幼稚園・保育園の補助保育について仕事内容やその他職員との違い!

幼稚園・保育園の補助保育について仕事内容やその他職員との違い!

保育園や幼稚園で働いている職員さんの中には、正規の保育士さんだけではなく「保育補助」という働き方をしている人もいます。職員と非正規の保育士「保育補助」の違い、メリットなどを記載しております。保育士の仕事と保育補助の仕事には、どんな違いがあるのでしょうか?

保育補助とは

Group of preschool kids playing with toys on a carpet

保育補助のお仕事は、担任の保育士補助をするのが主なお仕事です。保育士の仕事と同じような仕事内容です。子どもたちの給食の準備や、授業で使う材料の準備を一緒に行います。

保育士と違う点は、保護者と保育についての話をしたり書類作成を行わないという点です。担任の先生たちがそれらの仕事をしている際に、子どもたちの保育をしたり教材の準備を行ないます。

保育補助のメリット

Pleasant caring woman helping with rehabilitation her disabled grandmother

保育士資格が必要ない

保育士の資格がなくてもすることができます。保護者との面談や書類作成などは、保育士資格を持った担任の先生が行ないますが、子どもたちと接する仕事は同じようにできます。

負担が少ない

基本的に担任を受け持つのは保育士資格を持った正社員の保育士です。担任となると、保育の仕事以外にも保護者とのコミュニケーションをとったり、話し合いをしたり、その他の書類作成を行なったり、業務内容が多くなります。

補助の仕事だと、それらを行なう必要がありませんから、責任や負担が軽くなります

勤務時間が短い

保育園勤務の場合は、閉園後も資料作りやイベントの準備などのために、残業をする保育士がたくさんいます。保育士さんの仕事量は多く、持ち帰ってサービス残業をすることもよくあるそうです。

ですが、補助として働く場合は非正規雇用ですので、決まった時間帯だけの勤務となり、残業や持ち帰りの仕事を頻繁にする必要はありません。しっかり仕事の時間と自分の時間を分けることができます。

ダブルワークも可能

保育補助として働く場合は、正規雇用の場合より勤務時間が短くなります。もう少しだけ勤務時間を増やしたいという方は、保育関連の副業をしてみるという手もあります。短時間の保育の仕事もあるので、うまく組み合わせるといいかもしれません。

保育園勤務の現場事情

A diverse group of four children are playing together at the park. They are laughing and jumping on a gym. The children are of different races, including African American, Caucasian and Hispanic.

補助保育の仕事は、正規雇用の保育士さんに比べて負担が少ないというのが大きなメリットです。

正規雇用の保育士の仕事って、そんなに大変なのでしょうか?保育園や幼稚園でのお仕事って、「楽しそう」ってイメージがありますが、実際はけっこう負担が大きいお仕事のようです。

保育園を辞めた保育士さんの半数以上は「もう一度保育園で働きたくない」と思っているようです。保育士さんが大変だと思うことって一体何でしょうか?保育園で働く保育士さんのお仕事事情についてちょっとご紹介します。

人間関係

「職場に求めること」というアンケートで、1位・2位だったのは「人間関係いい」「いい上司・同僚がいること」だったそうです。職場の人間関係って、仕事を続けていくうえで重要なポイントなんですね。

どの職場でも人間関係の問題はつきものですが、保育園でも人間関係がうまくいかないという話はよく聞きます。

保育園や幼稚園では、1つのクラスを数名の保育士で受け持つところが多いようです。そうなると保育士同士でコミュニケーションをとり、教え方や方針を合わせる必要があります。

相手は子どもたちですので、保育士の言うことを聞かなかったり、思いもよらないことをしたりするものです。たびたびイレギュラーなことが起こってしまうと、担任の保育士同士も対応しきれなかったり、情報のシェアがうまくいかなかったりと、トラブルも多くなります。

常に忙しい保育士さんたちですから、お互いに不満を抱えたままとなってしまい、人間関係も難しくなりがちなのかもしれません。

保護者からの理解が得られない

保育士さんの仕事の大変さって、なかなか周りの人からは理解されにくいようです。保育士さんって「優しい」とか「子どもが好き」とか、良いイメージがありますよね。確かにそうなんですけど、それだけではなく「体力的にきつい」とか「イベント準備に追われる」とか「子どもを預かる責任が大きい」とか、大きな負担を抱えているんです。

でも、それってなかなか保護者や周りの人に気付いてもらえないことが多く、保育士さんだけで抱え込んでしまいがちなんだそうです。「子どもと遊ぶだけの楽しい仕事じゃない」といった言葉に傷ついてしまう保育士さんたちも多いようです。

園内の主任や園長などのフォローと、周りの人たちの理解があれば、保育士さんたちももう少し働きやすくなるかもしれません。

給与が少ない

Women hold a money bag on the vintage wood background, a loan or saving money for future investment concept.

