横浜の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

横浜の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

住みたい街NO1の魅力的な場所、横浜の保育士事情、そこで働くメリットなどををご紹介します。そして、横浜で就職・転職を考えている保育士さんたちが利用できる、転職エージェントや転職サイトなども最後にご紹介していきます。

横浜の保育士事情

横浜

関東で住みたい街としてなんと第1位に輝いた”横浜”。これは、SUUMOの調査で済みたい街ランキング2018関東版で発表されたものです。

これまで2010年以来、東京の街がトップに輝いていました。しかし、2018年、恵比寿や吉祥寺を抑えて、なんと横浜が№1に輝いたのです。

そんな横浜で保育士として働いている方たちも多いと思います。では、横浜ではどのくらいの保育士の需要があるのでしょうか?求人は多いのでしょうか?

さらに、横浜市の保育士の平均年収は、他と比べて高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?

関東近辺に住んでいる保育士さんや、また地方から関東に出てくることを考えている保育士さんも、横浜で保育士として働くのにはどんなメリットがあるのかを知りたいですよね?

今回は、そんな住みたい街№1の魅力的な場所、横浜の保育士事情、そこで働くメリットなどををご紹介します。そして、横浜で就職・転職を考えている保育士さんたちが利用できる、転職エージェントや転職サイトなども最後にご紹介していきます。

住みたい街NO1!横浜の保育士の需要

横浜市は、車や人ごみも東京に比べるとごちゃごちゃしていないことや、緑もあり景色もよいので、気分転換にもなる気持ちの良い街としてとても人気です。それでいて、ショッピングするところはたくさんあるし、美味しい食事を食べるところもたくさんあるということで、遊ぶのにも困らないし、学びの場所も充実していて、楽しく暮らせる街なのです。人口は370万人を超えていて、日本では人口が一番多い市となっています。

もちろん、東京駅や新宿駅までは電車で30分ほどで行けますから、交通は便利です。そんな横浜市には、保育士の求人がたくさんあります。

そして、どのくらい保育士の需要が高まっているのかということは、有効求人倍率をみるとよくわかります。

有効求人倍率というのは、例えば10人分の求人があって4人が応募した場合に、2.5ということになります。つまり、有効求人倍率が2.5の場合、需要に対して供給が足りていない、人材不足であるということがわかります。

実は東京の場合ではこの数字が4倍、6倍ということもあります。6倍、ということは保育士1人に対してなんと6件の求人があるということです。

横浜ではどうかとうと、2倍以上ということです。東京ほどではありませんが、1倍以上ですでに人手不足なので、横浜でもまだまだ保育不足が続いています。

関東の中では東京に次いで求人数が多いです。

横浜市としては、保育士確保のために様々な取り組みをしているのですが、その点に関しては後程ご紹介するとして、保育士の需要が高いという事はつまり、保育士を確保するために自治体として、待遇をよくしたり、給与をアップしたりと保育士にとって、より良い条件を整える動きが活発である、といことになります。

そして、求人が多ければ多いほど、より自分にとって条件が良い職場を選ぶことができるし、転職もしやすいわけです。それで、やはり保育士の資格を活かして仕事をしたいという人にとって、横浜市は住むだけでなく、働く際にも魅力的な街という事になります。

横浜市の待機児童数

横浜市は、2013年に待機児童0!という事でニュースとなりました。しかし、その裏には、保留児童と言われる、認可保育園が利用できなかった児童が増加しているという裏の事情があったり、その後に横浜に引っ越してくる子育て世代も増え、本当のところ、待機児童がいなくなったとはとても言えない状況でした。

では、現在の横浜市の待機児童数はどうなっているのでしょうか??

