山梨の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

山梨の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

今回は山梨の保育士事情について、山梨で働くことのメリットなども含めながら調査してみたいと思います。更に、山梨での就職や転職先を探している人が利用できる、オススメの転職サイトと転職エージェントについてもご紹介していきます。

山梨の保育士事情とおすすめの転職サイトと転職エージェント

甲府

山梨県は、保育士として働きやすい県といえるのでしょうか?こちらのまとめでは、山梨県の保育事情から、保育士さんがやりがいをもってお仕事を続けられるような取り組みや制度について、さらに山梨県の保育士さんのお給料事情などもご紹介します♪

山梨県の保育事情

平成24年の8月に、「子ども・子育て支援法」というものが制定されてから、山梨県でも質の高い教育と保育の提供、保育の量的拡大と確保における支援の充実に力を入れてきました。

「やまなし子ども・子育てプラン」は、平成27年~平成31年までの5年間の計画であり、行政と企業、学校、NPO、民間団体、地域住民が一体となってこどだて支援を実施することを目指しています。

その具体的な内容としては、地域の多様なニーズに対応する保育の充実もあります。現在、日本では少子化という傾向にあるにも関わらず、保育所等の修学前児童を預かる事業の需要がかなり大きくなっています。

実際、保育所等を利用している児童の数は年々増加しています。平成29年の4月1日の時点で、全国で255万人の児童が保育所等を利用していました。その数は、前年と比べても8万8千人の増加です。

それは、女性の社会進出や就労意欲の高まり、そして核家族化が進んでいることなどが理由と考えられています。女性たちは、出産後にすぐに職場復帰することも多くなり、それによって、特に0歳の子どもたちの保育所への入所率が大きく伸びていて、現在では0歳児全体からすると、半数近くの子どもが保育所を利用している、というデータもあります。

そのような保育のニーズの高まりによって、特に都市部では待機児童問題も発生してきました。数年前に「保育園落ちた、日本死ね!」というブログの書き込みがニュースで大きく取り上げられて、保育所に入所する条件を満たし、それを希望しながらも入所できずに困っている子どもとその保護者の存在がかなりクローズアップされることとなりました。

そのようなことを受け、各自治体では待機児童を解消し、社会で活躍しながらも子どもを育てる環境を整えることがとても重要で緊急な取り組みとされてきました。現在でも、国として待機児童を解消するための取り組みがなされているところですね。

待機児童を解消するためには、保育の受け皿を拡大するために保育所等の施設の整備というものが必要となります。新たに保育士施設を新設したり、あるいは既存の保育施設を利用し、その定員枠を拡大することなどです。

日本全国では、このような保育の受け皿の拡大が急速に進められていて、平成29年の4月の時点では保育所等の定員数は274万人となり、これは前年から10万人の増加となりました。施設数としては、前年と比べて1934か所の増加で、32793か所あることが報告されています。

さらに、地域の保育のニーズというのは多様化してきました。それで、そのニーズに合わせた保育を提供することが必要とされてきました。

しかし、当然ながら施設を整備するだけ、保育の受け皿を確保できるわけではありません。実際に保育を担う”保育士”の確保が同時に必要とされています。保育士がいないなら、児童を受け入れることができません。それで、保育士という人材の確保という事も喫緊の課題とされてきたことでもあります。

このような現状の中なので、保育士という国家資格をもつ人材はとくに貴重な人材となってきました。しかし、その保育士が不足しているということが深刻な問題ともなっているわけです。その点についてはあとでまた詳しく取り上げますが、保育のニーズがどんどん高まり、施設の整備がすすめられているということは、つまり保育士にとっては職場が常にある、あるいは求人が常にある、という状況なわけですね。

日本全国で見れば、待機児童解消を目指して国、県、自治体が取り組んでいるわけですけど、平成29年の4月1日の時点で、およそ2500人以上がいるので、まだまだその需要に対応しきれていない部分がある、ということになります。

では、山梨県内ではどのくらい保育のニーズがあるのでしょうか??

待機児童数をみると、山梨県では”0”です!素晴らしいですね。それで、山梨県としての子どだて支援の取り組み状況としては、待機児童ゼロの継続のために、多様なニーズに対応する認定こども園や、幼稚園と保育園における一時預かりの取り組みを行っているようです。さらに病児保育などにも積極的に取り組んでいるようです。

県としては、認定こども園、保育所、幼稚園、あるいは小規模保育事情などの利用ニーズを把握するようにしていて、そのニーズに合わせたサービスの提供を行っています。そして、既存の幼稚園と保育所を認定こども園に移行することの計画を立て、それが上手くいけば、平成30年度も待機児童はゼロの見込みであると見ているようです。