調査によると、保育園を辞める理由の1位は「給与が少ない」ということだそうです。

保育園は行事やイベントがたくさんありますから、それに向けて保育士さんたちは準備に追われます。保育園での就業中だけでは終わりませんから、持ち帰って仕事をするのもごく普通のことだそうです。

でも、その作業時間は残業代として手当てがつくわけではなく、サービス残業のようなものです。労働時間は長くなるのに、その分の手当てがないので、「仕事量のわりに給与が少ない」ということで辞めていく人が多いようです。

保育園で子どもたちのお世話をする際には、常に安全に気を配っている必要があります。高いところに登ったり、何か誤飲してしまわないように注意する必要がありますし、子どもと遊ぶにはけっこうな体力もいります。仕事熱心な保育士さんほど、持ち帰って残業したりされていますから、精神的にも体力的にも負担が大きくなってしまいます。

それなのに給与が安いとなれば、仕事を辞めるという選択をするのもわかる気がします。 保育園勤務の保育士さんの仕事って、目には見えない大変さがあるんですね。「子どもと接する仕事がしたい」けど、「体力的・精神的に負担の大きい勤務体制だと続けられない」という方は、補助保育という働き方もありかもしれませんね。

全国の子どもたちの数に対して保育士の数は足りていないのが現状ですから、短時間勤務だとしても保育の仕事ができる人は重宝されるでしょう。正規で働くか、補助として働くか検討しているという方は、保育の現場事情も参考にしてみてください。

保育補助の求人情報

Rear view of male executive looking at the bulletin board in office

正規雇用の保育士として働くより、「補助で働く方が自分に合っている」という方はどこで求人情報を探すと良いでしょうか?

ネットの求人サイト

インターネットの求人サイトで仕事を探すことができます。有名求人サイトはたくさんありますので、「保育園」「保育」「補助」などキーワードを入れて探してみてください。かなりの数がヒットすると思います。

ネットの求人サイトを使えば、自宅で手軽に求人情報を探すことができます。待ち時間が少なくて済むのがネットのメリットです。

保育士向けの求人サイト

メジャーな転職サイトはたくさんあり、求人数もたくさんありますが、いろいろな業種を扱っているサイトだと、保育関連の仕事に絞っていくのがちょっと面倒かもしれません。サイト全体の求人情報数は多くても、保育関連の仕事に絞るとかなり少なくなることもあります。

そこで一番おすすめなのは、保育士専門の求人サイトを利用することです。紹介されている求人情報はすべて保育関連のものですので、絞っていく手間が省けます。全国対応しているものもありますので、各地の情報を得ることができます。

情報量・使いやすさを考えると、一番効率がいいのは保育士専門の転職サービスを利用することだと思います。

保育士のおすすめ求人サイト

保育士ワーク

情報量・使いやすさで、保育士専門の転職サービスです。職業紹介・派遣事業を行なっている有名な会社です。

保育の仕事を探せる専門サイトで有名なのは、保育士WORKです。

有名な運営会社

保育士WORKのサイトを運営しているのは、株式会社ぱどです。ぱどってお聞きになったことがあるでしょうか。職業紹介・派遣事業を行なっている有名な会社です。そのぱどさんが運営している、保育士向けの求人サイトが保育士WORKです。

登録が簡単

すぐに登録ができると楽ですよね。在職中の方や新しい勤務先を探している方など、忙しい方は特に、ササッと登録してしまえるシンプルなサイトを利用するのがおすすめです。

入力するのが名前、性別、保育関連の保有資格といった基本情報のみだと、忙しい方でもすぐに登録を終えることができます。

条件の絞り込みが簡単

technology, searching system and internet concept - male hand pressing Search button

探したいエリアの絞り込みができます。都道府県選択はもちろん、探しているエリアの駅名や、路線から探すことができます。

また、勤務条件や希望条件から絞り込むこともできます。働くにあたって求める条件(マイカー通勤OK・土日休み・未経験OK)なども指定することができます。希望の条件に合わせて、細かく絞り込むことができるので、ピッタリの求人情報を探すことができます。

非公開求人も多数

多数の求人情報を紹介できているのは、非公開求人も扱っているからです。

非公開求人とは、企業側が依頼する派遣会社を限定している求人情報のことです。応募者の殺到を防いだり、すぐに必要な人材を確保できるようにするために、人気の仕事や急募の仕事は、求人を依頼する派遣会社を数カ所に限定することがあるようです。

求人を委託する派遣会社を限定していれば、応募者が集まり過ぎるのを防ぐことができます。また、急募の場合はすぐに人材を派遣してくれる派遣会社に委託します。保育士WORKは保育園側からも信頼されているサイトですので、そんな非公開の求人情報もたくさん載っています。

求人数が多い

有名なぱどが運営している保育士WORKですから、やはり件数がとても多いです。扱っている件数が多いですので、自分の探している条件とピッタリ合う求人に出会う確率も高くなります。どのエリアに住んでいても利用することができる点が一つのメリットです。

他の求人サイトには載っていないような、人気の仕事や急募の仕事が載っている場合もありますので、希望の仕事に出会える率が高くなります。

担当者によるサポートあり

How can I help you? Beautiful call center workers in headphones are working at modern office.

