春日井市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

春日井市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

春日井市は、愛知県の尾張地方にあり、名古屋市の北東に隣接する。また、全国シェアの8割を占める実生のサボテンが特産物である。サボテンを使ったご当地のラーメンや焼きそば、ういろうやアイスなど多く売り出さらています。 春日井市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。春日井市で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

春日井市の保育士の需要

サボテン

春日井市は名古屋駅まで最短で約17分で行くことができ、名古屋市のベットタウンとしても発展してきたところです。良好な住環境に恵まれているので平成26年に人口が31万人を超えています。特産物はサボテンで全国シェアの8割を占めています。

春日井市は、「子はかすがい、子育ては春日井」宣言を行っていて、子育て支援とママたちを応援する体制づくりに力を入れています。

では、春日井市ではどのような保育への現状と取り組みが見られてきたでしょうか?そして、春日井市で働く保育士への支援はあるのでしょうか?おすすめの保育士転職支援サイトなどもご紹介します。

春日井市は「子育てしやすいまち」!

春日井市を「子どもも、ママも、幸せなまちへ」発展させるため、市では「子はかすがい、子育ては春日井市」宣言を行ってきました。それで、子育て施策の一層の充実を図るとともに、こさおだて世代の「暮らしやすさ」を向上させるために、子育て支援を充実させること、そしてママ自身の活動とリフレッシュを応援することに取り組んできました。

そんな春日井市は、「ママハッピー度調査」として子育て世代にアンケートを取っています。平成29年に行った調査では、回答者のうち63%の人が春日井市は「子育てしやすいまち」だと感じていることがわかりました。これは「子育てしやすい」と回答した人と「まぁまぁ子育てしやすい」と回答した人の合計です。

この調査は平成30年の7〜9月にも実施されました。回答者のうち54%は30代、24%は40代で、全体の8割以上が女性でした。

回答者の多くは未就学児を持つ保護者だったのですが、「春日井市は子育てしやすいまちですか?」という質問に対して

・子育てしやすい(100点):全体の7% ・まぁまぁ子育てしやすい(75点):44% ・普通(50点):35% ・あまり子育てしやすくない(25点) :11% ・子育てしにくい(0点):3%

という結果になりました。

それで、全体のうち「まぁまぁ子育てしやすい」と回答した人が一番多かったということでした。しかし「子育てしやすい」と「まぁまぁ子育てしやすい」との合計は51%ということで、前回の調査よりも下がってしまっていることがわかります。

とはいえ、全体としては割と多くの人が子育てしやすいと感じている事がわかりますね。

・公立保育園を会場にて「子育て支援コミュニティカフェ」というものを開催

不安を持っているママさんたちや、独りで育児をしているママさんたちのところに、育児経験があって研修を受けている「先輩ママ」が訪問してくれる「ノックノックホームサポート」という子育て家庭訪問支援事業も実施しています。これは、子どもを預かるような支援事業ではありませんが、子育ての悩みを話せたり、子どもとも接し方などへの支援を行います。

このような子育て世代に寄り添うような形で支援を行っている春日井市ですので、もちろん保育サービスの充実にも力を入れています。

春日井市の待機児童問題と取り組み

待機児童問題

春日井市は、住宅都市として発展してきたところです。名古屋市からも近いのでベットタウンとしても人気です。

春日井市には、子育て世代もたくさんいます。それで出産や育児への支援、母子保健サービスの充実を進めてきました。さらに、子育て施策として保育園の整備も進めてきました。

でも、日本中では保育園の待機児童が問題になっています。春日井市では待機児童の現状はどうなっているのでしょうか?

