相模原市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

相模原市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

相模原市は、神奈川県北部にあります。神奈川県内では、横浜市、川崎市についで第3位の人口規模を擁しております。神奈川県相模原市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。相模原市で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

相模原市の保育需要と保育事情

View above big beautiful lake. Sagami Lake, Japan

子どもの数の増加

全国的に子どもの数に対して保育士さんの数が足りず、保育士さんはますます忙しくなっているようです。首都圏は特に家賃や物価が高く、共働きのご家庭も多くなります。そのため預かる子どもの数も増えています。

保育士不足

待機児童増加の理由は、共働き家庭の増加により預ける子どもの数が増えたということもありますが、辞めていく保育士が多いというのも一因です。

相模原市の保育士が辞めてしまう理由

保育園や幼稚園でのお仕事って、「楽しそう」ってイメージがありますが、実際は大変なお仕事のようです。保育園を辞めた保育士さんの半数以上は「もう一度保育園で働きたくない」と思っているようです。保育士さんが辞めてしまう理由って、一体何でしょうか?

人間関係

Angry african-american businessman threatens colleague, conflict between male workers at workplace, bullying and discrimination, black boss blames white employee responsible for failure, your fault

「職場に求めること」というアンケートで、1位2位だったのは「人間関係いい」「いい上司・同僚がいること」だったそうです。職場の人間関係って、仕事を続けていくうえで重要なポイントなんですね。

どの職場でも人間関係の問題はつきものですが、保育園でも人間関係がうまくいかないという話はよく聞きます。

保育園や幼稚園では、1つのクラスを数名の保育士で受け持つところが多いようです。そうなると保育士同士でコミュニケーションをとり、教え方や方針を合わせる必要があります。

相手は子どもたちですので、保育士の言うことを聞かなかったり、思いもよらないことをしたりするものです。たびたびイレギュラーなことが起こってしまうと、担任の保育士同士も対応しきれなかったり、情報のシェアがうまくいかなかったりと、トラブルも多くなります。

常に忙しい保育士さんたちですから、お互いに不満を抱えたままとなってしまい、人間関係も難しくなりがちなのかもしれません。

保護者からの理解が得られない

保育士さんの仕事の大変さって、なかなか周りの人からは理解されにくいようです。保育士さんって「優しい」とか「子どもが好き」とか、良いイメージがありますよね。確かにそうなんですけど、それだけではなく「体力的にきつい」とか「イベント準備に追われる」とか「子どもを預かる責任が大きい」とか、大きな負担を抱えているんです。

でも、それってなかなか保護者や周りの人に気付いてもらえないことが多く、保育士さんだけで抱え込んでしまいがちなんだそうです。「子どもと遊ぶだけの楽しい仕事じゃない」といった言葉に傷ついてしまう保育士さんたちも多いようです。

園内の主任や園長などのフォローと、周りの人たちの理解があれば、保育士さんたちももう少し働きやすくなるかもしれません。

給与が少ない

調査によると、保育園を辞める理由の1位は「給与が少ない」ということだそうです。

保育園は行事やイベントがたくさんありますから、それに向けて保育士さんたちは準備に追われます。保育園での就業中だけでは終わりませんから、持ち帰って仕事をするのもごく普通のことだそうです。

でも、その作業時間は残業代として手当てがつくわけではなく、サービス残業のようなものです。労働時間は長くなるのに、その分の手当てがないので、「仕事量のわりに給与が少ない」ということで辞めていく人が多いようです。

保育園で子どもたちのお世話をする際には、常に安全に気を配っている必要があります。高いところに登ったり、何か誤飲してしまわないように注意する必要がありますし、子どもと遊ぶにはけっこうな体力もいります。仕事熱心な保育士さんほど、持ち帰って残業したりされていますから、精神的にも体力的にも負担が大きくなってしまいます。

それなのに給与が安いとなれば、仕事辞めるという選択をするのもわかる気がします。

相模原市の保育士不足解消の取り組み

全国的にどこでも保育士不足だと言われていますが、すぐに給与の改善ができるというわけでもないようです。保育士のお給料は国が定めているもので、経験年数によって上がっていくことになっています。

すぐに給料を上げることは難しいですが、住宅手当など福利厚生を充実させることで、実質的に給料を増やせるようにしている保育園もあります。保育士さんの福利厚生を改善し、働きやすい環境を作ることで、保育士の離職率を低くしようという動きがあります。

住宅手当

首都圏ではとくに保育士の負担が大きくなるため、住宅支援制度が設けられています。地方でも住宅手当はありますが、首都圏のほうが支給額が多いようです。首都圏は他の地域よりも家賃や物価が高いため、保育士さんの住宅手当を充実させて負担を減らせるようにしています。

首都圏は人口も多いですし共働きの家庭も多いです。待機児童問題が深刻なため、保育士の確保に力が入れられています。神奈川県で仕事を探す場合、他の地域で探すより少し条件がいいかもしれませんね。

相模原市の求人情報の探し方

神奈川県での保育の仕事は、どこで探すことができるでしょうか?いろいろな方法がありますので、使いやすいものを選んでみてください。

ハローワーク

www.flickr.com

職探しといえば、ハローワークに行くのが一番メジャーかもしれません。ハローワークで仕事を探す場合、各地の情報を得ることができますし、求人情報数が多いのもメリットです。

デメリットは、応募するまでに一連の手順を踏まなければいけないという点です。まずハローワークに行き、カードに記入し、専用の端末で求人情報を検索します。その後窓口で相談し、履歴書を提出し、書類審査が通ったら面接となります。

