人は、求職中の保育士の2倍近くの数あるということになります。

では、宮崎県内ではどうでしょうか?平成26年の10月時点での有効求人倍率を見うと、1.22倍ということでした。一年後の平成27年10月では1.67倍ということでした。

全国平均と同じく、宮崎県でも有効求人倍率が上昇していますね。平成27年でいえば、求職中の保育士さん1人あたり1~2件の求人があるということになります。保育士としては職場を選べる立場にあるということですので、就職や転職がしやすいということになりますね。

全国

全国平均よりも低いとはいえ、保育士の需要はまだまだあることがわかります。

とはいえ、場所によっては子どもたちが少なくなっていて保育園や幼稚園に空きが出ている地域もあり、保育士さんの需要も少ないところもあるかもしれません。宮崎市内では求人が比較的たくさんの求人があるとしても、その他の市町村では少ないということもあります。

宮崎県内の保育士の平均年収

年収

保育士さんが仕事を続けやすい環境を整えるために必要なことの1つとして、給与の改善があります。保育士というと、給与が低いというイメージがあるかもしれません。

女性が社会進出し、共働き世帯が増えていたり、ひとり親世帯も増えていることから、就学前児童を預かり保育してくれる保育所等の施設は、地域社会に大いに必要とされているのは確かです。それで、そこで働き子どもたちの成長をサポートしてくれる保育士さんたちも大いに必要とされている存在なわけです。

それでも、保育士は給料が低くて残業も多くて大変な仕事ということで、離職する人が多い職種でもあるわけです。そこで、国としても保育士さんたちの給与の底上げのための政策を始めているわけです。

では、宮崎県内の保育士さんのここ最近の平均年収ってどのくらいなのでしょうか?

平成28年の宮崎県の保育士の平均年収は290.2万円ということでした。平均月収は19.6万円です。そして年間賞与が54.5万円ということでした。

同じ年の全国平均はというと、平均年収が326.7万円、平均月収が22.3万円、年間賞与は58.8万円ということでした。こう見ると、宮崎県の保育士さんのお給料は低く感じるかもしれません。

確かに、全国平均と比べると低いのですが、近隣の県と比べるとどうなのでしょうか?宮崎県の隣接している大分県、熊本県、鹿児島県の保育士の平均年収も見てみましょう。

大分県の場合、平成28年の平均年収は315.4万円、平均月収は20.3万円、平均賞与は71.5万円ということでした。熊本県は平均年収は329.6万円、平均月収は22.0万円、平均賞与が65.6万円です。そして、鹿児島県では平均年収が298.5万円、平均月収は19.9万円、平均賞与が59.6万円ということでした。

近隣の県と比べても、平成28年の調査では、宮崎県内の保育士の平均年収は低かったという結果でした。

同じ県でも年度によって平均年収には変動があるので、一概には言えませんが、宮崎県の保育士さんのお給料は高い水準とは言えないということです。とはいえ、宮崎県は食費や物価などが安いということでもよく知られています。

それで、全国平均よりも低いとはいえ生活していくために必要な水準ということではあるのかもしれません。もちろん、保育士さんたちにとってお給料の面での待遇の改善はこれからさらに期待したいことですよね!

求人サイトでの平均給料はどのくらい?

求人サイトなどで宮崎県内の保育士の求人を見てみると、正社員としての募集では認可保育園や小規模認可園などで主に月給が16万円~というものが多く見つかりました。認定こども園などでは、契約社員としての募集だと月給18万円~という募集もあります。

パートやアルバイトとして働く場合、時給はだいたい850〜900円というものでした。もちろん、月給も時給もその園や施設によって違いますし、そこに手当などが付けばよりお給料は高くなります。

保育士バンク」によりますと、宮崎県の保育士がフルタイムで働く場合、日給にすると平均7,215円だそうです。これは、全国平均と同じくらいだそうです。

それで、宮崎県が物価が安いことを考えると、フルタイムで働くのであれば悪くない環境と言えるでしょう。

そして、宮崎県での保育求人には、短時間とか扶養内勤務が可能なものも多くあるようです、それで、主婦の方も保育士として働きやすい環境が整っているようです。一度、出産や育児のために保育の現場を離れたりしてブランクのある方でも、もう一度復帰できるかもしれませんね。

宮崎県保育士支援センター

宮崎県では、保育士の確保とサポートのための「宮崎県保育士支援センター」というものが設置されています。宮崎県保育士支援センターの目的は、保育士資格を持っている人、これから保育士資格を取る学生さん、さらには保育補助者の方と、保育士等を募集している保育園やその他の施設の架け橋になることです。

さらに、資格はあるんだけどブランクがあるために現場復帰に不安を抱えておられる方や、資格はあるけど実務経験がないといった、潜在保育士さんたちのサポートや職場復帰のための支援も行っています。登録すると、首相相談会や職場復帰に役立つ研修などの情報を知ることができますので、保育の現場で働きたいと思っている方は、ぜひ登録するとよいでしょう。

