【注目の幼児英語教育】保育士として必要なことって?

【注目の幼児英語教育】保育士として必要なことって?

国際化の中で子どもたちにはぜひとも英語能力をできるだけ伸ばしてほしい、そう思っている保護者の方も多いでしょう。保育士として、幼児英語教育に携わる場合、どのくらいのスキルが必要なのか?調べてみます。さらに英語教育に力を入れている保育施設で働くメリットやデメリットなどもご紹介しますよ。

幼児英語教育と保育士

幼児英語教育

今、社会で活躍するためには英語能力も必須になりつつありますよね。国際化の中で子どもたちにはぜひとも英語能力をできるだけ伸ばしてほしい、そう思っている保護者の方も多いでしょう。

さらに、保育士資格を持つ人たちの中にも、英語を得意としていて、そのスキルを活かした保育施設で働きたいと考えている方もいるかもしれません。ということで、この記事では、日本の幼児英語教育に関してまとめていきます。

幼児期に英語教育をすることにはどんなメリットがあるのか、そして保育士として、幼児英語教育に携わる場合、どのくらいのスキルが必要なのか?調べてみます。さらに英語教育に力を入れている保育施設で働くメリットやデメリットなどもご紹介しますよ。

英語教育に力を入れている園が多くなっている!?

増加しているグラフ

国際化が進む中、子どもたちに英語教育を施そうと考えている保護者はとても多いですよね。学校での英語教育のスタートも早くなっている現代、英語教育の低年齢化にともなって、子どもが学校に通う前の小さいうちから英語教育に力を入れたいという人たちがどんどんと増えています。

小学校に入学する前から、英語を学ばせたいという多くの保護者にとって、英語教育の力を入れている保育所や幼稚園に通わせることを考える人も多いですね。保育料はそれなりに高いとしても、それでも赤ちゃんの頃から英語に触れることができ、幼児英語教育を行っている幼稚園の説明会なんかは、かなりの数の保護者が駆けつけるようです。

その背景には、やはり子どもたちの夢をかなえるため、あるいは国際的に活躍できるようにという保護者の願いがあるようです。確かに、社会で広く活躍するために英語が話せることはかなりの強みにもなるし、将来役に立つこと間違いないでしょうね。

親の多くは、学校などで一応は英語教育を受けたものの実践となると難しくて、「もっと話せたらいいのに・・・」と悔しく思う事を経験したり、「もっと小さいころから学んでおきたかった」と感じる人もいます。仕事で海外に転勤になったり、海外の人たちとコミュニケーションを取る必要があったりすると、自分の英語力の低さがとっても悲しくなったりしますよね・・・。

それで、自分の子どもにはできるだけ小さいときから、英語に親しんでもらい、自然にそして自由に英語を話せるような環境を整えてあげたい、と思うわけです。自分と同じ苦労をさせたくないとか、今親としてできるだけ英語に触れられる機会を作ってあげたいという気持ちがあるんですね。

しれで、英語教育を取り入れる幼稚園や保育園はどんどんと増えています。そして、以前は定員割れをしていた私立の幼稚園が、英語教育を取り入れた結果、なんと園児数がプラスになったという事もあるようです。

これだけ見ても、やはり保護者にとって幼児英語教育に対する関心はかなり大きいことがわかりますね。そして、保育園や幼稚園で働く保育士さんや幼稚園教諭さんにとって、英語のスキルはこれからもっと必要となる、と考えられますし、英語が得意な人は就職や転職にも有利になるかもしれません。

幼児期に英語教育をすることのメリットと懸念点

幼児英語教育のメリット

それにしても、小さいころから英語教育をすることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

例えば、まず小さいころから英語を聞いたり、自由に話したりという環境があることで、子どもたちにとって、英語が身近になります。少し大人になってから英語を学んできた人の多くは、”英語アレルギー”なんていうのも持っていることがあります。

英語アレルギーというのは、英語への苦手意識、嫌いという抵抗感で、いったんどのような苦手意識を持ってしまうと、上達スピードが遅くなったり、英語を学びたいという意欲が持てなかったりします。英語アレルギーをまだ持っていない幼児期に英語に触れて、好きになったり、親しみを感じれるような環境を作ってあげるのはいいことですよね。

さらに、日本語には日本語特有の音、英語には英語の音、というものがあります。言語習得において音に慣れるというのはとても大事です。音を聞き分けたり、音を発音するという点で、日本語とは違った特徴を持つ英語の音を早いうちから耳にしておくなら、その後の英語学習もスムーズに取り組みやすいでしょうね。

そして、言語というのは8~13歳までに母国語として習得が終わってしまうとも言われています。その後は言語習得って難しくなるようです。だから、幼児期というのは言語習得においてかなり大事な時期であり、吸収力のある時期という事になります。そうゆう時期に、いっぱい英語を聞いたり、話すチャンスがあったらいいですね。

