年長さんの5歳児の特徴と保育のポイント!

年長さんの5歳児の特徴と保育のポイント!

小学校にあがる前の最後の1年間。5歳児はどんなことを意識して保育していくと良いのでしょうか?今回は5歳児の特徴や保育のポイントを中心に紹介していきたいと思います!

年長さんの5歳児の保育について

子ども

保育園では、1際の乳児から5歳までの幼児まで、様々な年齢の子どもたちが過ごしています。子どもたちは、本当に毎日成長していき、1年間でできることもとても増えていきます。

その中でも、5歳児は最年長さんで自分でできることもとても増えています。そして、いろいろなことを理解し、視野も広がります。一方で、そのぶん気持ちのうえでの葛藤があったり、我慢してしまうこともあったり、お友達とのケンカもたくさんあります。

自分でできることが増えて、手もかからなくなるという面ももちろんありますが、動きもとても活発になり活動範囲が広がりますし、さらに口も達者になるので、大人顔負けの言動をすることもあります。

小学校に上る前の最後の1年間ということですが、どんなことを意識して保育していくと良いのでしょうか?

5歳児の特徴と、保育のポイントをご紹介していきます。

5歳児の身体的な特徴

こども

5歳というと、幼児としてもしっかりとしてきて、一人でできることも増えとても安定してくる時期です。お兄ちゃん、お姉ちゃんとしての意識もあって、年下の子たちの面倒を見たり、お友達とも上手に遊ぶようになっているでしょう。

では、そんな5歳児は身体的にはどんな成長が見られるのでしょうか?

身長でいえば、男の子は5歳のお誕生日を迎えたときには、平均身長が100cmを超え、106.7cmとなっています。そして、1年間の間で約6cmほど伸びます。

女の子の場合も、5歳のお誕生日を迎えた時の平均身長は106.2cmと、100cmを超えています。そして6歳になるまでの1年間で平均で約6cmほど身長が伸びるようです。

体重は、男の子の場合5歳の前半の平均体重が18.36kgです。そして、5歳の後半の時期では19.48kgとなっています。

女の子の場合、5歳の前半の時期の平均体重が17.92kgで、後半になると18.94kgと変わっていきます。つまり、体重では男の子も女の子も18kgを超えるくらいになっているようですね。これは、出生時の約5倍、6倍という重さになります。

しかし、この数字はあくまでも平均であり、5歳の終わりごろになると、それぞれその子の個性がはっきりとしてきて、身長も体重も個人差が大きく出始めているでしょう。それで、平均と少し離れていて、痩せている子もいたり、身長が低いということもあると思いますが、運動機能の発達に問題がなく、健康であることが認められているのであれば、保護者の方は心配する必要はありません。身長は5歳を過ぎてから急に伸び始める子もいますので、「うちの子だけ小さな・・・」と感じてもそれほど心配しすぎる必要はないと思われます。

4歳くらいから、運動機能も安定してきて、走ったりジャンプしたりすることも、急に止まったりすることも安心して見ていられるようになりますけど、5歳になるとさらに筋肉も強くなりますので、安定感が増していきます。体つきがとてもしっかりとしてきたことをじみることができるでしょう。

片足立ちもできるようになったり、片足でケンケン飛びができるようになります。そして、上手にスキップもできるようになる年齢です。

音楽に合わせて体を動かす事が好きな子が多いですが、音楽に合わせて走る速度を変えるということもできるようになり、体のバランスを取るための脳の神経が成熟してきていることを見ることができるでしょう。

さらには、公園や園内にある遊具でもいっぱい遊ぶ年齢です。ブランコに乗って大きく揺らすことができたり、冒険心が旺盛なので、ジャングルジムにも一生懸命に登って、てっぺんに立って上から下を見下ろす、ということもできるようになります。それで、そのようなアスレチックなどにも積極的に取り組む様になる年齢です。

そうゆうちょっとしたスリルを楽しむようになり、三輪車もかなり早いスピードでこぐようになります。早くこぐことができるのですが、子どもたちは、夢中になると目の前の危険に気づかないこともあるので、場所によっては大人がしっかりと見ていないと危険なこともよくあります。

とくに遊んでいる場所の近くに道路などがあるならば、急に飛び出すこともありますので、交通事故などにはしっかりと注意し、子どもたちを見守る必要があります。

ボールでも遊ぶことが上手になりますが、ボールを上から投げるだけでなく、遠くまで投げる事ができるようになります。ただ、足の繊細な動きをするのは少しまだ難しいでしょう。

手先はどんどんと器用になり、手の指を一本一本、独立して動かせるようになります。それで、少し小さめのボタンでも、掛け外しができたりします。それに、折り紙を折るのも上手になります。はさみを使った制作でも、直線だけでなく曲がっている形も切り抜くことができるようになるでしょう。

