幼稚園教諭と保育士の違いって?似ていること似ていないこと!

幼稚園教諭と保育士の違いって?似ていること似ていないこと!

今回は幼稚園教論と保育士を比較して、資格と免許について、さらに仕事内容、お給料事情についてなど、似ているようで似ていない様々な特徴をご紹介していきたいと思います。

幼稚園教諭と保育士の違いを解説!

保育園と幼稚園

保育士という言葉は世の中でもよく耳にしますけど、幼稚園教論という言葉は実はあまり知られていなかったりしますよね。子どもたちの成長に関わる仕事、という点では、どちらにも似ているところがありますが、じつは内容は全然違う仕事です。

子どもたちと関わる仕事がしたい!と思う人は、保育士になろうか、それとも幼稚園教論になろうか、はたまた両方の免許を取得した方がいいのかと悩むこともあると思います。

ということで、今回は幼稚園教論と保育士を比較して、資格と免許について、さらに仕事内容、お給料事情についてなど、似ているようで似ていない様々な特徴をご紹介していきたいと思います。

保育士と幼稚園教論のちがい

違い

保育に携わったことのない人にとって、保育士と幼稚園教論の違いというのはあまり知らないことかもしれません。”保育士”というと、保育園の先生ということをすぐにイメージすることができるかもしれませんが、幼稚園教論というと、言葉自体ちょっとむずかしい響きですよね。

簡単に言うと、保育士というのは保育園で働いている先生のことです。そして、幼稚園教論というのは幼稚園で働く先生のことです。

それで、きっとみなさんも過去に小学校に上がる前に保育園、または幼稚園で先生たちにお世話になったことでしょうし、自分の子どもが生まれて子育てをスタートさせたら、今度は自分の子供を預けて、先生たちに保育をサポートしてもらうことにする人は多いと思います。

それで、保育士と幼稚園教論というのは子どもたちに関わっていく仕事、ということでは同じです。しかし、働く場所が違います。

でも、保育園と幼稚園なんてそんなに違いがあるのか!?と思われる方もいるかもしれません。保育時間が長いのが幼稚園で、朝早くから夜遅くまで預かってくれるのが保育園、と考えている人もいるかもしれません。

確かに、保育時間という点でも両者には異なった特徴があるのですが、違いはそれだけではありません。他にも、保育園と幼稚園には大きな違いがあります。

保育園と幼稚園の違い

違い

保育園で働いているのが保育士で、幼稚園で働いているのが幼稚園教論ということなのですが、保育園と幼稚園は似ているようで、意外にも大きな違いがあります。

例えば、まず管轄しているところから違います。保育園は厚生労働省が管轄しています。そして、児童福祉法にもとづいています。

一方で、幼稚園は文部科学省が管轄しています。そして、学校教育法にもとづいています。それで、幼稚園というのは、”教育施設”なのです。

”教育施設”ということで、当然ながらそこで働く人には教諭免許が必要となり、幼稚園教諭の免許を持つ人が働くこととなるわけです。この免許は10年ごとの更新が必要となっていて、10年に一回、30時間程度の講習を受けて教員免許を更新しなくてはいけません。

保育園で働く保育士の資格も国家資格ですけど、更新の必要はありません。

そして、保育園では0歳の乳児から小学校に上がる前の幼児を預かる施設となっていて、施設の目的は、保護者の委託を受けて乳児や幼児を保育することです。一方で、幼稚園は3歳〜小学校入学前の子どもを預かる施設で、目的は幼児を保育し、心身の発達を促す事にあります。

さらに、保育園と幼稚園の違いですが、保育の標準的な時間が違います。保育園の場合標準的な保育時間は8時間となっています。朝の7時半〜18時ごろまでと言った感じです。そこに延長保育があるので、実際に保育士が子どもたちと接する時間は11時間位が標準となっている場合もあります。

幼稚園では、標準保育時間は4時間となっています。例えば、9時〜14時ごろまでと言った感じです。預かり保育を取り入れていて、もっと長い時間子どもたちを預かる幼稚園もありますが、一般的に子どもと接する時間で考えると、幼稚園教論よりも保育士のほうが長いと言えるでしょう。

それで、簡単に言うと保育園というのは子どもたちにとって生活の場となります。保育園で過ごす時間が長いので、家庭での生活の延長上で、子どもたちが生きていく力を身につける事ができるようにと保育がなされています。

幼稚園では、教育を主な目的としていて、子どもたちが集団生活の中で、社会の中で生活するルールを知ったり、いろいろなものをつくったり、行事に参加しながら学んでいくことを目的としているわけです。

