白石市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

白石市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

白石市は、宮城県南部の蔵王連峰の麓に位置します。主に白石城の城下町として繁栄を築き上げ、それに伴う名所や旧跡が点在します。福島県側とも経済や文化など様々な面で密接な関係にあります。白石市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。白石市で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

白石市の保育士の需要

Mount Zao in Yamagata Miyagi Japan

宮城県の蔵王連峰のふもとにある白石市。宮崎県の最南端にあります。白石城の城下町として繁栄したところで、旧跡などが見られます。

そんな白石市での保育事情はどうなっているのでしょうか?保育の現状から見る保育士の需要や求人の探し方などをご紹介します。

白石市の保育の必要性と取り組み

国では平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」がスタートしました。これは、乳児期の学校教育、保育、地域での子育てを総合的に支援するための「子ども・子育て関連3法」に基づくものです。この制度では、子育て支援のニーズを市町村が主体となって把握し、子ども・子育て支援事業計画を練り計画的に進めることとなっています。

この制度「子ども・子育て関連3法」では、

・質の高い幼児期の学校教育、保育の総合的な提供 ・地域の子ども・子育て支援の充実 ・保育の質的拡大・確保

という3つのポイントに取り組むこととなっています。

そこで、白石市でも子育て家庭のニーズを調査して、幼稚園や保育園などの利用支援を行うために「白石市子ども・子育て支援事業計画(平成27〜31年度)」が策定されています。

この計画の基本理念は「子ども・親・地域みんなが育ちあうまちづくり」です。そして、基本目標としては4つのポイントがあげられています。

1.「地域における子育て支援の充実」 2.「乳幼児およびその保護者の健康の確保・増進」 3.「教育環境の整備」 4.「生活環境の整備・安全の確保」

この計画を策定するに当たり、白石市では子育て家庭のニーズを調査するために、保護者の方へのアンケートを実施しました。そこからわかったのは、満3歳未満の保育、放課後児童健全育成事業のニーズが高いということです。

・白石市の子育て環境の現状はどうなの?

白石市では、合計特殊出生率は1.36人となっていて、全国平均と比べると下回っていますが、宮城県の中では少しだけ高いほうです。とはいえ、出生数は年によってばらつきがあるものの、全体としては減少傾向が見られます。

そんな中、保育所の入所児童数はわずかながら増加している傾向にあるようです。待機児童に関しては、平成24年の時点では9人となっていました。翌年の平成25年には0となり、平成26年には1人となっています。(いずれも4月1日の時点)

平成27年は0、平成28年は5人、平成29年は0と報告されています。ただし、4月1日時点で待機児童が0であった年でも、年度途中の10月1日時点では待機児童が発生していました。それで、完全に待機児童が解消されているとは言えない状態であることがわかります。

そんな中、幼稚園児数は平成24年から減少傾向が見られていました。特に、公立幼稚園の児童数が減少しています。

その反対に、ファミリー・サポート・センターの利用は平成22年度以降増加傾向が見られました。平成23年度から平成25年度までの実績ですが、登録者数はそれほど変わらないのですが、援助件数が増加しているということがわかりました。

そして、小学生についてですが全体として数はわずかに減少傾向があります。しかし、放課後児童クラブの利用者は平成22年度から大幅に増加していました。

このように、白石市ではある程度保育に関係する事業の需要に対応できているという状況が見られます。ただ、待機児童がいることや、放課後児童クラブの利用者が増加していることなどを受けて、今後必要とされるニーズに合わせた保育の拡大や、放課後児童健全育成事業の拡大に取り組む必要があるということです。

白石市での待機児童問題

Sad child at the window.

白石市でも全国同様、母親の就労意向が高まっているということで、保護者が安心して働きながら子育てができるように、保育・子育て支援サービスの充実を目指すことが必要だと認識しているとのことです。そのようなサービスの充実が、地域の子育て満足度の向上に繋がり、少子化の解消にもつながると見ています。

・保育の需要が高まる傾向にあるが、保育士が足りない現状

それで、白石市でもこれからも保育のニーズは高まると思われます。現在、ある程度の保育の需要は満たされているとしても、待機児童が解消されていない現状がありますので、特に3歳以下の児童に対しての保育の需要に対応する必要があります。

2歳以下の児童に関しては、保育所等で預かる際にはたくさんの保育士が必要となります。それで、これからも保育士の需要は大きくなっていくでしょう。

・学童保育は資格不要だがあると採用されやすい!