それで、細かい作業もスムーズにすすめる事ができるようになります。それで、自分のことは自分でなるべくするように教えてあげましょう。

5歳児の知能と心の発達

保育園

5歳児の子どもたちは、自分の気持ちを言葉にして表現することもスムーズにできるようになります。思っていることを言葉にするのが上手くなるのです。しかし、全部を表現できるわけではなく、気持ちを伝えることができない、ということで悲しい気持ちになることももちろんありますので、大人としてもしっかりとその子どもの伝えたいことに耳を傾けて、そして受け止められるようにしてあげるといいと思います。

ただ、赤ちゃん言葉を使う事がほとんどなくなり、発音もはっきりとしてきますし、質問に対しても的確に答える事ができるようになるので、自然な会話ができるようになります。口達者になって、言い訳なども上手になってくるでしょう。 字を覚え始めるので、絵本も自分で読めるようになってきます。そして、自分の名前だけでなく、お父さんお母さんの名前、さらには住所なども言えるようになります。

数に関しては、20くらいまで数えることができ、科学的なことにも興味を持ちはじめます。例えば、動物や植物の観察をしたり、ものを拡大して見ることに関心を持ったり、水の流れを見つめてみたりする子もいます。

細かいところにまで注意を払うようになるので、絵もより具体的になりますし、物の形などもより繊細に捉えるようになります。形などは、それを2つに切ったとしても、もとに戻し て元の形にすることができます。そして、2つのものを比較して、その違いを捉える事ができるようになっていきます。

集中力も増していて、長い時間でも集中して遊んだり、一つのことに取り組むことができるようになっていきますし、自分自身で遊びを展開していくこともできるようになります。

お友達と一緒に遊ぶことも上手になる5歳児ですが、今までは自分の思い通りにならない事に大泣きをしたり、かんしゃくを起こしていた子も多かったのが、自我を抑えるという能力がついていき、泣くのを我慢したりします。それで、泣いたとしても泣き止むまでの時間が短くなるようです。

しかし、お友達とのトラブルが増えるときでもあります。例えば、遊ぶ友だちが定着してきたり、あるいは遊ぶ内容もそれぞれ定着することから、仲間はずれという問題が起こることがあります。さらに、他の子どもからからかわれて泣いてしまう子がいたり、遊びに夢中になるあまり、お友達に対して上から目線で指図するようなこともしてしまい、ケンカになることもあります。

ただ、そのようなケンカも子どもたちにとっては社会性を身につける機会ともなるのだと思います。お友達との関係がより複雑になってくる、ということではありますが、そこで思いやりや親切などを知る事ができるといいですよね。

弱い友だちを守ったり、あるいは年下の子どもの面倒を見たりすることもできるようになりますので、子どもたちのケンカは、すぐに叱って大人が解決しようとするのではなく、子どもたち自身が解決する方法を考えられるように促すことも必要となるでしょう。この点は、さらに後ほど詳しく取り上げたいと思います。

そして5歳くらいになりますと、ルールとか、我慢が必要なことをよく理解するようになっています。それで、なかにはその分自分の気持ちや要求というものを伝える事ができなくなってしまう子もいます。つまり、我慢してしまう子がでてくるのです。

思うように言葉で表現できなかったり、お友達どうしのすれ違いで我慢していて、何も言わずにただ泣いてしまうということもありますので、そのようなときには、気持ちを話してみるように促し、子どもたちの気持ちに寄り添うようにしていくことが必要かもしれません。

いろいろなことを感じ、理解し、把握できる様になってきたとは言え、まだまだ5歳の子どもなので、自分で考え、できるところはしっかりと見守りつつ、大人が助け舟を出すべきところも見極めていかなくてはいけません。

このように、5歳児の年長さんは身体的にもしっかりと安定してきますし、自分の事を自分でスムーズにできるようにもなり、心も大きく成長していて、お友達同士で遊ぶのも上手になりますが、一方でグループができてお友達との関わり方も少し変化していきます。

そして、やはり1年後には小学生になるわけなので、その準備をしっかりとさせてあげたい時期でもありますね。

では、そんな最年長さんの5歳児の保育で、特に意識したいポイントとは何なのでしょうか?どのような関わり方が良いのでしょうか??