これだけ見ると保育園というのは単に保育の必要のある子どもたちを預け生活をサポートしてくれる場所で、幼稚園というのは教育のサポートをしてくれそう、という印象を受けますけど、最近では幼稚園と保育園の両方の特徴を併せ持つ、認定こども園があったり、保育園でもお勉強に力をいれていたり、リトミックなどの音楽に力を入れていたり、逆に幼稚園でものびのびと子どもが自由に遊ぶような時間をたっぷりと取ることを大事にしていたりなど、園の方針というのは、そこによって本当に様々です。なので、子どもを預けることを考えているのであれば、その園がどんな点に力を入れているのか、どんな活動を大切にしているのかという教育方針や雰囲気などを調べてみてから、選ぶと良いと思います。

それで、保育園と幼稚園の大きな一番の違いというのは、0〜2歳の乳児を受け入れる事ができるかということです。幼稚園教諭の免許では、3〜6歳の幼児の保育はできますが、乳児の保育はできないということになります。

保育士と幼稚園教諭のお給料のちがい

給料

保育士の平均年収が低いということはよく言われることですよね。待機児童がたくさんいて、保育士不足という現状のところでは、最近保育士の給料のアップが取り組まれているようですけど、こんなに必要とされている職種なのに、給料が低いなんて矛盾している気がしますね。

それはそうと、では保育士として働くのと幼稚園教論として働くのとでは、給料の面で差はあるのでしょうか?

では、まず保育士の平均年収から調べてみましょう。統計を見ますと、保育士の平均年収は314万円ということらしいです。つまり、月収にすると約21万円ということです。でもそこから諸々引かれると手元に残るのは十数万円ということになります。

ボーナスは約40〜60万円みたいですね。男性と女性で分けてみると、男性の場合は年収が約350万円、女性は約314万円くらいのようです。

しかし、この数字は平均であり、じつは都道府県で見ても保育士の給料にはかなりの差があるんです。例えばある情報によると、和歌山県の保育士の平均年収はなんと約382万円です。しかし、一方で佐賀県では約220万円となっていました!東京都はもっと高いです。

つまり、地域によって約160万円ほどの差がある!ということですね。驚きですよね。それにしても、全職種の平均年収というのは、約411万円といわれていますので、保育士の年収は全体で見ても100万円ほど低い事になります。

コレでは、保育士の生活が厳しくなり、離職率が高くなるのもわかりますよね。

しかし、公立保育園で働く場合は話は別です。公立保育園で働くと、公務員ということになるんです。それで、お給料も安定しているし、昇給もあるし、保育士として長年働くと同じ年数を私立の保育園で働く人と比べるとかなりの差がでてきます。

それに、民間経営の保育園ではボーナスが少ないことや、老後にも収入が見込めないということもありますが、公務員として働いてきた保育士なら、年金もたくさんもらえることもあり、やはり公立保育園で働くことを希望する保育士がたくさんいるようですね。

では、幼稚園教諭の平均年収はどのくらいなのかというと、全国の平均年収は約340万円ということです。保育士よりはちょっと高いと言うくらいでしょうか?

でも、コレまた都道府県によってかなり差があって、東京都では約383万円ということですが、一方で沖縄県では約181万円とか、秋田県では約223万円という数字がありあした。

そして、保育園と同じく公立なのか、私立なのかということでも違っていて、公立の場合は公務員という立場となり、定期的な昇給があります。しかし私立の幼稚園でも、お給料が高いところもあって、同じ免許をもっていても、同じ時に学校を卒業していても、どこで勤務するかによって、月に数万円の違いが出てきます。

ちなみに、短期大学を卒業した人は、幼稚園教諭2種免許状を取得できますが、4年制の大学を卒業した人は幼稚園教諭1種免許状を取得できます。仕事内容が変わることはありませんが、4年制大学を卒業した人のほうが初任給は若干高いようです。 それで、年収としてはやはり全職種の平均を下回る数字となっていますが、保育士よりはちょっと高めかな、ということになりますね。

今から学校に行くなら両方の資格・免許を取れるところがおすすめ

保育園・幼稚園

保育士の資格や幼稚園経論の免許を取得するには、いくつかの方法があります。

保育士の資格は、保育士養成施設に通ってそこで単位を取得し、卒業すれば試験を受けなくても卒業と同時に資格を持つことができます。大学や短大、専門学校に行かないで、自分で勉強して資格を取りたいという場合には、自分で参考書などを購入して独学をするか、通信教育などを受けて、毎年行われている保育士試験を受けて合格すると、資格が取得できます。

幼稚園教諭の免許には1種、2種、専修免許というものがあって、各都道府県の教育委員会によって授与されることになりますが、それは全国に通用するものです。

例えば、大学に4年間通って幼稚園教諭養成課程を修了すると、1種免許状が授与されますし、短大や専門学校を卒業する、または通信教育を受けた場合には2種免許状が授与されます。そして、4先生の大学を卒業後にさらに大学院で修士課程を修了した人には、専修免許状というものが授与されることになります。

