幼稚園教諭の給与ってどうなの?保育士との違い

幼稚園教諭の給与ってどうなの?保育士との違い

幼稚園教論と保育士という職種は似ているように思えますが、ちょっと違う2つの仕事を比較していきたいと思います。資格や免許、仕事内容に加えて、気になる給料事情も紹介します。

幼稚園教諭の給料って?

幼稚園

幼稚園教論と保育士という職種は似ているように思えますが、ちょっと違うそれらの仕事を比較していきたいと思います。どのように違うのでしょうか。資格や免許、仕事内容に加えて、気になる給料事情も紹介します。

幼稚園教論になろうか、または保育士になろうか悩まれている方、また追加でどちらかの資格を取ろうと思われている方、どうぞ参考にしてみてください。

まずは、保育士と幼稚園教論とは何かをみていきましょう。

保育士、幼稚園教論とは?

幼稚園

基本的なこととして保育園の先生が保育士で、幼稚園の先生が幼稚園教論です。どちらも子供と関わる大切な仕事ですが職種としては異なっています。

何が大きく違うのでしょうか?

大きな違いとしては働く場所が違います。それぞれみていきましょう。

保育士は先ほども述べたように、保育園で働きます。管轄は厚生労働省です。預かる子供の年齢としては、0歳から6歳までの未就学児で、基準保育時間としては11時間です。給食がでます。保育園の種類としては、公立の認可保育所、私立の認可保育所、私立の認定保育所、無許可保育所の4つあります。

では、幼稚園教論に関してはどうでしょうか?

幼稚園教論は幼稚園で働きます。管轄は分部科学省です。預かる子供の年齢としては、3歳から6歳までの未就学児で、基準保育時間は4時間となっています。給食は任意です。幼稚園の種類としては、公立、私立の2種類だけです。

もう少し詳しくみていきましょう。

保育士と幼稚園教論の仕事内容の違い

幼稚園での子ども

子供と接する時間が保育園では11時間、幼稚園は4時間となっています。仕事内容としては保育園の先生の方が子供と接する時間は長いと言えます。しかし、最近では幼稚園でも預かり保育というサービスを行なっているところもあるので、幼稚園が子供と過ごす時間が短いとは一概には言えなくなってきています。

保育園は生活の場なので、子供の為にお昼寝やおやつ、給食の時間を通して子供の成長に不可欠なものを提供します。幼稚園は教育の場なのでそうした時間を確保することは義務付けられてはいません。

しかし、この点でも最近では幼稚園の方針でおやつを出したり、お昼寝タイムを設けたりするところもあるので、この点でも保育園イコール生活の場または幼稚園イコール教育の場という区別ができなくなっています。幼稚園の中には、ひらがなや英語の勉強の時間を設けるところもあるようです。

ですから、勤める園次第でどんな業務になるかが変わってきそうですね。

他にも違いとしては、0歳から2歳までの保育が出来るか出来ないかが違ってきます。

保育士は保育園が乳児の受け入れをしているか、していないかに関わらず乳児の保育ができるスキルがあります。一方で、幼稚園教論は3歳から6歳までの保育はできますが、幼児の保育はできません。

保育園か幼稚園かといった働ける場所の違いの他に、保育士は保育所以外の施設でも働くことができます。例えば乳児院、児童養護施設、託児施設で働くことができますし、ベビーシッターとしても働くことができるので、働き口は沢山あるといえます。しかし、幼稚園教論は幼稚園で働くための免許なので幼稚園以外での勤め先はありません。民間の施設で働くときにも幼稚園教論免許が条件ということはあまりないので、勤め先が多い保育士の方が就職や転職には有利になるかもしれませんね。

施設によって違いがあるとは思いますが、保育士と幼稚教論のお仕事の基本的な1日の流れを見ていきましょう。

保育士の1日。

「受け入れ準備」から入ります。掃除をしたり、施設や遊具のチェックや準備をします。早いところだと朝の7時から開園しています。ですから、保育士は朝早くから来て働く事になるということになりますね。

次に「園児登園」となります。保護者の都合に合わせて園児たちの登園時間はそれぞれ違います。園児の体調や気分のチェックをして問題がなければ受け入れていきます。

「午前中の活動」をします。保育園や園児たちの年齢によっても違いますが、何かしらの保育活動をします。外で遊んだり、お散歩に行ったりします。

「昼食」になります。一人で食べられる子もいますが、年齢によっては一人ではまだ食べられない子もいるので昼食の介助をします。

「お昼寝タイム」です。お昼寝をする子しない子、時間帯などは年齢によっても違いますし、保育園によってもまちまちです。お昼寝中には保育士は大抵、連絡帳を書いたり、会議や打ち合わせなどを行ないます。