調べてみたところ、春日井市は国基準に基づく待機児童が4月の時点で、ここ数年”0”を達成していることがわかっています。嬉しいことですね。

しかし、年度途中では待機児童が毎年発生している状態です。これは、育児休業や転入といった理由で年度途中に保育所に入りたいと思っても、入れない人たちがいるということですね。それで、春日井市ではまだ保育のニーズに対応しきれているとは言えないことがわかります。

つまり、余裕はない、ということです。それで、みんなが希望している保育園に入園できているわけではありません。

それで、保育園の新築、建て替えを行っています。そして認定こども園や小規模保育事業を整備して、受け入れ可能児童数を増やしています。

平成30年の施策でも、共働き家庭が増加していることに伴い、保育のニーズが依然として増加しているとしています。それで、保育施設の充実を進めることが必要とされています。それで、平成30年にも保育園や小規模保育事業所を新設するとしています。そして、保育園のトイレの臭気対策などの環境改善に取り組んでいます。

保育のニーズが多様化していることも受け、一時保育、延長保育、特別支援保育を実施する保育園を拡充しています。

それで、これからも保育士が必要とされていることがわかります。新しい保育園や、小規模事業所ができれば新規オープンとしての募集もあるでしょうし、一時保育や延長保育、さらに特別支援保育といった多様なニーズに対応するための人材が必要とされるでしょう。

保育士の需要は?

春日井市では、4月時点では近年ずっと待機児童が0ということですが、年度途中では発生している、ということで、市では新たな保育園を整備したり、認定こども園や小規模事業を推進してきました。それに応じて、保育を実際に担う保育士も必要となっています。

保育士不足も日本全体で問題になっていることの一つでありますが、春日井市としては、保育士の採用枠を増やし、状況を見ながら追加募集を行って正規保育士を増員しようとしています。

そして、臨時職員に対しての労働環境の改善に取り組むことによって、臨時保育士を確保しようとしています。

それで、春日井市にいる保育士としては、これからも職場としての選択肢の一つとなる保育サービスを提供する施設などが増えていくことで需要はまだまだあるとも言えるでしょうし、保育士確保のために労働環境の改善にも取り組む、ということなので働きやすい、仕事を続けやすい環境がより整っていくことを期待できそうです。

春日井市は、「子育てしやすいまち」を目指し、そのために積極的な施策を実施しているので、保育士にとっても住みやすく、働きやすいまちとして発展していくことを期待したいですね!

保育所等の数とその他の保育事業

実際、春日井市内には保育所等はどのくらいあるのでしょうか?調べてみました。(平成30年10月時点)

まずは保育園です。公立保育園は29園、そして私立保育園が27園です。そのうち、認定こども園は4園となります。

29の公立保育園では、第2、第4木曜日の9:00〜11:00で園庭やホールを開放しています。未就園児と保護者が利用でき、育児の不安とか悩みを解消する場として活用することができるでしょう。

そして、特定保育事業と言って、就労などの理由で保護者が1月に60時間以上保育ができないという場合に、1週間の中の2,3日を特定の日時として保育を行う制度があります。このような特定保育事業を実施しているのは今の所1つの園だけです。

市内の未就園児で、保護者が何らかの理由で家庭で保育を実施できないときや、リフレッシュなどのための児童を一時的に保育園で預かる、一時預かりも実施しています。実施園は7園です。

また、保育園に通っている児童で病気の回復期で集団生活が困難なこどもを、特別の施設で一時的に預かる、病後児保育事業もあります。現在、3つの医院に病児保育室があります。

私立幼稚園が20園あります。その他に、認可外保育施設が12ヶ所あります。

保育士への支援

春日井市では、1歳児に対する保育士の配置を国基準を上回る5:1としています。そして、保育士の処遇に関して、市独自の補助を実施しています。平成30年度の予算でも、保育園の新設や保育士の処遇改善などによる私立保育園などの運営費を増加を見込んでいました。

春日井市を含めた愛知県全体としては、「保育士修学資金貸付」事業を実施しています。

これは、愛知県内の保育士養成施設に入学する人に在学期間中の学費として、月額5万円以内、そして入学準備金を20万円内、就職準備金を20万円内貸し付けるものです。この貸付を受けるためには養成施設長の推薦が必要となります。

もし、県内の保育所等で5年以上保育士として働くならば、全額が返済免除となります。細かな条件などは県のホームページなどから確認してください。

ほかにも「保育補助者雇上費貸付事業」というものも実施していました。

これは、保育士資格を持たない人を雇用する園や施設に対して、必要な資金を貸し付けるものです。これによって、保育士の労働環境改善が期待されます。

愛知県は保育士の年収が高い!