学校での英語学習というのは、自然な生活の中での学習ではなく、”勉強”としての学習になってしまいます。そうするとやはり抵抗感が生まれやすいように感じます。しかし、幼児期の英語教育というのは、遊びの中で英語を使ったり、英語を好きになったり、親しめるようなことを主に目標としていますので、楽しみながら英語に触れることができる、ともいえるでしょう。

しかし、幼児期の英語教育に関しては、メリットだけでなくデメリットともいえる、懸念れている面もあります。

例えば、あまりにも英語教育に力を入れることで母語である日本語の習得が遅れるのでは!?という心配です。日本で生活する以上、生活の中では基本的に母語である日本語を使うことになるでしょう。その日本語の基礎ができにくいのでは?と懸念されるわけです。

実際に、英語教育に力を入れるあまり、英語で言えるけど日本語では言えない単語がでてきた、というケースもあるようです。それで、母語としての日本語と英語教育のバランスというものも考える必要があるようですね。

さらに、あまりにも子どもに押し付けるような形で、熱心すぎる指導をすると、やっぱり英語アレルギーが出てくることもあるそうです。幼児期に嫌いになってしまったら、その後も学校などでも英語はずっと学習しなくてはいけないので、子どもがかわいそうですね。

そして、幼児期に英語教育を受けたとしても、その後も英語に親しみ、聞いたり、話したりすることをしないなばら、やはり忘れてしまうでしょう。それで、幼児英語教育をしたからといって、大人になってもそのまま話せるようになるとは限りません。就学後にも、継続的に英語に親しむ環境を整える、という事も大切だと思われます。

そして、懸念されていることの中に、プリスクール(後で詳しく説明します)などで育ってきた子どもたちの中には、その後に普通の小学校や中学校に通った際、日本独自の考え方や慣習などを見て、馴染めなかったりすることもあるそうです。

英語に早くから接していることは、日本とは違う文化や環境などに触れることになり、多様性を知ること、認めること、異文化への理解や寛容性を持つことなどを知ることができ、それは子どもたちにとっても成長のため、そして国際的な見方や感覚を持つためにとても良いことでしょう。異文化に対してや自分と違う見た目や、考え方をする人たちを受け入れることができたり、理解を深めることができるのはとても良いことです。

しかし、一方で日本の常識や日本文化をあまり知らずに育ってしまうと、いざ普通の日本の学校に通ったときに、違和感を感じたり、その場になじめないという事も出てくることがあるようです。それで、浮いた存在になってしまうこともあります。小学校などは普通の学校に行く予定の場合、日本の文化や常識というものもききんと教えてあげられるといいのかもしれませんね。

プリスクールって何?

幼児英語教育

幼児英語教育に力を入れている幼稚園や保育園が増えている、という事でした。園には様々な特徴や個性がありますが、英語教育を取り入れているところもいっぱいあります。

そして、幼児の英語教育という面では”プリスクール”という施設があります。プリスクールというのは、英語で保育を行っている施設です。

0歳~小学校入学前まで通う事ができ、施設での生活は基本的に英語で行われます。つまり、英語を学ぶための幼稚園って感じですね。それで、やはり教育的な内容が活動の多くを占めています。

もちろん、幼児期というのは遊びが勉強ですし、子どもたちがいろいろな活動に自主的に取り組めるか?という事が大事です。それで、英語を学ぶことが目的の施設ですけど、英語教室のように英語を”勉強する”というスタンスではなく、遊びや生活の中で英語を使いながら、英語を自然に身に着けていく、というかたちになります。

プリスクールにもいろいろなかたちがあります。例えば、入園から卒園まで、全部英語で保育が行われるオール・イングリッシュ型。さらに、日本語での保育と英語での保育のどちらもあるバイリンガル型、そして、最初は主に日本語の保育でスタートし、学年が上がるにつ入れて英語だけの保育に移行しているタイプです。

大人もそうですけど、”語学”として机に向かって英語を勉強するのって、つまらないし、それで英語が話せるようになるかというと、かなり難しいですよね。理想的なのは、やはり英語が自然にある環境で、英語に親しみ、慣れ、英語で考え、自己表現できるようになることです。

大人になると、そのような環境に身を置くことというのは簡単ではないかもしれませんが、プリスクールはまさに子どもにとってそうゆう環境となります。プリスクールは、週に1日だけ通うこともできるし、週に5日通うこともできます。スクールによって学費が違いますので、興味のある方は確認してみてください。

ちなみに、プリスクールは法律上、幼稚園でも幼稚園でもないので、認可外保育園というかたちが多いです。なので、学費はそれなりに高いとはいえ、そこで働く講師や保育士のお給料はけっこういいです。

