江戸川区周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

江戸川区周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

江戸川区は、東京都の特別区の一つで東京23区の東部に位置します。数多くの名所が存在する江戸川区には、神社、お寺が多く歴史を感じさせる町である。ここでは、江戸川区の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。江戸川区で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

江戸川区の保育士の需要

Kasai Rinkai Park, Japan(葛西臨海公園)江戸川

東京23区の最東端に位置する江戸川区。人口は約69万人です。葛飾区、墨田区、江東区、千葉県の浦安市、市川市、松戸市と隣接しています。

江戸川区は、高齢者も多いとはいえ子どもたちも多い区です。それで、東京23区の中でも最も平均年齢が低く、さらに出生率も最も高いという特徴があります。

そして、年々保育所への申込者数も増加していて、保育のニーズが収束に高まっているところでもあります。では、そんな江戸川区での保育の現状はどうなっているのでしょうか?さらに、江戸川区で働く保育士への処遇はどのようになっているのでしょうか?

江戸川区での保育事業や、保育士への手厚いサポートなどをまとめていきます。そして、江戸川区での求人の探し方やおすすめの転職サイトもご紹介します。

保育士の需要はかなり高い!?

江戸川区での保育のニーズと、それに対応する取り組みについて知ることができました。しかし、保育施設の整備を進めるだけでいいわけではありません。実際、待機児童問題とともに取り上げられる問題は、「保育士不足」です。

・保育施設が用意できても保育士不足が解決できていない

保育施設を整備したところで、実際に保育士を確保できないならば、子どもの受け入れに制限がかかります。とくに、保育士不足の問題は東京都の大きな問題となっています。

・有効求人倍率が年々上昇傾向にある

実際、保育士の有効求人倍率は年々上昇しています。有効求人倍率というのは、求人数に対して求職者数を割った数値で、求職者1人に対してどのくらいの求人があるのかを知ることができます。1倍を超えると人手不足ということになります。

平成28年11月の保育士の有効求人倍率は2.34倍と、前年の同時期に比べて0.25ポイント上昇しました。その中でも圧倒的に高いのが東京都です。

東京都の場合、有効求人倍率は全国平均を大きく上回り、平成27年11月時点で5.72倍、平成28年11月時点で5.68倍となっています。

そんな保育士不足を解消し、保育を担う人材を確保するために、厚生労働省でも保育士の給与の改善や、職場復帰のための研修の開催、さらに勤務環境の改善を進めています。

そして、各自治体でもとにかく保育士を確保しよう!と、さまざまな取組を行っているわけです。では、江戸川区ではどのような取り組みをしているのでしょうか?

平成29年4月からスタートした、「働くなら断然江戸川区!」というキャッチフレーズのもと行なわれている。

待機児童の現状と取り組みについて

江戸川区でも、全国と同様に少子化が進んでいます。平成23年度には就学前児童数は38,898人だったものの、平成30年度には36.436人にまで減少しています。

とはいえ、保育所への申込者数というのは著しく増加しています。特に、平成25年頃からは毎年大幅に増加していて、平成25年の申込者数は3,510人だったものの、平成30年には5,035人となっています。

・保育施設の定員拡大が鍵

その背景には、女性の社会進出というものがあります。女性たちが社会で活躍するようになったので、子育て家庭において仕事と家庭を両立させるためには、保育所等の利用が欠かせなくなっています。

このように、保育所への申込者数が大幅に増加していることを受けて、江戸川市では保育施設を新設するなどして、保育定員の拡大を図ってきました。これはつまり、江戸川市で働く保育士にとっては、働く職場の選択肢が大幅に拡大してきたということになります。求人数が増えるわけです。

とはいえ、まだまだ保育の需要に対応しきれていない、というのが現状であり、これからも保育定員の拡大が必要とされています。

そのことを示す数値として、江戸川区の待機児童数を見てみましょう。

待機児童とは、保育所等への入所条件を満たしていて申込みをしているにもかかわらず、入所できずにいる児童のことです。平成24年の時点で、江戸川区の待機児童数は全体で211人でした。翌年の平成25年には192人と少し減少します。

しかし、平成26年から毎年増加傾向にあります。平成26年には298人、平成27年には347人、平成28年には397人、平成29年には420人、そして平成30年には440人となりました。(いずれも4月1日時点)。

平成29年までは、全体の中で一番多い割合が1歳児でした。しかし、平成30年度から、育児休業を継続している場合でも待機児童数に含めているために、0歳児の割合が多くなり、0歳児が全体の約半数を占めるという結果になりました。

それで0歳児の場合、1年前の平成29年と比べると177人の増加となっています。しかし、1歳児だけで見れば66人の減少、2歳児では78人の減少、そして3歳児では15人の減少で0という結果になっています。

