福岡の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

福岡の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

福岡県は平成29年の時点で、人口が510万人以上いて、都道府県別の人口ランキングでは第9位でした。福岡市は九州地方では最も人口が多い都市です。 保育士の需要や、保育士が働きやすい環境作りへの取り組みなど、気になる保育士事情も調べていたいと思います。そして、福岡県で保育士として転職を考えている人が利用できる、おすすめの転職支援サービスをご紹介します。

福岡の保育士の需要

福岡(ダウンタウン、スカイライン)

福岡県は平成29年の時点で、人口が510万人以上いて、都道府県別の人口ランキングでは第9位でした。福岡市は九州地方では最も人口が多い都市です。

空港も2箇所あり、国内外への玄関口としての役割もあります。屋台が日本一多いとされる食文化や、豊かな自然も魅力となっています。

そんな福岡県には、平成27年の時点で保育所が487施設、幼稚園が467施設、そして認定こども園が91施設あります。県内で働いている保育士さんは6,700人以上いて、全国でも6番目に多いとされています。

そんな福岡県では、保育に関してどんな取り組みがなされているのでしょうか?保育士の需要や、保育士が働きやすい環境作りへの取り組みなど、気になる保育士事情も調べていたいと思います。そして、福岡県で保育士として転職を考えている人が利用できる、おすすめの転職支援サービスをご紹介します。

福岡県の保育に対する取り組み

子育て家族を取り巻く環境というのは、ここ最近で大きく変化してきました。福岡県内でも、核家族化が進み、祖父母から子育てを協力してもらうことは少なくなりました。さらに、地域とのつながりも希薄になってきたことになり、子育てに不安や負担を感じている保護者は多くなっています。

そのような中、日本では質の高い幼児教育や保育を提供し、地域での子育て支援を充実させるために

・平成24年8月から「子ども・子育て支援法」 ・平成27年4月からは「子ども・子育て支援新制度」

がスタートしました。

福岡県でも、平成25年8月に「福岡県子ども・子育て会議」が設置されて、県内の子育てに関する施策を計画的に促進するために必要な状況調査などがなされてきました、そして、平成27年3月からは「ふくおか子ども・子育て総合プラン」というものが策定され、子どもを安心して育てる事ができる社会づくりを進めてきました。

その中には、子育てと仕事の両立の促進と保育サービスの充実というものが含まれています。

子育て

福岡でも保育の需要が高まっている

福岡県も含め日本全国では少子化が進んでいます。しかし、保育の需要は高まっています。その理由は、女性が社会進出するようになり、共働き世帯が増えました。さらに、片親家庭が増えたことや、核家族化により祖父母からの子育ての援助を受けられない子育て家庭が増えたということもあります。

それで、多くの子育て家庭にとって、仕事と家庭の両立のために、就学前の子どもを安心して預ける事ができる保育施設は欠かせないものとなっているのです。それで、子どもの数は減少しているとはいえ、保育士施設を使用する児童の数は増加しています。

そのような保育の需要を満たすこと、そして多様化する保育のニーズに応えることは、地域社会の大切な課題となっています。

では、福岡県では保育のニーズはどのくらいあるのでしょうか?問題となっている待機児童はいるのでしょうか?

福岡県は待機児童が多い!?

保育問題として取り上げられる一つの点として、待機児童問題があります。待機児童というのは、保育所を使用する条件を満たし、入所を希望しているにもかかわらず、入所できるところがなく待機している児童のことです。

厚生労働省が発表したところによりますと、平成29年4月1日の時点で全国に待機児童は26,081人いるとされています。この数は、前年よりもなんと2,500人以上の増加となってしまっています。保育所の整備が進められたり、受け入れ枠の拡大などが続けられているにもかかわらず、待機児童は増えているのです。

福岡県内ではどれほどの待機児童はどの程度?

福岡県では、平成29年の4月1日の時点でなんと1,149人の待機児童が発生しています。これは、かなり多い数字となっています。

それで、県しては市町村や関連団体と連携して保育需要に対応しています。

特に保育所等の施設の整備による受け皿の拡大、そして保育を担う保育士の就業継続や再就職支援、そして保育士資格取得支援などを行っています。他にも、私立幼稚園で保育時間外での「預かり保育」を実施している施設への助成金を交付することも行っています。

そして、待機児童がかなり多い福岡市では、待機児童を解消するための取り組みを行ってきました。それで平成30年4月1日の時点では、なんと待機児童数が前年と比べて55.1%も減少させることができ、40人にまで減少させることができました。

その背景には、保育所を整備したことや、0~2歳児を対象として小規模保育事業所を増やしたことがあります。その結果定員数は約2,500人分も増加しました。

とはいえ、自宅の近くの保育所に行きたいなどの、特定の保育所を希望している事により入所できない「隠れ待機児童」がまだまだ多く発生していることがわかっています。つまり、市内には空きのある保育所があるものの、自分の入所したい保育所に入れず、やむを得ず待機児童となっているわけです。

保育士不足が如実にわかる

そのような人たちを含めると、待機児童の数はまだ1,400人以上いるようです。新たに施設を整備するなどの取り組みを行っているものの、拡大する保育の需要にまだ追いつけていない現状のようですね。

特に、育休を終えて職場復帰を望む保護者が多いため、1歳児の入所希望が増えているようです。1歳児を受け入れるためには、保育士の数も多く必要となります。

それで、福岡県はこれからも保育の需要を満たすために、保育施設を拡大したり、保育士を確保する必要があります。保育士がまだまだ必要です!