求められるスキルと保育内容

保育士のスキル

英語教育を取り入れている保育園や幼稚園、あるいはプリスクールで働くためには、まずは保育士の資格や幼稚園教諭の免許の取得が必要です。しかし問題は、どのくらいの英語のスキルが求められるのか!?という事でしょう。

英語のスキルといっても、程度は様々です。TOEICで言えば、スコアが600~695のレベルなら、仕事のメモくらいなら理解できるし、まあ海外赴任も大丈夫というくらいですよね。そして、700~795くらいであれば、会社で言えば会議につかう文書などを理解できたり、自分がしている業務に関して説明したり相手の説明を理解できる程度、という事になります。それ以上であれば、職場で議論することも可能だろうし、英語のWEBからもいろいろと情報収集ができるといったレベルでしょう。

じゃあ、幼児英語教育に携わることを希望する保育士さんに求められるのは、どのレベルなのでしょうか?

保育士に求められる英語能力のレベルというのは、その施設によって違うでしょう。例えば、英語学習も取り入れているよ、という保育園や幼稚園の場合、「英語が得意です!」と堂々とアピールすれば、採用されるかもしれません。

というのも、保育園などでの英語教育は主に歌やダンスなどを遠して行うことが多いです。ネイティブン先生を招いて、一緒に遊んだり、一緒に歌ったり踊ったりして、楽しく英語に親しむという感じです。それで、それほど高度な英語のスキルは必要ないことも多いです。

でも、プリスクールなどでは、英語しか話せない人たちと問題なく日常のコミュニケーションが取れるほどの英語力が必要とされるでしょう。プリスクールでは、活動を基本英語ですすめていくわけなので、留学経験がある人や、TOEICでのハイスコアがあるなら、それが強みになるかもしれません。

そして、幼児英語教育に携わりたいと思っている保育士さんにとって、おすすめの資格があります。それが「保育英検」です。

保育士専門の英語資格「保育英検」って??

幼稚園と女の子

「保育英検」というのは、「保育英語検定」のことで、一般社団訪印保育英語検定協会が実施していて、2011年からスタートしたまだ新しい資格試験です。これは、国際的なグローバル化に対応できるように、幼稚園教諭や保育士を養成し、乳幼児の保育に必要な英語力を身に着けることが目的とされたものです。

検定試験は6段階に分かれていて、5級から2級までは筆記試験のみで資格取得ができます。5級は、初歩的な単語やフレーズが理解できる程度、4級は簡単なていがタブやフレーズを使って子どもとコミュニケーションが取れる程度、3級は子どもとコミュニケーションが取ることや、保護者の簡単なトークも聞き取れる程度、2級はそれに加えて、簡単な文書作成もできる程度となります。

そして準1級からは、実務レベルとなり子どもや保護者と円滑にコミュニケーションが取れる他、文書作成も難なくこなせるレベルとなります。そして1級は専門レベルで、こどなコミュニケーションと文書作成能力が必要です。準1級と1級の試験は二次試験として面接もあります。

受験資格は得にないので、誰でも受験することができます。5級はインターネット試験、2級~4級は会場試験となります。団体受験もあるし、個人受験、さらには海外受験という方法があります。

単に「英語が好き」とか「英語が得意」というだけでなく、”保育士として”、赤ちゃんや幼児に対する英語教育を専門とするスキルがある、ということの証明のためにも取得を目指すのもいいかもしれませんね。

英語教育に力を入れている施設で働くメリットやデメリット

メリット

英語教育に力を入れている施設で働くなら、自分の英語のスキルを更に伸ばすチャンスになるでしょう。これまでも英語が好きで、英語を得意としてきた方であれば、さらに保育の現場で幼児英語教育に携わることで、新しい活躍の場を見つけることができるかもしれません。

そして、ネイティブの先生たちに協力したり、サポートすることで、保育士としての仕事がもっと楽しくなるかもしれませんね。「英語が好き!」という方にとって、その自分の興味や意欲を活かして働くことができる職場があるなら、よりやりがいを感じやすくなると思います。

保育園とか幼稚園というのは、それぞれの施設に個性や特徴があります。それで、自分のやりがいことや、理想とする保育ができなかったりすると、なんだか毎日がつまらなかったり、やりがいを感じにくいという事はよくあることです。それで、幼児英語教育に携わりたい!と感じている方なら、そのようなことに積極的に取り組んでいる施設で働くことは、仕事への意欲の向上にもつながることでしょう。

しかし、実際に入ってみると、その園での保育方針や考え方がやっぱり自分とは合わないという事もあるものです。そして、中にはネイティブの先生とうまくいかなかったり、子どもたちへの対応に不満を感じた、という方もいるようなので、やっぱり入ってみないとわからないこともありますね。

なので、実際に幼児英語教育に力を入れているという施設を見つけた場合、その施設を見学したり、そこで実際に行っている英語教育について調査するなどすると良いでしょう。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事