さらに、放課後児童剣山育成事業、つまり学童保育のニーズが高まっているということでしたので、保育士が活躍できる場所はさらに拡大するということがわかります。

学童保育は、学校が終わった児童が遊んだり宿題したりするのを見守るのが仕事です。対象となるのは、小学校低学年なので保育園で働くのとはちょっと違った仕事内容となります。

ちなみに、学童で働くために保育士の資格というのは必須ではありません。しかし、保育士や福祉士の資格がある人、教員免許を持つ人が採用されやすく、実際にそこで働いている人の中に保育士さんがたくさんいます。

保育所等の数とその他のサービスについて

保育所等

では、白石市では現在どのくらいの幼稚園、保育園などがあるのでしょうか?

保育園は、保護者画の方が就労していたり病気といった理由で、家庭で昼間保育ができない場合に預かり保育するための場所です。現在、市内には私立の保育園が2園、公立の保育園が6園あります。

そして、市立幼稚園が2園あります。幼稚園は白石市内に在住している方なら誰でも入園できます。

認可外保育施設とは、乳児または幼児の保育を目的としている認可保育所以外の施設で、1年に1回以上宮城県の立ち入り調査を受けています。白石市内には2ヶ所の認可外保育施設があります。

・一時預かり事業も充実している

一時預かり事業とは、保護者が入院したり学校行事があったり、あるいは育児疲れなどによって一時的に保育が必要場場合に、子どもを預かり保育するものです。白石市内に住所がある生後6ヶ月~小学校就学前の児童が利用できます。ただし、保護者が出産や病気などの理由で里帰りをしているなどで、市内の親族と一時的に居住している場合には、子どもの住所が白石市外にあるとしても利用する事ができます。現在、一時預かりを実施しているのは、白石市南保育園のみです。

・放課後児童クラブは市内に6箇所ある

放課後に保護者が家にいない小学校に通学する子どもたちが利用します。子どもたちにとっては、放課後や土日、長期休み期間にもそこが生活の場であり、遊びの場所ともなります。現在、白石市内では6ヶ所に放課後児童クラブがあります。

このほかに、放課後子ども教室という、子どもや保護者の居場所づくりを推進するための事業があります。これは、子どもたちが地域社会の中で健やかに育まれていくことを目的年、保護者同士が仲間をつくり、居場所づくりとなれるような場所の提供として行われています。

・子育て事業「ほっぷんちょ」

現在、核家族化が進んでいることや、地域社会のコミュニティーが気薄となっている事によって育児をしている人たちが孤立して不安や負担を感じるということが問題となっています。それで、白石市では、越河・斎川・深谷という3つの小学校区を対象にして活動しています。

・ファミリー・サポート・センター事業

子育ての援助を必要としている人と子育ての援助をしたいという人の希望を調整し、お互いに地域で助け合うための会員組織があります。これには、援助を受ける側(依頼会員)も、与える側(提供会員)も登録する必要があります。

依頼会員となれるのは、白石市内に住所がある、あるいは白石市内に勤務していて、生後6ヶ月から小学校6年生のお子さんがいる人です。提供会員になれるのは、子どもを預かるなどの子育て援助ができる白石市内に住所を持つ人です。

それで、提供会員になる人は、保育士資格を持っている必要はありません。こちらは有償ボランティアという形になります。

保育士支援について

support

現在、白石市では独自の保育士支援事業というものは行われていないようです。ただ、宮城県全体としては、保育士確保のために保育士への貸付事業を実施しています。

その一つが「宮城県保育士修学資金貸付」です。これは、保育士資格の取得を目指す指定保育士養成施設に通う学生さんに対して、その修学資金を貸すものです。これにより、県内で保育士として働くひとを確保することが目的となります。

対象となるのは、宮城県内に住民登録をしている、あるいは県内の養成施設に在学している学生で、優秀で、世帯の経済状況から修学資金の貸付が必要と認められたひとです。そして卒業後には、県内の保育所等で保育士として働く意思があるひとでなくてはいけません。