面接の時、給与のことや休日に関して、直接企業側と交渉するのってちょっと気後れしてしまいませんか?保育士WORKで登録しておくと、保育士WORKの担当者が面接前に希望条件を伝えて交渉をしてくれるので、じかに合って話し合ったりする必要がありません。

面接前に、こちらの希望条件や勤務形態などを伝えておいてくれるので、条件と合わない求人はブロックしてくれます。面接のときに希望条件と合わないことが分かってしまうと、時間を浪費した気がしちゃいますよね。事前に希望条件に沿うものだけをピックアップしてくれるので、効率よく条件と合う勤務先を探していけます。

利用が簡単

登録をして希望条件を伝えておけば、その後の求人情報の紹介や面接の日時設定など、担当者が調整してくれます。希望条件さえ伝えておけば、あとは担当者がサポートをしてくれるのでスムーズに進んでいきます。

イベント保育(保育士の副業例)

Side view portrait of an excited winner winning online consulting a laptop in a restaurant with a big window in the background

保育士さんの副業として「イベント保育」の仕事もあります。イベント保育とは、ライブや演劇、講習会や研修会など、イベントが行われる会場でお子さんを預かるサービスです。有名アーティストのライブ会場など、何万人も集まる大規模なイベント会場では、子どもを預かるキッズコーナーが設置されるらしいです。

預かり時間

保育園で子どもを預かる時間は、基本的に9時から5時までですが、イベント保育の場合はイベントがあっている時間帯だけです。アーティストのライブが始まる前に親御さんが預けに来て、終わると迎えに来ます。

イベント保育の仕事は短時間ですので、補助保育士として働くのに加えて、副業的にこの仕事をするのもありかもしれませんね。

保育内容

保育園での保育は、ある程度スケジュールが決まっています。外で遊ぶ時間、室内遊びの時間、食事やお昼寝の時間が決まっていますよね。

しかし、イベント保育ではそのようなスケジュールが決まっておらず、預かっている時間内に好きなように遊んだり、お昼寝をさせたりするようになっています。

仕事内容

イベント保育の場合、仕事内容は純粋に子どもの相手をすることです。親御さんたちがイベントに参加している間、子どもたちが楽しく過ごせるように相手をするのがお仕事です。子どもと遊ぶのが好きという方は、純粋に子どもの相手をするイベント保育の仕事はぴったりかもしれませんね。

人間関係のストレスが少ない

保育園で保育の仕事をする場合、子どもを預かるだけではなく、保育士の人間関係、保護者とのコミュニケーションなど、その他の問題もついくるようですね。実際に保育士を辞める人の多くは、子どもとのコミュニケーションの問題ではなく、人間関係のストレスで辞めてしまうようです。

イベント保育の場合は、それら保育外の問題に煩わされる心配がないというのが大きなメリットです。イベント開催時のみの仕事ですから、保育に携わるメンバーも不一定です。 毎日同じ職場で同じメンバーと仕事をしていると、どうしても人間関係のトラブルはつきものですが、イベント時に一緒になるだけだと、ちょうどよい距離を保つことができるので、トラブルも起きにくいでしょう。

残業がない

イベントの開催時間は決まっています。時間がくれば親御さんが迎えに来て、保育は終了となりますので、保育園勤務でありがちな残業や持ち帰りの仕事がないのもありがたい点です。

イベント保育の仕事は、勤務時間が短く比較的気軽に申し込めるため、保育士さんから人気のある副業の一つです。「今月はもう少し働きたいという」時に、応募してみてもいいかもしれません。

保育補助という働き方もありかも?

保育補助

保育補助という仕事についてご紹介してきました。正社員の保育士と比べて勤務時間が短く、責任や負担も少ないのが特徴です。保育園勤務でありがちな残業や持ち帰りの仕事がないというのも大きなメリットです。

「保育園で働きたい」「子どもと接する仕事がしたい」けど「プライベートの時間も確保したい」という方には、パート保育士という働き方もありかもしれません。興味のある方は、ご紹介した求人サイトも活用しながらピッタリの職場を見つけてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事