園児が起きると「おやつタイム」です。ここでも昼食と同様に一人では食べれない子には介助します。

「午後の活動」。ここでも、午前中の活動のように外や中で遊んだりします。また、この間には降園する園児たちの見送りがあります。保護者に渡すときには必要な事柄、その日にあった事柄などを報告しコミュニケーションをはかります。

「掃除、次の日の準備、伝達」などを行ないます。保育園は開園時間が長いのでシフト制が多いですし、幼児クラスになると複数の担任がいますから、伝達事項をしっかり行ないます。次の日に備えてきちんと整理整頓や準備をします。

次に、幼稚園教論の1日についても考えましょう。

「受け入れ準備」を行ないます。掃除したり、その日に必要なものを揃えます。早朝保育があるところも最近では増えてきました。また、幼稚園の中にはバスでお迎えに行くところもあります。

「園児登園」します。幼稚園ではだいたい同じ時間の登園になります。幼稚園でもその日の体調や気分を確認して受け入れます。

「午前中の活動」は、クラス別に活動します。設定保育で何かを製作したり、集団遊びをしたり、歌を歌ったりします。

「昼食」です。幼稚園でもまだ一人で食べることのできない子には介助をします。

「園児たちの降園」になります。バスで送って行ったり、保護者が迎えにきたりします。どちらの場合でも、保護者にその日にあったことや連絡事項を伝えてコミュニケーションをしっかり取ります。中には預かり保育があるところもあります。

園児たちが帰ると「行事の準備、事務作業、掃除、次の日の準備」を行ないます。

こうして保育士と幼稚園教論の仕事の違いを見ると、それほど違いはなさそうに思えますね。どちらも一日中忙しく、園児のためにたくさん動き働いていることがよく分かりますね。

では、保育士と幼稚園教論の免許の違いという点にも触れていきたいと思います。

保育士資格と幼稚園教論の免許の違いについて

幼稚園

保育士資格は、国家資格です。国家試験に合格し、都道府県知事への登録した人しか保育士になることはできません。取得する方法については2つあります。まず1つ目として、年2回の保育士資格試験を受験して合格するという方法です。2つ目には保育士の資格が取れる養成学校、例えば大学や短大、専門学校などで単位を取得して卒業する事です。しかし、1つ目の保育士資格試験を受験して合格する方法は毎年1、2割の合格率なので、多くの保育士は2つ目の養成学校に通うパターンが多いようです。

では、幼稚園教論についてはどうでしょうか?幼稚園教論免許も国家資格です。幼稚園教論免許は3種類あります。

1種免許状は4年生大学で幼稚園教論養成過程を修了して卒業することで取得できます。2種免許状は、短大か専門学校、通信教育を卒業します。最後に専修免許状は4年生大学を卒業してその後、大学院で修士過程を修了します。この3つの免許の仕事内容に違いは無いのですが、給料に多少の差があるようです。

では、気になる保育士と幼稚園教論の給料の違いについても調べていきましょう。

保育士と幼稚園教論の給料の違い

違い

保育士はやるべき仕事が沢山あるにもかかわらず、給料が低いというイメージがある方も多いと思います。では、実際にはどうなのでしょうか?また、あまり給料については聞くことのない幼稚園教論はどうなのでしょうか?教論とついてるだけにイメージ的には保育士よりは高いような?そんな感じもしますね。

では、まず保育士の一般的な給料について見ていきましょう。

保育士の全国平均年収は約326万円です。年間賞与は約58万円です。これは他の一般的な職種の平均年収と比較するとやや少ない感じがしますね。しかし、これはあくまでも全国平均なので都道府県によっても違ってきますし、勤め先が私立か公立かによっても違ってきます。一般的に公立保育園の方が公務員として働けるので私立よりも給与が高い傾向にあります。そのために公立保育士は人気で、求人に対して倍率が10倍になることもあるようです。しかし、私立保育園は保育園の経営状態によって給与が変わってくるので一概に私立保育園イコール給与が安いというわけではないようです。

幼稚園教論の給料についてはどうでしょうか?

幼稚園教論の全国平均年収は約339万円です。年間賞与は約64万円です。この数字だけを見ると保育士よりも少しだけ高い給与になっていますね。しかし、この金額もあくまでも全国平均ですから、場所によっても違いますし、保育士と一緒で勤め先が私立か公立かによっても差が出てきます。幼稚園の場合には有名私立保育園などもあるので、公立の方が給料が良いとは言えません。ですから、幼稚園の経営状態と人気をチェックしておきましょう。

初任給についてはどうでしょうか?初任給に関して言えば保育士も幼稚園教論も平均が16万円から18万円のようです。例えば20歳から24歳までの1年目を比べてみますと、保育士が平均で19.4万円、幼稚園教論の平均は19.6万円となります。事業所や学歴の違いもあるかもしれませんが、ほとんど変わりはありませんね。

こうしてみると、保育士も幼稚園教論も給料にさほどの差は無いように思えますね。

一般的に保育士よりも幼稚園教論の方が給料が良いというイメージがあります。なぜ幼稚園教論の給与が良いと思われるのでしょうか?