ちょっと手間がかかりますので、時間に余裕のある時期に利用するのが良いかもしれません。

保育士向けの求人サイト

インターネットで仕事を探すと、自宅ですぐに検索することができます。かなりの件数がヒットしますが、勤務エリアや条件を絞っていくと求人数がかなり減ってしまうことがあります。

特に、いろいろな業種を扱っているサイトだと、保育関連の仕事に絞っていくのがちょっと面倒かもしれません。サイト全体の求人情報数は多くても、保育関連の仕事に絞るとかなり少なくなることもあります。

そこで一番おすすめなのは、保育士専門の求人サイトを利用することです。紹介されている求人情報はすべて保育関連のものですので、絞っていく手間が省けます。情報量・使いやすさを考えると、一番効率がいいのは保育士専門の転職サービスを利用することだと思います。

職場の雰囲気がつかみやすい

担当アドバイザーが、紹介先の園の雰囲気や良いところ・悪いところをきちんと伝えてくれます。職場の雰囲気や人間関係は、保育士の退職理由の上位にも入っていましたね。長く仕事を続けるには、勤務内容だけではなく、職場の雰囲気も結構大事です。勤務開始後に「こんなはずじゃなかった」とならないように、職場の雰囲気を教えてくれるのはありがたいです。

担当者とのしっかりした面談やサポートにより、ぴったりのお仕事を見つけることができます。

保育士のための転職活動と転職サイトの選び方【完全版】

今回は保育士関連の転職先の見つけ方や転職の際に気を付けること、保育士さん向けの求人サイトなど、保育士さんがチェックすべき内容をすべて盛り込みました!自分に合った職場を見つけ、転職を成功させたいという方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

院内保育

Medical blur background clinic healthcare service center or hospital in OPD - outpatient department blurry interior white waiting lobby room with patients , doctors, nurse staff station counter area

保育園外でのお仕事もあります。保育士向けの求人を見ていると、「院内保育」というお仕事も見かけます。お給料や就労環境も、通常の保育園とは少し違うようです。

院内保育とは、病院内やすぐ近くの施設に設けられているスペースで子どもを預かるお仕事です。医師や看護師など、病院関係者が利用します。

24時間体制が多い

院内保育は通常の保育園とは異なり、24時間体制のところが多いです。医師や看護師は夜勤も多いですし、夜中に急に出勤することあります。そのような時にすぐに子どもを預かることができるように、院内の保育所も24時間開いています。

児童の年齢は様々

院内保育で預かる子どもたちは、病院内の医師や看護師の子どもだけなので、一般の保育園と比べると少数です。そのため、学年やクラス分けをするところは少なく、いろいろな年齢の子どもが一緒に過ごしています。

年間行事やイベントが少ない

また、年間行事やイベントも少ないようです。通常の保育園ではひな祭りや七夕など、季節の行事がたくさんありますね。それに加えて発表会などもありますが、病院内保育ではそのようなイベントの開催が少ないです。

保育園というより、一時的に子どもを預かる託児所というイメージです。

残業が少ない

院内保育では季節行事やイベントが少ないのも、残業がほとんどない理由の一つです。通常、保育園ではイベントが多く、保育士はその準備で忙しくなります。イベントで使う飾りつけを作ったり、音楽を準備したり、保護者への配布資料を作ったり、たくさんすることがあります。勤務時間内には終わらないので、保育業界では残業や持ち帰りの仕事が当たり前となっています。

一方、院内保育所ではそのようなイベントが少なく、それに伴う準備もしなくていいので残業や持ち帰りの仕事がほどんどありません。院内保育所での仕事は、勤務時間内に子どもの面倒を見るのが基本となります。

福利厚生が充実している

病院の管轄内である院内保育だと、就労環境も良くなるようです。24時間体制できちんとシフトが組まれているので、予定外の残業をすることは少ないようです。また、残業をすることがあっても、正社員として働いている場合、残業手当がきちんとつきます。

また、夜間に出勤する場合は、医師や看護師に夜勤手当がつくのと同じように、保育士にも夜勤手当がつきます。

保護者との連絡がつきやすい

子どもが熱を出したりケガをした時には、保護者に連絡する必要があります。その場合も、保護者が同じ施設内やすぐ近くの施設にいますので、すぐに連絡することができます。

夜勤がある

24時間体制ですので、夜間に出勤することもあります。シフト制ですので毎回夜間出勤とは限りませんが、月に数日は夜勤をする必要があります。

院内保育は夜勤があるという点がちょっとネックかもしれません。「夜間の勤務でも大丈夫」「ライフスタイルと合っている」という方は、お給料や待遇の良いお仕事ですので応募してみるのもありかもしれません。

相模原市の保育士のおすすめ転職サイト

保育士.net

保育士.net

関東・関西を中心に全国対応、求人数豊富で年間10万人以上が利用の保育士求人サイト!

保育園や幼稚園など、保育関連のお仕事を紹介するサイトです。保育園・幼稚園以外にも、病院内や企業内の託児所でのお仕事も紹介しています。

保育士.netって?評判や口コミからメリット・デメリットを探る!

保育士さん向けの求人サイトはたくさんありますよね?どのサイトで探すのが良いのか迷ってしまう人も多いと思います。そこで今回は、おすすめしたい求人サイト、「保育士.net」の特徴や応募時のポイントなどをご紹介したいと思います。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB.net%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4

まとめ

保育士の需要はまだまだ大きいようです。特に首都圏での保育士不足解消に力が入れられているため、福利厚生が充実していたり勤務条件も良いようです。夜勤も大丈夫という方であれば、募集が多く就業条件も良い院内保育の仕事もありかもしれません。

首都圏は求人件数が多く、サポート体制も充実しているようです。保育関連のお仕事を探しているという方は、ぜひ求人サイトを活用してピッタリの職場を見つけてみてください!

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事