横浜市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

横浜市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

横浜市は、神奈川県の頭部に位置する都市です。そう人口が日本の市町村で最も多く、同県の県庁所在地である。観光地として有名で、横浜中華街、横浜みなとみらい21、八景島シーパラダイスなどの施設が多く存在する。ここでは、横浜市の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。横浜で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

横浜市の保育士の需要

横浜

子どもの数の増加

全国的に子どもの数に対して保育士さんの数が足りず、保育士さんはますます忙しくなっているようです。首都圏は特に家賃や物価が高く、共働きのご家庭も多くなります。そのため預かる子どもの数も増えています。

保育士不足

待機児童増加の理由は、共働き家庭の増加により預ける子どもの数が増えたということもありますが、辞めていく保育士が多いというのも一因です。

保育士が辞めてしまう理由

保育園や幼稚園でのお仕事って、「楽しそう」ってイメージがありますが、実際は大変なお仕事のようです。保育園を辞めた保育士さんの半数以上は「もう一度保育園で働きたくない」と思っているようです。保育士さんが辞めてしまう理由って、一体何でしょうか?

人間関係

人間関係

「職場に求めること」というアンケートで、1位2位だったのは「人間関係いい」「いい上司・同僚がいること」だったそうです。職場の人間関係って、仕事を続けていくうえで重要なポイントなんですね。

どの職場でも人間関係の問題はつきものですが、保育園でも人間関係がうまくいかないという話はよく聞きます。

保育園や幼稚園では、1つのクラスを数名の保育士で受け持つところが多いようです。そうなると保育士同士でコミュニケーションをとり、教え方や方針を合わせる必要があります。

相手は子どもたちですので、保育士の言うことを聞かなかったり、思いもよらないことをしたりするものです。たびたびイレギュラーなことが起こってしまうと、担任の保育士同士も対応しきれなかったり、情報のシェアがうまくいかなかったりと、トラブルも多くなります。

常に忙しい保育士さんたちですから、お互いに不満を抱えたままとなってしまい、人間関係も難しくなりがちなのかもしれません。

保護者からの理解が得られない

保育士さんの仕事の大変さって、なかなか周りの人からは理解されにくいようです。保育士さんって「優しい」とか「子どもが好き」とか、良いイメージがありますよね。確かにそうなんですけど、それだけではなく「体力的にきつい」とか「イベント準備に追われる」とか「子どもを預かる責任が大きい」とか、大きな負担を抱えているんです。

でも、それってなかなか保護者や周りの人に気付いてもらえないことが多く、保育士さんだけで抱え込んでしまいがちなんだそうです。「子どもと遊ぶだけの楽しい仕事じゃない」といった言葉に傷ついてしまう保育士さんたちも多いようです。

園内の主任や園長などのフォローと、周りの人たちの理解があれば、保育士さんたちももう少し働きやすくなるかもしれません。

給与が少ない

給料

調査によると、保育園を辞める理由の1位は「給与が少ない」ということだそうです。

保育園は行事やイベントがたくさんありますから、それに向けて保育士さんたちは準備に追われます。保育園での就業中だけでは終わりませんから、持ち帰って仕事をするのもごく普通のことだそうです。

でも、その作業時間は残業代として手当てがつくわけではなく、サービス残業のようなものです。労働時間は長くなるのに、その分の手当てがないので、「仕事量のわりに給与が少ない」ということで辞めていく人が多いようです。

保育園で子どもたちのお世話をする際には、常に安全に気を配っている必要があります。高いところに登ったり、何か誤飲してしまわないように注意する必要がありますし、子どもと遊ぶにはけっこうな体力もいります。仕事熱心な保育士さんほど、持ち帰って残業したりされていますから、精神的にも体力的にも負担が大きくなってしまいます。

それなのに給与が安いとなれば、仕事辞めるという選択をするのもわかる気がします。

横浜市の保育士支援の取り組み

横浜みなとみらい

全国的にどこでも保育士不足だと言われていますが、横浜市では保育士さんの福利厚生を改善し、働きやすい環境を作ることで、保育士の離職率を低くしようという動きがあります。

住宅手当

都心部ではとくに保育士の負担が大きくなるため、住宅支援制度が設けられています。地方でも住宅手当はありますが、市内のほうが支給額が多いようです。中心部は他の地域よりも家賃や物価が高いため、保育士さんの住宅手当を充実させて負担を減らせるように、横浜市では予算がすでに組み込まれています。

市内は人口も多いですし共働きの家庭も多いです。待機児童問題が深刻なため、保育士の確保に力が入れられています。横浜市で仕事を探す場合、他の地域で探すより少し条件がいいかもしれませんね。

保育士修学資金の貸付

何らかの事情により保育士資格取得のための学費の支払いが難しいという場合に、修学資金を貸し付ける制度です。より多くの方に保育士資格の取得を目指してもらうことができます。

保育士として資格取得をし、横浜市内にある指定施設で5年間継続して勤務をすると、貸付金の全額返還が免除となります。修学貸付金は、月額5万円、総額60万円以内となっています。

保育士試験受験料補助

保育士試験に合格して資格取得をし、保育士として登録した場合、受験時にかかった経費を補助するという制度です。補助される受験料は1回分です。

就職準備金援助

保育士として登録後、1年以上保育の仕事に就いていない方や、保育所等を離職後1年以上経った方に、就職のための準備金を貸し付ける制度です。保育士資格を持っている方に、保育の現場でスキルを活用してもらうことを目的としています。

貸付金額は、200,000以内で1回限りです。就業後2年間継続して勤務すると、貸付金の返還は免除されます。

保育士の確保のため、様々な取り組みが行われています。保育士の需要はまだまだ大きいようですね。

保育士求人のおすすめ転職サイト

保育士さん向けの求人サイトはたくさんあります。全国の求人情報を扱っており、求人件数が多いところや、地元で探しやすいように地域別に絞ったサイトもあります。どのサイトで探すのが良いのか迷ってしまいますよね。

保育士.net

保育士.net

関東・関西を中心に全国対応、求人数豊富で年間10万人以上が利用の保育士求人サイト!