就職に対して悩みや不安を抱えている人も相談しながら、自分に合った職場を見つけることができますし、研修会や職場体験実習などに参加して実際の保育の現場の様子などを知ることもできるでしょう。

コーディネイター

宮崎県福祉人材センターにはコーディネーターが常駐していますので、いつでも相談することができます。そして県内の保育関連施設と連携していて、信頼できるところを紹介してくれるでしょう。

不安や心配がある方の保育士としての再就職プログラムを提供して、いろいろな働き方ができるようにサポートしてくれるようなので、フルタイムだけでなく非常勤として働きたいという方でも相談市に行くことができます。

利用の流れとしては、まず求職登録を行います。センターに行くことができないという方はメールやFAX、さらに郵送での登録も可能です。登録できるのは、保育の現場で働くことを希望している保育士等あるいは保育士資格取得見込み者です。

その後、コーディネーターと相談したり、求人情報の提供をしてもらうことができます。相談対象となっているのは、宮崎県内の認可保育所または認定こども園です。就職を希望する場合は、コーディネーターが宮崎県福祉人材センターを通して調整を行ってくれますので、今度は宮崎県福利人材センターに登録する形となります。

ただ、宮崎県福祉人材センターへの登録は有効期限が一般は3ヶ月となっており、学生の場合は卒業年次の3月31日までです。それで、登録を継続する場合は更新のお願いをする必要があり、そうでない場合は自動的に求職が取り下げとなります。

宮崎県福祉人材センターが、その人の条件に合った保育所等を紹介してくれて、保育士に関する仕事の相談も受け付けてくれます。さらには、就職げ文体験学習などの情報も教えてくれます。

宮崎県保育士等キャリアアップ研修

キャリアアップ

保育士のキャリアアップと給与の底上げを目的として、厚生労働省が平成29年の4月1日に定めた「保育士キャリアアップ研修」に基づき、宮崎県でも保育現場においてリーダー的職員を育成するために必要な研修を実施しています。

研修は「専門分野別研修」、「マネジメント研修」「保育実践研修」に分かれています。

「専門分野別研修」は、保育分野のそれぞれの専門分野に関して副主任保育士、専門リーダー、職務分野別リーダーとしての役割を担う事ができる人が対象者となります。

「マネジメント研修」の対象者は、主任保育士のもとで副主任保育士として役割を担うことができる人です。

「保育実践研修」は、実習経験の少ない人や遷座保育士さんたちが対象となっています。

詳しい研修実施日や申込み方法については、宮崎県のホームページで確認できます。

保育士修学資金貸付やその他の貸付制度

宮崎県内で保育士として働く人を確保するために、県では当たらに保育士として資格を取得する学生さんたちへの、修学金貸付制度を設けています。

この制度では、保育士を養成する学校や施設に在学している人で卒業後に宮崎県内の保育所等で働く人に、修学資金として月に5万円以内、入学準備金として20万円以内、就職準備金としてい20万円以内の貸付を行います。

他にも、未就学児を持つ保育士さんが産休・育休から復帰するときや、宮崎県内の保育所等で新しく勤務するさいには、子どもの保育料を月額.7万円貸付してくれる制度もあります。

そして潜在保育士さんが新たに宮崎県兄で新たに保育所等に勤務する場合にも、就職準備金として20万円以内の貸付があります。

これらは一定の条件を満たすと、全額返還免除になりますので妥当する方はぜひチェックしてみてください。

おすすめの転職支援サービス

最後に、宮崎県で保育士として就職・転職を考えている方が、簡単に利用できるおすすめの転職支援サービスもご紹介します。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

業界トップクラスの求人数を扱うサイトです。完全無料で利用することができ、非公開求人も多数扱っています。

専任のアドバイザーがサポートしてくれて、入ってみないとなかなかわからないような職場の雰囲気なども教えてくれます。給与や勤務に関する条件交渉もしてくれるので、自分ひとりでの転職活動よりも有利な条件で入職しやすいでしょう。

保育のお仕事

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

こちらも専任キャリアアドバイザーがフルサポートしてくれる、無料の就職・転職支援サービスです。全国の幼稚園や保育園などの施設を扱い、非公開求人も多くもっています。

施設の良い所だけでなく、悪い事やリスクなども教えてくれるので、自分に合っている職場かどうか判断しやすいでしょう。

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむは保育に関連する仕事・職場に関する転職や仕事探しをサポートしてくれる転職サービスです。非開会求人やレア求人もたくさんあります!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です
特徴 会員登録すると非公開求人の閲覧や、園の実名や動画が閲覧できます。また、求人案件数最大級なので、正社員や派遣など就業形態も様々あります!保育に特化したキャリアコンサルタントがお手伝いしてくれるので安心です!

保育に特化下キャリアコンサルタントが就職や転職をお手伝いしてくれて、求人案件数最大級の中から、好きな就業形態を選ぶことができます。正社員、パート、アルバイトとしてだけでなく派遣として働くことができます。

完全無料でサービスが利用できます。全国のお仕事情報を扱っていますが、宮崎県の保育求人は、「アスカクリエート福岡支店」が扱っています。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事