平均年収は若干幼稚園教論の方が高くなってはいますが、そこまでの差は無いので給料というよりは、安定性という意味で給料が良いと思われていることが多いようです。公立の幼稚園では公務員なので勤続年数で昇進や昇給されていきますので、そういった意味で安定性があるのかもしれませんね。

保育士免許と幼稚園教論の資格をどちらも取ることによって、働き口が増えるのはもちろんのこと給料も上がることがあるので、最近ではダブル取得という方法が増えているようです。こうした点を次に調べていきましょう。

保育士免許と幼稚園教論資格を両方持つ利点と、取り方について

利点

両方持つ利点については先ほども述べた通り、働き口がなくなることはなく、今では両方持っている人が引く手あまたになっている状況です。

また、最近では保育園と幼稚園を一元化した認定こども園が増えていることから保育士と幼稚園教論、どちらの資格も取る方の求人が多くなっています。認定こども園では保育士の資格と幼稚園教論免許、どちらも持っている人が保育することが望ましいとされているからでしょう。そのために、保育教論の数が足りていません。

こうしたことから保育士資格を持っていると幼稚園教論免許を取りやすく、逆に幼稚園教論免許を持っている人は保育士資格を取得しやすくするように特例制度が設けられています。どのような制度でしょうか?

「保育士資格取得特例制度」というものがあります。対象は幼稚園教論免許を持っている保育士資格取得したい方の為のものです。

平成27年度から平成31年度までの保育士資格取得をサポートする制度になっています。保育士養成施設で最大で8単位学んで取得すると保育士試験の科目が免除されます。

この8単位全てを取得していれば、保育士試験の科目が免除になるのは、幼稚園教論免許を持ち、幼稚園などの指定施設で3年以上、4320時間以上の実務経験がある人です。こうした条件をクリアしているならば保育士試験の科目の、保育の心理学、教育原理、保育実習理論、実技試験は免除となります。

一方で幼稚園教論を保育士が取る為の特例もあります。対象は保育士資格を持っている幼稚園教論免許を取得したいと思っている方の為のものです。この制度は保育士資格を持っていて、3年以上、4320時間以上の実務経験がある人が対象です。この特例制度も平成27年度から平成

31年度までの期間に幼稚園教論免許が取得しやすくなるものです。幼稚園教論二種免許状ならば大学で指定の8単位を取得することで幼稚園教論の免許をもらうことができます。

もし、幼稚園教論一種免許状を希望する場合には、学士の学位を持っていなければいけませんし、指定の8単位と大学を卒業して学士をとる必要があります。すでに大学を卒業し、学士の学位も持っている方ならば、指定の8単位を取得することで幼稚園教論一種免許状がもらえます。

どちらの制度の場合も、平成31年度までという期限があります。この期限が伸びる場合もあるかもしれませんが、今のところ分かりませんので制度があるうちに取得されることをオススメします。

これから保育士の資格や幼稚園教論の免許を取るために学校を行こうと考えている方には、保育士、幼稚園教論どちらの資格も取得できる学校をオススメします。

ダブル取りする方法として最短な道は、どちらの過程もある短期大学か専門学校を選ぶことがいいでしょう。4年制の大学で両方取ることも可能ですが、大学は短期大学や専門学校に比べると2年間多く通学しなければいけません。

じっくり学びたいという方には4年制の大学がオススメですが、すぐに働きたい、1日でも早く保育士や幼稚園教論になりたいと思われている方は短期大学や専門学校に行くことがいいでしょう。

しかし、短期大学や専門学校は4年制の大学よりも忙しいです。普通なら4年で学ぶところを2年で学ぶわけですから、毎日のスケジュールが忙しくなるのは仕方がないかもしれませんね。

4年制の大学ならばスケジュールに余裕があるので病気や何かの事情で休んだとしても振り替えてもらうだけですみます。しかし、短期大学や専門学校は欠席してしまうと振り替えがきかずに単位取得が難しくなってしまったという事もあり得るかもしれません。

こうした時間の余裕といった観点からすると、4年制の大学の方がいいのかもしれませんね。

こうしたことを踏まえつつ、自分に合った方法でダブル取得を目指してくださいね。

まとめ

保育士も幼稚園教論も沢山の仕事があり、園児たちのために日々努力されていることが分かりました。また、どちらの場合でもそれほどの給料の差がない事も知ることができましたね。

改めて自分がどちらに向いているのか、保育士か幼稚園教論か、それとも保育士資格と幼稚園教論免許どちらも取得できるのかを考えてみてくださいね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事