横浜市の平成29年10月の時点での調査によりますと、就学前児童数は180967人でした。ちょうど1年前の平成28年10月とくらべると、3672人減少ということでした。

では、そのうち何人が保育所等の利用申請ををしているかというと、平成29年4月の時点で68544人です。これは、1年前と比べると2782人増えています。児童の数は減っているものの、保育所を利用することを希望している人たちは増えている、ということで、保育所等の子どもたちを安心して預けられる施設を必要としている家庭はこれからも増えていく、という事が言えるでしょう。

これは、日本全体の減少とも一致しています。少子化ということで、子どもの数は減っているものの、共働き世代が増えていること、女性の社会進出、そして核家族世帯が増えいているといった理由で、出産後の女性たちがすぐに復職することを希望するケースが増えているのです。それで、そのために子どもたちを安心して預けることができる保育施設というのは、ますます必要とされています。

では、そんな横浜市では保育所等を利用申請している人の数に対して、受け入れ枠というのは足りているのでしょうか?

平成29年10月の調査では、横浜市にいる待機児童数は1877人という事でした。平成29年4月の調査の時点では、なんと待機児童は2人と発表されていて、平成28年の10月では391人、平成28年4月では7人という事でした。つまり、平成28年からの一年間で、待機児童数が1486人も増えているし、平成29年4月ではいったん2人というところまで来ているのに、また1800人以上増えている、ということになります。

これを見ると、平成29年10月から待機児童が急激に増えた!?という印象を受けるかもしれませんが、これは厚生労働省からの待機児童数の調査要領の改正通知があったため、平成29年10月の調査から、その新しい定義に基づいた集計になったからです。

この新しい定義では、育児休業中の方で復職の意思のある人も待機児童数に含まれることとなりました。それで、待機児童数1877人のうち、育休中で復職の意思がある方は1419人ということでした。それで、平成29年10月の調査では、いわゆる”隠れ待機児童”の存在がある程度浮彫になった、という事でしょう。

年齢別で言えば、1877人の待機児童のうち、0歳児は1505人、1歳児が246人、2歳児が92人ということで、0~2歳の児童が全体の約98%となっています。

つまり、特に0~2歳児の受け入れ先が足りないという事になります。

実際、認可保育所や認定こども園743園のうち、264園は定員割れをしているのですが、定員割れの約94%は2~5歳時の枠となっているのです。

それで、やはり横浜市でも待機児童問題がある、(特に0~2歳)ということです。それで、横浜市としては、これからも児童の受け入れ枠を拡大するために、保育士を必要とするという事がよくわかると思います。

保育士不足で認可保育所が休園!?横浜市の保育士不足の深刻さ

先ほどの待機児童数を見ても、横浜市ではまだまだ保育施設や保育士の必要性がある、といことがわかりました。保育士の必要性、という事を知る点で、横浜市の深刻さがわかる記事があります。

全国でも保育士不足と、人材の確保が問題となっているわけですが、横浜市では認可保育所が必要な保育士を確保できずに、園が休園に追い込まれたというニュースです。これは、2018年の3月に出てきた記事です。

休園に追い込まれたのは鶴見区にある認可保育園なのですが、その保育所では常勤の保育士と派遣の保育士合わせて3人が、家庭の事情による退職したのち、新たな保育士を確保することができずに休園せざるを得なくなってしまったのです。

それで、その園では2018年の4月から1歳児と2歳児の保育だけに絞ることし、3~5歳児の園児には転園してもらうことになりました。転園を余儀なくされた児童は37人になります。

当然のことながら、転園という事は子どもたちにとっても環境が変わることとなりますし、保護者にとっても心の準備も必要となります。ちょうどいい転園先が見つかるのか、という不安も湧き上がります。

園としても、かなり心苦しい決断となったわけだと思いますが、それだけ保育士不足が深刻化しているといことで、横浜市の対応や、これからの保育士確保の取り組みが急務であることがよくわかりますね。

他の保育士確保のための対策

横浜市としては、保育施設の需要を受けて、待機児童解消プロジェクトなどの様々な取り組みを平成21年10月からずっと行ってきました。保育所の整備を急速に行い、保護者の多様なニーズに合わせて多様な保育サービスを提供できるようにしています。

保育所整備だけでなく、横浜保育室、家庭的保育、さらに幼稚園預かり保育、小規模保育、乳児一時預かり事業など、そのようにいろいろな保育サービスを整え、保護者にとっての選択肢を増やしています。

しかし、そのような様々な保育サービスを展開し実施するためには、どうしても保育士の確保が必要です。先ほどの認可保育所が休園に追い込まれた例のように、施設があったとしても、保育士いなければ何の意味もないからです。