先ほども少しご紹介した通り、この1種免許と2種免許、さらには専修免許では、仕事内容にそれぞれ違った制限があったり、仕事内容が変わるということはありませんが、お給料の面で少し差が出てくることが多いです。

これから、保育士の資格や幼稚園教諭の資格を取るために、大学や専門学校に進学することを考えている方の中には、保育士と幼稚園教諭のどちらの資格を取ろうかと悩んでいる方もいるかもしれません。

施設のよっては、どちらからの資格の取得が目的となっているところもありますし、学校によっては卒業の時に、どちらの資格と免許を取得できるところもあります。

どちらの資格や免許を取るかは自由なのですが、個人的には今から進学を考えている方なら、両方の資格・免許を取得できる施設や学校に行くことがおすすめです。

どうしてかというと、少し前から待機児童の改善などから、「認定こども園」という施設が増えているからです。この認定こども園というのは、幼稚園と保育園のどちらの特徴も併せ持つ施設で、地域の実情や保護者からの要望により応じることができるような施設として推進されてきています。

幼稚園として、教育基本法に本地田幼児期の学校教育を行うという特徴と、児童福祉法に従って保育の必要な子供の保育を行う保育園の特徴を併せ持つ、ということで、そこで働く職員は、保育士の資格と幼稚園教諭の免許、両方を持っている人が必要とされています。

両方の資格と免許を持っている人を「保育教諭」と呼びますが、現実、保育教諭はそれほど多くありません。それで、待機児童の問題を解決する目的で推進されている認定こども園ですが、現実問題、あまり数が増えているとは言えません。

いろいろな原因がありますが、保育教諭がの不足ということがその原因の一つとも言われているわけです。

それで、今から子どもに関わる仕事のために、専門的な知識とスキルを身に着けて資格を取りたい、という方は、保育教諭という立場になることを目指すこともいいと思います。これからの自分の働き方の選択肢を増やす、という意味でも、今の日本の保育の現状や保護者のニーズにこたえる、という意味でも、利点がありますし、両方の資格・免許があると、これから増えていくであろうとされる「認定こども園」での働くことができます。

それに、もし一度結婚や出産などによって退職することになっても、これから自分の働くところの職場体制が変わっても、2つの資格があれば職場を新たに見つけやすいし、復帰しやすいと思います。

片方の資格・免許しかない方も特例制度を活用できる!

子ども

実は今、保育士資格取得特例制度というものがあります。これは、幼稚園教諭の免許を持っているけど、保育士の資格がないという人のために、保育士の資格を取るサポートをしてくれる制度です。

これは、認定こども園法の改正に伴って、保育教諭がもっと求められているということで、平成32年の3月までは、幼稚園教諭免許状あるいは保育士資格を持っている人でが少ない学習負担で、もう一つの資格・免許を取得できるようにするための特性制度となりました。

平成32年3月まで、ということなのでこれは期間限定の制度です。

なんとこの制度を活用すれば、もし、幼稚園教諭の免許を持っていて、幼稚園などで3年以上かつ4320時間以上の実務経験を持っている人ならば、幼保育士養成施設で最大8単位を取得すれば、取得した単位と数に応じて保育士試験の科目が免除されますよ、ということで、比較的簡単に保育士の資格を取得できるようになります。

そして、逆に保育士の資格を持っているけど、幼稚園教諭の免許はないという人にも特例制度があります。それは、保育士の勤務経験を評価してもらって、幼稚園教諭免許を取得するために必要とされる単位数が軽減されるというものです。

この制度は、保育士の資格を持っていて、今までで3年以上かつ4320時間以上、保育所などで実務経験を経た人です。そのような人であれば、大学で8単位を取得すれば幼稚園教諭2種免許状を取得できます。

もし、すでに大学を卒業していて学士の学位を持っているのであれえば、その8単位を取得すれば、1種免許状が取得できます。

このような、特例制度があることを見ても、現在は、保育士の資格と幼稚園教諭の免許のどちらも持っている人たちがこれからもっと活躍しやすい環境になる見込みであることがよくわかりますよね。

それで、今まさに保育の現場で働いていて、これからもこの仕事を続けていきたいと思うのであれば、この制度を活用して、持っていない方の免許あるいは資格を取得しておくのもいいでしょう。

保育士と幼稚園教諭というのは、似ているようで違う点もたくさんある職種なのですが、それでも、子どもたちの成長を保護者と一緒に見守り、喜び、保育を考えサポートできるという点では、同じなのかもしれません。

それで、これからは職場の選択肢を増やすという面でも、社会と保護者のニーズにこたえる、という面でも両方の資格と免許を持つことがおすすめです。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事