・基本情報 保育士.netとは、保育園や幼稚園など、保育関連のお仕事を紹介するサイトです。保育園・幼稚園以外にも、病院内や企業内の託児所でのお仕事も紹介しています。

・コーディネーターによるサポート 保育士.netに登録すれば、保育業界に詳しいキャリアアドバイザーが専任としてついてくれます。希望勤務条件からお仕事の紹介、面接の日程調整など、就業開始に至るまで一貫してフォローしてくれます。

保育業界の事情や必要スキルなど、仕事をしていくうえで役立つことを教わることができるのでとても心強いです。

また、コーディネーターたちは保育園を見学したり、園職員たちとコミュニケーションをとり、園内のことを良く知るようにしています。ネットの情報だけでは分からない園の様子や人間関係など気になる点も、しっかり教えてくれます。

職場の様子など気になっている点があれば、面談の際にコーディーネーターに尋ねてみると良いと思います。コーディネーターが実際に目で見た情報を伝えてくれます。

・電話で問い合わせできる 電話でもすぐに相談することができます。すぐに仕事を探したい!という方は、電話での相談が早いかもしれません。受付時間は平日の10:00〜17:00です。

保育士.netのメリット

・登録が簡単 すぐに登録ができると楽ですよね。就職先・転職先を探している方など、忙しい方は特に、ササッと登録してしまえるシンプルなサイトを利用するのがおすすめです。保育士.netで入力するのは基本情報ですので、忙しい方でもすぐに登録を終えることができます。

・検索がしやすい 就職や転職を考えている時って、できるだけ早く見つけたいですし、希望と合うところを探したいですよね。職探し中ってけっこう忙しいですし、簡単に検索できるって意外と重要です。簡単・使い勝手が良いのって大事です。

・情報量が多い 求人情報がたくさんあれば、それだけ選択肢の幅が広がりますし、希望する仕事に出会う確率も上がります。保育士.netにはいろいろなエリアの求人情報が載っていますから、いくつか候補を広げて探すことができます。

・職場の雰囲気がつかみやすい 担当アドバイザーが、紹介先の園の雰囲気や良いところ・悪いところをきちんと伝えてくれます。職場の雰囲気や人間関係は、保育士の退職理由の上位にも入っていましたね。長く仕事を続けるには、勤務内容だけではなく、職場の雰囲気も結構大事です。勤務開始後に「こんなはずじゃなかった」とならないように、職場の雰囲気を教えてくれるのはありがたいです。

担当者とのしっかりした面談やサポートにより、ぴったりのお仕事を見つけることができます。

保育士.netって?評判や口コミからメリット・デメリットを探る!

保育士さん向けの求人サイトはたくさんありますよね?どのサイトで探すのが良いのか迷ってしまう人も多いと思います。そこで今回は、おすすめしたい求人サイト、「保育士.net」の特徴や応募時のポイントなどをご紹介したいと思います。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB.net%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4

保育士の求人例

遊ぶ子どもたち

認可保育園勤務

保育園で正社員として勤務できる保育士の募集があります。月給210,000~310,000円となっています。勤務経験によって給与額に幅があります。

勤務時間は月曜日から土曜日の、7:30~19:30の間で8時間勤務です。シフト制の週休2日となっています。休憩時間は60分以上、時間外労働は月平均5時間です。

その他の待遇として、交通費全額支給、借り上げ社宅ありで敷金礼金は不要です。新人保育士には年齢やキャリアの近い先輩によるマンツーマンのサポートもあります。研修内容も充実していますので、着実に仕事に慣れ、ステップアップしていくことができます。

非常勤・パート

フルタイムで働くのは難しいという方には、非常勤・パートという雇用スタイルもおすすめです。「二俣川駅」から徒歩1分のところにある認可保育園で募集が行われています。

時給1,000~で、早番・遅番の際は時給350円もアップするようです。保育時間は7:30~21:00ですので、その時間内での早番・遅番勤務となります。

こちらの園は、育児定員が55名となっています。大規模な保育園ではありませんので、比較的働きやすい環境かと思います。

横浜市の保育士求人情報はたくさんありますし、保育士の福利厚生や待遇も充実しています。ハードな保育士の仕事ですので、できるだけ就労環境の良い職場で、長く働きたいですね。

まとめ

保育士の需要はまだまだ大きいようです。特に都心部での保育士不足解消に力が入れられているため、福利厚生が充実していたり勤務条件も良いようです。

人口が全国中トップクラスだが、場所によっては少人数制のところから大人数を受け持つ保育園も様々です。自分の条件と合うベストな保育園を探そう!

保育関連のお仕事を探しているという方は、ぜひ求人サイトを活用してピッタリの職場を見つけてみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事