有効求人倍率から見る保育士の需要の大きさ

Influencer, opinion leader, team leader, CEO, market leader, and another business leading concepts.

保育士がどのくらい必要とされているかを知るために、保育士の有効求人倍率をチェックしてみたいと思います。有効求人倍率は保育士の求人と求職者の数の状況を表しています。

計算方法は、求人数÷求職者数となっていて、有効求人倍率が1倍の場合は、ちょうど求職者1人あたり1件の求人があることになります。しかし、1倍以上になると、それは人手不足が生じていることを意味しています。

全国的に、保育士の有効給餌倍率は上昇しています。平成26年の10月の時点では1.5倍でした。そして翌年の同じ時期には1.93倍と上昇していました。

なんと、保育士の人手不足が一番深刻化している東京ではその倍率は5倍を超えています。そして、毎年保育士の有効求人倍率のピークは1月ごろとなっていて、1月には全国平均も2倍を超える倍率となっています。

福岡県ではどうでしょうか?

平成26年10月時点での福岡県の保育士の有効求人倍率は、1.06倍でした。翌年の平成27年10月時点では1.20倍となっていました。そして平成29年では1.51倍となっています。

有効求人倍率が毎年上昇している事がわかります。平成29年の時点で、保育士の求職者1人に対して、求人は1.5件以上あることになります。

求職者からすれば、売り手市場となっていて仕事をこちらが選べる立場であるわけです。それで、新たに就職することや、転職もしやすい状況である事がわかります。

福岡県の保育士の給料・需要が非常に高い

Some Kindergarten or nursery kids on a table drinking and playing

保育士として仕事をしたい、という方にとって、気になるのはお給料事情でしょう。保育士不足の背景には仕事量の割に給与が低いということもあります。それで、保育士確保ためには保育士への給与の改善が必要であるとされていて、国も保育士への処遇改善のための政策を取り入れています。

では、現在の福岡県の保育士の年収ってどのくらいなのでしょうか?

保育士はお給料がいい!

給料がよい

平成28年の福岡県の保育士の平均年収は315.3万円でした。平均月収は22万円、年間賞与は51.2万円です。

同じ年の全国の保育士の平均年収は326.7万円ということでした。平均月収が22.3万円で、年間賞与が58.8万円です。

このように見ると、全国平均より少し下回っていますが、悪い水準ではない事がわかります。

その前年の、平成27年の福岡県では、なんと保育士の平均年収は359.3万円でした。これは、全国平均を大きく上回る結果となっていました。

そして、平成29年になりますと、平均円手は350.9万円となったようで、またまた全国平均を20万円ほど上回る結果となりました。

こうしてみると、福岡県の保育士の給与水準は高いということになります。

保育士の仕事自体が好きという人でも、お給料が安いことで仕事を続けられなくなったり、モチベーションの維持が難しいと感じることもありますよね。そういう意味でも、福岡県は保育士が仕事を続けやすい環境かもしれませんね。

保育士の需要はまだまだ高く、保育士不足が続いているので、もっと保育士への待遇を改善して働きやすい環境づくりが進むことを期待したいですね。

保育士修学資金貸付制度

福岡県では保育士を養成し、県内で働く人を確保するために、これから保育士資格を取得することを目指す学生さんたちへの修学資金の貸付を行っています。

これは、指定保育士養成施設に在学していて、将来的に保育士資格を持ち、福岡県内で保育業務に従事する人を対象にして、修学資金月額5万円以内(総額が120万円以内)、入学準備金として20万円以内、就職準備金として20万円以内、生活保護受給世帯の人は生活費加算として月額4万円以内の貸付を行うものです。

養成施設を卒業して1年以内に保育士として県内で働き、5年間保育業務に従事するなどの条件を満たした人は、全額を返還免除となります。

希望する人は在学する養成施設を通じて申し込みをすることができます。これから保育士資格を取得することを考えている人は、ぜひこの制度をチェックしてみてください。

福岡県の保育士就職支援資金貸付制度

保育士は離職率が高いことでも有名です。せっかく、保育士を養成しても、離職してしまう人が多ければ保育士不足を解消することは難しいでしょう。

そこで、保育士の離職防止または、保育士資格を持っているけど保育士としては働いていない潜在保育士の再就職を支援するために、保育士就職支援資金貸付制度もあります。この貸付は4つあります。