それで、施設の整備に加えて様々な保育士確保のための取り組みがなされてきています。保育士の立場からすると、この点が一番市の取り組みとしてはしたいところでしょう。

では、どんな取り組みがなされているのかというと、まず平成21年度から潜在保育士を対象とした講座が開催されています。保育士としての資格を持ちながらも、現場で働く点ではブランクのある人にとって、現場復帰には様々な心配や不安があるものです。

しかし、そのような人たちが現場復帰しやすいような環境を整えること、そして復職するための準備をサポートすることに力が入れられています。保育士、保育所支援センターでは、潜在保育士と保育所のマッチングも行われています。

さらに、保育士の処遇改善に取り組む保育所に対しては、保育士一人当たり月額約8000円の経費を助成しています。

宿舎借上げ支援もあります。これは、民間の保育所が保育士の宿舎を借り上げるために必要になる経費を助成する、ということで、つまり保育士としては家賃補助が受けられるということです。

具体的に言うと、園が借上げている社宅に引っ越してくる場合に家賃補助が最大6万円、それも最長で5年も受けることができます。これは、もともとお給料が低いとされている保育士にとってはかなり助かることですね。それで地方から引っ越してきて横浜で働く保育さんたちもいます。

さらに、横浜市内の認可保育所等で常勤職員として働いている人で、資格を取得するため、保育士資格取得講座を受講する際に必要となった経費のうちの、法人負担分の約半分を補助するというものもあります。

もし試験に合格して保育士登録をする場合には、その試験受験に必要となった経費も補助してもらえます。保育所に勤務しながら、少ない費用で資格を取ることができるということです。これから、資格を取得する人にとってはかなり有利です!

そして、保育施設の見学がより気軽にできたり、多数の保育事業者の話が聞ける就職面接会が開催されていたり、最新の保育状況が学べる就職支援講座なども開催されています。

神奈川県の保育士の平均年収

横浜市で保育士として働く際に、就職先、転職先には困らないようですが、お給料はいいのでしょうか?全国的に給与が低いとされている保育士のお仕事では、給与の待遇はかなり大事なところです。

神奈川県の保育士の給与の水準は高いです。神奈川県の平成28年度の保育士の平均年収は361.2万円でした。全国の平均は326.7万円なのでいいですよね!

月収でいえば、神奈川の保育士の平均は24.5万円。全国平均は22.3万円なので約2万円は高い水準です。賞与もよくて、年間賞与の神奈川の平均は66.2万円、全国平均は58.8万円です。

つまり、年収、月収、賞与の面すべてにおいて、全国平均を大きく上回る水準であることがわかります。

じつは、東京都でも平均年収は336.7万円なんです。東京都は給与の水準が高いというイメージがあると思いますが、確かに平均月収は24.0万円なのですが、賞与が平均で48.1万円というこで、年収でみると神奈川の保育士の方がずっと高い水準となっているのです。

横浜で保育士として働くメリット

横浜

これまで調べてきた点をまとめると、横浜で保育士として働くことには様々なメリットがあることがわかります。

まず、求人が多いという事ですね。保育士の需要が高いので就職先、転職先が見つからないという事はないと思います。というより、求人が多くて選ぶのが大変というくらいでしょう。

しかし、保育士としては自分の理想や条件に合う職場を選ぶことができるということになりますから、働き方もいろいろと選べると思います。実際、園だけでなく保育士資格を活かして働けるいろいろな施設がありますので、いろいろな施設でキャリアを積みたいという人にとってもオススメの街だと思います。

さらに、給与水準が高いということがポイントです。関東の中では神奈川県最高額となっています。

それに加えて、家賃補助があるところもありますし、市としても保育士の人材確保ために早い時期から様々な取り組みを実施しているの所なので、待遇はいい施設が多いでしょう。待機児童問題に力を入れている、という事はそれだけ保育士に対するより良い待遇が期待できるという事ですからね。

そして、住みやすい街である、という事が横浜市の魅力ですね。遊ぶところや学びの場所も申し分ないし、美味しい食べ物もあるし、交通の便もいいうえに、東京よりも落ち着いている街なので、プライベートを充実させることができるでしょう。