ということで、山梨県では待機児童はゼロということで、保育所等への入所希望数に対する、受け入れ可能定員が整っている状態であるようです。

では、保育士としては山梨県というのは、求人がたくさんあり働きやすい県という事ができるのでしょうか??調べてみたいと思います。

有効求人倍率から見る山梨における保育士需要の大きさ

甲府駅

山梨県で働いている保育士さんは、平成27年の時点では約2400人ほどいたようです。保育士業界では、保育士が足りないということが深刻な問題となっています。

実際、施設側が保育士の確保ができずに、休園に追い込まれてしまっていたり、定員数の児童を受け入れることができないという事もあります。

平成27年の時点で、保育の求人がピークになる1月には保育士の有効求人倍率は2倍を超えました。そして、その倍率は年々上がってきています。平成28年の11月の時点でさえ、2.34倍となりました。

有効求人倍率というのは、求人数を求職者数で割っています。それで、100件の求人があって、100人が応募するならば、有効求人倍率は1倍という事になります。しかし、応募者が50人しかいなかった場合に2倍となるわけです。

ということは、かなり単純に考えれば、求人を出している100のうち、保育士を確保できるのは半分だけ、という事になってしまいます。それで、つまりはかなりの人手不足である、という事がわかるのです。

なんと東京都などではその有効求人倍率が6倍近くにもなることがあります。100人の求職者がいたとして、600人分の求人があるという事になってしまいますので、人手不足が深刻ですし、人材を確保できない施設などが多いので、それが待機児童発生につながってしまう、ということになりますね。

ただ、このような状態は保育士にとっては売り手市場であるという事になります。保育士の需要がかなり高いので、保育士の方が職場を選ぶ立場になれる、ということです。一方で、保育士一人ひとりの負担が大きすぎる、ということもありますので、その点が離職率の増加を更に加速させないように、労働環境の改善も課題となっているわけですが、まあ、保育士として、就職や転職に困らないということは確かでしょう。

では、山梨では保育士さんの需要はどのくらいあるのでしょうか??

平成27年の10月の時点で、全国の保育士の有効求人倍率は1.93倍となっていました。その中で、山梨県ではなんと、1倍をきる0.89倍でした。つまり、求人数のほうが求職者よりも若干少ない、という事になります。

つまり、保育士さんは足りている状態であるということですよね。しかしながら、山梨県でも保育士の確保と保育士の質の充実のための取り組みがなされているんです。なぜでしょうか?

それは、実際に現場からすると、保育士を確保することが難しくなっているということがあるそうなのです。その原因としては、首都圏の求人が多く県内の保育士がそちらに流れているという事があるそうです。

なんと県内の保育士学校の中には、内定をうけた学生のうちなんと90%が県外の保育士施設に就職するという事があるそうです。それは、内定時期が早いとか、待遇がいいという事が理由となっているそうで、つまりは県内で保育士になる人のほとんどは、県外に出て行ってしまって、山梨で新しく保育を担う人が少なくなっているという事になります。

他にも、やはり山梨県でも、全国と同じく保育士は離職率が高いそうです。基本的に、山梨の求人の多くが離職した保育士の欠員の補充のため、とまで言われています。そしていったん保育士としての仕事を離れた人の約半数は業界を離れるそうです。

この2つによって、保育士さんたちが減少していき、辞めたらすぐに補充できるという事を言えなくなっている、という事なのです。

それで、山梨県でも、保育士さんを確保することは今度に向けて大事な取り組みとなっているそうです。保育士さんを確保するためには、県内で仕事をしたいと思えるような処遇の改善も必要だろうし、各施設としても保育士さんが長く働き続けてもらえるような労働環境の改善なども必要でしょう。

離職者が多いということは、それだけ経験者がいなくなってしまうということでもありますから、離職を防ぐことによって、経験を積んだ人材が育つということで、保育の質の向上という分野から見ても大事なことといえそうです。

では、具体的に山梨県では保育士さんの労働環境の改善、そして人材確保のためにどのような取り組みをしているのでしょうか?

保育士確保、処遇改善のための取り組み

甲府

「山梨県での保育のあり方を考えよう」ということで、県や市町村、そして保育現場の担当者などが集まって委員会が設置されました。それが「山梨県保育課題等検討委員会」です。このような、県が主導する保育の専門員会が設置されたのは、全国的にも珍しい子とで、保育士の確保と定着を図り、保育の質を向上させるため、県全体として取り組みがなされています。

この委員会では、保育士就職フェアというものを開催しました。この就職フェアでは、学生さんの相談を受けたり、保育士が施設の特徴や実体験などを伝えてよりリアルな現場の雰囲気を伝えることができます。

さらに保育園・認定こども園見学バスツアーなどのイベントもあり、実際に日頃の保育の現場の様子を見てもらったり、園を紹介する機会となっています。県内にある様々な園には、各園ごとに特徴や理念や方針というものがあります。それでこのバスツアーは、保育士さん自身が、自分に合った職場を見つけるきっかけとして活用することができます。

さらに、山梨県でも民間保育士等のキャリアアップ研修が実施されています。これは、平成29年度4月1日から、技能や経験を積んでいる保育士さんの処遇改善のために、厚生労働省により通知されている保育士等キャリアアップ研修ガイドラインに基づいて行われています。