生活習慣を完成させてあげましょう

子ども

これまで、自分で自分のことができるようにと教えてきてあげたと思いますが、5歳ごろになりますと、その生活習慣もほとんど出来上がるときといえます。それで、小学校に上がる前に、できるだけ自分の事は自分で上手にできるようになるように、生活習慣を完成させてあげたいと思います。

これは、保育園だけでなく家庭での過ごし方とも連携していくところがありますが、一人で寝ること、起きてからのお着替え、さらには慌てるまえにトイレに行くことなど、安易に大人が手をだすのではなく、子どもたちがしっかりと自分でできるのを見守る必要があるでしょう。

そして、子どもたちにお手伝いもしてもらうとよいと思います。簡単なことでも、お手伝いをお願いしたりすると、子どもたちはよい経験を積み、勉強になります。

苦手なことにトライすることを応援する

子どもたち

いろいろなことができるようになり、得意なことが出てくる年齢ですけど、一方で不得意なこともはっきりとしてきます。大人もそうですけど、自分が不得意だとわかっていることに挑戦するのは、やっぱり面倒くさいって思ってしまいますよね。

5歳児の子どもたちも、自分にとって苦手なことが出てきて、その苦手意識が強くなるとそれを避ける様になったりします。しかし、やはりできれば苦手なことも少しでもトライしてみるチャンスを持てるようにしてあげたいですよね。

もちろん、「できるようにならなきゃだよ!」というふうに、その子にプレッシャーを与えたり、強制的に苦手なことに取り組ませようとするのは、絶対にしてはいけません。そのように圧力を与えるなら、もっと苦手意識を強くしてしまうかもしれませんし、子どもに大きな負担を感じさせることになってしまいます。

子どもたちは、それぞれ感じ方も違うし、さらには能力も違いますので、みんなが同じことを同じ程度に楽しむとか、できるようになることを期待することはできません。でも、だからといって、不得意なことに一切関わらずにいるままにするのではなく、少しでもそのことに触れてみて、親しみを感じたり、その”苦手”というマイナスの意識を和らげてあげることができるといいと思います。

それで、子どもたちにとって不得意なことというのは、それぞれ違いますし、積極的に取り組めることと、取り組むのを嫌がることは違うのですが、苦手だと感じていることに対して、少しでも触れてみて、できたことをたくさん褒めて、自信につながるようにしてあげたいと思います。

それで、他のお友だちと比較することは避けて、その子のペースやその子の能力の中で、できることを一緒に見つけて、できたことを喜んで、褒めて、苦手だと感じていることにも少しでも親しみを感じられるといいですよね。

これから先、小学校にあがっても大人になっても、みんな不得意なことにぶつかるだろうし、苦手だと感じる瞬間を味わいますので、そのようなときに、少しだけでもそれにトライしてみれるように、やさしく背中を押す存在になれたらと思います。

お友だちどうしのトラブルを勝手に解決しない

子どもの喧嘩

お友だち同士のトラブルが増えていく年長さんたち。お友だち同士で遊ぶことを楽しめる様になる分、いつも一緒に遊ぶグループができていき、仲間はずれがでてきたりもするのです。

そして、さらにお友だちのものを隠したり、取ってみたりという行動にでることもあり、お友だちを困らせようとすることもあります。

子どもたち同士でケンカになったり、我慢する子、指図する子、大人の目を盗んでいじわるをする子など・・・、人間関係が複雑になってくることもあります。

しかし、それもやはり成長したしるしということなのです。

もちろん、危険なことに関してはすぐにやめさせること、注意することが必要です。しかし、お友だち同士のケンカやトラブルが起きているときに、すぐに叱って黙らせたり、すぐに大人が解決しようと口出しをすると、子どもたちは自分たちで考えるチャンスがなくなってしまいます。

もちろん、子どもたち同士だけで考えて解決する、というのはまだ難しい年齢です。それで、保育士は「どうしてこうなったのか?」、「どうしていくといいのか?」ということを、子どもたちと一緒に考えて、「こうするのはどう?」、「こうやる方法もあるよ」と解決に向かうアドバイスをあげることができます。

そうやって、保育士は子どもたちが正しい答えを見つけたり、解決の方法を見つける事ができるように、アドバイスをしたり、導いていくということができます。勝手に大人が口出しをして、さっさと解決してしまっては、子どもたちは「どうしたらよかったのか」ということを考えることも、他にどんな方法があったのか、ということも知る事ができないのです。

悪いこと、危険なことはしっかりと一貫して伝えていく必要がありますが、子どもたち同士のトラブルを子どもたちを置いてけぼりにして解決しないようにしたいものです。

それに、この頃の子どもたちは知恵がついているので、厳しすぎると言い訳をしたり、責任を逃れようとすることもあります。それで、一方的に子どもたちを責めてしまっていないかということをよく考える必要があります。

ケンカの中に、それぞれの子どもたちの言い分、感情というものがあるはずなので話を聞いてそれを受け止めながら、いろんな方法があることや、みんながお互い相手の気持ちを思いやることなどにきづけるようにサポートできたらいいですね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事