江戸川区の待機児童問題の対策

一つは、認可保育所、小規模保育所、事業所内保育所の整備を進めることです。平成30年の4月1日に開設した保育所施設は、なんと19箇所にものぼります。(認証から認可に移行した園も含まれます。)これは、全体として受け入れ枠が1,238人分も増加したことになります。

さらに、江戸川区では独自の補助制度を設け、私立幼稚園での長時間の預かり保育事業を推進しています。

通常、幼稚園での預かり時間は9:00〜14:00となっています。しかし、その前後に預かり保育を実施することで、3歳児以降の保育需要を満たすことが目的です。

江戸川区の独自の補助対象となり、預かり保育時間は9:00〜14:00含めて8時間以上となり、預かり保育実施日が年間220日以上となる園です。

平成30年の時点で、全37の幼稚園のうち17園でこの長時間預かり保育事業が実施されています。そして別の条件での預かり保育事業を実施している園が19あります。

共働きをしている保護者にとって、このように幼稚園でも長時間預かり保育が実施されていれば、保育園だけでなく幼稚園も通わせる施設の選択肢として考えることができるようになりますね。

そして、これからの取組みとして、平成31年4月1日に開設保育所はさらに15あります。そのうち、事業所内保育施設が1つで、その他は認可保育園となります。これらの全体としては、1,080人分の受け皿が拡大することとなります。

保育士の活躍の幅が広がる

そして、平成32年4月1日への保育施設の開設に向けても動いていて、区内を12のエリアに分けて、待機児童がとくに多いエリアで私立認可保育園を設置するために、保育事業者を公募している段階です。

ですから、これだけ見ても江戸川区では、高まる保育のニーズに対応するために、さらに保育施設が開設されている途中であることがわかります。待機児童がまだ解消されていないということで、保育施設はさらなる拡大が見込まれているわけです。

それで、保育士としてはさらに多くの新しい活躍の場が広がっているということです。新設の保育園での求人や、事業所内保育施設での募集もでてくることでしょう。

最大月額5万円の処遇改善!

江戸川区では、東京都のキャリアアップ補助4万円相当に加えて、区独自の補助として1万円相当の処遇改善を実施しています。つまり、最大で月額5万円の処遇改善となるわけです。

支給額は、その人の経験年数や業績、さらに保育事業者によって基準が変わることもありますが、江戸川区で働けば、国基準と比較して最大月額5万円の給与が上乗せされるのはうれしいですよね!

支給方法は事業者によって違い、月額にプラスされることもあれば、ボーナス払いになることもあるようです。

就職すれば5万円もらえる!

江戸川区で新たに私立保育施設に就職すると、なんとお祝い金として5万円分の区内共通商品券がもらえるという特典もあります!この場合、常勤の保育士・看護師として正規採用されることが条件となりますが、新たに就職が決まれば5万円のプレゼントは嬉しいですね。

家賃補助もある!

家賃補助もあります。これは、園側(保育事業者)が借り上げている住宅に保育士が入る場合に、月額8万2千円を上限として家賃を補助する制度となっています。

なので、江戸川区に引っ越してきて新たに保育士として働きたい、という人で「家賃が心配・・・」という人も安心できる、ということです。

とはいえ、保育事業者が借り上げている住宅の家賃に対して補助が出るわけなので、居住地域や本人が負担する額などについては、事業者によって変わりますので、そこはしっかりと勤務先となる事業者に確認しましょう。

江戸川区の保育士さんを支援する取り組み

支援する取り組み

保育士向けのサポートが充実している今、保育士として江戸川区で就職する、あるいは職場復帰するのはよいタイミングと言えるでしょう。

潜在保育士への職場復帰サポートあり

保育士としての資格はあるけど、今は保育士として働いていないという潜在保育士さんたちへの職場復帰サポートとして、就業体験を行っています。これは、江戸川区の私立保育施設にて、受け入れ体験が実施されているということです。

例えば、潜在保育士さんたちの中には、生活環境が変わって時間ができたからもう一度子どもたちと一緒に働きたいけど、ブランクがあるからちょっと不安・・・とか、まずは身体を慣らしてから復帰したい、という方も多くいます。そのような方が、認可保育園、認定こども園、小規模保育所、事業所内保育所、認証保育所といった施設で、3〜6時間ほどを1〜3日程度、保育体験ができるわけです。

体験を希望する園についても相談することができるようなので、関心のある方は一度、江戸川区子ども家庭部子育て支援課運営支援係に問い合わせてみましょう。

保育士のお子さんの保育園入園を配慮

潜在保育士となっている人の多くは、自身の出産や育児のために保育の現場を離れたという人も多いです。とはいえ、保育の仕事が好きで、職場復帰したいと思っている方も少なくないでしょう。

そのようなお子さんを持つ保育士さんたちへの支援として、区内の保育園に勤める保育士が職場復帰しやすいように、お子さんの保育園入園への配慮というものも行なわれています。

研修会もある

江戸川区が主催する、保育士のための研修会も開催されているようです。さらに、保育士による巡回支援をおこなって、保育士の労働環境の改善や、仕事のサポートを行っています。

保育所見学ツアーを開催!