それで、横浜市は保育士として働くのには、とてもオススメの場所という事ができるでしょう。

横浜市で働くことを希望している場合、やはり転職サイトなどでたくさんの情報を得るといいと思います。それで、利用できるおすすめのサイトなどをご紹介します。

スマイルSUPPORT保育

スマイルSUPPORT保育

スマイルSUPPORT保育は、福祉系人材サービスを手がけるHITOWAキャリアサポートが運営する保育士専門の求人サイトです。派遣社員の募集以外にも、正社員やパートの人材紹介も行っています。

総合評価 4.1
対応地域 首都圏中心ですが、全国対応です!
特徴 利用者満足度は96.7%!公開されている求人数は3000件以上で、保育園以外にも企業内保育、院内保育、学童保育、プリスクール、ベビーシッターといった求人情報も取り扱っており、求職者の希望に合わせた仕事探しが可能です。

転職活動のすべてをサポートしてくれる、スマイルSUPPORT保育。首都圏最大級の求人数を誇り、横浜市内の求人もたくさん掲載しています。

やはり、求人数が多いという事が一番の特徴だと思います。派遣のお仕事も紹介してます。

全てのサービスは無料で利用することができ、人材コンサルタントが希望条件や要望をもとにして仕事を紹介してくれます。そして気になる求人があれば、コンサルタントが面接の日程を調整してくれるし、条件の交渉などもしてくれます。

スマイルSUPPORT保育って?評判からメリット・デメリットを知ろう!

求人数は30000件以上。紹介保育園ネットワーク広く、利用者の満足度も高いと評判のスマイルSUPPORT保育について紹介します。スマイルSUPPORT保育の特徴やみんなの評判や口コミから、利用するメリットやデメリットを調査してみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%ABSUPPORT%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

経験豊富な転職コンサルタントだけで運営している、保育士さん専門の就職&転職支援サービスを提供しています。保育園、幼稚園の求人件数は業界トップクラスです。

まだ転職するかどうかを検討中の方でもOK。情報収集してみて、今の職場のままで働くか、転職するかを検討することができます。

こちらは派遣会社ではないので、内定までをサポートしてくれて内定後は直接園との雇用関係になります。それで、コンサルタントにはなんでも相談して、本当に自分の希望に合ったお仕事を紹介してもらいましょう。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育ひろば

保育ひろば

完全無料の徹底サポートでご利用満足度94%の保育士特化の転職支援サービスです。保育ひろばで転職された方にはお祝い金最大2万円をプレゼント!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です!
特徴 「保育ひろば」は、業界トップクラスの求人数。全国4万件以上の保育園、幼稚園、学童、院内保育所などの中からご希望にあったものをご紹介いたします。各エリア特性を熟知したコンサルタントが、あなたの知りたいにしっかりお応えします。自分ひとりでは探しづらい非公開保育士求人も多数ご紹介可能です。

全国の4万件以上の施設の中から職場を紹介している保育ひろば。経験豊富な地域専属のコンサルタントが希望に合った職場を紹介します。

登録だけする、相談だけするというでも大丈夫。経験豊富な専任コンサルタントと話すことで、自分にとっての最適なキャリアプランを見直すことができたり、自分の本当の希望や可能性が発見できるかもしれません。

全てのサービスは完全無料で、希望に合った求人を紹介してもらうところから、面接の対策について教えてもらえるし、条件の交渉や園との連絡や手続きなどの代行もしてもらえます。そして現職を退職する際のポイントなども教えてもらえます。

保育ひろばって?評判や口コミで見えるメリットとデメリット!

「保育ひろば」は、保育士さんや幼稚園教諭さん向けの転職支援サイトとしてとても有名なサイトの一つです。業界トップクラスの求人数を誇り、全国に対応しています。登録から入職までになんと最短2週間ということで、かなりスピーディーな転職が可能になっています。「保育ひろば」はどんなサービス・サイトを利用した人の評価は?サイトの特徴や口コミ評価などをまとめていきます。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%B0%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E7%B4%B9%E4%BB%8B

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事