弘前市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

弘前市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

弘前市は、青森県西部に位置します。江戸期は城下町として栄え、戦前は学都として栄え、戦後第八師団の解散により軍都の機能を終えたが、国立大学が新設されたことから、現在も学園都市としての性格を保ち続けている。青森県弘前市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。弘前市で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

青森県弘前市の保育士の需要と保育事情

White Hirosaki Castle and its red wooden bridge in mid winter season, Aomori, Tohoku, Japan

青森県弘前市は、日本一の桜の名所弘前公園や藩政時代からの400年の歴史を持つ城下町です。そしてりんごの生産量も日本一です。

歴史的な文化財や四季折々の美しさ、そしてりんごを始めとする特産物など魅力たっぷりの弘前市では、「こどもたちの笑顔あふれるまち弘前」を基本理念とした「弘前市子ども・子育て支援事業計画」が実施中です。

では、弘前市での保育のニーズやそれに対応する取り組みはどうなっているのでしょうか?保育士確保のための取り組みや、求人の探し方など、弘前市の保育士をとりまく情報についてまとめました。

弘前市での教育・保育事業の現状

弘前市でも、0~14歳までの年少人口は減少傾向にあります。就学前児童の人口は、年ごとに増減がみられますが、やはり全体として減少しているようです。そんな中、幼稚園の入園児童数は減少傾向にあるようです。しかし、保育園の入園児童数は年度によって増減を繰り返ししています。

地域子育て支援拠点事業は、乳幼児と保護者にとって交流の場、そして子育てに関する相談や情報提供の場となっています。この利用延べ人数は全体的に見て増加しています。

また子育て短期支援事業として、トワイライトステイ事業が平成23年度から実施されています。これあ、保護者が仕事やいろいろな理由によって、平日の夜間や休日に家庭での児童の養育ができない場合に、緊急に児童養護施設で保護し預かる事業です。実施されてから延べ利用児童数は増加しています。

ファミリー・サポート・センター事業は、弘前市では実施されていません。ただ、似たような事業として、「さんかくネット」という弘前市参画センターが実施している事業があります。

さんかくネットとは?

子育てと仕事を両立しやすい環境を整えるために、子育てをしている保護者を支援するためのシステムとして、一時的に子どもを預かってほしい人と、子育てサポートの仲介役となっています。このさんかくネットの利用状況は年度によってばらつきが見られます。

一時預かり事業を実施している施設数ですが、在園児を主に対象とする幼稚園での実施施設数は平成21年度からほとんど変わりがありませんが、非在園児を対象としている保育所での預かり保育の実施施設数は増加傾向にあります。また、延長保育事業を実施している保育施設も増えています。

小学生以下の子どもで病気や病気の回復期で、通常の集団保育ができず安静を必要とする状態のときに、保護者が仕事などで家庭で保育ができないというときに、一時的に保育をする病児病後児保育滋養も実施されています。現在、病児保育室は2ヶ所、病後児保育室が2ヶ所設けられています。

平成30年11月時点では、幼保連携型認定こども園は25園あります。その全ての園で延長保育を実施しており、24の園で一預かり保育を実施しています。そして休日保育を実施しているのは8園です。

・幼稚園型の認定 こども園は2あり、どちらも延長保育と一時保預かり保育を実施していますが、休日保育は実施していません。

・保育園型の認定 こども園は2あり、そのどちらでも、延長保育、一時預かり保育、休日保育を実施しています。

支給認定を受けて利用する幼稚園は5園あり、その他の幼稚園が3あります。

認可保育所の数ですが44園あり、そのうち43園で延長保育が実施されおり、28園で一預かり保育も実施されています。休日保育を実施しているのは16園です。

認可外保育施設は14あります。そのうち、事業所内保育施設は8ヶ所で、企業主導型保育施設が3ヶ所となります。

これからの教育・保育事業の発展について

平成27年にスタートした「子ども・子育て支援新制度」では、市区町村が「市町村子ども・子育て支援事業計画」を策定するとされています。それは、子どもたちやその家庭を取りまく環境を踏まえて必要な支援を行うためです。

それで、弘前市では弘前市の20年後のめざす都市の姿である「子どもたちの笑顔あふれるまち弘前」を基本理念として、「弘前市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。