江戸川区の市立保育所で働くことを希望する保育士さん、あるいは保育士資格取得見込み者の方を対象とした、「江戸川区市立保育所見学ツアー」も開催されています。

無料で参加でき、江戸川区内の認可保育所、認定こども園、小規模保育所、事業者内保育所、認証保育所などを見学できます。実際に現場で働いている人の姿を自分の目で確認できたり、保育士の生の声を聞く事ができるので、そこで働く自分をより鮮明にイメージすることができることでしょう。

保育士のおすすめ転職サイト

江戸川区での保育士の求人を探す方法としては、まず「東京都保育人材・保育所視線センター」を利用するというものがあります。これは、東京都が保育人材確保のために、東京都の社会福祉協議会に委託して行っている事業で、そこでは、保育士資格を持つ人やこれから保育士資格取得を目指している人の就職を支援し、仕事に関する悩みなどの相談を受け付けています。

それで、ブランクがあって再就職に不安がある方も相談することができますし、再就職の前に研修や実習に参加することもできます。さらに、家の近くの保育園を探してもらうこともできます。

もう一つの方法は、保育士のための求人サイトを利用することです。特に、ただ単に求人を紹介してもらうだけでなく、その人にあったキャリアプランをねってくれたり、面接対策や条件交渉といったサポートも受けられる、転職支援サイトがおすすめです。

その中でも、特に人気の高いサイトをいくつかご紹介します。

保育ひろば

保育ひろば

完全無料の徹底サポートでご利用満足度94%の保育士特化の転職支援サービスです。保育ひろばで転職された方にはお祝い金最大2万円をプレゼント!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です!
特徴 「保育ひろば」は、業界トップクラスの求人数。全国4万件以上の保育園、幼稚園、学童、院内保育所などの中からご希望にあったものをご紹介いたします。各エリア特性を熟知したコンサルタントが、あなたの知りたいにしっかりお応えします。自分ひとりでは探しづらい非公開保育士求人も多数ご紹介可能です。

首都圏で人気No.1の保育士の転職サイトです。それも、利用者満足度は94.2%と高く、扱う求人数もおおく、業界トップクラスの非公開求人を扱ってます。それで、他のサイトでは出会えない求人を紹介してもらえるかもしれません。

もちろん、面接サポート、条件交渉のサポートもありますので、はじめての転職でも安心です。

保育ひろばって?評判や口コミで見えるメリットとデメリット!

「保育ひろば」は、保育士さんや幼稚園教諭さん向けの転職支援サイトとしてとても有名なサイトの一つです。業界トップクラスの求人数を誇り、全国に対応しています。登録から入職までになんと最短2週間ということで、かなりスピーディーな転職が可能になっています。「保育ひろば」はどんなサービス・サイトを利用した人の評価は?サイトの特徴や口コミ評価などをまとめていきます。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%B0%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E7%B4%B9%E4%BB%8B

ほいく畑

ほいく畑

ほいく畑は、保育、介護、看護といった福祉・医療の人材事業をメインに行う株式会社ニッソーネットが運営する求人サイトです。

総合評価 4.0
対応地域 全国対応です!
特徴 保育士・幼稚園教諭の求人・転職・募集ならほいく畑にお任せ! 福祉専門の人材サービス会社ならではの豊富な求人情報をもとに、専任の人材コーディネーターが保育士・幼稚園教諭のお仕事探しをサポートします。ブランクありや未経験、子育て中、無資格からのチャレンジなど、希望に応じて、派遣や正社員など、保育士としてさまざまな働き方を選べます。

こちらのサイトは、特にブランクがあったり、未経験だったりする人におすすめの求人を多数紹介してくれます。それで、保育士ママさんが職場復帰したいというときや、新卒の方などに人気のサイトと言えます。

保育Fine!

保育士Fine!(旧 FINE!保育士)

「保育Fine!」は保育関連の求人サイトです。 会員登録をすると、気になる求人をお気に入り登録して、いつでも見ることができます。ぴったりな求人を紹介会社に探してもらうこともできるので、なにかと手間のかかる転職もラクラク!

総合評価 3.9
対応地域 全国です
特徴 大手人材会社のネオキャリアが運営している保育士専門の転職サイトです。検索のしやすさや保育士に特化したサポート体制に人気があります!

求人の質が高いことで知られるサイトです。そしてうれしいのが、面接に行くだけで2,000円がもらえること。さらに最大15万円のお祝い金がもらえるなどの特典もあります。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事