他にも保育士人材確保のための貸付制度が平成29年4月から開始されています。これは、保育士資格を持っているけど保育士として現在働いていないという潜在ほいっくし3の職場復帰を支援するためのもので、貸付制度は3つ用意されています。

1つは、「潜在保育士に対する再就職準備金」で、1年以上保育の現場を離れている潜在保育士さんが、新たに保育士として再就職するための準備金として、最大20万円の貸付を行います。再就職後に2年間実務従事した人は、返還が免除となります。

2つ目は、「保育補助者雇上げ支援」で、保育士の労働環境改善に取り組む保育事業者が、保育補助者を雇いあげる際の経費を、年間295.3万円以内として貸し付けるものです。

3つ目は、「未就学児を持つ保育士の保育所復帰支援」で、未就学児を持つ保育士さんが、週に20時間以上勤務する内容で保育士として再就職する際、子どもを保育所などに預けるときの保育料の半額を月に2.7万円を上限として貸し付けること、そして、子ども預かり支援事業を利用した時には、その料金の半額を年間123万円以内として貸し付けるものです。再就職後に2年間の実務従事で返還免除となります。

山梨県の指定保育士養成施設

遊ぶ子ども

保育士資格を取得するためには、保育士養成施設を卒業するか、または保育士試験に合格する必要があります。その後に、保育士登録をすることによって”保育士”として仕事をすることができるようになります。

山梨県には指定保育士養成施設が6施設あります。

山梨学院短期大学保育科、帝京学園短期大学保育科、山梨県立大学人間福祉学部人間形成学科保育士履修課程、身延山大学仏教学部仏教学科福祉学専攻、帝京科学大学教育人間科学部こども学科、大原簿記情報ビジネス医療福祉専門学校甲府校こども保育学科です。

身延山大学仏教学部仏教学科福祉学専攻と大原簿記情報ビジネス医療福祉専門学校甲府校こども保育学科以外は、幼稚園教諭の免許の取得も可能です。

山梨の保育士のお給料事情

給料

現在、保育所等の施設の需要が大きくなっていることに加え、保育士がもっともっと必要とされているので、保育士の処遇を改善することが国としても、自治体としても行われてきています。

では、そんなさなかですが山梨県内の保育士さんたちのお給料事情はどうなっているのでしょうか?

平成28年の時点で、全国の保育士さんの平均年収は326.7万円でした。月収にすると22.3万円、年間賞与の平均が58.8万円ということでした。

同じ年の山梨県の保育士さんたちの平均年収は、346.5万円とでていました。全国平均よりも高いですね!平均月収は22.6万円で、全国平均とあまり差がないのですが、年間賞与が74.6万円と高い水準となっています。

求人データから見ると、保育士と幼稚園教諭専門の転職サイトである「保育のお仕事」で掲載されている求人に掲載されている保育士の給料相場は、月収が正社員だと15.8万円だそうです。パートやアルバイトの時給は1075円です。時給が1000円以上というのは、地方ではけっこう良いでしょう。

もちろん、園や施設によって月収も時給も違います。それで、職場選びの際には、その園の方針や特徴、労働環境に加えて、給与水準というものもチェックしてみてください。

もし、これから就職を考えている人、あるいは転職や復職を考えている人にとって、自分がやりがいをもって続けていけるような園や施設を見つけるのは大切なことです。それで、そのような人はより自分の希望や理想に合った職場を見つけるために、転職サイトや転職エージェントに登録するのも一つの方法といえます。

ということで、ここでいくつか山梨県で保育士として働きたい、という人が利用できるおすすめのサイトなどをご紹介します。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

保育のお仕事

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

さきほども求人データなどを参考にした「保育のお仕事」というサイトは、保育園や幼稚園で働くことを考えている人を対象にした転職支援サービスを提供しています。登録するとキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介、そして面接などのセッティングは就業条件などの交渉などのサービスを無料で受けることができます。

それも、園や施設についての情報をたくさん持っているので、応募する前からその職場の雰囲気や良い点やリスクなどについても教えてもらうことができるんです。入ってみないとわからないような情報を前もって知れるので、より確実に転職を成功させやすそうですね。

保育のお仕事ってどう?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

「保育のお仕事」は人材派遣会社と職業紹介の両方を行っています。人材紹介の場合は、保育園や施設の紹介、面接や履歴書、職務経歴書など転職活動に必要なことを専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。実際のところはどうなのでしょうか?今回は保育のお仕事の特徴やみんなの評判をチェックしてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

保育園や幼稚園の求人件数は業界トップクラスの「保育士バンク」にも、経験豊富なコンサルタントがいて、好条件の求人を紹介してくれたり、面接のフォローやサポートをしてくれます。会員限定の非公開求人も多数あるようです。もちろん、すべてのサービスを無料で利用できます。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育ぷらす+

「保育ぷらす+」も、保育士さん専門の転職応援サイトです。専任のコンサルタントがその人に最適な求人を一緒に考え、紹介してくれます。そして転職を成功させるためのサポートを採用が決まり、就職手続きなどを済ますまでずっとしてくれます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事