この計画では、幼児期の教育・保育また子育て支援事業に関するニーズや量の見込みに対応するだけの提供体制を確保するために計画されています。それで、必要なサービス量を確保するとともに、多様化するニーズに応えるための質の向上の実現も目指しています。

特に、弘前市では保育を希望している児童の中でも0歳児と3歳児以上の利用定員は、利用量の見込みを上回っている状態です。それで、提供体制が確保できているとされています。

しかし、1、2歳児においては中央地区では平成27年度から平成28年度まで利用量の見込みが定員見込みを上回っていました。それで、施設の利用定員を増やすことに加えて、幼稚園を認定こども園に移行する事によって量の確保を図ってきました。

また、平成27年度から認定こども園でも地域子育て支援事業を実施しています。トワイライト事業は現在の体制を維持する形ですすられるようです。また、ファミリー・サポート・センター事業も、「さんかくネット」での対応となるようです。

主に在園児を対象とする幼稚園と認定こども園での預かり保育のニーズは高まってきました。現在は24ヶ所で実施されていて、その体制を維持する形としてこれからも進められていくようです。

また保育所や認定こども園での非在園児を対象とする預かり保育も現在の体制を維持するとしています。延長保育も同じくです。

病児・病後児保育事業は平成25年度までは2ヶ所だったのに足して、平成27年度には3箇所に増え、平成28年度からは4ヶ所で実施されてきました。さらに、病後児を保育を行う施設を新たに設けて体制を強化するとしています。病児保育についても、今ある既存施設での利用定員を増やすとしています。

放課後児童健全育成事業は、学校施設や児童館などを活用しながら実施していくとしています。放課後児童対策としては、放課後児童クラブと放課後子ども教室の一体的な実施を目指すとしています。

弘前市での待機児童と保育士の需要は?

Childminder and children reading from a childrens book in a kindergarten

弘前市では、平成23年度から平成27年度まで、年度当初に待機児童はゼロでした。しかし、年度末では、平成23年から平成26年度までの各年で25~74人ほどの待機児童が発生しています。そして、平成27年度では161人もの数に増加してしまいました。

それで、平成28年10月から平成32年3月までの「弘前市待機児童解消案」が提出されています。これによりますと、対策として今ある教育・保育施設の有効活用や、保育士の確保などに取り組むとしています。

教育・保育施設の有効活用としては、幼稚園への利用の誘導として、共働き世帯でも利用を誘導するために、預かり保育の時間を延長することや、短時間労働世帯の受け入れなどを行うとしています。ニーズ調査の中の市民からの意見の中でも、子どもを幼稚園に入れたいが、共働きしていて時間的に厳しいので預かり保育をもっと実施してほしい、という要望がありましたね。預かり保育の時間が延長されれば、そのような希望を持つ保護者と児童をもっと幼稚園へ誘導することができそうです。

また、分園の設置や、施設の整備による定員の増加と施設の安全を確保するとしています。

そしてもう一つ、重要な課題は「保育士の確保」です。全国的に保育士不足の中、どこでも保育士を確保するのは簡単ではないと言われています。しかし、保育士が確保できないと、施設の面積は十分だとしても十分な定員を受け入れることができず、それが待機児童発生につながります。

そこで、弘前市では保育士を確保をしやすいように、4月利用の受け入れ開始時期をこれまで1月〜12月に早めました。さらに、園への利用調整結果通知も例年より1ヶ月ほど早くして2月上旬に行っています。それで、園としては早い時期から、必要な保育士を確保できるようになっています。

また、新規雇用や復職する保育士の場合、もし育児中であれば子どもが優先的に保育所等に入所できるようにしています。これは、市内の教育・保育施設で働いている保育士、幼稚園教諭、保育士、保健師、看護師の方で育児中の方が対象となっています。

そして、養成校に趣いて、そこの学生さんたちに地元就労の依頼もおこなっています。そして就職指導担当者との情報交換を行っているようです。

保育士確保のための県の取り組み

Efforts

青森県全体としても、保育士確保のために様々な取り組みを行っています。

例えば、「青森県保育士・保育所支援センター」には、保育士人材バンクが設置されていて、簡単に県内の保育士の求人情報を検索できるようになっています。また、保育士さんに対して相談支援をしていて再就職支援コーディネーターという、保育士資格を持つ方が現在保育所で働いている人、また再就職を希望している人の悩みや相談を受け付けています。