①保育補助者雇用費貸付

保育士資格を持たず保育補助者として働くひとを雇う施設に対して、必要な資金を貸付けるものです。

②未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付

未就学児を持つ保育士さんが指定都市を除く県内の保育所等に新しく勤務する場合に、月額2万7千円を上限として、保育料の半額の貸付を受けられるものです。勤務開始日から1年以内の貸付となります。

③就職準備金貸付

潜在保育士さんの再就職を支援するためのもので、保育士資格取得後1年以上たち、さらに保育所等を離職してから1年以上経過している、またはまだ勤務経験がない人が、指定都市を除く県内の保育所等に新たに勤務する場合に、40万円内の準備金貸付を受けられるものです。

④未就学児を持つ保育士の子供の預かり支援事業利用料金の一部貸付

未就学児を持つ保育士さんで、指定都市を除く県内の保育所等で働いているひとが、預かり支援事業を利用した場合に、その半額(年間12.3万円以内)の貸付を受けられるものです。

これからのいずれも、条件を満たした場合には全額返済免除になります。潜在保育士さんや、未就学児を持つ保育士さんたちはぜひこれらの制度を活用できるか、条件をチェックしてみてくださいね。

福岡県保育士等キャリアアップ研修

キャリアアップ

福岡県では保育士の専門性を向上させていくために、保育所等の職員の職務内容に応じた研修を実施しています。この研修により、保育士がより自分のキャリアプランを立てやすくなることや、専門性の向上により、給与アップが見込まれます。

対象者は、福岡県内の私立保育所等に勤務している保育士さん、調理員さんなどの全職員です。件のホームページなどから場所や日程などを知る事ができます。

申し込みは各保育所から行います。

福岡県保育士就職支援センター

カウンセリング

福岡県では、保育士確保のために「保育士就職支援センター」が開設されています。こちらは、保育士経験や保育士資格貼るけど、現在は保育士として働いていないという方の就職を支援することを目的としています。平成25年から、福岡県の委託を得て福岡保意見協会が保育士の職業紹介所として開設しているものです。

保育所や認定こども園での就労に関して心配や不安、疑問点などの相談に対応しています。さらに、希望条件に合った施設の紹介とあっせんをおこなっています。

こちらには、園長経験者を含む、保育に精通したコーディネーターが在籍していて、就職を希望する人と、保育所の仲立ちをしてくれます。そして、勤務条件などを調整しながらマッチングを行って、保育士の就職を支援してくれます。

まだ保育士資格を持っていない人の資格取得に関する相談や、保育士養成施設に在学している学生さんの就業支援もおこなっています。

もし、資格はあるけどブランクがあって再就職に不安を感じている方、実務経験がないけど就職したいという方も、相談しながら自分に合った園を探してみるのはどうでしょうか?

福岡でおすすめの転職支援サービス

福岡県では有効求人倍率が1倍を超えていますので、就職や転職はしやすくなっています。それで、保育士としてのスキルをもっと上げたい、もっと自分の理想に合う職場を見つけたい、もっと条件の良い施設で働きたいと思っている保育士さんも、転職先を見つけるのはそれほど難しくはないでしょう。

転職を考えているなら、転職支援サービスの利用もおすすめです。自分一人ではなかなか見つける事ができない非公開求人を紹介してもらえたり、条件交渉もしてくれるので、より有利な条件で入職できるかもしれないからです。

はじめての転職の人や、現職が忙しい中転職先を探さなくてはいけない人も、効率的に転職がしやすいと思います。それで、ここでは無料で利用できる、保育士サニャ幼稚園教諭さんのためのおすすめの転職支援サービスをいくつかご紹介します。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

業界の中で最大級の求人数を取り扱い、非公開求人も多数取り揃えるサイトです。

登録すると専任のアドバイザーが、その人の希望条件にあった厳選した求人の紹介、地歴所や職務経歴書の作成の手伝い、面接の調整、園との条件交渉までフルサポートしてくれます。園の雰囲気なども教えてくれるので、紙面だけではわからないところも相談しながら決める事ができます。

保育のお仕事

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

専任のキャリアアドバイザーによる一貫したサポートがあります。

要望をしっかりと聞いて仕事を紹介し、面接に向けてアドバイスや諸連絡、日程調整もすべて行ってくれます。条件交渉も任せることができます。

非公開求人もありますし、全国の施設の情報を蓄積しているので、入ってみないとわからないような内部情報も教えてもらう事ができます。より自分に合った職場を見つけやすそうです。

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむは保育に関連する仕事・職場に関する転職や仕事探しをサポートしてくれる転職サービスです。非開会求人やレア求人もたくさんあります!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です
特徴 会員登録すると非公開求人の閲覧や、園の実名や動画が閲覧できます。また、求人案件数最大級なので、正社員や派遣など就業形態も様々あります!保育に特化したキャリアコンサルタントがお手伝いしてくれるので安心です!

人材派遣のアスカグループの保育専門求人サイトです。保育専門のキャリアコンサルタントによるサポートがあり、正社員、契約社員、パート、アルバイト、そして派遣としてのお仕事を探す事ができます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事