春日井市を含む愛知県って、全国と比べて保育士の平均年収がとても高いって知っていましたか?

平成28年度の全国の保育士の平均年収が326万円でした。しかし、愛知県はというと431万円でした!これはかなり高い水準ですよね!

だから、春日井市でも好条件の求人があることも期待できると思います。そして、愛知県の保育所等では、企業側が手当を出していたり、福利厚生が充実しているところが多いと言われています。

例えば、春日井市の保育士の求人の中にも住宅手当があるものがあります。

求人を探すさいには、各園や施設の福利厚生、手当などもチェックしながら探すと良いと思います。

愛知県保育士・保育所支援センター

愛知県では平成25年6月3日に、「愛知県保育士・保育所支援センター」を新しく開設しました。ここは、保育士資格を持っているけど現在保育士として就労していない「潜在保育士」さんの再就職を支援し、保育所の人材確保を目的としたところとなります。

それで、保育所の採用状況や求人情報を把握し、求職者ののニーズにあった求人を紹介し、あっせんを行います。潜在保育士さんや、今後保育士資格を取得し保育所への勤務を考えている人たちの相談を受け付けています。

さらに、潜在保育士向けの研修会を開催するなどもしていますので、現場復帰を考えているけどちょっと不安があるという方は参加を検討することもできるかもしれません。 保育園へ就職を考えている人や保育の仕事に関心を持っている人の為に、「保育所就職支援フェアあいち」というものも開催されています。これは、保育の職場担当者都の個別面談ができたり。求人情報を提供してもらったり、保育の仕事についての相談会となります。

参加するのは、愛知県内の公私立認可保育所なので、春日井市での就職を考えている人も参加できるでしょう。

春日井市の保育士のおすすめ転職サイト

「愛知県保育士・保育所支援センター」を利用するだけでなく、簡単に自宅から求人を探し、転職する方法もあります。それは、保育士向けの転職サイトを利用する方法です。

転職サイトは、様々な求人を自分で条件をつけて絞り出すことができたり、専門のコーディネーターがその人の希望条件をヒアリングして、ぴったりの求人を紹介し、よりよい条件で入職できるようにサポートしてくれたりと、転職したり復職したいという保育士にとっては心強いサポートを行っています。

それで、いくつか春日井市内の保育所等の求人を多く扱うサイトをご紹介したいと思います。

保育のお仕事

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

専任のキャリアアドバイザーが最初から最後まで全面サポートしてくれるサイトです。全国の求人を扱い、非公開求人も多数あり、各施設の良い所だけでなく、悪いところなども教えてくれて、入職後のギャップをできるだけなくしてくれます。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

扱うお仕事数は業界でもトップクラスで、専任のアドバイザーがいます。非公開求人も多数で、その人にピッタリの職場を無料で紹介し、転職や就職をサポートしてくれます。

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむは保育に関連する仕事・職場に関する転職や仕事探しをサポートしてくれる転職サービスです。非開会求人やレア求人もたくさんあります!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です
特徴 会員登録すると非公開求人の閲覧や、園の実名や動画が閲覧できます。また、求人案件数最大級なので、正社員や派遣など就業形態も様々あります!保育に特化したキャリアコンサルタントがお手伝いしてくれるので安心です!

保育専門のキャリアコンサルタントがいて、JR名古屋駅から徒歩3分ほどのところにある支店が、愛知県内の保育園や幼稚園のお仕事情報を扱って紹介してくれます。

まとめ

保育士の需要はまだまだ大きいようです。特に市内での保育士不足解消に力が入れられているため、福利厚生が充実していたり勤務条件も良い傾向です。市内で働くのもありかもしれませんね。

保育関連のお仕事を探しているという方は、ぜひ求人サイトを活用してピッタリの職場を見つけてみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事