貸付金額は、修学資金が月額5万円以内で、総額120万円以内となります。さらに、入学準備金として20万円以内、就職準備金として20万円以内が無利子で借りられます。それも、もし卒業後 1年以内に保育士登録を行い、県内の保育所等で5年間継続して保育士として働けば、全額返済が免除してもらえます。

さらに、保育士資格があるけど現在は保育士として働いていない、という潜在保育士さんの再就職支援を目的とした「宮城県保育士再就職準備金貸付」事業もあります。再就職に必要な費用を支援することで、県内の保育士確保を目的としています。

対象者は、県内に住民登録をしていて、新たに保育士として週20時間以上勤務するひとです。それも、保育士登録をしてから1年以上経過しているか、1年未満でも養成施設を卒業あるいは保育士試験を合格してから1年以上経過している必要があります。保育所に勤務経験があっても、離職してから1年以上経過している人でもOKです。

貸してもらえるのは、20万円以内です。対象費用となるのは、新たに保育士として勤務するために必要な引越し費用や、賃貸の借り上げに必要な礼金、仲介手数料など、更には通勤に必要な自転車の購入費などです。

こちらの事業を利用できるのは1人1回限りとなっていますので、潜在保育士さんで新たに保育士として働きたいと思っている人はぜひ利用したいと思われるでしょう。もし、県内の保育所等で2年間保育士として継続して働くと返済は免除されます。

宮城県保育士・保育所支援センター

保育士として就職先を探している人を支援するために、県が設置した「宮城県保育士・保育所支援センター」というものもあります。こちらは、保育士資格を持っている人や資格取得を目指している人の、就職の相談や支援を行っています。

それで、保育に関する悩みを相談したい人、ブランクがあったり実務経験がないから再就職に不安を感じている人なども気軽に行くことができます。

そして、保育士、看護師、保健師、栄養士、調理師等の人材を求める保育所等が「宮城県保育士人材バンク」に登録していて、宮城県保育士・保育所支援センターは求職者に対して求人を紹介してくれます。

ほかにも、研修やイベントなどの情報を知れたり、「保育所おしごと相談会」なども開催していて、出張相談もしているので、保育士のお仕事に関心がある方はぜひ登録してみると良いでしょう。

白石市の保育士のおすすめ転職サイト

「宮城県保育士・保育所支援センター」に行くことが難しい、めんどくさいという方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのが、保育士向けの転職サイトの利用です。

保育士や幼稚園教諭専門の、就職・転職支線サービスを提供しているサイトに登録して、自分の希望条件に合う求人を紹介してもらうのです。自宅で簡単に登録できるところや、コーディネーターなどが面接のサポートやアドバイス、さらには条件交渉までもお手伝いしてくれるサイトもあります。

白石市の求人も多く扱っているサイトにいくつか登録するなら、自分の希望や条件にぴったりと合う求人を見つけやすいかもしれません。いくつかおすすめのサイトをご紹介します。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

全国の保育士の求人を扱い、その数は業界でもトップクラスです。非公開求人も多数なので、思わぬ好条件の求人を紹介してもらえるかもしれません。

げんきワーク

登録すると、求人情報だけでなく匿名スカウトが届くサイトです。非公開求人も紹介してもらえます。さらに転職成功でお祝い金がもらえます。

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむは保育に関連する仕事・職場に関する転職や仕事探しをサポートしてくれる転職サービスです。非開会求人やレア求人もたくさんあります!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です
特徴 会員登録すると非公開求人の閲覧や、園の実名や動画が閲覧できます。また、求人案件数最大級なので、正社員や派遣など就業形態も様々あります!保育に特化したキャリアコンサルタントがお手伝いしてくれるので安心です!

人材派遣アスカグループがやっているサイトです。会員登録すると非公開求人が閲覧できたり、園の実名と動画なども見れます。好きな就業形態での求人を見つけることができます。

まとめ

保育士の需要はまだまだ大きいようです。特に市内での保育士不足解消に力が入れられているため、福利厚生が充実していたり勤務条件も良い傾向です。市内で働くのもありかもしれませんね。

保育関連のお仕事を探しているという方は、ぜひ求人サイトを活用してピッタリの職場を見つけてみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事