青森県内で保育士として働きたいという人のために、希望条件に合った保育所を紹介してくれたり、あっせん、就職・復職のサポートを行ってくれていて、平成29年10月末時点で63人もの方が就職がかなったそうです。

また、再就職を希望する方のなかには、経験が少ないことやブランクが有ることで現場復帰することへの不安を感じている方も少なくありません。そのような方の不安を少しでも解消するために研修も実施しています。そして、保育士が長く仕事を綴っけることができたり、スキルアップができるような研修も実施しています。

保育事業者さんも活用できるところで、とくに年度途中に高まる保育需要に対応するために保育士などを確保する必要が生じたときに、こちらのセンターを活用して必要な人材を見つけることができます。

そして、青森県では「保育士修学資金貸付」も実施しています。これは、保育士資格の取得を目指し、県内の保育士養成施設に在学している学生さんを対象にして、修学資金を貸し付けるものです。

基本額は月額5万円以内で、その他に入学準備金20万円以内、さらに就職準備金が20万円以内、その他に生活保護受給者等の要件を満たす方のみ、生活費加算が行われます。もし、卒業後1年以内に保育士登録をして、県内で保育士として5年間働けば全額返還免除となります。

「保育士就職準備金貸付」、「未就学児を持つ保育士の子供預かり支援事業利用料金の一部貸付」も実施されています。

詳しい貸付対象の条件や貸付額については、青森県社会福祉協議会のホームページなどをご覧ください。

・保育士資格取得推進事業 幼稚園教諭の免許を持つ方が保育士資格を取得するために、指定保育士養成施設で講義を受けた場合に、その受講料や変わりの職員の雇い上げに必要とされた費用の一部を補助してくれる事業もあります。

これは、保育士資格取得特例を活用して取得する場合や、保育所に勤務しているけど保育士資格はないという方が資格取得する場合に利用できます。

幼稚園教諭免許をもっているかいないのか、あるいは認可保育施設に勤務しているかいないか、ということで事業の種類が変わって、上限額も変わるのですが、指定日保育士養成施設の受講に必要とされる入学料や受講料などの1/2が補助率となって、上限額が10万円、あるいは10~30万円となります。

また、保育士試験を受けて資格を取得し、その後対象施設で保育士として勤務することが決まっている人に対しては、受験対策講座などの受講に必要とされた入学料や受講料の2/1,上限15万円が補助金額としてもらえる「保育士試験による資格取得支援事業」というものもあります。

これから、保育士の資格を取得する方は、これらの事業をぜひチェックしましょう!

弘前市の保育士おすすめ転職サイト

Adult businesswoman working at home using computer, studying business ideas on a pc screen on-line.

弘前市で自分にぴったりの職場を見つけるためには、豊富な求人情報が不可欠です。保育士・保育所支援センターを利用することもできるでしょう。

しかし、そこまで足を運ぶのがめんどくさいという方におすすめなのは、保育士のための就職・転職支援サイトです。保育士資格や幼稚園教諭の免許を持つ人のための求人を扱い、さらに就職や転職のサポートを無料で行ってくれるサイトです。

弘前市での求人も多く扱うサイトなら、多くの選択肢の中から自分の希望条件にぴったりの求人を見つける事ができるでしょう。では、いくつかおすすめをご紹介します。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

げんきワーク

保育士、幼稚園教諭、保育補助、児童発達支援のお仕事を紹介してくれます。また匿名のスカウトが届く場合もあり、転職成功するとお祝い金がもらえます。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

圧倒的に多い求人数が魅力のサイトです。非公開求人もあります。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士WORKER

保育士ワーカー

保育士さんが理想の職場と出会うため、 他社とは違う独自のサポートが充実しています!

利用満足度97%の高い評価を受けているサイトです。こちらも非公開求人もたくさん扱っています。

保育士ワーカーって?評判や口コミで見えるメリットとデメリット!

保育士ワーカーは、二年連続で保育士の支持率ナンバーワンを集めた唯一の保育士転職サイトです。今回は人気の保育士ワーカーについてサービスの特徴やみんなの口コミや評判から徹底的に探ってみたいと思います!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事